陽光太上天皇 月輪陵 (京都市東山区)  
Imperial mausoleum of Emperor Yoko
陽光太上天皇 月輪陵 陽光太上天皇 月輪陵
50音索引,Japanese alphabetical order    Home 50音索引,Japanese alphabetical order    Home

「四条天皇外二十四方御陵参道」の石標










 泉涌寺境内の南東に月輪陵(つきのわ の みささぎ)がある。室町時代の陽光太上天皇(ようこう だじょう てんのう)が葬られている。
 陵域内には、歴代天皇陵、皇后陵、皇妃・皇子の墓、火葬塚、灰塚などが多数存在している。
◆歴史年表 1586年、7月24日(新暦9月7日)、誠仁親王が亡くなる。太上天皇の尊号を追贈され、月輪陵に葬られた。
◆陽光院太上天皇 室町時代の陽光太上天皇(ようこう だじょう てんのう、1552-1586)。誠仁(さねひと)。第106代・正親町天皇の第1皇子、母は内大臣・万里小路秀房の娘・典侍・藤原房子。幼少より皇儲と定められた。1568年、親王宣下。1577年、織田信長が親王のために二条御所を新造した。二条御所に移る。1582年、本能寺の変では、居所の二条殿が襲撃された。危うく難を逃れ宮中に戻る。1584年、三品に叙せられる。1585年、豊臣秀吉による禁裏での茶の湯に、父・正親町天皇と共に出席した。1586年、受禅が内定し、同年、亡くなる。34歳。
 1586年、皇子・周仁(かたひと)親王(第107代・後陽成天皇)が即位し、太上天皇の尊号を追贈された。諡号は陽光院、陽光太上天皇と称された。
 皇子は14人を数える。なお、誠仁親王(「五の宮(五宮)」)は、信長の猶子になったとされた。ただ、「五の宮」とは誠仁親王の第5王子・邦慶親王の誤りという。和歌、連歌、立花、箏、楊引を嗜み、書は尊鎮流になる。歌集に『陽光院五十首』がある。
 陵墓は、太上天皇を追尊されたため、月輪陵(東山)になる。
◆新上東門院 安土・桃山-江戸初期の后妃・新上東門院(しんじょうとうもんいん、1553-1620) 。藤原(勧修寺)晴子(はるこ)。秀子。阿茶局(あちゃのつぼね)。勧修寺晴右(かじゅうじ はれすけ)の娘。母は粟屋元子。1567年、誠仁(さねひと)親王(陽光太上天皇)に上臈(じょうろう)として仕えた。1571年、和仁(周仁 )親王(第107代・後陽成天皇)を産む。1586年、後陽成天皇の即位により、国母として准三宮になった。1601年、院号宣下により女院になる。
 空性法親王、良恕法親王、八条宮智仁親王、永邵(えいしょう)女王など13人の王子女がいる。墓所は月輪陵域(東山区)にある。
◆陵墓 石造の九重塔様式になる。
 月輪陵の主な被葬者は、鎌倉時代の第87代・四条天皇(1231-1242)、室町時代の追尊・陽光天皇(1552-1586)、安土・桃山時代-江戸時代の第108代・後水尾天皇(1596-1680)、江戸時代の第109代・明正天皇(1624-1696)、第110代・後光明天皇(1633-1654)、第111代・後西天皇(1638-1685)、第112代・霊元天皇(1654-1732)、第113代・東山天皇(1675-1710)、第114代・中御門天皇(1702-1737)、第115代・桜町天皇(1720-1750)、第116代・桃園天皇(桃園天皇)、第117代・後桜町天皇(1740-1813)、第118代・後桃園天皇(1758-1779)。
◆太上天皇 太上天皇(だいじょうてんのう/ だじょうてんのう)とは、譲位後の天皇の称号をいう。奈良時代、701年、大宝令制定・施行の後に称された。
 奈良時代の第41代・持統天皇(645-703)より平安時代の第51代・平城天皇(774-824)まで、7人の上皇が太上天皇になった。第52代・嵯峨天皇(786-842)は尊号を辞退したため、第53代・淳和天皇が贈った。以後、新天皇が贈る尊号に変わった。北朝天皇も含め、53人の上皇が尊号を受けている。
 即位せずに太上天皇の尊号を受けた上皇は2人おり、鎌倉時代の第86代・後堀河天皇の父・守貞(もりさだ)親王(後高倉院、1179-1223)、室町時代の第102代・後花園天皇の父・貞成(さだふさ)親王(後崇光院、1372-1456)になる。
 即位せず、没後に尊号追贈された上皇は2人おり、安土・桃山時代の第107代・後陽成天皇の父・誠仁(さねひと)親王(陽光院、1552-1586)、江戸時代の第119代・光格天皇の父・典仁(すけひと)親王(慶光天皇1733-1794)になる。


106 正親町天皇 (在位:1557-1586) →107 後陽成天皇 (在位: 1586-1611) →108 後水尾天皇 (在位:1611-1629)


*原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『検証 天皇陵』『天皇陵 謎解き完全ガイド』『歴代天皇125代総覧』『図説天皇陵』『歴代天皇年号事典』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺四条天皇 月輪陵      後水尾天皇 月輪陵      明正天皇 月輪陵      後光明天皇 月輪陵      後西天皇 月輪陵      霊元天皇 月輪陵      東山天皇 月輪陵      中御門天皇 月輪陵      桜町天皇 月輪陵      桃園天皇 月輪陵      後桜町天皇 月輪陵      後桃園天皇 月輪陵       光格天皇 後月輪陵       仁孝天皇 後月輪陵      孝明天皇 後月輪東山陵      英照皇太后 後月輪東北陵     後堀河天皇 観音寺陵     関連・周辺泉涌寺・月輪・鳥部野     周辺     関連歴代天皇データ       
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 陽光太上天皇 月輪陵  〒605-0977 京都市東山区泉涌寺山内町27
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top
© 2006- Kyotofukoh,京都風光