枇杷殿跡 (京都市上京区)  
Site of of Biwadono(residence)
枇杷殿跡 枇杷殿跡
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home




 京都御苑の西端、蛤御門の東南付近に、「枇杷殿跡(びわどの-あと)」の駒札が立てられている。
 平安時代、この地には藤原氏の邸宅があった。第66代・一条天皇、第67代・三条天皇の里内裏(さとだいり)になるなど名邸として知られた。
◆歴史年表 平安時代、公卿・藤原長良(802-856)が枇杷殿に居住した。
 その子・公卿・廷臣・藤原基経(836-891)が住した。三男・公卿・仲平(875-945)に伝領される。
 公卿・藤原朝光(951-995)に譲られた。
 1002年以降、公卿・藤原道長は、朝光の未亡人より邸宅を買い取る。以後、二女・妍子の里邸として整備される。10月、鷹司南烏丸東に枇杷殿が新造された。(『権記』)。夏より11月まで、旱により人々は枇杷殿の井水を求めた。(『御堂関白日記』)
 1006年、3月、東宮・居貞親王(第67代・三条天皇)の御所になる。中宮・妍子(けんし)も居住した。
 1009年、10月、第66代・一条天皇の一条殿が焼失し、天皇は中宮・彰子(しょうし)とともに枇杷殿を御所にしている。(『日本紀略』)。彰子に紫式部が仕えた。閏2月-11月、脩子(しゅうし)内親王らも御所にし、清少納言が当邸で仕えたという。
 1014年、2月、内裏炎上している。4月、三条天皇が遷御した。11月、内裏が再焼失し、三条天皇は再び還幸した。(『日本紀略』)
 公卿・藤原頼道(992-1074)が居住した。
 寛子(1030-1127)の御所になる。禎子内親王(1013-1094)とともに住んだ。
 1113年、寛子は他所に移る。
 1016年、正月、三条天皇はこの邸で第68代・後一条天皇に譲位した。
 12世紀(1100-1200)初め、公卿・忠実(1078-1162)の時に、枇杷殿は取り壊される。
◆藤原長良 平安時代前期の公卿・藤原長良(ふじわら-の-ながら、802-856)。号は枇杷殿。父・藤原冬嗣、母・真作の娘・尚侍・美都子(みつこ)の長男。弟・良房。父が第52代・嵯峨天皇に重用され、第54代・仁明天皇(嵯峨天皇皇子)に信任された。東宮時代から近侍した。即位とともに左馬頭、蔵人頭に任じられる。844年、参議になる。850年、仁明天皇の没後、追慕悲泣し、肉食を断ち冥福を祈ったという(『文徳実録』)。権中納言、従二位、正一位太政大臣を追贈。55歳。
 子・基経は良房の養子になり、藤原北家の正嫡を継承した。娘・高子は第56代・清和天皇に入り、第57代・陽成天皇を産む。
藤原基経 平安時代前期の公卿・廷臣・藤原基経(ふじわら-の-もとつね、836-891)。幼名は手古、諡号は昭宣公、通称は堀河太政大臣。京都の生まれ。父・藤原長良、母・第58代・光孝天皇の外祖父・藤原総継の娘・乙春(おとはる)の3男。叔父・藤原良房の養子になり、氏長者になった。851年、第55代・文徳天皇から加冠されて元服した。852年、蔵人、その後、左兵衛少尉、侍従、左兵衛佐、少納言を歴任した。858年、蔵人頭、播磨介、左近衛中将などを経て、864年、参議になる。866年、応天門の変で、父・良房と大伴氏、紀氏を排し、藤原氏政権の基礎を築く。従三位、中納言になる。868年、左大将、869年、按察使、870年、大納言、872年、正三位右大臣になった。876年、妹・高子が産んだ第57代・陽成天皇の践祚とともに摂政になる。880年、太政大臣に任じられた。事実上の人臣(臣下)最初の関白になる。883年頃から、陽成天皇と不和になり出仕せず、884年、時康親王を立て第58代・光孝天皇とした。事実上最初の関白になる。885年、光孝天皇に献進した「年中行事障子」は以後、宮廷行事の規範になった。887年、陽成天皇の没後、基経の意思により第59代・宇多天皇が嗣立される。基経は関白に任じた勅書に対し不満を持つ。橘広相の作成文に「阿衡(あこう)の任」とあり、古代中国の単なる名誉職の官名として、政務を怠業した。関白の権威を天皇に認めさせ、譲歩させて勅書を改めさせた。(「阿衡事件」)。888年、娘・温子が入内し、以後、天皇家に対する藤原氏の発言力が確立した。890年、病により関白を辞した。准三宮になる。56歳。
 死後、越前国に封じられ、昭宣公の諡号を賜わる。藤原北家による摂関政治を確立した。菅原道真らと親交する。撰修『日本文徳天皇実録』。邸宅の堀河院、閑院(かんいん)を所有した。第54代・仁明天皇の笙の師だった。
 墓は宇治陵(宇治市)に包括されている。
◆藤原仲平 平安時代前期-中期の公卿・藤原仲平(ふじわら-の -なかひら、875-945)。枇杷大臣。父・藤原基経、母・人康(さねやす)親王の王女の次男。弟・忠平。908年、参議、後に左大臣に進む。伊勢(いせ)と恋愛があった。歌は『古今和歌集』などに入集。71歳。
 没時に正二位。
◆藤原朝光 平安時代中期の公卿・藤原朝光(ふじわら-の-あさてる/あさみつ、951-995)。閑院大将、閑院大納言。父・関白・藤原兼通、母は有明親王の娘・昭子女王の次男/4男。兄・顕光(あきみつ)、娘・姚子は、第65代・花山天皇の女御になった。974年、参議、977年、権大納言になる。病死した。『拾遺和歌集』以下の勅撰集に入集。家集『朝光集』。45歳。
 邸宅は三条堀河第、閑院を伝領した。のち正二位、大納言。
◆藤原道長 平安時代中期-後期の公卿・藤原道長(ふじわら-の-みちなが、966-1028)。御堂殿、法成寺殿。父・藤原氏北家の関白・太政大臣・藤原兼家、母は藤原中正の娘・時姫の5男。幼少期を東三条殿で過ごした。986年、父・兼家が第66代・一条天皇の摂政になり、987年、従四位から従三位になる。左大臣・源雅信(宇多源氏)の娘・倫子(正妻)と結婚する。988年、左大臣・源高明(醍醐源氏)の娘・明子(本妻)と結婚した。991年、権大納言に任じられる。995年、兄の関白道隆・道兼が相次ぎ疫病により没し、道隆の子・内大臣・伊周(これちか)と後継争いをする。姉・詮子(東三条院)の支援により内覧、右大臣、氏長者になり政権の首座に就く。996年、伊周の失脚により左大臣に昇る。1000年、長女・彰子が一条天皇の中宮として後宮に入り、一帝二后の制を始めた。1005年、祖先供養のために、宇治木幡に法華三昧堂(木幡寺、浄妙寺)を建てる。1012年、二女・妍子(よしこ)を第67代・三条天皇の中宮とした。1016年、彰子が産んだ外孫・敦成親王(第68代・後一条天皇)の即位に際し、道長は1年ほど摂政に就く。1017年、摂政を嫡子・頼通に譲り、実権は握り続ける。従一位、太政大臣になる。皇太子・敦明親王(三条天皇第1皇子)の辞退を図り、彰子の産んだ敦良親王(第69代・後朱雀天皇)を皇太弟とした。1018年、太政大臣を辞した。娘・威子が後一条天皇の中宮、その同母妹・嬉子が皇太弟(後朱雀天皇)の妃になる。道長は「望月の歌」「この世をばわが世とぞ思ふ望月の欠けたることのなしと思へば」(『小右記』)と詠む。1019年、院源を戒師とし出家し、行観(すぐに行覚に改め)と称した。1020年、篤く仏教に帰依し、土御門殿の東に阿弥陀堂(無量寿院)に始まる法成寺(御堂)を造営した。1025年、娘・嬉子が親仁親王(第70代・後冷泉天皇)を産んで亡くなり、1027年、娘・妍子(三条天皇中宮)も相次いで亡くなる。この頃、道長は背中にできた癰(よう)に苦しむ。1028年、最期は、法成寺の九体阿弥陀堂に病床を移し、顔を西方浄土に向けて亡くなる。23年にわたって日記をつけ、後に『御堂関白記』と名付けられた。62歳。
 政治家としての優れた政策はなく、関白には就任していない。娘4人の彰子(一条天皇中宮)、妍子(三条天皇皇后)、威子(後一条天皇皇后)、嬉子(後朱雀天皇妃)、盛子を入内させた。3天皇の外戚になり、「一家に三后」を成し、藤原氏全盛の摂関を築く。詩、歌に優れ、漢詩は『本朝麗藻』、和歌は『後拾遺集』以下の勅撰集に採られる。中宮・彰子の側近に才媛の女房を集めた。紫式部を後援し、『源氏物語』にも関心を持つ。道長については『大鏡』、『栄花物語』に記されている。平安京内の数カ所に土御門殿など豪邸を構えた。
 遺骸は愛宕郡の鳥倍野で荼毘に付され、骨灰は宇治木幡の墓地に埋納された。現在は宇治陵(宇治市)に包括されている。
◆藤原妍子 平安時代中期-後期の中宮・藤原妍子(ふじわら-の-けんし、994-1027)。枇杷(びわ)皇太后。父・藤原道長、母・源倫子の次女。1004年、尚侍、従三位に叙せられる。1010年、従二位に進み、東宮居貞親王(第67代・三条天皇)に入る。1011年、天皇の即位で娍子 (せいし) とともに女御になった。1012年、中宮になる。娍子も皇后になり、二后併立になった。1013年、禎子内親王(陽明門院)を出産する。父・道長は、天皇外戚として摂関の地位を確保しようとし、内親王の誕生を喜ばなかったという。1018年、皇太后になる。1027年、禎子内親王を東宮敦良親王(第69代・後朱雀天皇)に入れた。同年、死に臨み出家する。34歳。
 大峯寺の前野で火葬され、木幡に納骨された。陵所は宇治陵(宇治市)になる。
◆三条天皇 平安時代中期の第67代・三条天皇(さんじょう-てんのう、976-1017)。居貞(おきさだ) 。法名は金剛浄。京都の生まれ。父・第63代・冷泉天皇、母・太政大臣・兼家の娘・贈皇太后・藤原超子(ちょうし/とおこ)の第2皇子。986年、従弟の第66代・一条天皇の即位により元服し、立太子になる。親王の方が年長のため、「さかさ儲けの君」と呼ばれた。1011 年、一条天皇の譲位により36歳で即位する。1012年、内覧(ないらん、太政官から天皇に奏上する文書をあらかじめ内見し、政務を代行する)になった藤原道長が権力を掌握する。天皇は道長をはばかり、その娘・妍子(けんし)を皇后にする。藤原済時の娘・女御・娍子(じようし)は中宮に立てた。天皇は、娍子を皇后にしようとする。道長は反発し、他の公卿とともに参内せず、立后の儀を妨害した。道長は娘・彰子の産んだ外孫・敦成(あつひら)親王の即位を望み、天皇の眼病を理由に譲位を迫る。天皇は皇女・禎子(ていし)内親王を道長の息・頼通(よりみち)に降嫁させることで懐柔しようとした。1016年、天皇は、娍子が産んだ第1皇子・敦明(あつあきら)親王を皇太子にすることを条件に、敦成親王(第68代・後一条天皇)に、道長の枇杷殿で譲位した。敦明親王は道長の圧力により辞退する。
 歌に優れ『百人一首』に「心にも あらでうき世に ながらへば恋しかるべき夜半の月かな」がある。ほとんど目の見えなかった天皇の眼病について、毒(仙丹、水銀)を服されたともいう。僧・賀静、藤原元方の怨霊によると噂された。京都で没した。42歳。
 1017年、死去し、船岡山で火葬にされ北山に埋納された。陵墓は北山陵(北区)になる。
◆一条天皇 平安時代中期の第66代・一条天皇(いちじょう-てんのう、980-1011)。懐仁(やすひと)、法名は精進覚。父・第64代・円融天皇、母・藤原兼家の娘・東三条院詮子(せんし)(道長の姉)の第1皇子。984年、5歳で従兄・第65代・花山天皇の皇太子になり、986年、花山天皇が外祖父・兼家らにより退位出家したため、懐仁親王は7歳で即位した。藤原家の念願であり、兼家が摂政になる。990年、元服した。兼家の没後、その子・道隆が摂関の地位を継いで権力を握る。995年、道隆の没後、その弟・道兼が就任数日で亡くなる。その弟・道長が内覧の大臣として政権を掌握した。詮子の後押しがあった。998年、御願により円教寺が創建された。1000年、中宮に道隆の娘・定子(さだこ/しょうし)が入る。道長は皇后とし、自らの娘・彰子(あきこ)を入れて中宮にして対立した。この「一帝二后」は前例のないことだった。彰子は、第68代・後一条、第69代・後朱雀両天皇を産む。1011年、三条天皇に譲位した。出家し、病没した。32歳。
 在位は25年間になり、平安時代では第60代・醍醐天皇に次いで長い。藤原道長の全盛期であり、天皇との確執が生まれる。律令制は徐々に崩壊する。母・詮子の政治介入もあった。宮廷女性文学の最盛期であり、定子に仕えた清少納言、彰子に仕えた紫式部らが互いに競った。日記に『一条天皇御記』がある。
 火葬塚(北区)がある。陵墓は円融寺北陵(右京区)になる。
◆藤原彰子
 平安時代中期-後期の中宮・藤原彰子(ふじわら-の-しょうし/あきこ、988-1074)。上東門院彰子。父・公卿・藤原道長、母・源雅信(まさのぶ)の娘・倫子(りんし)の長娘。999年、入内し、1000年、第66代・一条天皇の中宮になる。天皇には藤原道隆の娘・中宮・定子(ていし)がいた。二后併立のため、定子を皇后、彰子を中宮とした。1008年、敦成親王(第68代・後一条天皇)、1009年、敦良親王(第69代・後朱雀天皇)を産む。1012年、皇太后、1018年、太皇太后宮になる。1026年、出家し、上東門院の院号宣下を受けた。1030年、法成寺(ほうじょうじ)無量寿院の傍に東北院を建立した。87歳。
 後一条、後朱雀院、父・道長、妹・妍子(けんし)、威子(いし)、嬉子(きし)らに先立たれ、『栄花物語』に記されている。女官・歌人の紫式部(?-?)、和泉式部(976頃-1036頃)、伊勢大輔(989?-1060)、赤染衛門(956?-1041)らの才媛を集めた。
 大谷口で火葬され、陵所は宇治陵(宇治市)になる。
◆脩子内親王 平安時代中期の皇女・脩子内親王(しゅうし-ないしんのう、997-1049)。通称は入道一品宮。父・第66代・一条天皇、母・藤原定子(ていし)の第1皇女。敦康親王、媄子(びし)内親王の姉。997年、内親王になる。1007年、一品に昇り、准三宮になる。1011年、父・一条天皇の死後、叔父・藤原隆家のもとに身を寄せた。1023年、出家した。54歳。
◆紫式部 平安時代前期-後期の歌人・作家・紫式部(むらさき-しきぶ、973頃-1014頃)。本名は香子(たかこ/かおりこ/よしこ)。父・藤原為時、母・藤原為信の娘。幼くして母、後に姉も亡くす。漢籍に通じた。996年、父・為時が越前守に任じられ紫式部も下向する。997年、藤原宣孝(のぶたか)と和歌の贈答をし、求婚の書状が届く。宣孝は式部の又従兄弟に当たる。997年-998年、紫式部は単身帰京する。998年頃、複数の妻子ある地方官吏・藤原宣孝の妻になる。999年、式部は一人娘・賢子(かたこ/けんし)を産む。1001年、夫・宣孝と死別した。『源氏物語』起筆ともいう。1006年/1005年/1004年、内覧左大臣・藤原道長の娘・中野彰子(しょうし、のちの院号・上東門院)に仕える女官になったともいう。紫式部は侍講と して漢文学を教え、傍ら54帖の『源氏物語』を執筆した。物語は当初から宮廷で評判になる。1008年、彰子に『楽府』を進講する。藤原道長と女郎花の歌を贈答する。『源氏物語』が流布した。『源氏物語』冊子作りが進む。道長は『源氏物語』草稿文を持ち帰る。1009年、道長と歌を贈答した。1010年?、『宇治十帖』執筆を始める。『紫式部日記』消息文を執筆する。1013年、『紫式部集』を編集した。1014年、皇太后彰子の病気平癒祈願のために清水寺に参詣する。
 通称名は藤(ふじ)式部と呼ばれた。候名(さぶろうな)の「式部」は、父の官名「式部丞(しきぶじょう)」に由る。『源氏物語』中の女主人公、紫の上に因み、紫式部と呼ばれるようになる。娘の賢子(大貳三位、だいにさんみ)も、第70代・後冷泉天皇の乳母になり、歌人としても知られた。
 『源氏物語』は「桐壷」から始まる54帖からなり、光源氏の誕生と栄華、その晩年の苦悩、その死と子らの悲哀を描く三部構成になる。21帖「少女」巻では、漢学に通じた「漢才(からざえ)」に対し、かな(女手)を用いることを「大和魂」と記した。物語は彰子のために書かれたともいう。当初から宮廷で評判になる。紫式部は、自らの半生を物語に投影したという。12年の歳月をかけ、完成とともに亡くなる。
 紫式部墓といわれるものが北区紫野にある。引接寺(千本閻魔堂、上京区)に供養塔が立つ。蘆山寺(上京区)は邸宅跡という。
清少納言 平安時代前期-後期の歌人・清少納言(せい-しょうなごん、966?-1025?)。父・歌人・清原元輔。曾祖父・清原深養父(ふかやぶ)。981年頃、橘則光と結婚し、982年、則長を産んだ。まもなく離婚した。若くして小白河での上達部(かんだちめ)の法華八講に列席した。990年、父没後、991年頃、少納言・藤原信義/藤原棟世(むねよ)と再婚する。993年、関白・藤原道隆の娘・第66代・一条天皇中宮・定子(ていし)に出仕し、寵愛を受け10年余り女房生活を送った。四納言(藤原公任、源俊賢、藤原斉信、藤原行成)と交友した。996年、中宮一家と対立した左大臣・藤原道長方に内通したとの噂が立ち、私邸に籠居した。1000年、定子の没後、その遺児・脩子内親王に仕える。その後、前摂津守・藤原棟世(むねよ)と三度目の結婚をし、娘・歌人・小馬命婦(こまのみょうぶ)を産んだともいう。後に別居した。晩年、父・元輔の邸宅があった現在の観音寺境内付近に暮らしたという。清少納言が仕えた定子皇后、皇后、女御らは鳥辺野陵(今熊野観音寺北付近)に葬られる。清少納言は尼になり、皇后を偲び月輪近くに庵を結び隠棲し、念仏に明け暮れたという。随筆集『枕草子』、歌集『清少納言集』、『小倉百人一首』に入集。59歳?。
 漢詩文の教養があった。中古三十六歌仙のひとり。和泉式部、紫式部とともに平安時代の女性文学を代表した。和泉式部、赤染衛門らと交流した。
◆後一条天皇 平安時代後期の第68代・後一条天皇(ごいちじょう-てんのう、1008-1036)。敦成(あつひら) 。京都の生まれ。父・第66代・一条天皇、母・藤原道長の娘・彰子(しょうし/あきこ、上東門院)の第2皇子。土御門殿で誕生した。1008年、道長の意により一条天皇皇太子・敦康(あつやす)親王ではなく、外孫・敦成親王が第67代・三条天皇の皇太子になる。1016年、践祚(せんそ、皇嗣が天皇の地位を受け継ぐ)、9歳で即位した。敦良(あつよし)親王(第69代・後朱雀天皇)が皇太子になる。摂政は外祖父・道長による。1年ほどして、道長の長男・頼通(よりみち)が摂関になる。1018年、道長の意により、11歳で道長の娘・叔母・威子(いし)が入内し皇后になる。天皇は珍しくほかの妻を持たなかった。この時、道長の3人の娘が同時に后位に就く。ほかに、太皇太后(一条天皇中宮彰子)、皇太后(三条天皇中宮・妍子(けんし)になる。(天下三后)。威子の中宮になった祝いの宴で道長は「この世をばわが世とぞ思ふ望月の欠けたることも無しと思へば」と詠んだ。1019年、刀伊の入寇(といのにゅうこう)、1028年、下総で平忠常が乱が起こる。1036年、高倉殿で亡くなった。29歳。
 陵墓は菩提樹院陵(左京区)になる。
◆藤原頼通 平安時代中期-後期の公卿・藤原頼通(ふじわら-の-よりみち、992-1074)。幼名は田鶴(たづ)君、宇治殿、宇治の関白、宇治大相国、法名は蓮花覚、寂覚。京都の生まれ。父・藤原道長、母・左大臣・源雅信の娘・倫子の長男。13歳で春日祭使に選ばれた。1003年、正五位下、侍従、右近衛少将、1006年、従三位に昇る。1009年、権中納言、1013年、権大納言、1014年、左近衛大将、1015年、左大将になった。1017年、内大臣に任じられ、父・道長が第68代・後一条天皇の摂政を辞し、後を譲り受けた。1019年、関白、1021年、従一位に叙せられ、左大臣になった。居邸の高陽院を造営した。1037年、養女・嫄子(げんし)が第69代・後朱雀天皇に入内した。1051年、具平(ともひら)親王の娘との間に生まれた寛子(かんし)が第70代・後冷泉天皇の皇后になる。1052年、道長の宇治の別荘を寺院に改め平等院と名付けた。1061年、太政大臣になり、1062年、辞した。1067年、後冷泉天皇の行幸を平等院迎え、准三宮になる。1068年、藤原氏を外戚としない第71代・後三条天皇の践祚を目前にして関白職を弟・教道に譲り、平等院に隠棲する。1072年、出家する。83歳。
 後一条・後朱雀・後冷泉3代の天皇、半世紀に及ぶ摂政・関白になる。2人の娘を天皇の後宮に入れ、皇子がなかったため天皇外祖父として権勢を振るえなかった。荘園・高陽院を経営した。
◆藤原寛子 平安時代後期の皇后・藤原寛子(ふじわら-の-かんし/ひろこ、1030-1127)。四条后、宇治大宮。父・関白・藤原頼通(よりみち)、母・藤原祇子(ぎし)。1050年、入内し、第70代・後冷泉天皇の女御になる。1051年、皇后になる。1068年、後冷泉天皇の没後に出家し、宇治・法定院に居住した。第71代・後三条天皇の即位に伴い、太皇太后に立てられる。藤原歓子の立后により中宮になる。1069年、皇太后に立てられた。92歳。
 子に恵まれず、頼通の権勢崩壊する因になったという。「皇后宮春秋歌合」などを主催した。
 宇治南の一坂東辺で火葬され、木幡に納骨された。陵所は宇治陵(宇治市)になる。
◆禎子内親王 平安時代後期の女性・禎子内親王(ていし/さだこ/よしこ-ないしんのう、1013 -1094)。名は禎子、陽明門院 (ようめいもんいん)。 父・第67代・三条天皇、母・摂政・藤原道長の娘・皇后・妍子(けんし/きよこ)の第3皇女。1013年、内親王宣下を受け、1015年、着袴(ちゃっこ、幼児成長の祝い)、三宮に准ぜられる。1023年、上東門院で裳着(もぎ、成人の祝い)、一品に叙される。1027年、皇太子・敦良(あつなが)親王(後の第69代・後朱雀天皇)に入内する。1030年、良子内親王(後の伊勢斎宮)を産む。1032年、娟子(けんし)内親王(後の賀茂斎院)を出産した。1034年、尊仁(たかひと)親王(後の第71代・後三条天皇)を出産した。1036年、夫・敦良親王(後朱雀天皇)が即位した。1037年、中宮になる。だが、嫄子(藤原頼通の養女)の立后で皇后宮になる。以後、摂関家との関係は悪化した。1045年、後朱雀天皇が亡くなり、第70代・後冷泉天皇が即位し、子・尊仁が立太子する。禎子は出家した。1051年、皇太后になる。1068年、後冷泉天皇の没後、子・尊仁親王(後三条天皇)が即位した。太皇太后になる。1069年、女院を宣下され陽明門院と号した。1072年、後三条天皇は第72代・白河天皇に譲位する。1073年、後三条上皇は亡くなり、孫娘・篤子内親王を養女にする。白河天皇は、父・後三条上皇の遺命に背き、異母弟・輔仁親王ではなく、自らの皇子・善仁親王(後の第73代・堀河天皇)に譲位した。禎子は反発する。子・篤子が第73代・堀河天皇に入内し、立后する。1094年、疱瘡で亡くなる。82歳。
 陵墓は禎子内親王陵(右京区)になる。
◆藤原忠実 平安時代後期の公卿・藤原忠実(ふじわら-の-ただざね、1078-1162)。号は知足院、富家殿(ふけどの)。京都の生まれ。父・関白・藤原師通(もろみち) 、母・右大臣・藤原俊家の娘・全子の嫡男。1088年、元服した。1091年、非参議従三位で公卿に列した。1092年、権中納言、1097年、権大納言に昇る。1099年、父・師通の没後、祖父・師実の養子になり、内覧・藤原氏長者になった。1100年、右大臣になる。1105年、第73代・堀河天皇の関白に任じられる。1107年、第74代・鳥羽天皇の即位とともに摂政になる。1112年、太政大臣に任じられた。1113年、太政大臣を辞し、鳥羽天皇元服により関白になる。1120年、白河法皇(第72代)の命を辞退した次女・泰子(のちの高陽院)の鳥羽天皇入内問題をめぐり、法皇の怒りを買い内覧を止められる。1121年、内覧に復した、職を辞し、嫡子・忠通(ただみち)が代わる。以後、宇治に隠遁した。1129年、白河法皇没、鳥羽院政開始とともに朝政への復帰した。父・忠実を退け関白になった忠通との間に対立関係が生じた。忠実は寵愛した次子・頼長を内覧・氏長者とし、対立は深まる。1133年、泰子を鳥羽上皇妃として入内させた。1140年、准三宮になる。出家し法名は円理と名乗った。1156年、保元の乱は忠通と頼長の兄弟対立が一要因になる。頼長の敗死後、忠通の計らいで流罪を免れ、知足院に幽閉された。日記『殿暦(でんりゃく)、知足院関白記)』、故実に詳しく談話筆記『中外抄』など。85歳。
◆枇杷殿 枇杷殿は藤原氏の邸宅であり東は東洞院大路、西は烏丸小路、北は鷹司小路、南は近衛大路の方1町に在った。現在の京都御苑西端、蛤御門の東南付近になる。北辺は、皇宮警察本部京都護衛署敷地内になる。敷地の4分の1に屋舎があり、あとは宝を蔵した倉庫が建てられていたという。さらに、東は烏丸小路、西は室町小路、北は近衛大路(出水通)、南は勘解由小路(下立売通)の方1町も枇杷殿と称したという。(鎌倉時代中期以降『拾芥抄』)
 現在知られている最も古い移住者としては、平安時代前期、藤原長良(802-856)だった。その後、長良の血縁に伝領された。その3男・藤原基経(836-891)から枇杷大臣と呼ばれたその次男・仲平(875-945)に伝えられる。平安時代中期、藤原朝光(951-995)に譲られる。
 平安時代後期、1002年以降に、藤原道長は、朝光の未亡人より邸宅を買い取っている。以後、道長の子女に伝えられる。妍子(道長の次女)の里邸として整備される。10月、鷹司南烏丸東に枇杷殿が新造された。(『権記』)。夏より11月、四条以北の井水が尽きて、旱により人々は枇杷殿の井水を求めた。(『御堂関白日記』)
 1006年3月、東宮・居貞親王(第67代・三条天皇)の御所になっている。中宮になった妍子も住している。1009年10月、一条殿が焼失し、第66代・一条天皇は織部司より、中宮・彰子(道長の長女)とともに枇杷殿に移り御所にした。(『日本紀略』)。この時、彰子に紫式部が仕えている。閏2月14日-11月10日、脩子内親王らも御所にしており、清少納言が当邸で仕えたという。
 1014年2月、内裏が炎上し、4月に三条天皇が遷御した。11月に内裏が再焼失し再び還幸している。(『日本紀略』)
 その後、藤原頼道(992-1074)が居住している。その娘・寛子(1030-1127)の御所になった。妍子が産んだ禎子内親王(1013-1094)とともに住んだ。1113年に、寛子は怪異を理由に他所に移る。
 1016年正月に、三条天皇はこの邸で第68代・後一条天皇に譲位している。(『日本紀略』)
 12世紀(1100-1200)初め、公卿・藤原忠実(1078-1162)の時に取り壊された。
◆里内裏 里内裏(さとだいり)は、火災、倒壊、方忌(かたい)みなどに際し、一時的に設けられた仮の内裏をいう。平安宮大内裏の外に置かれた。里内(さとうち)、今内裏、里御所、里亭皇居などとも呼ばれた。「里」には京中の意味があった。多くは天皇外戚(母方)の摂関家私邸が充てられた。
 平安時代中期、960年に平安宮内裏初の焼亡があり、第62代・村上天皇は累代の後院である冷泉院に移っている。976年の内裏焼失では、第64代・円融天皇は、内裏再建までの1年間を関白・藤原兼通(かねみち)の堀河殿を居所とした。当時、冷泉院が冷泉上皇(第63代)の御所となっていたためだった。これが里内裏の始まりとされる。
 その後も内裏炎上に際し、各所に里内裏が造られている。第66代・一条天皇の一条殿、第66代・一条天皇の東三条殿、第67代・三条天皇の枇杷殿などがある。
 後に、里内裏殿舎も内裏に模して建てられ、当初から里内裏にするために邸宅が造営された。天皇は里内裏で日常を過ごし、儀式にのみ内裏に帰った。第70代・後冷泉天皇の高陽院(かやのいん)、第72代・白河天皇の六条院、第74代・鳥羽天皇の大炊(おおい)殿・土御門・烏丸殿などがある。
 鎌倉時代前期、1227年に本来の平安宮内裏は焼失し、以後、再建されることはなかった。そのため、里内裏が恒常化する。閑院殿は第82代・後鳥羽天皇以後8代の本所的皇居、第77代・後堀河天皇の皇居にもなった。富小路殿は後堀河上皇の仙洞になり、第89代・後深草天皇以来、多くの持明院統の御所になった。
 鎌倉時代後期に大覚寺統と持明院統の対立が生じた。北朝第2代・光明天皇(持明院統)は、南朝初代・第96代・後醍醐天皇(大覚寺統)に対抗した。光明天皇は、北朝第1代・光厳天皇(持明院統)が位に就く際に用いた土御門東洞院殿(現在の京都御所)を、1332年に皇居(内裏)と定めている。以後、近代、1869年の東京遷都まで続いた。
◆清少納言・紫式部 紫式部と清少納言の平安時代を代表した女性文学は、同時期に御所になった枇杷殿で各々奉仕していた。
 1000年に、彰子(しょうし)が第66代・一条天皇の中宮になり、定子(ていし)は皇后になり一代二后の例を開いた。紫式部は彰子に仕えた。他方、清少納言は定子に出仕している。同年に定子の没後は、清少納言はその遺児・脩子内親王(一条天皇第1皇女)に仕えている。
 1009年10月に一条天皇の一条殿が焼失し、天皇は中宮・彰子とともに枇杷殿を御所にした。同年閏2月-11月に、脩子内親王らも御所にしており、清少納言が当邸で仕えたという。
 1010年に紫式部は、清少納言を『紫式部日記』中で厳しく批評した。「清少納言こそ、したり顔にいみじうはべりける人。さかしだち、真名(まんな)書きちらして侍るほども、よく見れば、まだいとたへぬこと多かり(清少納言は全く得意顔で偉そうにしている人だ。賢ぶって漢字を書き散らしているものの、よく見るとまだまだ至らぬ点が沢山ある)」と記した。
 清少納言の随筆『枕草子』は、1000年頃/996年-1008年に成立したという。紫式部の『源氏物語』は1004年頃/1001-1005年頃成立という。両者は競い合い、平安女性文学の双璧とされた。清少納言は、明るい人柄で、多くの人に敬愛されたという。他方、紫式部は内向的な人柄だった。紫式部は清少納言を強く意識していた。


年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 京都市の駒札、『平安京散策』、『京都市の地名』、『京都大事典』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area京都御所・京都御苑1  関連・周辺,relevance&surrounding area京都御所・京都御苑2   関連・周辺,relevance&surrounding area土御門内裏跡  関連・周辺,relevance&surrounding area土御門第跡   近衛邸跡(京都御苑)  九条邸跡(京都御苑)  二条家邸跡  一条邸跡(京都御苑)   鷹司邸跡(京都御苑)  小一条院跡・花山院家跡(京都御苑)  西園寺邸跡(京都御苑)   賀陽宮邸跡(京都御苑)  橋本家跡(京都御苑)   中山邸跡(京都御苑)   有栖川宮邸跡(京都御苑)  桂宮邸跡(京都御苑)  染殿第(染殿)跡・染殿井跡(京都御苑)    閑院宮邸跡(京都御苑)  桜町(桜町屋敷跡・紀貫之邸跡)(京都御苑)  凝華洞跡(京都御苑)  清水谷家の椋・清水谷家 (京都御苑)     冷泉家  周辺,surrounding area  関連,relevance宇治陵(宇治市)   関連,relevance平安宮 内裏跡   関連,relevance平安宮跡 内裏跡(内郭回廊跡)  関連,relevance歴代天皇データ     50音索引,Japanese alphabetical order 
map 枇杷殿跡 〒602-0881 京都市上京区京都御苑 
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光