聚楽第 (京都市上京区)
ruins of Jurakudai
聚楽第 聚楽第 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

「聚楽第址 此付近 大内裏及聚楽第東濠跡」の石標、聚楽第本丸東端堀北よりに当たる。
 上京区大宮通中立売北西角、京都西陣職業安定所(ハローワーク西陣)
辻向かい


「此付近 聚楽第址」の石標、本丸西端堀の中ほどに当たる。
 親正小学校東北角、上京区浄福寺通中立売下ル菱丸町173
、中立売通裏門南西角


「聚楽第鵲(かささぎ)橋之旧蹟の旧跡」の石標、本丸南の南二ノ丸の東南角に当たる。
 松永稲荷社、松屋町町出水通上ル東


西ノ丸の西にあった聚楽第外堀の西北端に当たる。埋め戻された外堀1があったとみられ、町中にも下り坂が北から南へ続いている。
 土屋町中立売下ル


聚楽第外堀の側面の勾配



「此付近 聚楽第南外濠跡」の石標、本丸南西の外堀に当たる。
松林寺門前、上京区智恵光院通出水下ル分銅町575



松林寺、山門から境内へは下り坂となっており、聚楽第の南西にあったという南外濠跡とみられている。幅50m。


松林寺門前の裏門通も南への下り坂になっている。

お土居と聚楽第




大名屋敷地区「聚楽第武家地 上杉景勝屋敷跡」の石標
黒門通一条上ル西


大名屋敷地区、「黒田如水邸址」
一条猪熊南西角



大名屋敷地区、「千利休居士聚楽屋敷跡」
 晴明神社、上京区晴明町



大名屋敷地区「諸侯屋敷 一条下がり松遺跡」、一条小町北東角(堀川通の西二筋)。
 安土・桃山時代、豊臣秀吉は、大内裏旧跡地の内野(うちの、上京区)に聚楽第(じゅらくだい/じゅらくてい)を築いた。平城であり「聚楽城」とも呼ばれた。内野は、平安時代末期、1227年の大内裏火災以来の荒れ地になっていた。 
 秀吉は、わずか半年で城を完成させる。天守を持つ、黄金の瓦で彩られた城だったという。城は関白の政庁という政治的な意味も担った。秀吉が築造した御土居と聚楽第により京都は、平安遷都以来初めて、羅城都市になる。だが、聚楽第は、築城からわずか9年を経て徹底的に破却され消えた。詳細については、いまもわかっていない。
◆歴史年表 
安土・桃山時代、1585年、豊臣秀吉により、大内裏旧跡地の内野(うちの)に聚楽第の造営が始まる。
 1586年、2月、築城が本格化する。周辺に第一期の城下町が形成された。藤戸石が聚楽第に移される。
 1587年、9月、聚楽第は完成する。9月23日、秀吉は母・大政所、正室・北政所とともに大坂から移り、入城した。10月1日、落成記念として北野大茶会が催された。
 1588年、4月14日、第107代・後陽成天皇の5日間の行幸が行われる。禁裏から聚楽第まで行列が続き、警護に将兵6000人があたった。秀吉は、天皇の前で諸大名から誓紙を取り、臣従の誓いを立てさせた。
 1589年、2月、聚楽第の南鉄門で、秀吉に世継ぎが生まれないことを揶揄する落首事件が起こる。5月20日、秀吉は鶴松の誕生を目前にして、南二ノ丸馬場に皇族、公家、諸大名ら300人を集め、金銀を与えるという金配りを行う。5月27日、鶴松が誕生する。
 1590年、2月、秀吉、鶴松が聚楽第に入る。9月、秀吉は小田原城落城、奥羽閉廷後、聚楽第に凱旋した。11月、秀吉は朝鮮通信使と引見する。
 1591年、2月、千利休は秀吉により聚楽第を出され、淀を経て堺に蟄居を命じられる。その後、自害させられた。利休の首と木像が聚楽大橋に晒されたという。3月3日、帰国した天正遣欧使節を伴い、インド副王使節でイエズス会のヴァリニャーノ巡察師、ルイス・フロイスらが、聚楽第で秀吉、秀次と謁見する。インド副王ドン・ドゥアルテ・メネーゼスの親書と献上品を手渡した。12月、秀吉は後継の甥・秀次に関白職と聚楽第を譲る。新関白の秀次は聚楽第に入り、秀吉は伏見城に移る。都市改造の「京中屋敷替え」により、聚楽第東方、京都御所に隣接して大名屋敷地区が設けらた。城下町の聚楽町も形成された。
 1592年、1月、後陽成天皇の2度目の行幸が行われる。
 1593年、本丸北に、北ノ丸が新たに築造されたとみられている。4月、秀次は観能する。11月、秀次は書写している。
 1594年、3月、秀吉が聚楽第に入る。
 1595年、7月3日、聚楽第で関白秀次に対して、前田玄以、富田知信、増田長盛、石田三成らが詰問する。7月8日、前田玄以は聚楽第に入り、秀次を伏見に招致、関白職、左大臣の職を解いた。秀次は聚楽第を出る。7月15日、秀次は高野山で、謀反の疑いにより秀吉の命で自害する。8月、聚楽第の建物のみならず、基壇、堀まで徹底的に破却、埋め戻される。その後、大名屋敷、城下町聚楽町住民一部が、伏見の聚楽第町(聚楽町)に集団で移り住む。
 1596年、醍醐寺の義演が、跡地の荒廃振りを目にして落涙したという。(『義演准后日記』)
 1598年、藤戸石は、新庄越前奉行の下300人の人夫により、醍醐寺の三宝院に移された。
 17世紀(1601-1700)初頭まで、跡地で勧進能などが催された。
 江戸時代、寛永年間(1624-1644)、跡地は町地になる。
 現代、1991年、聚楽第遺構の本丸「東堀」の一部が発掘され、堀の遺構が初めて確認された。金箔の付着した瓦約600点が出土した。
 2002年、出土した金箔瓦は国の重要文化財に指定された。
 2012年、京都府埋蔵文化財調査研究センターは、聚楽第本丸南堀の石垣の一部が、上京区須浜町で発掘されたと発表した。石垣は花崗岩が2段に積まれ、高さ80㎝、一つの石の高さと幅は40-50㎝で全部で6列確認された。周辺では金箔が施された瓦片3個も見つかっている。
豊臣秀吉 室町時代後期-安土・桃山時代の武将・豊臣秀吉(とよとみ-ひでよし、1537-1598)。幼名は日吉丸、初名は木下藤吉郎。小猿と呼ばれた。父は尾張国(愛知県)の百姓、織田信秀の足軽・木下弥右衛門、母は百姓の娘なか(天瑞院)。1551年、家出、後に今川氏の家臣・松下之綱、1554年、織田信長に仕える。1561年、浅野長勝養女・ねねと結婚し、木下藤吉郎秀吉と名乗った。戦功を重ね、1573年、小谷城主、羽柴姓と筑前守、信長の天下統一にともない西国転戦。1582年、備中高松城の毛利軍と戦いの最中に本能寺の変が起こり、和睦し軍を返し山崎で明智光秀を討つ。1584年、小牧・長久手で織田信雄、徳川家康の連合軍に敗れる。1585年、紀州根来と雑賀、四国・長宗我部元親を服した。関白に進む。1586年、聚楽第、広寺大仏造営に着手、太政大臣に昇り豊臣の姓を賜わる。1587年、九州征討、聚楽第が完成する。10月、北野天満宮で北野大茶湯を催した。1588年、第107代・後陽成天皇が聚楽第行幸、検地、刀狩を行う。1590年、小田原の北条氏直らの征討、朝鮮使を聚楽第に引見、1591年、利休を自刃させる。1592年、文禄の役を始め、甥の養子・秀次に関白職を譲り、太閤と称した。1593年、側室淀殿に秀頼が生まれると、1595年、秀次を謀反人として切腹させ、妻妾子女らも処刑した。1597年-1598年、朝鮮を攻めた慶長の役に敗れた。1598年、3月、醍醐寺で「醍醐の花見」を行う。8月、伏見城で没した。没後、豊国廟に豊国大明神として祀られた。62歳。 
 「普請狂」と称された。1587年、聚楽第、1590年、三条大橋の架橋、1595年、方広寺大仏、1597年、伏見城を建てた。関所廃止、楽市・楽座制、重要都市・鉱山直轄、貨幣鋳造、太閤検地・刀狩、京都の都市改造・御土居築造、伏見の城下町化、宇治川の整備、倭寇取締、朱印貿易などを進めた。没後、豊国廟に豊国大明神として祀られた。
◆豊臣秀次  室町時代後期-安土・桃山時代の武将・豊臣秀次(とよとみ-ひでつぐ、1568-1595)。初名は次兵衛、通称は孫七郎。「殺生関白」と呼ばれた。父は三好吉房(一路) 、母は豊臣秀吉の姉・瑞竜院日秀。初め宮部継潤の養子、後に三好康長(笑厳)の養子になる。1583年、伊勢攻略・賤ヶ岳の戦いに加わる。1584年、小牧・長久手の戦で指揮を誤り、徳川家康の軍に大敗し、秀吉の戒めを受けた。1585年、紀州征伐、四国征伐の活躍により羽柴の名字を許され、秀吉の諱の一字より秀次と名乗る。近江八幡山の城主になる。従三位中納言に叙任され、近江中納言と呼ばれた。1586年、参議、1587年、島津征伐に出陣、権中納言になる。1590年、主将として小田原征伐などに功をあげた。奥州に出陣し、1591年、九戸政実の乱を平定した。織田信雄の旧領尾張・北伊勢5郡を与えられ清須城に入る。秀吉は淀殿との間の子・鶴松を3歳で失う。秀吉は秀次を養子とし正二位左大臣に叙任し、関白職を譲り豊臣家を継がせる。秀次は聚楽第に住し政務を執る。秀吉自らは太閤と称した。1592年、聚楽第に第107代・後陽成天皇の行幸を仰ぐ。1593年、淀殿が秀頼を産む。秀吉は秀次に関白職を譲ったことを悔やむ。秀吉は秀頼と秀次の娘との婚約を進めたものの、次第に両者の間に亀裂が入る。1595年、秀吉は秀次に反逆の疑いをかけ、官位を剥奪する。秀次は高野山・青厳寺へ追放され、切腹の命を下され、柳の間で自害した。28歳。
 秀次の2人の子・妻・側室30数人も京都三条河原で斬首された。 秀次の五家臣も殉職した。秀次の死については暗殺説もある。秀次は多才な人物で剣術、歌道をよくし、名筆、古典籍を収集するなど文化的趣味も豊かだったという。学芸を奨励した。
◆千利休 室町時代後期-安土・桃山時代の茶人・千利休(せんの-りきゅう/せん-りきゅう、1522-1591)。本姓は田中、幼名は与四郎、法名は宗易(そうえき)、別号は抛筌斎(ほうせんさい)。堺の魚問屋田中与兵衛の子に生まれた。祖父・千阿弥は、足利義政の同朋衆であり、堺に移ったという。父は納屋衆(なやしゅう)になり、千阿弥より「千家」と称したという。書院台子の茶を北向道陳(きたむき-どうちん)に学ぶ。1540年頃、10歳代で武野紹鷗(たけの-じょうおう)に茶の湯を学ぶ。堺・南宗寺に参禅し、宗易(そうえき)と改めた。その後、抛筌斎(ほうせんさい)と号した。21歳で家督を継ぎ、1542年、宝心妙樹(ほうしん-みょうじゅ)と結婚した。1544年、初の茶会記録が残る。1574年/1573年、織田信長の茶頭の一人になる。先妻没後、1578年、堺の宗恩(そうおん)と再婚する。1582年、本能寺の変後、1583年、豊臣秀吉の茶頭になり側近政治に関与する。1586年(1585年)、秀吉の関白就任御礼の禁中献茶に、秀吉の後見として茶を点てた。第106代・正親町天皇より「利休」の号を賜る。1587年、北野大茶湯にも演出に関わる。1589年、大徳寺山門の二層部分を寄進した。住持により利休の木像が安置された。1590年、秀吉の小田原攻略に従軍する。小田原より古田織部に自作の竹花入、書状を送る。1591年、大徳寺山門事件の責任をとり、堺に蟄居になる。その後、秀吉に京都へ呼び出され、切腹を命じられた。京都葭屋(よしや)町聚楽の屋敷内で茶を点てた後に自刃した。70歳。
 妻・宗恩がその遺骸に白い小袖をかけたという。首は一条戻橋で晒首された。前田利家、古田織部、細川忠興らの助命嘆願はかなわなかった。なお、利休は切腹せず、逐電(逃げ失せる)したとの説がある。
 村田珠光以来の侘び茶を大成し、茶会の形式、点前作法、茶道具、茶室露地、懐石などに創意を凝らした。茶の湯の典型を示した。利休は、当院開山・笑嶺の弟子の一人であり、参禅し壇越になった。笑嶺が堺の南宗寺から移り、聚光院を開いた際には、多額の寄付をしている。墓所は大徳寺・聚光院にある。70歳。
◆聚楽第 豊臣秀吉は、安土・桃山時代、1590年に都市改造を行い、短冊形の町割りにより寺院を集めた寺町、寺之内を再編した。さらに1591年、御土居(22.5㎞)を築造する。外郭を御土居で囲み、聚楽第を中心として、その周辺を上京・下京、内裏、寺之内、寺町、本願寺などの巨大寺院で防御する都城の構造になっていた。また、武家町、公家町、寺町など身分により居住地を区分することの初例になる。都市防御と税徴収増の効果も意図した。聚楽第は、旧来の勢力を排し牽制しながら、天守も築かれたことから、視覚的な威圧効果も狙っていた。
 聚楽第は平安京北東部の一画、北西が最も高い低い段丘地に築城された。この地が選ばれたのは、秀吉が平安京大内裏(平安宮)を意識していたためという。平城の城郭であり、居館としての聚楽第は、本丸周囲の内郭と大名屋敷地区の外郭に分けられた。外郭は元誓願寺通、堀川通、押小路通、千本通内に存在したとみられている。
 内郭の周囲は内堀と外堀で囲まれていた。東西360m、南北700mあったと推定されている。長方形の本丸(東西170m、南北310m)の外堀の位置は、北は一条通(平安京一条大路)、東は元大宮通(平安京大宮大路)、南は下長者町通北付近、西は裏門通付近に囲まれた地に位置していたと推定されている。堀の規模は、東堀では深さ8.4m、幅40m(東堀26mとも、南堀43m、西堀30m、北堀20m)あったとみられている。広さは本丸が12万㎡、全体で26万8000㎡あった。
 本丸南に曲輪(馬出し)となる「南二ノ丸」(東西110m、南北80m、380m)、本丸南西隅に秀次居館の「西ノ丸」(東西60m、南北80m、周囲280m)が堀内に築かれ、それぞれに門があった。また、本丸南西にも二重の外堀が3つあったとみられている。東西の外堀1、その内に東西の外堀2、それに隣接する形で南北の外堀3などがあったとみられている。秀次の時、1593年、本丸北に「北ノ丸む(東西85m、南北105m、380m)が新たに築造されたとみられている。
 本丸四隅に櫓が建ち、天守は本丸西北隅にあったとみられている。天守は初期望楼型の居住機能を持っていた。そのほか、御幸御殿、舞台、遠侍、書院、長局などが建てられていた。(『聚楽第図屏風』)。本丸西南隅には、山里丸という庭園の一画もあり、茶室も設けられていたとみられ、軍事的な施設以外の文化施設の意味もあった。
 1991年に大宮通中立売下ル和水町で、人為的に埋められた堀が発見された。堀跡は、西から東下がりに埋められ地表面下5.3mの平坦面まで重なりあっていた。堀遺構からは、大量の金箔瓦(重文)である軒丸瓦、軒平瓦、鬼板瓦、熨斗瓦などが発掘された。建物の軒先、棟は黄金の瓦で彩られていたとされている。フロイスも『日本史』の中で、「ことごとく金が塗られていた」と記している。これらの瓦は、山崎城、近江・坂本城の瓦を流用し、短期に金箔として聚楽第で再利用したとみられている。
 2016年、表面波探査により、本丸などの外側、東、西、北に5つの外堀が確認された。秀次が城を軍事拠点として改修しようとしていたとみられている。堀の深さ8m、幅30-40㎝。城の範囲は東西760m、南北800mに拡大された。
 聚楽第とは、「楽しみを 聚(あつむる) 第(やしき)」の意味だったという。だが、聚楽第はわずか9年で建物は破却された。堀まで埋め戻され、材は他に流用されたといわれる。その場所についてはまだ確定していない。
◆大名屋敷 安土・桃山時代、1591年の京中屋敷替えにより、聚楽第東方に大名屋敷地区が設けられている。この位置は、北は一条通、東は東の洞院通、南は下立売通、西は堀川通内で、東端は内裏に近接していた。地区内北寄りに佐竹義宣、織田信雄、浅野長政、前田利家などの諸大名屋敷が配置されていた。また、側近の千利休の屋敷(黒門通から猪熊通の元誓願寺下ル付近一帯)もあった。
 周辺に地名の名残りとして秀吉側近・黒田如水(1546-1604)の如水町(にょすいちょう)、五大老の一人・宇喜多秀家(1572-1655)の浮田町、ほかに小寺町、飛弾殿町、田村備前町、福島町、中書町、直家町、山里町、下山里町、加賀屋町、直家町、主計町(かぞえちょう)、弾正町、日暮通、黒門通などがある。
 なお、大名屋敷で使われた金箔瓦(重文)が、新町通下立売上ル両御霊町より出土している。
落首事件 安土・桃山時代、1589年2月、聚楽第の南鉄門で、秀吉に世継ぎが生まれないことを揶揄する落首事件が起こる。
 その内容については判明していない。秀吉は激怒し、警護の番士、石山本願寺(大坂本願寺)に隠れていた一味などを捕縛、鼻を削ぎ、耳を落として磔に処した。
◆藤戸石 秀吉は聚楽第に名石の藤戸石を運び込んだ。その名は謡曲「藤戸」に由来する。平安時代、1184年、源平合戦は倉敷と対岸の藤戸で繰り広げられた。源範頼の軍勢に対し、平行盛の軍は小島湾の藤戸に布陣する。平氏が周辺の船をすべて取り上げたため、源氏方の佐々木盛綱は馬で海の浅瀬を渡り攻めようとし、地元の漁民にその場所を聞き出した。だが、平氏方に秘密が漏れることを封じるために、漁師は殺害される。息子を失った漁師の老婆は、その恨みを述べる。漁師は藤戸石の上で殺されたともいう。石は、「浮州岩」といわれた巨岩ともいう。
 石は「源氏の勝利石」として京都に運び込まれた。その後、室町時代の管領・細川氏の屋敷に置かれた。織田信長は、細川の屋敷より移し、二条第(武家御城)の15代将軍・足利義昭に献上する。1573年に二条第は破却され、その後の行き先については不明とされている。1586年、秀吉により聚楽第に運び込まれている。石は庭園の州浜池の畔に置かれたという。聚楽第破却後、1598年、秀吉は後陽成院行幸に備え、醍醐・三宝院庭園に移し、いまも据えられている。
◆聚楽第跡地 安土・桃山時代、1595年の聚楽第、大名屋敷の破却・移転により、跡地では頻繁に勧進能が行われるようになる。たとえば、1599年にも催されている。また、江戸時代、1608年には歌舞伎なども演じられ、跡地は四条河原と並ぶ芸能興行の場と化していた。
 聚楽第破却後、聚楽町の一部は伏見に移転する。残った町は、近世前期、聚楽組に編成された。その後、江戸時代、1619年、聚楽川東組、西組が上京中に加わり、惣町としての聚楽町が消滅する。その後、各々は上京中の川東組(後に上川東組、下川東組に分裂)、聚楽組として存続した。
 堀は埋め戻され、また、周辺町家の塵芥で埋まったという。堀跡では、巨大化して生育した牛蒡(ごぼう)が見つかり、その後栽培が始まった。この京野菜の一つ「堀川牛蒡(聚楽牛蒡)」は、長さ80㎝、重さ1㎏、直径5-6㎝もなり、内部が空洞になっている。煮込み料理に使われる。現在は、「京の伝統野菜」として種子保存されている。
 「聚楽蕪菁(かぶら)」は、「内野蕪菁」ともいわれ、中世-近世に、大内裏跡内野、聚楽第跡地で作られていた。
 跡地の地下からは、粘土質の聚楽土(じゅらくつち/じゅらくど、京土)が採取された。かつては、土壁の下塗り、上塗りに使われていた。現在は、京壁、茶室などの上塗り用に使われている。色調により黄聚楽、白聚楽、黒聚楽などの種類がある。現在では、西陣の跡地付近での工事の際に、地下2-3mにある粘土層から30cm-2m部分が採取される。天日乾燥、石臼での粉砕の後、篩(ふるい)にかけた粉末を使う。
 楽焼の創始者・長次郎(?-1589)はもとは瓦職人だった。樂家は、聚楽第近くに居を構え、利休屋敷も聚楽第内にあった。安土・桃山時代、天正年間(1573-1592)、利休の指導により、聚楽土を使って作陶し「聚楽焼」と呼ばれた。後に「楽焼」「楽茶碗」とも称された。二代目・常慶の父、田中宗慶が、秀吉より聚楽第からとった「樂」の印章を贈られ家号にしたともいう。当初の赤楽は、唐土(とうのつち、鉛釉[なまりゆう、えんゆう] )、長石粉を混ぜ、半透明の白釉を聚楽土にかけて、800度程度の低温度で焼き上げた。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献・資料 『豊臣秀吉と京都 聚楽第・御土居と伏見城』、『信長・秀吉、京の城と社寺』、『京の城』、「特別展 京の城」、『伏見学ことはじめ』、『京都まちかど遺産めぐり』、『昭和京都名所図会 5 洛中』、『京都大事典』、『京都時代MAP 安土桃山編』、『京の伝統野菜』 、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺京都御所(京都御苑)  関連・周辺京都新城  周辺  関連方広寺  関連豊国神社  関連豊国廟・阿弥陀ヶ峰・鳥辺野  関連伏見城・伏見桃山城  関連淀古城・妙教寺  関連三宝院〔醍醐寺〕    


参考文献 『豊臣秀吉と京都 聚楽第・御土居と伏見城』 日本史研究会 編 
2001年 文理閣、森島康雄「聚楽第と城下町」
平安京オーバレイマップ
「聚楽第址」石標 京都市上京区梨木町 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光