京都新城跡 (京都市上京区)
The ruins of Kyoto-shinjo(castle)
京都新城跡 京都新城跡 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

仙洞御所・大宮御所
 安土・桃山時代、現在の京都御苑内の仙洞御所(宮内庁所管)内に、豊臣秀吉が築造し、わずか数カ月だけ存在した京都新城(きょうと-しんじょう)があった。
 新城は破却された聚楽第に代わるものだった。ただ、史料も少なく、「幻の城」といわれている。
◆歴史年表 安土・桃山時代、1597年、正月、豊臣秀吉)は、京都新城の築城を命じた。(『言経卿記』)。1月頃、京都新城は当初、下京東部に造営されたという。
 4月5日、秀吉は、禁裏東南に接した地に、秀吉次男・拾丸(秀頼、1593-1615)居城の縄張りを始める。(『義演准后日記』) 
 5月22日、 秀吉が上洛し、城の築造を監督する。
 9月、主要部分が完成した。(『義演准后日記』) 。9月26日、秀吉、拾丸父子が上洛し城に入る。徳川家康らも供奉する。(『言経卿記』)
 9月28日、諸大名が参集し、拾丸は禁裏に参内、元服し、以後、諱を秀頼と称した。(『義演准后日記』)
 10月1日、秀吉は新城の普請監督中に、松葉で目を突いて怪我をする。
 10月12日、秀頼は新城に半月滞在しただけで退去した。
 1598年、8月、秀吉は伏見城で亡くなった。
 1599年、秀吉の正室・北政所が大坂城から移る。
 1600年、関ヶ原の戦いの直前に、城の門、堀、石垣が破壊されたという。
 江戸時代、1624年、高台院が亡くなる。
 1627年、城の跡地は仙洞御所として転用され、造営が始まる。
 現代、1997年以降、跡地で6回の発掘調査が行われた。
 2019年、11月、仙洞御所の防火水槽地中化工事に伴い、跡地で京都市埋蔵文化財研究所による発掘調査が始まる。
 2020年、5月、京都市埋蔵文化財研究所は、京都新城のものとみられる石垣の一部、金箔瓦破片が仙洞御所から出土したと発表した。
豊臣秀吉 室町時代後期-安土・桃山時代の武将・豊臣秀吉(とよとみ-ひでよし、1537-1598)。幼名は日吉丸、初名は木下藤吉郎、小猿と呼ばれた。父は尾張国(愛知県)の百姓、織田信秀の足軽・木下弥右衛門、母は百姓の娘なか(天瑞院)。1551年、家出、後に今川氏の家臣・松下之綱、1554年、織田信長に仕える。1561年、浅野長勝養女・ねねと結婚し、木下藤吉郎秀吉と名乗った。戦功を重ね、1573年、小谷城主、羽柴姓と筑前守、信長の天下統一に伴い西国を転戦した。1582年、備中高松城の毛利軍と戦いの最中に本能寺の変が起こり、和睦し軍を返し、山崎で明智光秀を討つ。1584年、小牧・長久手で織田信雄、徳川家康の連合軍に敗れる。1585年、紀州根来と雑賀、四国・長宗我部元親を服した。関白に昇る。1586年、聚楽第、広寺大仏造営に着手し、太政大臣に昇り豊臣の姓を賜わる。1587年、九州征討、聚楽第が完成する。10月、北野天満宮で北野大茶湯を催した。1588年、第107代・後陽成天皇が聚楽第を行幸する。検地、刀狩を行う。1590年、小田原の北条氏直らの征討した。朝鮮使を聚楽第に引見する。1591年、利休を自刃に追う。1592年、文禄の役を始める。甥の養子・秀次に関白職を譲り、太閤と称した。1593年、側室・淀殿に秀頼が生まれると、1595年、秀次を謀反人として切腹させ、妻妾子女らも処刑した。1597年-1598年、朝鮮を攻めた慶長の役に敗れた。1598年、3月、醍醐寺で「醍醐の花見」を行う。8月、伏見城で没した。没後、豊国廟に豊国大明神として祀られた。62歳。
 秀吉は京都で様々の「都市改造」を行う。1585-1591年、洛中検地・洛中地子免除(1591)、1586年よりの方広寺大仏建設、1586-1587年、聚楽第・周辺の武家邸宅街建設、1589年、禁裏・公家町の修造整備、1590年、新町割建設(短冊形町割)、1590年、三条大橋などの橋梁・道路建設、1591年、御土居築造、寺院街(寺町・寺之内)建設などになる。
◆豊臣秀頼 安土・桃山時代-江戸時代前期の大名・豊臣秀頼(とよとみ-ひでより、1593-1615)。幼名は拾(ひろい)。大坂城に生まれる。豊臣秀吉の次男、母は側室茶々(淀殿)。誕生2カ月で豊臣秀次の娘(槿姫?)と婚約する。1595年、秀次の自刃後、伏見城に移る。1596年、禁裏で元服した。1598年、秀吉没後、家督を継ぎ遺命により大坂城に移る。1600年、関ヶ原の戦いは、東西軍共に秀頼のための戦いとした。戦後、徳川家康は秀頼を直轄地のみの知行とし、一大名に落とされる。1603年、後の2代将軍・徳川秀忠の娘・千姫と結婚した。1611年、二条城で家康と会見する。1614年、方広寺鐘銘事件後、家康と決裂し、大坂冬の陣になる。翌1615年、夏の陣になる。大坂城落城と共に秀頼と母は自害、子・国松も捕らえられ殺された。妻・千姫は家康の命により城から救出される。秀頼と側室の間の娘・奈阿姫(天秀尼)は、千姫の助命により仏門に入った。23歳。
◆京都新城 京都新城については、正式名もなく、長らく「幻の城」といわれていた。
 安土・桃山時代、1587年に豊臣秀吉により内野に築城された聚楽第は、関白の政務を執るための城であり、平安京大内裏を意識していた。1595年に、秀吉の命により、関白・豊臣秀次が謀反の疑いで自害に追い込まれる。同年に、秀次居城だった聚楽第は、秀吉により徹底的に破壊された。
 秀吉は、聚楽第に代わる秀頼・豊臣政権の拠点として、新たな関白家邸宅(京都新城)の築造を計画した。秀吉が生涯最後に築いた城であり、聚楽第に匹敵する規模・構造だった可能性がある。
 1597年に内裏の東、現在の仙洞御所付近、「ワカセカ池ト云所」(阿古瀬ヶ原は遺構という)に建てられている。栄華の舞台になった藤原道長(966-1028)の邸宅「土御門第」跡という。東西400m、南北800m、32万㎡の敷地を占めたという。
 新城は「太閤御屋敷」(『言経卿記』)、「御屋敷」、「京都禁裏辰巳角新宅」とも呼ばれた。新城の築城により禁裏との結びつきを強め、権力強化、権勢誇示をはかる意図もあった。
 1598年に秀吉の死後は、正室・高台院(北政所)の屋敷になり、「高台院屋敷」と呼ばれた。1600年の関ヶ原の戦いの直前に、城の門、堀、石垣が破壊されたと、当時の僧の日記に記されているという。1624年に高台院が亡くなると、徳川幕府により解体され、1627年より跡地に後水尾上皇の仙洞御所を造営した。幕府は、豊臣の痕跡を抹消する意図があったみられている。
◆発掘調査 2019年11月に、仙洞御所内の防火水槽の地中化工事に伴い、京都市埋蔵文化財研究所による京都新城の発掘調査が始まる。2020年5月に、京都市埋蔵文化財研究所は、仙洞御所内の消火設備の設置に伴い、新城の石垣の一部が仙洞御所内から出土したと発表した。遺構が出土したのは今回が初めてになる。
 125㎡が調査され、石垣は地表3m下から発見された。東向きで堀に接し、本丸を囲んでいた堀外側の石垣と見られている。安土・桃山時代の技法により、自然石(50㎝-110㎝)を用いた野面積(のづらづみ)だった。大小の2種類の石を組み合わせており、3・4段積み(高さ1-1.6mにより)であり、南北8mにわたっていた。石垣は平らな面・線を揃え、丁寧に造られていた。石垣の上半分が意図的に破壊され、当初の高さは2.4mほど(5・6段積み)あったとみられる。石材長辺を石垣奥方向きに積み、耐震性を高めており、1605年の慶長大地震以降の特徴が見られた。 
 石垣の周辺地表下2mの地点からは、豊臣家の家紋「五七桐紋」の入った金箔の軒丸瓦8個、「菊」文様のなどが入った大量の金箔瓦破片なども出土した。金箔瓦は、1576年の織田信長による安土城、1583年の秀吉による大坂城、1587年の秀吉による聚楽第でも用いられている。
 石垣と同規模の堀(推定幅3m以上、深さ2.4m)も出土した。堀跡は、本丸西側の側壁遺構とみられている。この西堀は、多量の土・小石で埋め戻され、埋土には石垣を落とした転落石も含まれていた。堀の埋め立てと石垣の破壊は同時期と見られている。1600年の関ヶ原合戦が迫り、内裏直近に造営されていた新城の城郭が、戦に使われるのを防ぐための措置だったとの見方もある。
 

*参考文献・資料 『秀吉の京をゆく』 、「京都新聞2020年5月12日付」、「産経新聞2020年5月12日付」、「朝日新聞2020年5月13日付」、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺京都御所(京都御苑)   関連・周辺仙洞御所・大宮御所  周辺  関連聚楽第  関連伏見城・伏見桃山城・桃山    
京都新城跡 京都御苑内仙洞御所付近 〒602-0881 京都市上京区京都御苑内
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光