紙屋川・西堀川・御土居 (京都市北区)
Kamiya-gawa River,Odoi
紙屋川 紙屋川 
  Home   Home

紙屋川(天神川)、北野天満宮は右手にある。




紙屋川に架かる鶯橋


北野天満宮の西、紙屋川との間にある御土居、右上が土塁の最上部


土塁の上、左が紙屋川、右が北野天満宮


右手が御土居、左の溝のようなものが紙屋川


御土居に空けられた排水溝跡「悪水抜石伏樋」、御土居の中で唯一の排水溝遺構とされている。土塁の下に開けられ、土塁内に溜まった水を紙屋川へ落としていた。


御土居下にある梅林




北野天満宮下流、住宅地を流れる紙屋川




【参照】紙屋川最上流
 紙屋川(かみやがわ)は、総延長4kmほどあり、天神川の上流部をいう。水源地は鷹峯(北区)の山中、上水峠ともいう。 
 川の上流部、北野天満宮の西付近までを紙屋川と呼ぶこともある。川の大部分(鷹峯千束町以南)は、天神川(総延長14.24km)と総称される。川の下流で、御室(おむろ)川が合流し、終点は桂川に合流する。
◆歴史年表 平安時代、紙屋川は西堀川(西の堀川)と呼ばれた。西堀川は、右京二坊、現在の紙屋川(天神川)付近を、北から南へ流れ下っていた。川は、材木などの輸送にも使われた。
 805-809年、802年とも、川畔に紙屋院が設けられた。
 平安時代中期、12世紀(1101-1200)前半、西堀川の流路が変わり、川は埋没する。
 その後、東の堀川が堀川と呼ばれるようになる。
 安土・桃山時代、1591、豊臣秀吉による御土居(お土居)築造の際に、紙屋川の外(東岸)に土塁が築かれる。
 近世(安土・桃山時代-江戸時代)、紙屋川は紙屋川石、赤小石の産地になった。農業用水としても利用された。    
 近代、1935年、昭和十年大洪水の際には大きな被害が出ている。
◆紙屋川 紙屋川は、柏野(かえの)を流れていたことから、「柏(かい/かへ)川」ともいわれた。現在も、紫野柏野町の町名が残る。ほかにも「替(かい)川」、「可井川」、「高橋川」、「高陽(かい/かや)川」、「賀耶(かや)川」、仁和寺境内に含まれていたため「仁和川」、北野神社と平野神社の間を流れたことから「神谷(かみや)川」などとも呼ばれた。
◆西堀川 平安時代、平安京には二つの運河・堀川が流れていた。一つは東堀川(東の堀川)であり、現在の堀川の位置になる。もう一つは右京の西堀川になる。現在の北野天満宮の西を流れる紙屋川の南進線上になる。二つの堀川は、朱雀大路を挟み、左右対称の位置にあり、流路は直線だった。
 西堀川は、西堀川小路(現在の西土居通)の中央付近を流れていた。北は紙屋川に、南は西高瀬川に合流した。現在の北野天満宮の西付近と、南下した吉祥院天満宮の東付近を結ぶ線上に重なる。西堀川の川幅は当初2丈(6m)、廃絶期には4丈(12m)ともいう。
 西堀川は、材木などの輸送にも使われた。氾濫が相次ぎ、やがて、西堀川の流路が変わり、平安時代中期には埋没し廃れる。その後、東の堀川が堀川と呼ばれる。その位置は現在の堀川の流路とほぼ同じとされている。
 江戸時代、西堀川の旧流路の西寄りに天神川が通じ、西高瀬川に合流していた。1935年の京都大水害後、御室川の流路の一部を利用し、さらに西寄りの現在の天神川が付け替えられ、桂川に合流している。
◆紙屋院 紙屋の名は、平安時代にあった「紙屋院(かんやいん/しおくいん、造紙院)」に由来している。
 紙屋院(右京区花園木辻付近とも)は、官営の製糸所であり、平安京遷都後(805-809)、807年とも、山城国の紙戸(しこ)が廃止され、官立の図書寮のもと紙屋院が設置された。川のほとり宿紙(すくし)村(北野神社付近、円町付近)には、紙師が住み、紙座を結んでいた。原料は麻、こうぞが用いられた。渡来した紙漉きの技術も、独自の「流し漉き」(簀や網の上で紙料の紙層を作る漉き方)が確立され、高級紙・紙屋院紙の普及が行われた。
 平安時代末期、原材料不足により、古紙や反故紙(ほごがみ、書き損じた書画紙など)を使って漉き返しを行う。このため紙に墨色が残り、「薄墨紙(水雲紙、宿紙、黒紙)」と呼ばれ紙質の低下を招く。綸旨(りんじ 、蔵人が勅旨を受けて出す奉書形式の文書)に用いられ、「綸旨紙」とも呼ばれた。中世(鎌倉時代-室町時代)、図書寮を本所として宿紙上座を組織した。下座が置かれた。紙屋院は南北朝時代に廃止される。
 近世になり、京都には紙漉師がおり、紙問屋が商った。この頃、地方産の紙(地紙)が大量流通するようになる。江戸時代、元禄年間(1688-1704)、万(よろず)紙問屋として、越前屋市郎兵衛など4軒が知られていた。紙屋は、永原屋など9軒があった。
◆荒忌 紙屋川は「荒見(あらみ)川」ともいわれた。荒見は「散斎(あらいみ)」に通じる。散斎、荒忌(あらみ)は、祭祀の際に、神事に従事する者が真忌(まい)みの前後に行う物忌みをいう。9月晦日には、大嘗祭に奉仕する上卿以下の官吏が禊した。
 平野神社の北辺に斎場があり、朝廷の重要な祭儀の前には、川の上流で潔斎(けっさい、神事などの前に心身を清めること。物忌み)が行われていた。禊も中世には途絶えた。
 現在も衣笠荒見町、衣笠大祓(おおはらい)町の地名が残る。この付近で禊祓いが行われていたという。
◆御土居 安土・桃山時代、1591年、豊臣秀吉による御土居(お土居)築造(22.5km)の際には、紙屋川の外(東岸)に土塁が築かれている。現在も北野天満宮の西、紙屋川との間にはその遺構がある。また、近くに紫野土居町の町名も残る。
 御土居の役割は、軍事的な要塞、鴨川などの洪水に備える、洛中・洛外の境界を明らかにするなどの意味があったとみられている。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『日本の古代遺跡 28 京都Ⅱ』『京都歴史案内』『京都の地名検証』『京都の地名検証 2』『昭和京都名所図会 5 洛中』『京都大事典』


北野天満宮     西土手刑場跡・壺井・壺井地蔵      御土居の袖(西ノ京)      堀川     御土居(鴨川)      御土居(鷹ヶ峯)      関連廬山寺・御土居       御土居(JR京都駅0番のりば)             
平安京オーバレイマップ
紙屋川  京都市
  Home     Home  
© 2006- Kyotofukoh,京都風光