二条家邸跡 (京都市上京区)  
The ruins of residence of Nijō family's Palace
二条家邸跡 二条家邸跡
50音索引,Japanese alphabetical order   ホーム,Home 50音索引,Japanese alphabetical order   Home

「二条家邸跡」の石標


焼けた柱跡の残る礎石


「内裏之図」、石標の移置は赤色の丸印部分、二条家はその上になる。


白壁の土塀、二条家邸の遺構
 同志社女子大学東門脇に「二条家邸跡(にじょうけていあと)」の石標と礎石がある。
 二条家は五摂家の一つであり、この地には、二条家本邸(今出川邸)が置かれていた。
◆歴史年表 江戸時代初期、二条家邸は内裏(京都御所)の南に隣接していた。    1661年、二条家邸宅(本邸)は、今出川通の北側の現在地に移転する。
 1663年、第112代・霊元天皇は第113代・後西天皇に譲位した。後西天皇の院御所用地として二条家の旧地があてられた。 
 1837年、現在地付近に二条家が描かれている。(「禁闕内外全図」)
 1864年、3月、第14代将軍・徳川家茂が二条邸を訪れ、公武合体を印象付けた。将軍後見職・一橋慶喜、政事総裁職・松平直克(川越藩主) らも随行した。
 近代、1877年、敷地西半分を同志社が取得した。
 現代、1946年、東半分を同志社が取得し、現在は同志社女子大学校地になっている。
 2013年、同志社女子大学が石標を立てている。
◆二条良実 鎌倉時代の公卿・二条良実(にじょう-よしざね、1216-1270)。号は普光園院(ふこうおんいん)、法名は行空。父は九条道家、母は西園寺公経(きんつね) の娘・倫子(りんし)。1226年、元服、左大臣、1229年、従三位、権中納言、春宮権大夫兼左近衛大将、権大納言、内大臣、右大臣などを歴任した。1238年、従一位、左大臣。1242年、関白、氏長者。父・道家が弟・実経(さねつね)を寵愛し不和になる。1246年、関白を辞し実経に譲る。同年、名越氏の乱、1247年、三浦氏の乱に関連し、父、前将軍・九条頼経が絡んだとして北条氏は九条家と絶縁した。以来、九条家が実権を失う。良実は北条氏に内通し免れた。父に義絶され、所領分配も受けずに一家をたてる。1261年、関白に還任した。1265年、関白を辞し、1270年、出家する。五摂家の一つ二条家の祖になる。55歳。
◆二条斉敬 江戸時代後期の公卿・二条斉敬(にじょう-なりゆき、1878-1816)。父は斉信の次男、母は水戸藩主・徳川治紀の娘・従子。1824年、元服、1858年、条約調印に反対し、徳川家茂への将軍宣下伝達のために江戸に赴く。大老・井伊直弼への面会は拒絶され、1859年、慎に処せられた。1862年、左大臣、関白、氏長者に補任され右大臣、国事用掛。公武合体論を唱えた。1863年、八月十八日の政変で尊攘派を一掃し、関白に就任する。朝彦親王と共に、幕府、徳川慶喜と提携し、長州再征・条約の勅許に尽力した。1864年、会津松平家と二条家とは「両敬の約」を結ぶ。1866年、列参奏上の22廷臣から批判を受け辞表提出、却下された。慶喜の将軍就任に力を尽くした。1867年、第122代・明治天皇の践祚に伴い摂政になる。王政復古の政変で摂政・五摂家の制が廃絶され、参朝停止の処分を受けた。1868年、処分解除される。1869年、麝香間祗候(じゃこうのましこう)。1871 年、隠居した。没後従一位を追贈された。63歳。
◆二条家 藤原氏北家の中で五摂家は、近衛、九条、二条、一条、鷹司になる。当主は摂政・関白に就いた。
 二条家は藤原氏北家九条流に属し、鎌倉時代前期の公卿・九条道家の次男・藤原(二条)良実(1216-1270)を家祖にする。東二条院を伝領し二条京極に住み、二条を称した。坊名に因み銅駝(どうだ)とも称した。1242年に良実は関白になり、以後、子孫は摂家と並ぶ。
 鎌倉時代-南北朝時代、道平(みちひら、1288-1335)は、第96代・南朝初代・後醍醐天皇の討幕計画に加わり、弟・師基(もろもと、1301-1365)は南朝に仕えた。良基(よしもと、1320-1388)は北朝に仕える。南北朝時代-室町時代、満基(みつもと、1383-1411)は、足利義満の諱(いみな)一字をもらう。以来、足利・徳川将軍の諱をもらうことが慣例になる。近代になり公爵になる。
◆今出川邸・遺構 江戸時代、1661年、二条家が今出川邸に移転する。明治維新まで本邸として使われた。
 なお、鴨川の西岸(現在の京都府立医科大学附属病院敷地) にも別邸(下屋敷) があった。
 大学構内の東南隅に残る白壁の土塀(5m)が二条家邸の遺構になる。石標傍に焼けた柱跡の残る礎石、純正館ロビーに、二条家邸跡の出土品一部が展示されている。


*原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献・資料 同志社女子大学の説明板、ウェブサイト「同志社女子大学の二条家邸跡と二条斉敬、同志社女子大学」『京都大事典』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area京都御所・京都御苑  関連・周辺,relevance&surrounding area冷泉家  周辺,surrounding area京都現役最古のマンホールの蓋  関連,relevance歴代天皇データ     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 二条家邸跡 〒602-0836 京都市上京区常盤井殿町,今出川通寺町西入ル二丁目北側
50音索引,Japanese alphabetical order  ホーム,Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  ホーム,Home   top
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光