京都新城 (京都市上京区)
Kyoto-shinjo(castle)
京都新城 京都新城 
  Home   Home

仙洞御所・大宮御所
 安土・桃山時代、現在の京都御苑内の仙洞御所付近に、豊臣秀吉が築造しわずか数カ月だけ存在した京都新城(きょうとしんじょう)があった。新城は破却された聚楽第に代わるものだった。
◆歴史年表 安土・桃山時代、1597年1月頃、京都新城は当初、下京東部に造営されたという。
 4月5日、豊臣秀吉(1537-1598)は、禁裏東南に接した地に、秀吉次男・拾丸(秀頼、1593-1615)居城の縄張りを始める。 
 5月22日、 秀吉が上洛し、城の築造を監督する。
 9月26日、秀吉、拾丸父子が上洛し城に入る。徳川家康(1542-1616)らも供奉する。
 9月28日、拾丸は禁裏に参内、元服し、以後諱を秀頼と称した。
 10月1日、秀吉は新城の普請監督中に、松葉で目を突いて怪我をした。
 10月12日、秀頼は新城に半月滞在しただけで退去した。
 秀吉正室・高台院(1547? - 1624)も退去し、跡地は仙洞御所として転用された。
◆京都新城 京都新城についての詳細不明。
 安土・桃山時代、1595年、豊臣秀吉の命により、関白・豊臣秀次が謀反の疑いで自害に追い込まれた。その後、秀次居城の聚楽第は徹底的に破壊された。
 内野に築城された聚楽第は、平安京大内裏を意識していた。聚楽第に代わる豊臣政権の拠点として、秀吉は新たな関白家邸宅築造を計画した。内裏の東、現在の仙洞御所付近、「ワカセカ池ト云所」(阿古瀬ヶ原は遺構という)に建てられている。新城は「御屋敷」「京都禁裏辰巳角新宅」とも呼ばれた。新城により禁裏との結びつきを強め、権力強化をはかる意図もあった。
◆豊臣秀頼 安土桃山時代-江戸時代前期の大名・豊臣秀頼(1593-1615)は、豊臣秀吉次男として大坂城に生まれる。母は側室茶々(淀殿)。誕生2カ月で豊臣秀次の娘(槿姫?)と婚約する。1595年、秀次自刃後、伏見城に移る。1596年、禁裏で元服。1598年秀吉没後、家督を継ぎ遺命により大坂城に移る。1600年、関ヶ原の戦いは、東西軍共に秀頼のための戦いとした。戦後、徳川家康は秀頼を直轄地のみの知行とし、一大名に落とされる。1603年、後の2代将軍・徳川秀忠の娘・千姫と結婚した。1611年、二条城で家康と会見する。1614年の方広寺鐘銘事件後、家康と決裂、大坂冬の陣、翌1615年に夏の陣となる。大坂城落城と共に秀頼と母は自害、子・国松も捕らえられ殺された。妻・千姫は家康の命により城から救出される。秀頼と側室の間の娘・奈阿姫(天秀尼)は、千姫の助命により仏門に入った。


*参考文献 『秀吉の京をゆく』


   関連・周辺京都御所(京都御苑)      周辺      関連聚楽第           
 京都御苑 仙洞御所付近  京都市上京区  
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光