平野御土居・紫野御土居 (京都市北区)  
Site of Hirano-Odoi
平野御土居 平野御土居
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

平野御土居


「史跡 御土居」の石標、平野御土居、


京都市の説明板、平野御土居


石仏、平野御土居


平野御土居


平野御土居


平野御土居は緑色部分、OpenStreetMap Japan

御土居の概略図


紫野御土居


紫野御土居


紫野御土居


紫野御土居


西土居町の住所板


【参照】紙屋川(天神川)、寺之内橋付近


【参照】延命地蔵大菩薩の石仏群(北区北町)


延命地蔵大菩薩


延命地蔵大菩薩
 北野天満宮北に「史跡 御土居(しせき-おどい)」の石標が立つ。
 安土・桃山時代に、豊臣秀吉が築造させた御土居(お土居)史跡のうち、紙屋川(天神川)の東には、平野御土居(ひらの-おどい)が築造された。現在も土塁が保存されており、国の史跡に指定されている。
◆歴史年表 安土・桃山時代、1591年、閏1-2月、豊臣秀吉は御土居(お土居)を築造した。
 近代、1919年、史蹟名勝天然祈念物保存法により史蹟に指定される。
 1930年、7月、この地の御土居は、ほか7ヵ所の御土居とともに国史跡に指定された。
豊臣秀吉 室町時代後期-安土・桃山時代の武将・豊臣秀吉(とよとみ-ひでよし、1537-1598)。幼名は日吉丸、初名は木下藤吉郎、小猿と呼ばれた。父・尾張国(愛知県)の百姓、織田信秀の足軽・木下弥右衛門、母・百姓の娘なか(天瑞院)。1551年、家出し、後に今川氏の家臣・松下之綱、1554年、織田信長に仕える。1561年、浅野長勝養女・ねねと結婚し、木下藤吉郎秀吉と名乗った。戦功を重ね、1573年、小谷城主、羽柴姓と筑前守になる。信長の天下統一にともない西国転戦した。1582年、備中高松城の毛利軍と戦いの最中に本能寺の変が起こり、和睦し、軍を返し山崎で明智光秀を討つ。1584年、小牧・長久手で織田信雄、徳川家康の連合軍に敗れる。1585年、紀州根来と雑賀、四国・長宗我部元親を服した。関白に進む。1586年、聚楽第、広寺大仏造営に着手する。太政大臣に昇り豊臣の姓を賜わる。1587年、九州征討し、聚楽第が完成する。10月、北野天満宮で北野大茶湯を催した。1588年、第107代・後陽成天皇が聚楽第行幸、検地、刀狩を行う。1590年、小田原の北条氏直らの征討、朝鮮使を聚楽第に引見した。1591年、利休を自刃させる。1592年、文禄の役を始め、甥の養子・秀次に関白職を譲り、太閤と称した。1593年、側室淀殿に秀頼が生まれ、1595年、秀次を謀反人として切腹させ、妻妾子女らも処刑した。1597年-1598年、朝鮮を攻めた慶長の役に敗れた。1598年、3月、醍醐寺で「醍醐の花見」を行う。8月、伏見城で没した。没後、豊国廟に豊国大明神として祀られた。62歳。
 秀吉は京都で「都市改造」を行っている。1585年-1591年、洛中検地・洛中地子免除(1591)、1586年よりの方広寺大仏建設、1586年-1587年、聚楽第・周辺の武家邸宅街建設、1589年、禁裏・公家町の修造整備、1590年、新町割建設(短冊形町割)、1590年、三条大橋などの橋梁・道路建設、1591年、御土居築造、寺院街(寺町・寺之内)建設などになる。
◆平野御土居・紫野御土居遺構 ◈「平野御土居」(北区平野鳥居前町)は、北野天満宮の北にあり、住宅地に近接して保存されている。戦後に北半分の土塁は消失した。南側は荒廃し、土を盛り直し台形の土塁を修景したという。
 現在、遺構は間近に見ることができる。
 ◈「紫野御土居」(北区紫野西土居町)も住宅地に隣接している。指定当初は、やや屈曲し、犬走、塁壁なども保存されていたという。規模は土塁の幅25m、高さ4.5m、長さ45mあった。
 1964年に宅地開発により大半が破壊され、現在は御土居遺構の東側の一部が残されている。名残の地名「西土居町」に位置している。
 ◈近くの寺之内橋(高橋)は紙屋川(天神川)に架けられている。安土・桃山時代、1591年3月に、豊臣秀吉は、この付近より御土居を検分したという。
 橋のすぐ北側に「富士垢離場(ふじごりば)が設けられていたという。西国の修験者が行う富士山信仰行事であり、堀の水で身を清めて富士山を遥拝していた。松原橋付近にもあったという。
◆御土居 室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)後、高倉より東、松原以南は、相次ぐ鴨川の氾濫により荒地になった。
 安土・桃山時代、1591年に、豊臣秀吉は京都の再興・改造を手がける。細川幽斉、前田玄以などに洛中の周囲をめぐらせる堤防・惣構施設の「御土居」の築造を命じた。諸国大名らにより同年1月に着工になり、閏1月に2カ月で完成したという。(近衛信尹『三藐院記[さんみゃくいんき]』)。また、2-4カ月/5カ月の突貫工事で完成させたともいう。
 御土居は、北は上賀茂・鷹ヶ峰、西は紙屋川(天神川)・東寺の西辺、南は東寺南の九条通、東は鴨川西岸の河原町通まで築かれた。当時存在していた聚楽第、京都御所も土塁内側に取り囲んでいる。規模は、東西3.5km、南北8.5km、総延長は22.5kmにもなった。
 御土居の構造は外側に堀(濠)、内側に台形状の土塁を築いた。工法は「掻揚城(かきあげしろ)」が採られ、掘った堀の土を積み上げて土塁を築き、積石・石垣で地盤を固めた。墓石・地蔵なども「礎石」として使われている。当時の構築物においては一般的なことだった。なお、掻揚だけでは、土塁を築く土量が不足したとの見方もある。
 土塁規模は一定しておらず、高さ3.6-5.4/6m、基底部幅10-20m、頂上部幅4-8m、犬走り1.5-3mあった。土塁頂上は、盛土の保護・強度を増すために竹林で覆われた。竹薮の伐採は厳禁された。土塁の外には、堀(幅3.6-18m/12.5-20m、深さ1.5-2.5m)が設けられた。堀は河川、池、沼など自然地形を利用している。堀には水が溜められ、江戸時代には、農業用水としても利用されている。 
 御土居は、当初「土居堀」と呼ばれた。ほかに「京廻りノ堤」、「新堤」、「惣曲輪(そうぐるわ)」、「土居」などとも呼ばれ、江戸時代に「御土居」と称されるようになる。
 御土居には「京の七口」と呼ばれる出入口が開けられ、主要な街道に通じていた。出入口は特定されるものではなく、当初10カ所あり、江戸時代前期には40カ所に増えたという。
 「普請太閤」といわれた秀吉の御土居築造の意図は、複合的なものとされる。一般的には、鴨川・紙谷川(天神川)などの氾濫に対する水害対策・防災的な堤防の意図が強かった。さらに、外敵に備える防塁の意味も加わる。平安京以来、九条大路の南以外には羅城は築かれていなかった。御土居により初めて、京都は本格的な城塞により囲まれることになる。
 御土居築造により、都の開発は鴨川の間際まで進む。また、聚楽第、御所を取り込むように構築されたため、「洛中」・「洛外」の区分を生み洛中範囲の確定に繋がった。軍事的な城壁の役割、権勢誇示という政治的な意味合いもあった。それまでの権力支配(朝廷・公家・寺社)から町衆を分断させ、聚楽第を中心にした新都市の再編・支配が強行されたともいう。1591年の御土居築造が、1592年の文禄の役の前年であり、秀吉の朝鮮・明攻略を前提とした首都防衛機能の一環だったともいう。なお、築造に際して、小田原城の城下を模したとする見方もある。
 御土居築造に先立ち、新たな「町割」も行われた。1590年に寺院に対し「寺割」が実施された。それまで散在していた寺院の強制移転をさせ、新たに寺町、寺之内、本願寺などの寺院町を形成させた。これにより、防御・防災、税徴収の効率化、寺院と民衆の結びつき分断の意味もあったという。
 平安京以来の条坊制は、東西南北一町四方(正方形)の区画を基本とした。これでは、中心部に無駄な空地が生じてしまう。1590年に秀吉は、一部を除き、これを半町一町の短冊型(長方形)の区割りに再編する。半町毎に、新たな南北の道路(小路)を設けた。新しい町割により、町家数と人口増加をもたらし、検地の効率も高められた。
 御土居の保全は、京都所司代の命により、近郊の農民が駆り出されていた。江戸時代前期、1669年以降は、角倉了以の子・角倉与一が「土居薮之支配(奉行)」に任じられ、管理権を与えられた。この頃、御土居に繁茂した竹(土居薮)を民間に払い下げている。竹は資材として利用された。
 御土居築造から40年ほどで、都の開発が御土居を越えて進行する。鴨川には新たな堤防が築かれ、東側の開発が進み土塁は取り壊された。御土居のうち堤防の役割を果たしていたものを除き、大部分は次第に撤去され、屋敷用地・道路などに転用された。なお、江戸時代中期、元禄期(1688-1704)までは、堀はまだ水堀としては機能していた。その後、築造後100年を経て埋没し、周辺住民の生活廃材の捨て場になった。このため、発掘調査により土器・陶磁器、瓦、金属製品、石加工品、木製品などが多数出土している。
 近代以降、1870年の京都府の「悉皆開拓」令により、府は土地の払い下げを通達している。以来、御土居の破壊が急速に進行する。「お土居薮地」は、田圃、畑、桑畑、茶畑などに開墾することが奨励されている。第二次大戦後は、土塁遺構の大部分は消失し、現在はごく一部のみが残されている。
◆国史跡 近代、1919年の史蹟名勝天然祈念物保存法が施行し、1930年に京都市内の御土居8カ所が国史跡指定地になった。
 その後、現代、1965年に北野天満宮境内の1カ所が追加され、現在、9カ所が国史跡指定地になっている。
 1.紫竹御土居(鴨川)(北区紫竹上長目町・上堀川町)、2.大宮御土居(北区大宮土居町玄琢下)、3.鷹ヶ峯御土居(北区鷹ヶ峯旧土居町2)、4.鷹ヶ峯御土居(御土居史跡公園)(北区鷹ヶ峯旧土居町3)、5.紫野御土居(北区紫野西土居町)、6.平野御土居(北区平野鳥居前町)、7.北野天満宮(上京区馬喰町)、8.市五郎稲荷神社(中京区西ノ京原町)、9.蘆山寺(上京区来之辺町)になる。
 土塁遺構は史跡指定地のほかに、大宮交通公園(北区紫竹北栗栖町3)、北野中学校(中京区西ノ京中保町1-4)を含む4カ所で見られる。
◆石仏群 ◈ 平野御土居の南端に、石仏30体が祀られている。御土居から出土したという。
 ◈ 遺跡の南の北区北町には、かつて御土居から出土したという石仏群が残されている。現在は町内で、延命地蔵大菩薩として祀られている。
 いずれも花崗岩製の阿弥陀仏、二尊、地蔵、五輪塔などになる。石仏には室町時代のものも含まれるという。詳細は不明ながら、御土居築造の際に土塁礎として用いられたと推定されている。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*便宜的に御土居通称を使用しています。

*参考文献・資料 『豊臣秀吉と京都 聚楽第・御土居と伏見城』、『御土居堀ものがたり』、『洛中洛外』、『秀吉の京をゆく』、『京都の地名検証 2』、『京都の地名検証 3』、『京都大事典』、『京都府の歴史散歩 上』、『京都・観光文化 時代MAP』、『豊臣秀吉事典』、『御土居跡』、『京都 秀吉の時代-つちの中から』、延命地蔵大菩薩の駒札、京都市考古資料館-京都市埋蔵文化財研究所、ウェブサイト「御土居跡-京都市」、ウェブサイト「コトバンク」

 

北野天満宮・御土居  紙屋川・西堀川・御土居  周辺    紫竹御土居(鴨川)  石井神社・御土居跡   御土居(大宮交通公園)  大宮御土居・鷹ヶ峯御土居  御土居の袖(西ノ京)  市五郎大明神社・御土居  御土居(JR京都駅0番のりば)  枳殻亭(渉成園)・御土居  廬山寺・御土居    50音索引,Japanese alphabetical order 
 『豊臣秀吉事典』より
 
平安京オーバレイマップ
map 平野御土居 〒603-8321 京都市北区平野鳥居前町
   紫野御土居 〒603-8314 京都市北区紫野西土居町 
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光