桜町(桜町屋敷跡・紀貫之邸跡) (京都市上京区)  
Ruins of Kino,Tsurayuki Residence
桜町(桜町屋敷跡) 桜町(桜町屋敷跡)
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

桜町の駒札


駒札周辺


【参照】紀氏遺跡の石碑(仙洞御所内)
 京都御苑内の仙洞御所南西に、「桜町(さくら-まち)」と記した駒札が立てられている。
 この地には、平安時代の歌人・紀貫之(き-の-つらゆき)の邸宅があり、桜町屋敷と呼ばれていたという。
◆歴史年表 平安時代前期-中期、この地に、歌人・紀貫之(き-の-つらゆき、871?-945?) の邸宅、桜町屋敷があったという。
 近代、1875年、10月、紀氏遺蹟碑が歌人・渡忠秋(わたり-ただあき)により、仙洞御所庭園内に立てられた。
◆紀貫之 平安時代前期-中期の歌人・官吏・紀貫之(き-の-つらゆき、871/872/868?-945/946)。父は望行(もちゆき) 。御書所預(みふみどころあずかり)、内膳典膳、内記、大内記、美濃介、右京亮、玄蕃頭(げんば-の-かみ)などを歴任した。889年?、「寛平御時后宮歌合」に歌を残した。892年/893年以前「是貞親王(これさだのみこ)家歌合」に参加する。40歳代半で従五位下になり、905年、第60代・醍醐天皇の命を受け、最初の勅撰集『古今和歌集』の中心的な撰者になる。選者はほかに従兄・紀友則、凡河内躬恒(おおしこうち-の-みつね)、壬生忠岑(みぶ-の-ただみね)があった。貫之は仮名序を執筆する。この頃、屏風歌の名手として多作した。907年、宇多法皇(第59代)の大井川御幸に供奉し和歌を詠み、序文を執筆する。913年、「亭子院(ていじいん)歌合」、「内裏菊合 」に出詠した。930年、土佐守(とさのかみ)に任じられ、醍醐天皇の命により任地で『新撰和歌集』4巻を編纂した。編纂中に天皇が亡くなり、勅撰集にはならなかった。945年、木工権頭(もくのごんのかみ)、従五位上になる。78/79歳?。
 三十六歌仙の一人。宇多天皇、醍醐天皇、第61代・朱雀天皇の3天皇に仕える。歌人・藤原兼輔などと親交した。漢詩文、『万葉集』に通じた。仮名散文の先駆である日記文学『土佐日記』(935)は、土佐からの帰郷の船旅を、一行のある女性に仮託して綴っている。仮名文学の創始として、後の女流文学隆盛の契機になる。 歌論『古今和歌集仮名序』、大屏風歌歌群の家集『貫之集』、『伊勢物語』も著したともいう。代表的詠歌に「桜散る木の下風は寒からで空に知られぬ雪ぞ降りける」、「人はいさ心もしらずふるさとは花ぞむかしのかににほひける(『小倉百人一首』)など。
◆渡忠秋 江戸時代後期-近代の歌人・渡忠秋(わたり-ただあき、1811-1881)。本姓は鳥居、通称は新太郎、号は楊園、桂蔭。近江(滋賀県)の生まれ。香川景樹(かげき)、三条実美(さねとみ)に学ぶ。1874年、宮内省の歌道御用掛を命じられた。宮中御歌所に出仕した。晩年、岡崎、嵯峨に住む。著『桂蔭』『楊園詠藻』など。71歳。
 墓は南禅寺・天授庵(左京区)、祇王寺(右京区)にある。
◆桜町屋敷跡 平安時代前期-中期の歌人・紀貫之(きの-つらゆき)の邸宅は、桜町屋敷と呼ばれた。南庭に多くの桜が植えてあり、これに因み桜町といわれたという。
 桜町邸地についてはよくわかっていない。所在推定地については2説ある。
 ◈鎌倉時代後期-南北朝時代の公卿・洞院公賢(とういん-きんかた、1291-1360)の編による『拾芥抄(しゅうがいしょう)/拾芥略要抄/略要抄』(鎌倉時代/室町時代)には、中御門の北、万里小路の東とある。
 仙洞御所の南西、現在の富小路広場西半分になる。駒札はこの付近に立てられている。
 ◈平安時代後期-鎌倉時代前期の歌人・鴨長明(1155?-1216)の著『無明抄(むみょうしょう)』(鎌倉時代前期、1210年頃?)には、ある人の説として勘解由小路(かでのこうじ)の北、富小路の東の一角にあったともいう。
 仙洞御所の南部になり、庭園内の南池の南半分に当たる。
 ◈「紀氏遺蹟碑(きし-いせき-ひ)」は、桜町屋敷跡に関わる碑という。仙洞御所内の庭園北池を前にした北の築山付近にある。阿古瀬淵(あこせがふち)の傍らになる。鷹司小路の南、富小路の東に当たった。
 近代、1875年に、江戸時代中期-後期の歌人・香川景樹(1768-1843)の遺志を継いだ、江戸時代後期-近代の歌人・渡忠秋(わたり-ただあき、1811-1881)が碑を立てた。撰文も渡、銘文は三条西秀知(さんじょう-にしすえとも、?-?)による。
 撰文によると、渡は『無名抄』・『拾昔抄(拾芥抄)』などを考慮し、桜町の藐姑射の山(はこやのやま、仙洞御所、仙洞)に定めたという。碑の下には、神霊代として鏡を埋めたという。鏡は、土佐国の松山寺に古くより伝わる貫之の筆跡「月」の一字を写した。鏡の裏に一字を鋳り神霊代と崇め祀られていたという。
 碑がこの地に立てられたのは、当時の渡が、宮中御歌所に出仕していた関係によるともいう。なお、碑の位置は『拾芥抄』説の北東、『無明抄』説の北に当たる。
 高さ1.2m、幅50㎝、厚さ30㎝、青みを帯びた花崗岩製。
◆源氏物語 平安時代後期の紫式部著の『源氏物語』(1004年-1012年頃成立?)に登場する中川邸、紀伊守中川家もこの近くに想定されていたという。
 中川邸は、末摘花(すえつむはな)の邸宅であり、桐壷帝の麗景殿(れいけいでん)女御とその妹・花散里(はなちるさと)が暮らした。
 紀伊守中川家は、源氏が空蝉(うつせみ)と出合った場所になる。


年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 駒札、『京都大事典』、ウェブサイト「京都のいしぶみデータベース-京都市」、『上京乃史蹟 48号』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area京都御所・京都御苑1  関連・周辺,relevance&surrounding area京都御所・京都御苑2  関連・周辺,relevance&surrounding area仙洞御所・大宮御所 近衛邸跡(京都御苑)  九条邸跡(京都御苑)  二条家邸跡  一条邸跡(京都御苑)   鷹司邸跡(京都御苑)  小一条院跡・花山院家跡(京都御苑)  土御門第跡(京都御苑)   枇杷殿跡(京都御苑)  西園寺邸跡(京都御苑)   賀陽宮邸跡(京都御苑)  橋本家跡(京都御苑)   中山邸跡(京都御苑)   有栖川宮邸跡(京都御苑)  桂宮邸跡(京都御苑)  染殿第(染殿)跡・染殿井跡(京都御苑)    閑院宮邸跡(京都御苑)  凝華洞跡(京都御苑)  清水谷家の椋・清水谷家 (京都御苑)   冷泉家  土御門内裏跡  周辺,surrounding area   関連,relevance天授庵〔南禅寺〕  関連,relevance祇王寺  関連,relevance香川景樹宅跡  関連,relevance歴代天皇データ    
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 桜町(桜町屋敷跡・紀貫之邸跡) 〒602-0881 京都市上京区京都御苑3
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光