平安宮 内裏東限・建春門跡 (京都市上京区)  
Heiankyu-Dairi East Limit,Ruins of Kenshunmon(Gate)
平安宮 内裏東限・建春門跡 平安宮 内裏東限・建春門跡
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

「源氏物語ゆかりの地」


平安宮復元図、現在地は右端の赤字部分、黄土色の四角部分は内裏内郭回廊、「源氏物語ゆかりの地」の説明板より

平安宮復元図、現在地は赤い点部分、赤茶色の建物群が内裏、「源氏物語ゆかりの地」の説明板より

内裏火災により焼けた土器、壁、建物基壇石凝灰岩などの遺物、京都市埋蔵文化財研究所、「源氏物語ゆかりの地」の説明板より


「此付近 聚楽第南外濠跡」の石標
 智恵光院通出水下ルの松林寺北門脇に、「平安宮 内裏東限と建春門跡 (へいあんきゅう-だいり-とうげん-と-けんしゅんもん-あと)」の説明板が設置されている。
 平安時代に、松林寺境内の西域は内裏東限に当り、付近には外郭築地の正門だった建春門が開いていた。後世の安土・桃山時代には、聚楽第南外濠が築造されている。
◆歴史年表 平安時代、833年、建春門の北側に雌雉が集まり、衛視に射獲されたという。
 886年、9月、「於建春門前左衛門陣外、召散位従五位下幸世王」と記されている。(『三代実録』)
 907年、第60代・醍醐天皇は仁和寺行幸の際に、建春門から出御した。
 現代、2008年、3月、京都市は「源氏物語ゆかりの地」の説明板を設置した。
◆建春門 建春門(けんしゅんもん)は、 平安京内裏外郭十二門の一つになる。内裏の4門のうち、東側の外郭築地に設けられた正門であり、内郭の宣陽門(せんようもん)に相対していた。門には左衛門府の官人が詰めており、左衛門の陣(さえもんのじん)ともいわれた。外記門(げきもん)とも称された。
 この門を入り次の内郭回廊に設けられた宣陽門を潜ると、温明殿、綾綺殿(りょうきでん)を経て紫宸殿に至った。
 平安時代前期、833年には建春門の北側に雌雉が集まり、衛視に射獲されたという。平安時代中期、907年には、第60代・醍醐天皇が仁和寺行幸の際に、建春門から出御したという。
◆ほかの史跡 「此付近 聚楽第南外濠跡」の石標も立つ。
 安土・桃山時代には、聚楽第南外濠が築造された。聚楽第は、豊臣秀吉により、1587年に完成し、1597年に破却されている。


年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 京都市の説明板「源氏物語ゆかりの地」、『源氏物語ゆかりの地』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area松林寺  関連・周辺,relevance&surrounding area平安宮跡 内裏(だいり)跡(内郭回廊跡)  関連・周辺,relevance&surrounding area平安京・大極殿(たいごくでん)遺跡  関連・周辺,relevance&surrounding area聚楽第(じゅらくだい)  周辺,surrounding area   関連,relevance歴代天皇データ     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 平安宮 内裏東限・建春門跡 〒602-8174 京都市上京区分銅町575, 智恵光院通出水下ル(松林寺北門)   
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光