仁孝天皇 後月輪陵 (京都市東山区)  
Imperial mausoleum of Emperor Ninko
仁孝天皇 後月輪陵  仁孝天皇 後月輪陵
50音索引,Japanese alphabetical order    Home 50音索引,Japanese alphabetical order    Home

「四条天皇外二十四方御陵参道」の石標


参拝道










 泉涌寺の境内東に後月輪陵(のちの つきのわの みささぎ)がある。江戸時代後期の第120代・仁孝天皇(にんこう てんのう)が葬られている。
 ほかに、その皇后、皇子、第119代・光格天皇、その皇后、皇子も葬られている。
◆歴史年表 江戸時代、1846年、1月26日、仁孝天皇は亡くなる。泉涌寺内の現在の後月輪陵に葬られた。元号より当初「弘化廟(こうかびょう)」「弘化山陵」と呼ばれた。
 近代、1879年、3月、陵名は「後月輪陵」に改められる。
◆仁孝天皇 江戸時代後期の第120代・仁孝天皇(にんこう てんのう、1800-1846)。恵仁(あやひと)。寛宮(あたのみや)。第119代・光格天皇の第6皇子、母は勧修寺経逸の娘・東京極院藤原婧子(ただこ)。1807年、皇后・欣子(よしこ)内親王の実子とされ、儲君(ちょくん、皇太子)に定められた。親王宣下を受ける。1809年、皇太子になり、1817年、践祚、即位した。父・光格上皇が歴代最後の院政を執る。1840年、光格上皇没後に、平安時代の第58代・光孝天皇以来中絶していた諡号を再興し、「光格天皇」と諡(おくりな)した。光格上皇の遺志を継ぎ、建春門外に公家のための学習所(1847年開講の学習院)の設立に着手し、中途で没した。
 古儀の復興、『日本書紀』などの古典講釈会を催した。陵墓は後月輪陵(東山区)になる。
◆藤原繋子 江戸時代後期の第120代・仁孝天皇の女御・藤原繋子(ふじわら の つなこ、1798-1823)。新皇嘉門院 (しんこうかもんいん)。父は鷹司政煕(たかつかさ まさひろ)。母は豊岡斐子。新朔平門院の姉になる。1813年、東宮時代の仁孝天皇の御息所になり、1800年、天皇即位により准三宮、女御。1820年、安仁親王、1823年、皇女を産み亡くなる。没後に院号の東京極院、1824年、皇后を追贈された。26歳。
 陵墓は後月輪陵(東山区)になる。
◆藤原祺子 江戸時代後期の第120代・仁孝天皇の女御・藤原祺子(ふじわら の やすこ、1811-1847)。父は鷹司政煕(たかつかさ まさひろ)。母は豊岡斐子。新皇嘉門院の妹になる。1824年、兄・鷹司政通(まさみち)の養女になる。仁孝天皇の女御に定められる。1823年、従三位、女御になる。1830年、准三宮。1847年、皇太后に追贈された。院号宣下を受け、新朔平門院(しんさくへいもんいん)と称した。同日、亡くなる。
 陵墓は後月輪陵(東山区)になる。
◆藤原雅子 江戸時代後期の第120代・仁孝天皇の典侍・藤原雅子(ふじわら の  なおこ、1803-1856)。正親町実光の娘。母は四辻千栄という。1820年、仁孝天皇の後宮に入り権典侍になる。1821年、典侍。1831年、恵仁親王(孝明天皇)を産む。ほかに、1825年、鎔宮(のりのみや)、1833年、桂宮節仁(みきひと)親王、1837年、恭宮(ゆきのみや)を産む。1842年、正五位下に叙され、1843年、藤大納言局と称した。1847年、宮仕えを退き、従三位を与えられる。1849年、剃髪し、1850年、准三后になり、院号宣下を受け新待賢門院と称した。
 陵墓は後月輪陵(東山区)になる。
◆安仁親王 江戸時代後期の第120代・仁孝天皇の皇子・安仁親王(しづひと しんのう、1820-1821) 。仁孝天皇の第1皇子、母は新皇嘉門院鷹司繋子。1820年、鍠宮(おさのみや)と称した。1821年、親王宣下を受ける。
 陵墓は後月輪陵(東山区)になる。
◆陵墓 後月輪陵の仁孝天皇陵は、拝所の南東にある。陵形は九重石塔になる。
 仁孝天皇陵は、1846年の天皇の没後に年号に因んで「弘化陵」「弘化山陵」と呼ばれた。1879年に、年号を陵名にした例はないとして、父・光格天皇陵と同じく後月輪陵に改められた。
 ほかに、宝篋印塔として、贈皇太后・藤原繁子(新皇嘉門院、仁孝天皇女御)、尊称皇太后・藤原祺子(新朔平門院、仁孝天皇女御)、同域内に藤原雅子墓(仁孝天皇後宮)、安仁親王墓(仁孝天皇皇子)が立つ。
 また、同じく光格天皇陵は九重石塔が立つ。宝篋印塔は皇后欣子内親王(光格天皇皇后)、同域内に温仁親王墓(光格天皇皇子)、悦仁親王墓(光格天皇皇子)が立つ。


119 光格天皇(在位:1779-1817)→120 仁孝天皇(在位:1817-1846)→121 孝明天皇(在位:1846-1866)


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『歴代天皇125代総覧』『検証 天皇陵』『天皇陵 謎解き完全ガイド』『図説天皇陵』『歴代天皇年号事典』『歴代天皇・皇后総覧』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺光格天皇 後月輪陵    関連・周辺泉涌寺・月輪・鳥部野    周辺     関連歴代天皇データ      
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 仁孝天皇 後月輪陵  〒605-0977  京都市東山区泉涌寺山内町27
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top
© 2006- Kyotofukoh,京都風光