後光明天皇 月輪陵 (京都市東山区)  
Imperial mausoleum of Emperor Gokomyo
後光明天皇 月輪陵 後光明天皇 月輪陵
50音索引,Japanese alphabetical order    Home 50音索引,Japanese alphabetical order    Home

「四条天皇外二十四方御陵参道」の石標










 泉涌寺境内の南東に月輪陵(つきのわ の みささぎ)がある。江戸時代前期の第110代・後光明天皇(ごこうみょう てんのう)が葬られている。
 同域内には、歴代天皇陵、皇后陵、皇妃・皇子の墓、火葬塚、灰塚などが多数存在している。
◆歴史年表 江戸時代、1654年、9月20日、後光明天皇が亡くなる。火葬に擬された荼毘の作法の後に、旧来の火葬ではなく土葬の制に改められる。月輪陵が築かれ葬られた。以後、13代の天皇陵・皇后陵が設けられた。
◆後光明天皇 江戸時代前期の第110代・後光明天皇(ごこうみょう てんのう、1633-1654) 。紹仁(つぐひと)。素鵞宮(すがのみや)。第108代・後水尾天皇の第4皇子。母は園基任(その もととう)の娘・藤原光子(壬生院)。養母は徳川2代将軍・秀忠(ひでただ)の娘・東福門院和子(かずこ)。1642年、親王宣下、1643年、異母姉・第109代・明正天皇の譲位を受けて11歳で践祚、即位した。父・後水尾上皇が引き続き院政を行う。徳川氏は外戚の地位を保った。1646年、室町時代の応仁・文明の乱(1467-1477)以来、中断していた伊勢例幣使を再興した。男子の皇子がなく、1663年、弟(第19皇子)識仁(さとひと)親王(第112代・霊元天皇)に譲位した。疱瘡(ほうそう)により亡くなる。22歳。後光明院と追号された。陵墓は月輪陵(東山区)になる。
 剣術を好んだ。酒を多く飲み、徳大寺公信に諫められる。神宮例幣の儀を再興した。宮中祭祀を復活する。仏教を嫌い、儒学、詩文を好んだ。朱子学者・朝山意林庵(あさやま いりんあん)などを招いて聴講した。儒学者・藤原惺窩(ふじわら の せいか)を追慕し文集に序文を与えた。漢詩集『鳳啼(ほうてい)集』がある。
◆奥八兵衛  江戸時代前期の商人・奥八兵衛(おく はちべえ、?-1669)。京都で「河内屋」という魚屋を営み、宮中に納めていた。1654年、第110代・後光明天皇の死去に際して、天皇が生前に「火葬は不仁である」と語っていたことから、土葬にすることを朝廷に建言し認められた。以後、天皇の埋葬は土葬に改められたという。近代、官位が贈られた。
 知恩院(東山区)三門東に先徳碑(顕彰碑)がある。
◆陵墓 江戸時代、1654年9月20日、後光明天皇が亡くなる。荼毘の作法が行われ、実際に火葬はされなかった。遺骸は四条天皇陵の地、石造の九重塔の下に土葬された。月輪陵での土葬の初例になる。大喪(天皇の葬儀)は、第107代・後陽成天皇(1571-1617)以来行われた。
 月輪陵の主な被葬者は、鎌倉時代の第87代・四条天皇(1231-1242)、室町時代の追尊・陽光天皇(1552-1586)、安土・桃山時代-江戸時代の第108代・後水尾天皇(1596-1680)、江戸時代の第109代・明正天皇(1624-1696)、第110代・後光明天皇(1633-1654)、第111代・後西天皇(1638-1685)、第112代・霊元天皇(1654-1732)、第113代・東山天皇(1675-1710)、第114代・中御門天皇(1702-1737)、第115代・桜町天皇(1720-1750)、第116代・桃園天皇(桃園天皇)、第117代・後桜町天皇(1740-1813)、第118代・後桃園天皇(1758-1779)になる。
◆土葬・火葬 飛鳥時代の女性天皇である第41代・持統天皇(645-703)の葬儀で、初めて火葬が用いられた。以後、いくつかの例外を除き、江戸時代初頭までは、歴代天皇は火葬にされた。
 江戸時代、後光明天皇の時に、朝廷は旧来の慣例に従い、当初は火葬の上、深草北陵(伏見区)に納骨することを予定していた。だが、御所に入りの魚屋・奧八兵衛(おく はちべい)が建言を行う。火葬とは仏教の葬制であり、天皇の意に沿わないと主張した。奧八兵衛は、後水尾天皇御所、関白御所、官吏役宅などで火葬の中止を訴えた。朝議は建言を採用する。
 火葬・納骨式の深草北陵では、土葬はできなかった。このため、葬礼は仏式とし、火葬に擬された荼毘の作法が行われた。後光明天皇の遺骸は、泉涌寺の月輪陵に葬られた。木造堂宇は建てられず、石造の九重塔の下に土葬で埋葬された。泉涌寺は鎌倉時代に天皇の葬儀を行っており、陵の実例もあり当寺が選ばれた。
 第121代・孝明天皇(1831-1867)の時には、陵墓も造られ土葬にされている。第122代・明治天皇(1852-1912)からは神式になった。


108 後水尾天皇(在位:1611-1629)→109 明正天皇(在位:1629-1643)→110 後光明天皇(在位:1643-1654)→111 後西天皇(在位:1654-1663)→112 霊元天皇(在位:1663-1687)


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『検証 天皇陵』『天皇陵 謎解き完全ガイド』『歴代天皇125代総覧』『図説天皇陵』『歴代天皇年号事典』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺四条天皇 月輪陵     後水尾天皇 月輪陵     明正天皇 月輪陵      後西天皇 月輪陵     霊元天皇 月輪陵     東山天皇 月輪陵     中御門天皇 月輪陵     桜町天皇 月輪陵     桃園天皇 月輪陵     後桜町天皇 月輪陵     後桃園天皇 月輪陵      陽光太上天皇 月輪陵     光格天皇 後月輪陵      仁孝天皇 後月輪陵     孝明天皇 後月輪東山陵     英照皇太后 後月輪東北陵     後堀河天皇 観音寺陵     関連・周辺泉涌寺・月輪・鳥部野     周辺     関連知恩院      関連歴代天皇データ   
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 後光明天皇 月輪陵  〒605-0977  京都市東山区泉涌寺山内町27
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top
©2006- Kyotofukoh,京都風光