御土居の袖 (京都市中京区)
Odoi-no-sode
御土居の袖 御土居の袖
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

北野中学校付近、「御土居の袖」の北西端、校内には御土居遺構がある。


左端(西)の中央付近、突起部分が「御土居の袖」になる。


威徳水跡、「御土居の袖」内の北辺になる。現在は湧水していない。



円町児童公園、段差が残り、この部分が「御土居の袖」の土塁遺構とみられている。



佐井通(春日通)沿い、道路面より一定の高さで嵩高くなっており土塁遺構とみられる。


眞徳寺、土台の石垣部分が土塁遺構とみられている。


眞徳寺の南北方向の石垣、この付近より南下してきた御土居は東進し始める。
 円町付近には、豊臣秀吉が築造した御土居が、西側に凸状に張り出している部分がある。「御土居の袖(そで)」といわれている。
◆歴史年表 安土・桃山時代、1592年、豊臣秀吉は、京都の町を取り囲む土塁「御土居(おどい)」を、わすが数カ月の短期間で築造した。総延長は22.5kmになる。豊臣秀吉 室町時代-安土・桃山時代の武将・豊臣秀吉(とよとみ-ひでよし、1537-1598)。幼名、日吉丸、初名は木下藤吉郎。小猿と呼ばれた。父は尾張国の百姓、織田信秀の足軽・木下弥右衛門、母は百姓の娘なか(天瑞院)。1551年、家出、後に今川氏の家臣・松下之綱、1554年、織田信長に仕える。1561年、浅野長勝養女・ねねと結婚し、木下藤吉郎秀吉と名乗った。戦功を重ね、1573年、小谷城主、羽柴姓と筑前守、信長の天下統一にともない西国転戦。1582年、備中高松城の毛利軍と戦いの最中に本能寺の変が起こり、和睦し軍を返し山崎で明智光秀を討つ。1584年、小牧・長久手で織田信雄、徳川家康の連合軍に敗れる。1585年、紀州根来と雑賀、四国・長宗我部元親を服した。関白に進む。1586年、聚楽第、広寺大仏造営に着手、太政大臣に昇り豊臣の姓を賜わる。1587年、九州征討、聚楽第が完成する。10月、北野天満宮で北野大茶湯を催した。1588年、第107代・後陽成天皇が聚楽第行幸、検地、刀狩を行う。1590年、小田原の北条氏直らの征討、朝鮮使を聚楽第に引見、1591年、利休を自刃させる。1592年、文禄の役を始め、甥の養子・秀次に関白職を譲り、太閤と称した。1593年、側室淀殿に秀頼が生まれると、1595年、秀次を謀反人として切腹させ、妻妾子女らも処刑した。1597年-1598年、朝鮮を攻めた慶長の役に敗れた。1598年、3月、醍醐寺で「醍醐の花見」を行う。8月、伏見城で没した。没後、豊国廟に豊国大明神として祀られた。62歳。 
◆御土居の袖 御土居の西側、中央付近、現在の丸太通を挟む南北の土塁の一部は、西側に張り出す形になっていた。この部分は、聚楽第の西に位置しており、「御土居の袖(そで)」といわれた。
 紙屋川の西に沿い、南下してきた御土居は、やがて川より離れる。現在の北野中学校の北側の延長線上より西進し、西に大きく張り出していた。南北の佐井通(春日通)に当り、通りに沿う形で再び南下し、丸太町通を越えた。さらに南の眞徳寺を経て、朱八会館付近より向きを変え東進した。西大路通を越え、西土居通に戻り南下していた。
 袖の張り出した理由について有力説はない。
 1.虎口(こぐち、城郭などの最も要所にある出入り口)として、敵の侵入に対し、鉄砲、槍での防御を可能にするため設けられた。
 2.名水「威徳水(いとくすい)」などの、良質で豊富な地下水脈を御土居内に取り込むために行われた。
 3.紙屋川の治水、開発に伴うもの。
 4.付近の街道筋の町並を取り込むため。
 5.西大路通の東にある西之京の弘誓寺(ぐぜいじ)を御土居内に取り込むために設けられたなどともいう。ただ、弘誓寺の創建は江戸時代になる。
 6.袖の南半分、円町付近(左京一条二坊十四町、西ノ京北円町付近)にかつて西獄(右獄)があり、その敷地を回避したためともいう。


*原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献・資料 『豊臣秀吉と京都 聚楽第・御土居と伏見城』、『御土居堀ものがたり』、『京都まちかど遺産めぐり』、『京都の地名検証 3』


関連・周辺御土居(紙屋川・西堀川)  関連・周辺西土手刑場跡・壺井・壺井地蔵  関連・周辺四之保社跡・威徳水  周辺  関連御土居(鴨川)  関連御土居(鷹ヶ峯)  関連廬山寺・御土居  関連御土居(JR京都駅0番のりば)    top
平安京オーバレイマップ
御土居の袖 京都市中京区西ノ京付近
50音索引,Japanese alphabetical order  Home  top 50音索引,Japanese alphabetical order  Home  top