称光天皇 深草北陵 (京都市伏見区)  
Imperial mausoleum of Emperor Shoko
称光天皇 深草北陵 称光天皇 深草北陵
50音索引,Japanese alphabetical order    Home 50音索引,Japanese alphabetical order    Home











法華堂

 深草坊町(ふかくさ ぼうちょう)に、深草北陵(ふかくさ の きた の みささぎ)はある。「十二帝陵」、「深草十二帝陵」、「深草法華堂」などと呼ばれた。
 室町時代前期の持統院統・第101代・称光天皇(しょうこう てんのう)が葬られている。また、持統院統の12天皇、1親王が共同の納骨堂に合葬されている。 
◆歴史年表 室町時代、1428年、7月20日、称光天皇は亡くなった。7月29日、深草で火葬にされる。8月4日、遺骨は、深草法華堂に納骨された。(『常楽記』『皇年代略記』)
◆称光天皇 室町時代前期の持統院統・第101代・称光天皇(しょうこう てんのう、1401-1428)。躬仁(みひと)、実仁(みひと)。法名は大宝寿。北朝第6代・第100代・後小松天皇の第1皇子。母は日野資国の娘・資子(すけこ)(光範門院)。1412年、後小松天皇より12歳で践祚、元服した。1414年、即位する。父・後小松上皇が院政を行う。1425年、皇太弟・小川宮が急逝した。称光天皇は病になる。後小松上皇は、幕府とともに北朝第3代・崇光天皇の孫・伏見宮貞成(さだふさ)親王を後継にしようとした。称光天皇は、奇跡的に回復し反対した。1428年、称光天皇には後嗣がなく、貞成親王・第1王子・彦仁(ひこひと)王(第102代・後花園天皇)を猶子として皇位を継がせた。親王宣下、立太子の儀もなかった。28歳。
 病弱であり、父・後小松天の院政が続き、皇位継承などをめぐり対立した。政務実績はなかった。持統院統内部にも、後光厳流、祟光流の対立が生じた。仏法に深く帰依する。母方の日野一族、将軍家との結びつきは強く、日野光子を典侍として迎える。
 陵墓は深草北陵(伏見区)になる。泉涌寺・雲龍院内に御塔があるとする。(『建内記』)
◆陵墓 深草北陵は、冠木門、築地塀に囲まれた中に、方形堂が南面して建てられている。持統院統の12天皇、1親王が納骨され、共同の納骨堂(天皇家の墓)に13人を合葬する。
 室町時代、1428年7月20日、称光天皇は亡くなった。7月29日、深草で火葬にされる。8月4日、遺骨は、深草法華堂に納骨された。(『常楽記』『皇年代略記』)
 ほかの被葬者は、鎌倉時代の第89代・後深草天皇(1243-1304)、第92代・伏見天皇(1265-1317)、鎌倉時代-南北朝時代の第93代・後伏見天皇(1288-1336)、南北朝時代の北朝第4代・後光厳天皇(1338-1374)、北朝第5代・後円融天皇(1359-1393)、南北朝時代-室町時代の第100代・後小松天皇(1377-1433)、第103代・後土御門天皇(1442-1500)、第104代・後柏原天皇(1464-1526)、第105代・後奈良天皇(1497-1557)、第106代・正親町天皇、室町時代-安土・桃山時代の第107代・後陽成天皇(1571-1617)が納骨されている。
 南北朝時代-室町時代の伏見宮栄仁親王(1351-1416)が納骨されている。


99 後亀山天皇(大覚寺統)(在位:1383-1392)→北6・100 後小松天皇(持統院統)(在位:1382-1412)→101 称光天皇(持統院統)(在位:1412-1428)→102 後花園天皇(持統院統)(在位:1428-1464) 


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『検証 天皇陵』『天皇陵 謎解き完全ガイド』『歴代天皇125代総覧』『図説天皇陵』『歴代天皇年号事典』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺後深草天皇 深草北陵    関連・周辺伏見天皇 深草北陵        関連・周辺後伏見天皇 深草北陵    関連・周辺後光厳天皇 深草北陵    関連・周辺後円融天皇 深草北陵    関連・周辺後小松天皇 深草北陵         関連・周辺後土御門天皇 深草北陵     関連・周辺後柏原天皇 深草北陵     関連・周辺後奈良天皇 深草北陵    関連・周辺正親町天皇 深草北陵    関連・周辺後陽成天皇 深草北陵   関連・周辺仁明天皇 深草陵         関連・周辺嘉祥寺     周辺     関連泉涌寺・月輪・鳥部野     関連雲龍院〔泉涌寺〕    関連歴代天皇データ       
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 称光天皇 深草北陵  〒612-0871 京都市伏見区深草坊町71
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  Home   top
© 2006- Kyotofukoh,京都風光