中山邸跡・祐井 (京都市上京区)  
Ruins of of Nakayama-tei Residence
中山邸跡・祐井 中山邸跡・祐井
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home





駒札


「祐井(さちのい)」の木標






祐井



 京都御苑内の京都御所北東に、「中山邸跡(なかやまてい-あと)」の駒札が立つ。この地に、藤原北家(ほっけ)、羽林(うりん)家の一つである公卿の中山邸があった。
 敷地内には井水の「祐井(さちのい)」があり、第122代・明治天皇の産湯井として使用された。
◆歴史年表 詳細は不明。
 江戸時代、1809年、中山忠能は石薬師の邸(現在地、京都御所の東北)に生まれる。
 1835年、中山慶子が石薬師の邸に生まれた。
 1853年、京都は大日照りに見舞われ、邸内に井戸が掘られる。第121代・孝明天皇は、明治天皇の幼名の祐宮(さみのみや)に因み、「祐井」と命名した。
 近代、1870年、8月、内裏内の公家邸宅地は京都府の管轄になる。
 1871年、11月、内裏内の公家町は隣接する町組に分割された。
 1877年-1880年、京都御苑内の華族士族などの土地は京都府により買上げられた。
◆中山忠親 平安時代後期-鎌倉時代前期の公卿・中山忠親(なかやま-ただちか、1131-1195)。藤原姓、中山内大臣。権中納言・藤原(花山院)忠宗の2男/3男。母は藤原家保の娘。妻は平時忠の娘。蔵人頭を経て、1164年、参議、権中納言、1183年、正二位、権大納言になる。平氏と近かく、第80代・高倉天皇の中宮・徳子(平清盛の娘)の中宮権大夫、第81代・安徳天皇の皇太子時代の春宮大夫 、後白河上皇(第77代)の院庁の別当になる。1185年、源頼朝から議奏公卿に推された。1191年、内大臣になり出家する。晩年、中山 (黒谷の地) に別宅があり、中山内大臣と称された。65歳。
 書に優れ、筆跡『神護寺四十五個条起請文』(神護寺蔵)、朝廷の儀式・故実・法制に詳しく著『貴嶺(きれい)問答』、史料として貴重な日記『山槐記(さんかいき)』がある。
 中山神社(中京区)が邸跡という。中山家の祖になる。
◆中山定親 室町時代前期-中期の公卿・歌人・中山定親(なかやま-さだちか、1401-1459)。法名は祐繁。父は権大納言満親、母は伊予守満貞の娘。侍従、阿波権守、蔵人頭、参議などを歴任した。1441年、権中納言、1443年、権大納言、1446年、正二位に叙せられた。1436年、広橋兼郷に代わり武家伝奏に補せられる。朝廷と幕府間を取り持つ。1448年、出家し祐繁と称した。『薩戒記(さっかいき)』は、平氏没落-源氏興隆、朝廷の儀式、将軍・足利義持、義教期の幕府政治を記し史料価値がある。和歌所寄人を務めた。『新続古今和歌集』にも入集。59歳。
 中山家9代になる。
◆中山愛親 江戸時代中期-後期の公卿中山愛親(なかやま-なるちか、1741-1814)。京都の生まれ。中山栄親の長男/次男、母は勧修寺高顕の娘。1770年、正二位。1774年、権大納言に任じられる。1175年、辞した。1782年、天皇側近職の議奏になる。1784年、権大納言に還任した。1788年、議奏に任じられる。1789年、第119代・光格天皇は、実父・閑院宮典仁(すけひと)親王へ太上天皇(譲位した後の天皇)の尊号宣下をすることを幕府に求めた。愛親は、武家伝奏・正親町公明(おおぎまち-きんあきら)と折衝に当たった。愛親は、天皇の父で皇位に就かず尊号宣下のあった先例故事を調査した。承久-文安年間(1219-1449)に2例あることを根拠とし、所司代を通じ尊号宣下の承認を幕府に求めた。老中・松平定信は反対し、1792年、尊号宣下は中止になる。1793年、愛親は、正親町とともに江戸に喚問される。「尊号御内慮一件取計行届」の咎により、幕府は愛親に閉門100日、公明に逼塞(ひっそく)50日を命じた。(尊号一件)。愛親は議奏を罷免された。74歳。
 中山家21代になる。
◆中山績子 江戸時代後期-近代の女官・中山績子(なかやま-いさこ、1795-1875)。初名は美禰、愛子(なりこ)。中山愛親(なるちか)の娘。第122代・明治天皇の生母・中山慶子は、兄・忠尹の曾孫。1807年、東宮(第120代・仁孝天皇)に入り、上臈(じょうろう)になり高松局と称した。1846年、第121代・孝明天皇の践祚(せんそ)の際に大典侍になり、明治天皇践後も勤めた。1848年、伏見宮邦家親王の王子・嘉彰親王(小松宮)、能久親王(北白川宮)が仁孝天皇の養子になった際に養母代になる。1869年、正三位。日記『中山績子日記』は、宮中儀式、年中行事などについて記した。81歳。
◆中山忠光 江戸時代後期の公卿・中山忠光(なかやま-ただみつ、1845-1864)。京都の生まれ。中山忠能(ただやす)の7男/5男/3男、母は松浦愛子。中山慶子(よしこ)の弟、兄・忠愛(ただなる)の養子。1858年、侍従になり、1860年、睦仁親王(第122代・明治天皇)の祗候(しこう)を命じられた。尊攘激派の吉村虎太郎、武市瑞山、久坂玄瑞、真木和泉らと交遊し、公家尊攘派になる。1862年、和宮降嫁に反対した。1863年2月、国事寄人になる。3月、京都を脱し長州藩に入る。官位を返上し、名を森俊斎/秀斎に改めた。5月、下関で長州藩軍艦に同乗しアメリカ商船砲撃に加わる。6月、京都に帰り、志士・吉村虎太郎らと京都を脱出し、天誅組を結成し盟主に推された。8月、大和行幸の詔が出され、大和五條代官を襲撃し討幕の兵を挙げた。幕府の鎮圧軍に敗れる。(天誅組の変)。大坂、長門(山口県)に逃れ萩藩内に潜む。1864年、11月、藩内恭順派の刺客により豊浦郡で暗殺された。20歳。
 墓は中山神社(下関市)にある。
◆中山忠能 江戸時代後期-近代の公卿・宮中政治家・中山忠能(なかやま-ただやす、1809-1888)。父は忠頼、母は綱子。子に第122代・明治天皇の生母・慶子、忠光。1813年、侍従、1847年、権大納言になる。1849年-1863年、議奏、議奏加勢を勤める。1858年、幕府の条約勅許奏請に、公卿・正親町三条実愛(おおぎまち-さんじょう-さねなる)らと反対の建議書を提出した。1861年、江戸に赴く。島津久光、薩摩藩の公武合体運動を支持し、尊王攘夷派の志士・攘夷派廷臣の攻撃される。1862年、一時差控を命ぜられる。国事御用掛に復活し、幕府に攘夷の実行を迫る。1863年、議奏を辞職した。8月18日の政変後、1864年、勢力の回復を図り長州藩の武力上洛を支持した。禁門の変で長州藩兵が敗北し、出仕停止になる。1867年、第121代・孝明天皇の死に伴う大赦により処分解除される。岩倉具視、中御門経之らと、王政復古の政変を画策し討幕の密勅作成に関与した。政変後、三職制が新設され議定に就任した。以後、神祇官知事、宣教長官などを歴任した。華族会館の設立に尽力した。80歳。
 中山家24代になる。
◆中山慶子 江戸時代後期-近代の皇女・中山慶子(なかやま-よしこ、1836-1907)。通称は安栄(あえ)、今参、一位局、三位局など。公卿・中山忠能(ただやす)の2女、母は愛子。1851年、典侍雇を命じられ安栄と名を与えられた。第121代・孝明天皇に仕える。1852年、皇子・祐宮(さちのみや、第122代・明治天皇)を産み、養育に当たった。1868年、東京行幸に従い、一時京都へ戻る。1870年、東京に移住した。1879年、明治天皇皇子・明宮(はるのみや、第123代・大正天皇)が誕生後に中山邸に預けられ、養育に当たる。1900年、従一位に進む。73歳。
◆中山家 中山家(なかやまけ)は、藤原北家(ほっけ)に属し、家格は羽林(うりん)家になる。花山院家の分流にあたる。院政期に活躍した関白・藤原師実(もろざね、1042-1101)の子・花山院忠親(なかやま-ただちか、1131-1195)を祖にする。代々、大納言になった。屋敷は現在の京都御苑内の石薬師門西入ル北側付近にあった。菩提寺は蘆山寺(東山区)になる。
 室町時代の9代・定親(1401-1459)は、日記『薩戒記(さっかいき)』を記し、史料的な価値がある。
 江戸時代には家禄200石を給された。21代・愛親(なるちか、1741-1814) は、第119代・光格天皇の側近になり、尊号一件に関与した。その娘・績子(いさこ、1795-1875)は、第120代・仁孝天皇以降の3天皇に典侍として仕える。
 24代・忠能(ただやす、1809-1888)は、第122代・明治天皇の外祖父として王政復古に尽力した。尊攘派公卿として、和宮降嫁を推進する。その娘・慶子(よしこ、1835-1907)は、明治天皇の生母になった。忠光(ただみつ、1845-1864)も、尊王攘夷派廷臣として活動し、天誅組の変に関わる。
◆祐井・御産屋  ◈ 「祐井(さちのい、祐ノ井) 」は、京都御所北東の中山家跡内にある。「御所三名水」(ほかに「県井(県の井)」、「染殿井」)の一つになる。この地は、第122代・明治天皇の生母・一位局(中山慶子)の中山忠能邸跡になる。
 江戸時代後期、1853年に京都は大日照りに見舞われた。陰陽家土御門のご神託により邸内に井戸が掘られる。中山家が新たに掘った井戸は水脈にあたり、人々が使っても涸れることはなかった。第121代・孝明天皇は、1852年に生れた明治天皇の幼名「祐宮(さみのみや)」に因み、「祐井」と命名した。
 井戸は明治天皇の産湯井として用いられ、「故郷井」とも呼ばれた。天皇の詠んだ「わが為に汲みつとききし祐の井の水は今なおなつかしきかな」(『御集』)、昭憲皇太后の「わが君が産湯となりし祐の井の水は千代まで涸れじとぞ思ふ」(『御集』)がある。
 井戸は白川石の井筒があり深さ12.5mある。
  ◈ 近くに明治天皇の平屋の御産屋(6畳2間)が残る。ここで天皇は4年間の養育を受けた。生母・一位局は乳の出が乏しかったため、九条家家臣・伏屋の妻・みのが、御乳人(おちちびと)として乳を与えた。その後、儒者・木村縫殿之助の妻・羅伊(らい)に代わった。
◆碑  敷地内には、近代、1877年に忠能(1809-1888)が立てた「明治天皇生誕の地」の碑がある。撰文は槇村正直(1834-1896)による。


年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 駒札、『京都大事典』、『日本の名家・名門人物系譜総覧』、『岩波講座2 近代日本の文化史 コスモロジーの「近世」』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area京都御所・京都御苑1 京都御所・京都御苑2  近衛邸跡(京都御苑)  九条邸跡(京都御苑)  二条家邸跡  一条邸跡(京都御苑)   鷹司邸跡(京都御苑)  小一条院跡・花山院家跡(京都御苑)  土御門第跡(京都御苑)   枇杷殿跡(京都御苑)  西園寺邸跡(京都御苑)   賀陽宮邸跡(京都御苑)  橋本家跡(京都御苑)   有栖川宮邸跡(京都御苑)  桂宮邸跡(京都御苑)  染殿第(染殿)跡・染殿井跡(京都御苑)    閑院宮邸跡(京都御苑)  桜町(桜町屋敷跡・紀貫之邸跡)(京都御苑)  凝華洞跡(京都御苑)  清水谷家の椋・清水谷家 (京都御苑)    冷泉家  土御門内裏跡 周辺,surrounding area  関連,relevance中山神社  関連,relevance廬山寺・御土居  関連,relevance慶光天皇 廬山寺陵   関連,relevance歴代天皇データ     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 中山邸跡・祐井 〒602-0881 京都市上京区 京都御苑
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光