梅雨ノ井跡・八雲神社跡 (京都市上京区)
Wmenoi Well
梅雨ノ井跡・八雲神社跡 梅雨ノ井跡・八雲神社跡 
  Home   Home



梅雨ノ井


「史跡 平安宮造酒司」、中京区京都アスニー



 出水(でみず)付近は、古くより豊富な名水で知られていた。鴨川、紙屋川などの伏流水の湧水地に当り、伏見と並び、かつては造り酒屋が集中していた。
 「梅雨ノ井(うめのい)」は、聚楽第の数少ない遺跡の一つともされている。付近には、かつて八雲神社が祀られていた。
◆歴史年表 安土・桃山時代、「梅雨ノ井(うめのい)」は、豊臣秀吉の造営した聚楽第の東南隅に当たるとされる。かつて、清水町とも呼ばれた。秀吉も茶の湯に使った名水「金名水、銀名水」で知られた。
 江戸時代、1788年、天明の大火により、井戸は埋没したという。その後、復活した。
 近代、1877年、東辰巳町の町民は、梅雨ノ井周辺の土地を、再興された豊国神社の御旅所用地として寄進した。
 1893年、梅雨ノ井付近(大宮通下長者町上る西入北入る)に八坂神社の分霊を勧請し、八雲神社が祀られた。秀吉が愛でたというモチノキを神木とした。
 1934年、八雲神社のご神木のモチノキは、室戸台風により枯死した。その後、2代目が植えられる。
 現代、1950年、梅雨ノ井内部の石組、積石、井筒が崩壊し、埋もれた。
 1990年、一帯の地上げにより、八雲神社、モチノキも取り去られる。現在は、井戸跡だけが残されている。
◆梅雨ノ井 梅雨ノ井(つゆのい)(松屋町通下長者町通上ル西入ル、住宅地の露地奥にある私有地。)は、聚楽第の数少ない遺跡の一つとされている。近年、井戸は1595年の聚楽第廃絶後に掘られたとの指摘もある。なお、大徳寺(北区)門前の民家にも同名の井水があったという。(『雍州府志』)
 「梅雨ノ井」の名は、入梅の頃、石組の井筒の上から水が溢れ出たことに因む。梅雨明けの7日前になると水が溢れ、梅雨が明けると元の水位に戻ったともいう。溢れた水は、出水通の溝を満たしていた。空梅雨の年には溢れることはなかったという。
 江戸時代の『三都自慢競』には、江戸「麹町の井戸」、大坂「天野寺亀井」とともに「つゆの井」の名がある。
◆八雲神社 梅雨ノ井の東(大宮通下長者町上る西入北入る)は、かつて聚楽第の一隅だった。ここにモチノキが植えられていたという。豊臣秀吉も愛でたという。後世、この木に触ると祟りがあるとされた。近代、1893年に八坂神社を勧請し、モチノキを神木として八雲神社と呼ばれる。1934年の室戸台風によりモチノキは枯死し、その後2代目が植えられた。
 1990年、一帯の地上げにより八雲神社、モチノキも取り去られた。
◆酒造り 日本で米の酒造りが始まったのは、3世紀頃と見られている。平安時代の大内裏にあった「造酒司」(みきのつかさ、ぞうしゅし、さけのつかさ)が置かれたのもこの地だった。造酒司は、宮内省の官司で、天皇や中宮に出す供御、朝廷の節会、神事のための酒、あまざけ、酢などを醸造していた。白酒や黒酒など十数種類の酒が季節や祭礼に応じて造られていた。
 鎌倉、室町時代、寺社、貴族の庇護の下、酒屋(酒座)が酒を売るようになる。また、寺院での酒造りも行われ、貴重な財源になっていた。
 室町時代、1425年の「酒屋名簿」の記録によると、洛中洛外合わせて342軒の酒蔵があり、五条坊門西洞院・中興の「柳の酒」は、京都の銘酒として全国の一割を販売していた。この酒は、柳樽に詰められ売られた。造り酒屋は、清水寺、建仁寺、祇園社の周辺に集中している。江戸時代、酒屋は千軒あまりとなっている。


*参考文献 『秀吉の京をゆく』『京都大事典』『京都歴史案内』


   京都御所・出水の小川      周辺       関連           
 梅雨ノ井 〒602-8255 京都市上京区東堀町616,和泉町上長者町下る
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光