後柏原天皇 深草北陵 (京都市伏見区)  
Imperial mausoleum of Emperor Gokashiwabara
後柏原天皇 深草北陵 後柏原天皇 深草北陵
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home











法華堂

 深草坊町(ふかくさ-ぼうちょう)に、深草北陵(ふかくさ-の-きた-の-みささぎ)はある。
 室町時代の第104代・後柏原天皇(ごかしわばら-てんのう)が葬られている。持統院統の12天皇、1親王が共同の納骨堂に合葬されている。
◆歴史年表 室町時代、1526年、4月7日、後柏原天皇が小川仙洞御所(故勧修寺経顕宿所)で亡くなる。5月3日、泉涌寺で火葬された。5月4日、遺骨は深草法華堂に納められる。(『二水記』『続史愚抄』)
◆後柏原天皇 室町時代中期-後期の第104代・後柏原天皇(ごかしわばら-てんのう、1464-1526)。勝仁(かつひと)。京都の生まれ。第103代・後土御門天皇の第1皇子。母は伏見宮家司・贈内大臣・庭田長賢(にわた-ながかた)の娘・朝子。1480年、親王宣下、元服した。1500年、父・後土御門天皇の死去により、37歳で践祚し、小御所で即位した。応仁・文明の乱(1467-1477)後であり、皇室式微により財政は窮乏していた。即位の大礼を行う費用もなかった。朝儀も停止される。1500年、父・後土御門上皇の大葬も財源がなく、泉涌寺により死後43日目に執行された。1521年、践祚後22年目にして、紫宸殿で即位の大礼を行う。幕府、地方豪族、将軍・足利義稙、大坂本願寺の僧・光兼(実如)らの献金による。1525年、痘瘡流行の際に、「般若心経」を書写して延暦寺、仁和寺に納め、人々の安穏を祈念した。1526年、記録所で亡くなる。63歳。
 浄土宗に帰依した。戦乱後の朝儀復興に努めた。詩歌、管絃、書道に秀で、歌集『柏玉(はくぎょく)集』、日記『後柏原天皇宸記』がある。
 陵墓は深草北陵(伏見区)になる。月輪陵(東山区)内に灰塚がある。
◆陵墓 深草北陵は、冠木門、築地塀に囲まれた中に、方形堂が南面して建てられている。持統院統の12天皇、1親王が納骨され、共同の納骨堂(天皇家の墓)に13人を合葬する。
 室町時代、1526年4月7日、後柏原天皇が小川仙洞御所(故勧修寺経顕宿所)で亡くなる。5月3日、泉涌寺で火葬された。5月4日、遺骨は深草法華堂に納められる。(『二水記』『続史愚抄』)
 ほかの被葬者は、鎌倉時代の第89代・後深草天皇(1243-1304)、第92代・伏見天皇(1265-1317)、鎌倉時代-南北朝時代の第93代・後伏見天皇(1288-1336)、南北朝時代の北朝第4代・後光厳天皇(1338-1374)、北朝第5代・後円融天皇(1359-1393)、南北朝時代-室町時代の第100代・後小松天皇(1377-1433)、第101代・称光天皇(1401-1428)、第103代・後土御門天皇(1442-1500)、第105代・後奈良天皇(1497-1557)、第106代・正親町天皇、室町時代-安土・桃山時代の第107代・後陽成天皇(1571-1617)が納骨されている。
 南北朝時代-室町時代の伏見宮栄仁親王(1351-1416)が納骨されている。


103 後土御門天皇(在位:1464-1500)→104 後柏原天皇(在位:1500-1526)→105 後奈良天皇(在位:1526-1557)


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献・資料 『検証 天皇陵』、『天皇陵 謎解き完全ガイド』、『歴代天皇125代総覧』、『図説天皇陵』、『歴代天皇年号事典』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺後深草天皇 深草北陵  関連・周辺伏見天皇 深草北陵  関連・周辺後伏見天皇 深草北陵  関連・周辺後光厳天皇 深草北陵  関連・周辺後円融天皇 深草北陵  関連・周辺後小松天皇 深草北陵  関連・周辺称光天皇 深草北陵   関連・周辺後土御門天皇 深草北陵  関連・周辺後奈良天皇 深草北陵  関連・周辺正親町天皇 深草北陵  関連・周辺後陽成天皇 深草北陵  関連・周辺仁明天皇 深草陵  関連・周辺嘉祥寺  周辺  関連泉涌寺・月輪・鳥部野  関連    
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 後柏原天皇 深草北陵  〒612-0871 京都市伏見区深草坊町71
50音索引,Japanese alphabetical order Home  top 50音索引,Japanese alphabetical order Home  top
©2006- Kyotofukoh,京都風光