閑院跡・妙顕寺跡・二条新邸(妙顕寺城)跡・獄舎跡 (京都市中京区)
ruins of the residence of Kanin
閑院跡・妙顕寺跡 閑院跡・妙顕寺跡 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

「此附近 閑院跡」の石標、境内東


【参照】平安時代の閑院の復元図(京都市平安京創生館)、案内パネルより 
 西福寺境内の東に「閑院跡(かんいん あと)」の石標が立つ。 
 この地には、平安時代の公卿・歌人の藤原冬嗣(ふじわら-の-ふゆつぐ)の邸宅「閑院」(平安左京三条二坊)があった。その後も、鎌倉時代初期まで藤原氏の邸宅が置かれた。後、さまざまな歴史の舞台になった。
◆歴史年表 平安時代、藤原冬嗣(775-826)が邸宅「閑院」を創設した。その後、藤原一族の間で伝領された。
 814年、冬嗣は閑院に第52代・嵯峨天皇を迎えて詩宴を催した。
 その後、第71代・後三条天皇(1034-1073)以来、第73代・堀河天皇(1079-1107)、第80代・高倉天皇(1161-1181)、第82代・後鳥羽天皇(1183-1198)などの里内裏として使われた。
 1186年、後鳥羽天皇の里内裏の時、地震により倒壊する。その後、源頼朝が大江広元を奉行として再興した。
 1190年、頼朝は上京し、この地で天皇に拝謁した。
 鎌倉時代、1208年、焼失した。
 1259年、閑院は放火により焼失し、以後、再建されなかった。  
 室町時代、1393年頃、この地に妙顕寺が移された。妙顕寺は鎌倉時代後期、日像が京都初の日蓮宗寺院として建立した。
 1511年、二条西洞院町に本妙寺(妙顕寺)の名がある。(『宣胤卿記』同年条)
 安土・桃山時代、1583年、豊臣秀吉は寺を小川寺内に移転させる。跡地(現在地)に二条新邸(妙顕寺城)を築造し京都の政庁にした。(『兼見卿記』『貝塚御座所日記』)
 1587年、聚楽第の築造に伴い二条新邸の政庁としての役割は終わる。秀吉は大坂城から聚楽第に移る。
 安土・桃山時代-江戸時代、慶長年間(1596-1615)、この地に西福寺が建立される。
 江戸時代、秀吉邸跡地には牢屋敷が建てられる。
 1708年、牢屋敷は天明の大火により焼失し、六角獄舎に移された。
◆藤原冬嗣 奈良時代-平安時代前期の公卿・藤原冬嗣(ふじわら-の-ふゆつぐ、775-826)。通称は閑院大臣。北家・右大臣・藤原内麻呂の2男、母は飛鳥部奈止麻呂の娘/百済永継(くだら-の-えいけい)。806年、従五位下、第52代・嵯峨天皇の信任篤く、810年、平城太上天皇の変(薬子の変)を契機として、四位下で新設の初代・蔵人頭(くろうどのとう)に任じられる。式部大輔を経て、811年、参議になった。814年、従三位、自邸の閑院(平安左京三条二坊)に嵯峨天皇を迎え詩宴を催している。816年、権中納言、819年、正三位、大納言、821年、右大臣、825年、正二位で左大臣になった。「弘仁格式(きゃくしき)」「内裏式」を撰進し、漢詩は『文華秀麗集』、詩は『凌雲集』などに入る。52歳。
 没後に正一位、太政大臣を追贈された。嵯峨天皇、第53代・淳和天皇の信を得た。娘・順子は第54代・仁明天皇の妃になり、道康親王(第55代・文徳天皇)を産む。次男・良房は嵯峨天皇皇女・潔姫(きよひめ)を妻に迎え、皇室との関係を深めた。藤原氏による摂関政治、北家繁栄の基礎を築く。一族子弟のための勧学院、施薬院、氏寺・興福寺に南円堂を建てた。
 墓は宇治陵(宇治市)に包括されている。同域内の夫婦塚(赤塚)は冬嗣、妻・藤原美都子の夫婦墓ともいう。
◆閑院 この地には、平安時代の公卿・歌人の藤原冬嗣(775-826)の邸宅があり、当初から閑院と呼ばれていたという。「閑なる所」にあり名付けられた。平安左京三条二坊にあり、現在の古城町、下古城町、周辺の6町に跨っていた。
 藤原基経(836-891)、公季(956-1029)、兼通(925-977)が買い取り、朝光(951-995)に伝領された。実季(1035-1092)、基房(1145-1230)が引き継いだ。
 第71代・後三条天皇(1034-1073)以来、第73代・堀河天皇(1079-1107)、第80代・高倉天皇(1161-1181)、第82代・後鳥羽天皇(1183-1198)などの里内裏としても使われる。
 1186年、後鳥羽天皇の里内裏の時、地震により倒壊する。その後、源頼朝が大江広元を奉行として再興した。1190年、頼朝は上京し、この地で天皇に拝謁した。鎌倉時代、1208年、焼失した。 1259年、放火により焼失し、以後、再建されることはなかった。  
◆妙顕寺 妙顕寺は、鎌倉時代後期、1321年、日像が第96代・後醍醐天皇より御溝傍今小路に寺領を贈られ、京都初の日蓮宗道場として建立する。寺地は各所に移されている。
 1542年、現在の西福寺付近の二条西洞院に再建された。安土・桃山時代、1583年、豊臣秀吉の都市改造により現在地(上京区押小路小川西入)へ移される。
 現在は、西福寺山門脇に「豊臣秀吉妙顕寺城跡」の石標が立つ。
◆妙顕寺城 二条新邸(妙顕寺城)は、現在の西福寺一帯にあったという。詳細は不明。現在、遺構はない。
 安土・桃山時代、1583年-1587年に存在した。周囲に堀が巡らされ、天主閣も築かれ城郭としての機能を備えていたとみられている。後に豊臣政権五奉行・前田以玄(1539-1602)の居館になり政務にあたる。秀吉が上洛した際には宿舎に充てられたという。(『貝塚御座所日記』) 


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 ・資料案内板、『京都府の歴史散歩 上』、『京都大事典』 、京都市平安京創生館、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺西福寺・妙顕寺城跡(上京区)  周辺東三条殿跡  周辺高松神明神社  関連宇治陵(宇治市)   関連藤原氏栄域碑(宇治市)    
平安京オーバレイマップ
map 閑院跡 〒604-0045 京都市中京区古城町
50音索引,Japanese alphabetical order  Home  top 50音索引,Japanese alphabetical order  Home  top
  ©2006- Kyotofukoh,京都風光