後深草天皇 深草北陵 (京都市伏見区)  
Imperial mausoleum of Emperor Gofukakusa
後深草天皇 深草北陵 後深草天皇 深草北陵
50音索引,Japanese alphabetical order    Home 50音索引,Japanese alphabetical order    Home











法華堂

 嘉祥寺の西に、深草北陵(ふかくさ の きた の みささぎ)がある。「十二帝陵(じゅうに ていりょう)」、「深草十二帝陵」、「深草法華堂」などと呼ばれた。
 鎌倉時代後期の第89代・後深草天皇(ごふかくさ てんのう)を含め、持統院統(北朝)の歴代12天皇、1親王の共同埋葬地になっている。
◆歴史年表 鎌倉時代、1304年、7月16日、後深草天皇は富小路殿で亡くなる。7月17日、遺命により山城国紀伊郡深草山(伏見区深草)で火葬され、伏見殿で葬儀が行われた。遺骨は深草・安楽光院(あんらくこういん)の法華堂(伏見区深草坊町)の仏壇下に納められた。9月5日、納骨し直される。当初は「後深草院法華堂」と呼ばれた。
 1305年、8月29日、法華堂の落慶法要が行われ、遺骨が遷された。(『実躬卿記』)。その後、11天皇1親王の陵が合葬される。後に「深草十二帝陵」などと呼ばれる。
 1374年、北朝4代・後光厳天皇の納骨後は、「深草法華堂」と呼ばれた。
 その後、法華堂は、焼失、再建を繰り返した。
 1500年、法華堂だけが存在した。(『和長卿記』)
 江戸時代、「安楽行院法華堂」「安楽行院御骨堂」とも呼ばれていた。
 1617年、第107代・後陽成天皇が亡くなり、法華堂が改築される。
 1680年、法華堂が破損している。(『俊方朝臣記』)。以後、小塚のみが残る。
 元禄年間(1688-1704)、法華堂は再建され、鳥居も建てられている。安楽行院住職・空心(くうしん)が再建したという。安楽行院は、洛北・般舟院に属していた。(『山城名勝志』『山州名跡志』)
 1699年、安楽行院御骨堂の法華堂の再建が完了したとみられる。鳥居も立てられていた。(「諸陵調書」)
 1800年、安楽行院が修補される。
 1865年、修補が完了し、巡検視が発遣する。
 近代、1885年、法華堂の屋根が杮葺から瓦葺に葺き替えられる。
 1894年、安楽行院跡地の一部を編入し、陵域が拡張された。
 1906年、3月23日、それまでの陵名「深草法華堂」から仁明天皇深草陵に因み、その北にあることから「深草北陵」に変更された。
 1930年、法華堂が改修されている。
◆後深草天皇 鎌倉時代後期の第89代・後深草天皇(ごふかくさ てんのう、1243-1304)。久仁(ひさひと)。法名は素実(そじつ)。第88代・後嵯峨(ごさが)天皇の第3(2とも)皇子。母は藤原姞子(きっし)(大宮院)。1246年、父・後嵯峨天皇の譲位により4歳で践祚、即位した。持明院統最初の天皇になる。後嵯峨上皇が院政を行う。院評定制により、幕府の朝廷に対する介入は強化された。1252年、異母兄・宗尊(むねたか)親王が宮将軍として鎌倉に下る。1259年、後嵯峨上皇の命で弟・恒仁(つねひと)親王(第90代・亀山天皇)に17歳で譲位した。後嵯峨上皇は、亀山天皇を寵愛し、1268年、後深草上皇の皇子・熙仁(ひろひと)親王を退け、亀山天皇皇子・世仁(よひと)親王を皇太子に立てさせた。1272年、後嵯峨上皇が後継を決めずに亡くなる。後嵯峨上皇は、治天の君の決定権は幕府に委ねるとした。1275年、後深草上皇は出家しようとする。1287年、鎌倉幕府の斡旋で、後深草上皇の皇子・煕仁親王(第92代・伏見天皇)の践祚を実現し、後深草上皇は院政を敷く。1289年、後深草上皇の第6皇子・久明(ひさあき)親王は、7代将軍・惟康(これやす)親王が廃されたため、征夷大将軍になり関東に下向した。1290年、後深草上皇は出家し、1298年、孫・胤仁(たねひと)親王(第93代・後伏見天皇)の即位後も院政を執る。
 墓所は深草北陵(伏見区)になる。
 後深草天皇は持明院統の祖であり、北朝皇統の祖になる。以後、天皇家が後深草天皇系(持明院統)、亀山天皇系(大覚寺統)の両統に分裂・対立して皇位継承を争う。(両統迭立)。33年間の日記『後深草院宸記(しんき、水旱宸記<すいかんしんき>』100巻がある。
◆伏見宮栄仁親王 伏見宮栄仁親王(ふしみのみや よしひと しんのう、1351- 1416)。伏見殿、有栖川殿。法号は大通院。崇光天皇の第1皇子。伏見宮初代当主。1368年、親王宣下を受け、栄仁と命名される。1375年、元服し、二品に叙せられる。妙法院に入る予定だった。祖父・光厳法皇は第95代・花園天皇の皇子・直仁親王を崇光天皇の皇太子に立てることを望んだ。正平年間(1346-1370)、一時的に南北朝が合体した正平一統(しょうへいいっとう)により、崇光天皇と直仁皇太子が廃位された。崇光上皇は、持明院統嫡流として栄仁親王の即位を望んだ。1398年、崇光上皇が亡くなり、後盾を失った栄仁親王は、出家、通智(つうち)と号して、洛北・萩原殿に移る。1399年、伏見殿に移る。1401年、伏見殿の焼失後、嵯峨・洪恩院に移る。1403年、有栖川山荘(有栖川殿)に移り、有栖川殿と称した。1409年、伏見に戻り、伏見殿と称され、伏見宮の起源になる。
 琵琶、笙、和歌などに優れた。
◆陵墓 深草北陵は、塀重門(冠木門)、築地塀に囲まれた中に、方形堂が南面して建てられている。磚敷、2間四方、木造、本瓦葺、宝形造になる。
 持統院統の12天皇、1親王が納骨され、共同の納骨堂(天皇家の墓)に13人を合葬する新しい形式だった。仏教建築の御堂、塔などを建立し地下に埋葬した堂塔式陵墓になる。
 
鎌倉時代、1304年7月16日、後深草天皇は亡くなる。7月17日、遺命により山城国紀伊郡深草山(伏見区深草)で火葬され、伏見殿で葬儀が行われた。上皇は深草・遺骨は経親卿の山庄傍山を山作所(さんさくしょ/やまつくりどころ、 陵墓造営のための臨時に置かれた官司)としていた。遺命により、遺骨は経親卿の深草・安楽光院(あんらくこういん)の法華堂(伏見区深草坊町)仏壇下に納められた。さらに、9月5日、公什(こうじゅう)僧正は、朱漆小辛櫃に、骨瓶、灌頂五鈷を納めて納骨し直される。1305年8月29日、法華堂の落慶法要が行われ、遺骨が遷された。伏見上皇、後伏見上皇が臨幸している。(『実躬卿記』)。
 その後、11天皇1親王の陵が合葬された。後に深草十二帝陵などと呼ばれる。その後、法華堂は、焼失、再建を繰り返した。江戸時代、元禄年間(1688-1704)、法華堂は再建され、鳥居も建てられている。近代、1906年、それまでの陵名「深草法華堂」から仁明天皇深草陵に因み、その北にあることから「深草北陵」に変更された。
 深草北陵の後光厳天皇-後陽成天皇の9天皇は、泉涌寺(東山区)で火葬後に、深草法華堂に納骨されている。天皇の中で最初に火葬されたのは、飛鳥時代の第41代・持統天皇(645-703)だった。その後、火葬、土葬が併用される。土葬では個別の陵墓が築造され、火葬は御堂を建ててて納骨した。その後、御堂には歴代天皇の遺骨が共同で納骨されるようになる。
 法華堂の東側に般舟院塚と呼ばれる塚がある。後深草天皇が造営させたという旧真宗院般舟堂の跡ともいう。
◆被葬者 被葬者は、鎌倉時代の第89代・後深草天皇(1243-1304)(没日7月16日、火葬日7月17日、納骨日1305年8月29日)になる。
 その後、第92代・伏見天皇(1265-1317)(没日9月3日、火葬日9月5日、納骨日9月5日)、鎌倉時代-南北朝時代の第93代・後伏見天皇(1288-1336)(没日4月6日、火葬日4月8日、納骨日4月8日)、南北朝時代の北朝4代・後光厳天皇(1338-1374)(没日1月29日、火葬日2月3日、納骨日2月3日)、北朝5代・後円融天皇(1359-1393)(没日4月26日、火葬日4月27日、納骨日4月28日)、南北朝時代-室町時代の第100代・後小松天皇(1377-1433)(没日10月20日、火葬日10月27日、納骨日10月30日)、第101代・称光天皇(1401-1428)(没日7月20日、火葬日7月29日、納骨日8月4日)、第103代・後土御門天皇(1442-1500)(没日9月28日、火葬日11月11日、納骨日11月12日)、第104代・後柏原天皇(1464-1526)(没日4月7日、火葬日5月3日、納骨日5月4日)、第105代・後奈良天皇(1497-1557)(没日9月5日、火葬日11月23日、納骨日11月25日)、第106代・正親町天皇、室町時代-安土・桃山時代の第107代・後陽成天皇(1571-1617)(没日8月26日、火葬日9月20日、納骨日9月21日)になる。 
 さらに、南北朝時代-室町時代の伏見宮栄仁親王(1351-1416)(没日11月20日、火葬日11月24日、納骨日12月13日)、室町時代の嘉楽門院(藤原信子)(1411-1488)(没日4月28日、火葬日5月3日、納骨日5月4日)、安土・桃山時代-江戸時代の中和門院(藤原前子)(1575-1630)(没日7月3日、火葬日7月4日、納骨日7月29日)が納骨されている。
◆安楽行院・安楽光院  安楽行院(あんらくぎょういん)(伏見区深草)の寺名初見は、室町時代、1500年の第103代・後土御門天皇の死去の際になる。中世には深草法華堂と呼ばれ、管理祭祀を行っていた。近代、1894年に廃寺になった。
 なお、安楽光院(あんらくこういん)(上京区安楽小路町)は、持明院統(北朝)の仏堂だった。室町時代、1475年まで存在した。北朝第4代・後光厳天皇の際に深草に移転し、真宗院内にあった。同院退転により安楽行院に移されたという。ただ、安楽行院、安楽光院の2寺に関連はなく、混同があるという。


87 四条天皇(在位:1232-1242)→88 後嵯峨天皇(在位:1242-1246)→89 後深草天皇(持明院統)(在位:1246-1259)→90 亀山天皇(大覚寺統)(在位:1259-1274)→91 後宇多天皇(大覚寺統)(在位:1274-1287)→92 伏見天皇(持明院統)(在位:1287-1298)→93 後伏見天皇(持明院統)(在位:1298-1301)


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『検証 天皇陵』『天皇陵 謎解き完全ガイド』『歴代天皇125代総覧』『図説天皇陵』『歴代天皇年号事典』 、ウェブサイト「コトバンク」   


関連・周辺伏見天皇 深草北陵         関連・周辺後伏見天皇 深草北陵     関連・周辺後光厳天皇 深草北陵     関連・周辺後円融天皇 深草北陵     関連・周辺後小松天皇 深草北陵     関連・周辺称光天皇 深草北陵      関連・周辺後土御門天皇 深草北陵     関連・周辺後柏原天皇 深草北陵      関連・周辺後柏原天皇 深草北陵      関連・周辺後奈良天皇 深草北陵     関連・周辺正親町天皇 深草北陵     関連・周辺後陽成天皇 深草北陵    関連・周辺仁明天皇 深草陵          関連・周辺嘉祥寺     周辺     関連泉涌寺・月輪・鳥部野      歴代天皇データ    
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 後深草天皇 深草北陵  〒612-0871 京都市伏見区深草坊町71
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top
©2006- Kyotofukoh,京都風光