豊国廟・阿弥陀ヶ峰・鳥辺野・鳥辺山 (京都市東山区) 
Toyokuni-byou(Houkoku-byo) Mausoleum
豊国廟 豊国廟
  Home   Home

清水寺より見た阿弥陀ヶ峰



























正面石段は489段ある。山頂まで一直線に続いている。


唐門
 東山三十六峰のひとつ阿弥陀ヶ峰(あみだがみね、196m)は、古くより葬送地・鳥辺山の一画を成しており、鳥辺山とも呼ばれた。鳥部氏の拠点であったともいう。かつて阿弥陀堂があったことから山名の由来になった。 
 一直線に続く長い坂道の参道を経て、山頂に豊臣秀吉の墓所(豊国廟、ほうこくびょう/とよくにびょう)には巨大な五輪塔が立てられている。
 豊国廟では、御朱印(登拝)が授けられる。
◆歴史年表 平安時代、清少納言は『枕草子』の中で、この地を「峰はゆづるはの峰。あみだの峰。いやたかの峰。」と記している。
 安土・桃山時代、1598年、8月18日、豊臣秀吉は63歳で伏見城で没した。秀吉の死は当初、極秘扱いにされた。
 1599年、4月、秀吉の遺言によりその遺骸は、阿弥陀ヶ峰山頂に秘密裏に埋葬される。墳上には祠廟が、山麓(太閤坦、たいこうだいら)には社殿が造営される。この豊国廟の敷地は広大で、山腹から山上、さらに現在の智積院、妙法院境内までも含んでいた。
 1600年、豊国社が創建される。第107代・後陽成天皇は、秀吉に「正一位豊国乃大明神」の神階・神号を授ける。ただ、秀吉は、「新八幡」を望んでいた。8月、例大祭には徳川家康が社参する。以後、4月、8月の祭日には、勅使参向し、諸大名の参詣も絶えなかった。9月15日、関ヶ原の戦いが起こり、大坂城より京都に移っていた大政所は、秀吉ゆかりの遺品を豊国社に避難させた。
 1601年、秀頼(家康とも)は社領1万石を寄進する。廟内には56基の燈籠が設けられ、毎夜火が灯され人気を博した。以後、毎年盛大な豊国(とよくに)祭が執り行われる。山は豊国山とも呼ばれる。この後、付近の鳥辺野の火葬が禁じられた。
 1602年、豊国極楽門(女坂付近)は、近江国・竹生島に移された。(現存)
 江戸時代、1604年、秀吉の七回忌臨時祭の祭礼では、見物人の列が三条大橋、五条大橋から連なったという。人々は豊国踊り、風流歌舞を舞い、廟前に押し寄せたという。
 1615年、大坂夏の陣後、豊臣氏滅亡に伴い、徳川家康は豊国社の全面破却を決める。ただ、高台寺の北政所が家康に嘆願したため、外苑だけが破却される。(第一次破却)
 1619年、方広寺住職・妙法院により、豊国社は全面破却になる。阿弥陀ヶ峰山頂の廟堂だけが残された。(第二次破却)
 1655年、1767年とも、阿弥陀ヶ峰への登り口(太閤坦)には、参道を塞ぐように、廃絶していた新日吉(いまひえ)神社(現在の新日吉神宮)が再建される。以後、300余年にわたり廟の社殿は荒廃にまかせ、訪れる人もなかったという。
 近代、1880年、豊国神社が再興される。
 1890年、豊国会(会長・黒田長成)が結成された。
 1897年-1898年、黒田、蜂須賀ら旧秀吉の配下により、太閤坦、豊国廟が修復整備される。
 1898年、4月18日、秀吉300年忌に際して、全国有志(豊国会)の寄付金(18万7000円)により廟宇が再建された。阿弥陀ヶ峰山頂には10mの巨大な五輪の塔も再興される。塞がっていた参道を開けるために、新日吉神社は参道南(現在地)へ移転される。ここに二の鳥居が建てられる。旧社殿は、かつての旧方広寺大仏殿の跡地に移築され、現在の豊国神社として再建される。
 1904年、廟には誓願寺より、秀頼の子・国松丸、秀吉側室・松丸殿の五輪塔が遷されている。
 第二次世界大戦中、廟周辺の山頂付近に、高射砲の陣地が置かれていたという。
 現代、1965年、参道石段が撤去される。
豊臣秀吉 安土・桃山時代の武将・豊臣秀吉(とよとみ ひでよし、1537-1598)。小猿と呼ばれ日吉丸と称した。父は尾張国の百姓、織田信秀の足軽・木下弥右衛門、母は百姓の娘なか(天瑞院)。1551年、家出、後に今川氏の家臣・松下之綱、1554年、織田信長に仕える。1561年、浅野長勝養女・ねねと結婚し、木下藤吉郎秀吉と名乗った。戦功を重ね、1573年、小谷城主、羽柴姓と筑前守、信長の天下統一にと もない西国転戦。1582年、備中高松城の毛利軍と戦いの最中に本能寺の変が起こり、和睦し軍を返し山崎で明智光秀を討つ。1584年、小牧・長久手で織田信雄、徳川家康の連合軍に敗れる。1585年、紀州根来と雑賀、四国・長宗我部元親を服した。関白に進む。1586年、聚楽第、広寺大仏造営に着手、太政大臣に昇り豊臣の姓を賜わる。1587年、九州征討、聚楽第が完成する。1588年、第107代・後陽成天皇が聚楽第行幸、検地、刀狩を行う。1590年、小田原の北条氏直らの征討、朝鮮使を聚楽第に引見、1591年、利休を自刃させる。1592年、文禄の役を始め、甥の養子・秀次に関白職を譲り、太閤と称した。1593年、側室淀殿に秀頼が生まれると、1595年、秀次を謀反人として切腹させ、妻妾子女らも処刑した。1597年-1598年、朝鮮を攻めた慶長の役に敗れ、伏見城で亡くなる。没後、豊国廟に豊国大明神として祀られた。 
 秀吉は京都で「都市改造」を行う。1585-1591年、洛中検地・洛中地子免除(1591)、1586年よりの方広寺大仏建設、1586-1587年、聚楽第・周辺の武家邸宅街建設、1589年、禁裏・公家町の修造整備、1590年、新町割建設(短冊形町割)、1590年、三条大橋などの橋梁・道路建設、1591年、御土居築造、寺院街(寺町・寺之内)建設などになる。
◆豊臣国松 江戸時代の豊臣国松(とよとみ くにまつ、1608-1615)。豊臣秀頼の子。母は側室・伊茶(渡辺五兵衛の娘。小田原北条家の家臣成田氏の娘とも)。生後すぐに若狭京極家に預けられる。乳母の兄・若狭の砥石屋弥左衛門の養子になる。1614年、大坂冬の陣で、常高院と共に大坂城に入城。 1615年、大坂夏の陣で、田中六郎左衛門(京極家侍、傅役、乳母の夫)、13歳の宗語、乳母と共に城を落ちた。伏見の農人橋下に潜んでいたところを捕えられた。京都所司代・板倉勝重のもとに連行され、市中車引き回しの後、家康の命により六条河原で斬首、田中六郎左衛門、長宗我部盛親も共に斬首された。
 墓所は当初、京極家菩提寺の誓願寺(中京区)にあった。秀吉側室・松の丸殿が遺体を引き取り埋葬している。1634年、松の丸殿が亡くなり、国松、松の丸殿の墓は並んで立てられた。近代、境内が縮小になり、墓地は残された。1904年、二基はともに阿弥陀ヶ峰麓に改葬された。
◆松の丸殿 室町時代-江戸時代初期の女性・松の丸殿(まつのまるどの、?-1634)。京極竜子(きょうごく たつこ)。京極殿、西の丸殿。父は京極高吉、母は浅井久政の娘(京極マリア)、浅井長政は叔父。1566年、若狭守護・武田元明に嫁ぎ、2男1女を産む。夫は越前国一乗谷より帰還後、遠敷郡神宮寺、織田信長より許され若狭国大飯郡石山を領し、竜子も石山城に暮らした。1582年、本能寺の変後、夫は明智光秀に付き、丹羽長秀・羽柴秀吉らに討たれた。子も殺された。竜子は捕らえられ、兄・京極高次の取り成しにより秀吉の側室になる。北政所、淀殿に次ぎ寵愛を受けた。醍醐の花見に加わり、秀吉の北條攻め、九州攻めに淀殿とともに同行した。1598年、秀吉没後、高次の大津城に身を寄せた。1600年、関ヶ原の戦い後、寿芳院と号し出家し、西洞院に住した。1615年、大坂夏の陣の後、淀殿侍女(菊)を保護、1615年、処刑された秀頼の子・国松の遺骸を引き取り、帰依した誓願寺(中京区)に埋葬した。法名は寿芳院殿月晃盛久。墓は当初、誓願寺にあり、その後、豊国廟の国松の傍に遷された。
◆五輪塔 豊臣秀吉が葬られた五輪塔(御墳墓)は、阿弥陀ヶ峰山頂に立つ。地輪(方形)、水輪(円形)、火輪(屋根形)、空・風輪(擬宝珠)からなる。高さ10m。
◆旧豊国社 旧豊国社は社領1万石、社域30万坪(99万㎡)を有していた。神主・荻原兼従、別当・神龍院梵舜ら吉田神道家とその社人100名が関わる。
 社殿に向かうには、祥雲寺(現在の智積院)と大仏殿御殿(現在の妙法院)の間にある赤鳥居、二層の楼門(豊国極楽門)を潜った。阿弥陀ヶ峰に続く長い直線の坂道が参道になっていた。参道の両側には、豊臣家家臣、石田三成、前田玄以、長束正家などの屋敷が続いた。
 参道の途中、現在、太閤坦(たいこうだいら)と呼ばれるところに中門が建てられ、回廊があった。神廟内苑内に透かし垣に囲まれた本殿、舞殿、神宝殿、鐘楼、太鼓櫓などの社殿が建てられていた。
 さらに、石段を登りつめると、秀吉が埋葬された阿弥陀ヶ峰山頂に至る。宝形造の廟堂が建てられ、秀吉の棺が納められていた。
◆鳥辺野・鳥辺山 鳥辺野(とりべの)は、鳥戸野、鳥部野、鳥辺部とも書かれた。平安時代初期以来、京都近郊の葬送地の一つとして知られた。
 鳥部(辺)山の麓が鳥辺野と呼ばれ、広い範囲を占めた。これは、現在の阿弥陀ヶ峰であり、顕昭(けんしょう、1130? -1209?)は、「トリベ山ハ阿弥陀峰ナリ。ソノスソヲバ鳥辺野トイフ。無常所ナリ。」(『拾遺抄註』)としている。藤原道長もここで荼毘に付された。『徒然草』第七段に、「あだし野の露消ゆるときなく、鳥部山の煙立ち去らでのみ、住み果つるならひならば、いかにもののあはれもなからん。世は定めなきこそいみじけれ。」とある。
 近世以降の鳥辺野は、北の延年寺山の西麓に移る。『都名所図会』には、「北は清水寺、南は小松谷に限る」とある。
 歌枕にも鳥辺山(とりべやま)がある。「晴れずこそ悲しかりけれ鳥辺山たちかへりつる今朝の霞は」(『後拾遺集』哀傷、小侍従命婦、五四五)。
◆源氏物語 『源氏物語』第39帖「御法(みのり)」巻では、紫の上が病に罹り出家を望む。光源氏はこれを許さない。紫の上は二条院で亡くなり、鳥辺野に葬られる。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都府の歴史散歩 中』『京都大事典』『秀吉の京をゆく』『京都の地名検証』『昭和京都名所図会 1 洛東 上』『京都隠れた史跡100選』『おんなの史跡を歩く』『紫式部と平安の都』『歴史家の案内する京都』『意外と知らない京都』『京都の隠れた御朱印ブック』


  豊国神社      方広寺      新日吉神社      伏見城・伏見桃山城              

秀吉の五輪塔

秀吉の五輪塔

秀頼の子・国松丸、秀吉側室・松丸殿の五輪塔

秀頼の子・国松丸の五輪塔、「漏世院雲山智西大童子」とある。

秀吉側室・松丸殿の五輪塔

太閤坦、かつて豊国社殿が建てられていた。

【参照】近世以降の鳥辺野、西大谷
 
平安京オーバレイマップ
豊国廟 〒605-0926 京都市東山区今熊野北日吉町38  075-561-3802  9:00-16:30
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光