西陣、応仁・文明の乱戦跡
Nishijin,ruins of War of Onin
西陣、応仁・文明の乱戦跡 西陣、応仁・文明の乱戦跡 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

「山名宗全旧蹟」の碑、上京区堀川通上立売下ル一筋目西入北側


「山名宗全邸址」の碑、上京区堀川通上立売下ル一筋目北西角、この地に山名町という地名が残っている。


「応仁の乱勃発地」の碑、上京区御霊前通烏丸東入ル
上御霊神社西鳥居脇、11年間にもわたる戦乱はこの境内から始まった。


巨大な「西陣碑」、上京区今出川通大宮東入北側(京都市考古資料館前、旧西陣織会館




碑文




「西陣」の碑、西陣織会館、上京区堀川通今出川南入


「従是東北 足利将軍室町第跡」の碑、上京区室町通今出川東北角、室町第とは足利将軍家の邸宅をいい、室町殿(将軍)、室町第(居所)とも呼ばれた。応仁・文明の乱でも焼失している。なお、「室町時代」という時代区分もここから生まれた。


百々橋跡、小川通、東西軍の戦闘が行われた。



百々橋跡京都市洛西竹林公園


千本釈迦堂内陣の柱に残る応仁・文明の乱の矢跡、刀跡。


 室町時代、11年にもわたる応仁・文明の乱(1467-1477)に都は巻き込まれた。その原因は、室町幕府内での内紛にあった。将軍を補佐する管領家・畠山家と斯波家の家督の地位をめぐる争いに、管領家・細川勝元(1430-1473)と四職の一つ山名宗全(持豊、1404-1473)の対立が絡んだ。さらに、足利将軍家の家督争いも巻き込んで戦になる。
 「西陣」の地名は、山名宗全が応仁・文明の乱に際して、堀川の西の屋敷内に陣を敷いたことに由来する。堀川東にあった「東陣」の地名は残らなかった。
◆歴史年表 室町時代、1459年、8代将軍・足利義政(1436-1490)は、正室・日野富子(1440-1496)との間に生まれた男児を失うと、その後は嫡子に恵まれなかった。
 1464年、実弟の足利義視(1439-1491)に将軍職を譲ることにし、後見人に細川勝元を推す。
 1467年、富子が義尚(後の9代将軍、1465-1489)を産む。富子は息子の義尚を将軍にするため、後見人の細川に敵対していた山名宗全に後見を依頼した。このため、両家の争いが、将軍家の家督争いへと飛び火、拡大する。
 上御霊神社に立て篭もる細川方の管領・畠山政長(1442-1493)を、山名宗全方の武将・畠山義就(よしひろ/よしなり、1437?-1491)が襲い、戦いの火蓋が切られた。ちなみに両者は従兄弟の間柄だった。双方に各地の守護大名が加勢したため、戦乱は一気に地方にも拡大していった。
 都での両軍の兵力は27万人ともいわれ、堀川を挟んで対峙した。堀川西の山名宗全方は、山名邸(堀川通上立売下ル)に陣が置かれたため、西陣と呼ばれた。東陣は堀川東の花の御所(南は北小路、北は上立売通、西は烏丸通、南は室町通内)に布陣していた。
 当初は激戦で、その後こう着状態となった。戦乱中、将軍・足利義政は終始政治的傍観者の立場をとり続け、終始、趣味的な生活に逃避した。
 1473年、両陣の勝元、宗全ともに相次いで死去する。この年、足利義政は、実子・義尚に将軍職を譲り、自らは隠棲した。その後も戦乱は続く。
 1477年、畠山義就が河内に兵を引き、大内政弘も本拠地周防に戻った。諸大名も領国に引き揚げる。
 応仁・文明の乱(1467-1477)後、避難していた堺から帰京した職工たちは、東軍本陣跡の白雲村(現在の新町通今出川上ル付近)で練貫を織る練貫座を組織した。西軍本陣跡(大宮付近)には大舎人座が組織され、明の新しい綾法を都に伝え、西陣織の起こりになる。
 1485年、山城国国人の一揆により、畠山義就、畠山政長の戦いも終結した。同年、「西陣」の地名が記されている。(『蔭涼軒日録』)
 江戸時代、1685年、西陣は「一条より北、大宮より西」と記されている。(『京羽二重』)
 1717年、西陣の範囲が東は堀川、西は北野七本松、北は大徳寺・今宮旅所、南は一条か中立売通内とされた。北、南へ拡大している。(「京都御役所向大概覚書」)
 1730年、西陣焼けにより西陣108町(134町とも)が罹災する。
 1788年、天明の大火があり、西陣は衰微する。
 近代、1868年以降、東京遷都に伴い西陣は次第に衰微する。
◆山名持豊 室町時代の武将・山名持豊(やまな-もちとよ、1404-1473)。法名は宗峰、宗全(そうぜん)。時煕(ときひろ)の次子、持煕の弟。1431年、兄・持煕の廃嫡により、1433年、父・時煕から家督を譲られ、但馬など4カ国の守護に就任した。1441年、赤松満祐は将軍・義教を殺した嘉吉の変で、持豊は総大将に指名され、播磨白旗城に籠城した一族を滅ぼし、領国は9カ国を領する。1450年、入道して宗全と号した。1454年、赤松遺族則尚を討とうとして将軍・足利義政と対立、隠居して家督を嫡子・教豊に譲った。1455年、則尚を備前に討つ。1458年、赤松政則が三種の神器の一つ神璽(しんじ)奪回の功により赦免される。婿・細川勝元との対立は決定的になる。1466年、文正の政変で、伊勢貞親らが失脚、畠山義就を召し出し、勝元の支持する畠山政長を追い落とした。応仁・文明の乱(1467-1477)になる。足利将軍家後継問題で、義政の妻・日野富子、足利義尚を支持した。持豊を主将とする西軍には、大内政弘、足利義視も加わる。義視(よしみ)を支持する細川勝元と対立した。子・是豊(これとよ)は東軍に参加している。大乱のさなかに西陣の邸内で病没した。70歳。
畠山政長 室町時代の武将・畠山政長(はたけやま-まさなが、1442?-1493)。持富(もちとみ)の子。持富の兄・畠山持国(もちくに)には嫡出の実子がなかった。1448年、持富を家督後継者とした。直後に庶出の子・義就(よしなり)に改めた。反義就派の家臣らは、兄・弥三郎を擁立して対抗した。1454年、畠山家を二分する抗争に発展する。1459年、弥三郎が病死し、弟・政長が擁立された。1460年、政長は、細川勝元らの援助により家督相続し、河内・紀伊・越中守護になる。1463年、河内嶽山(だけやま)城に籠城した義就を攻め、大和・吉野に追う。1464年、管領に就任した。1466年、細川勝元と対抗する山名持豊(宗全)により、河内より上洛した義就が赦免される。1467年、政長は管領を罷免された。政長は、自邸を焼き上御霊社に陣した。義就と戦う。応仁・文明の乱(1467-1477)になり、政長は東軍に属した。1477年、義就は河内に下向し、河内を奪った。1478年、政長は山城守護になり、1484、1485年、南山城で対陣した。山城国一揆の成立により撤兵する。1493年、将軍・足利義材(義稙)擁し、政長は死去した義就の嫡子・基家(もといえ)を攻め河内に出陣した。細川政元による政変で基家赦免になる。政長は、政元、山名、一色の軍に攻められ、嫡子・尚順(ひさのぶ)を紀伊に逃した後、河内正覚寺城で自害した。52歳。
◆畠山義就 室町時代後期の武将・畠山義就(はたけやま-よしなり/よしひろ、?-1490)。義夏。室町幕府管領・畠山持国(もちくに)の長男。持国に嫡出の実子がなく、弟・持富(もちとみ)を家督後継者にしようとし、その子・政長(まさなが)を養子に迎えた。1450年、妾との間に生まれた義就に家督を譲る。畠山氏は、持国・義就派、政長を支持する有力家臣派に分裂した。領国河内を中心に、国人領主を巻き込み戦いを繰り返した。1454年、弥三郎に家督を奪われる。将軍・足利義政、細川勝元、山名持豊(宗全)が政長を支持した。1464年、政長は管領に就任し家督を継ぐ。一時、義就は政長に追われて各地に逃れた。1466年、義就は持豊を頼り入京し義政に謁した。勝元と対立した持豊の支持を得て、1467年、政長を解任させた。義就は、勝元の支持を受けた政長との間に戦いが起こり、応仁・文明の乱(1467-1477)の発端になった。乱で義就は西軍に属した。乱後も畠山両派の争いは続き、1477年、義就は講和後は河内に下向し、河内大和、南山城の国人を巻き込んで転戦している。54歳。
応仁・文明の乱 室町時代の応仁・文明の乱(1467-1477)は、将軍家とそれを補佐する管領の継嗣争いが絡み合っている。以後、10年以上にわたり抗争が続いた。ただ、現実にとしての戦闘とは、小規模な戦いが断続的に繰り返されている。
 管領・畠山持国に子がなく、弟・畠山持富に家督を譲る。だがその後、持国に義就が生まれたことから子・義就に家督を継がせようとした。また、畠山持富の子・政長を擁立する動きもあり抗争になる。
 管領に就いた細川勝元は畠山政長を支持し、幕府・山名宗全は畠山義就側について対立になる。細川勝元により畠山政長が家督を継がせることに成功し、畠山義就は河内国へ落ちのびた。他方、管領・斯波義健にも嗣子がなく、義歳が選ばれ、ここにも細川、山名の対立が生じる。
 7代将軍・足利義勝が10歳で没後、1449年に8代将軍・足利義政は8歳で将軍職に就く。これを管領・畠山持国、細川勝元が支えた。当時は、飢饉、悪疫、土一揆が相次いでいた。1455年、足利義政は日野富子を正室に迎える。だが、嗣子がなく、1464年に弟の義尋を還俗させ後継にした。翌1465年、富子は義煕(義尚)を産む。富子は次期将軍にわが子・義煕を願い、山名持豊を補佐につける。このため足利義視を推す細川勝元との対立が始まる。
 1466年、畠山義就が上洛、1477年1月、山名宗全の進言により将軍・足利義政は義就の畠山家惣領復帰を認めたため、畠山政長は管領を辞する。後任に山名方の斯波義廉が就く。1467年1月18日、畠山政長は畠山義就への明け渡しを迫られた畠山邸に火を放つ。畠山政長は御霊神社の森に布陣した。これに畠山義就の軍が攻め、一晩の戦闘「御霊合戦」に勝利する。細川勝元は将軍により止められたため参戦しなかった。畠山政長は神社拝殿に火をかけて逃走した。
 戦勝した畠山義就方の宗全は兵の大半を領国に帰した。勝元方は逆に兵を集めた。5月26日、勝元は室町殿を制圧し、将軍家の保護を名目に一族を拘束した。百々橋付近では、東軍・細川勝元方16万(室町殿・相国寺)と西軍・山名宗全方11万(堀川西)の軍勢がしばしば戦闘を繰り広げた。10月3日、東軍の布陣した相国寺内から火が出て、境内の一部で激戦となる。その後、戦闘は膠着状態となる。
 1473年、山名宗全、細川勝元が相次いで亡くなる。足利義政は将軍職を辞し、東山山荘(銀閣寺)の造営に傾注する。9代将軍には義尚が就いた。畠山義就と長政の小規模な戦闘はその後も続いた。1477年、、畠山義就の兵が河内に引き上げ、西軍・大内政弘も撤兵した。義就と畠山政長の戦闘は続いた。
 山城国では、畠山政長、畠山義就の対立が続いていた。各地で合戦が繰り返され、1485年10月以来、宇治川を挟んで両軍が戦闘を続ける。12月、綴喜、相楽、久世の南山城3郡に国一揆が起こる。「国人」達が両軍が退陣しない場合には、国衆として攻撃を加えるとした。このため、両軍は退陣し戦は終結する。その一揆は内部対立から弱体化し、1493年に解体している。
 乱後、足利義政と富子・義尚の不仲、対立は決定的となる。1489年の義尚の死により、義政の政務復帰も富子により反対された。義政は、亡命していた足利義視と一転和睦し、1490年、足利義視の嫡男・義材(義稙、1466-1523)を10代将軍に指名して決着した。その後も後継を巡る争いは終わらず、義材は、1493年の明応の政変により将軍職を追われ、富子らの推す義澄(1481-1511)が11代将軍に就任した。
 晩年の義政は、1483年に東山山荘(銀閣寺)へ移り住むが、1490年にその完成を待たずに亡くなる。
 この11年もの戦乱により、都は灰燼に帰したといわれる。近年の研究では、焼失したのは上京と周辺山麓(東山、西山)の武家天公家の邸宅、社寺であり、室町殿(東軍の本陣)の周辺だったともいう。庶民が住していた下京はあまり焼失していないともいう。この間に、それまでの守護大名に変わり、国人、守護代が力をつけ戦国大名が台頭するという戦国時代、下克上が顕著になった。
◆西陣織 織の技術は平安時代以前、4世紀頃に渡来系豪族、秦氏によりもたらされたといわれている。794年の平安京遷都以降、奈良から移った大蔵省の織部司(おりべのつかさ)が大内裏東領域に設置され、高級品の綾錦(あやのにしき)を織り、染物も行っていた。
 平安時代末、律令制度の崩壊により織部司は廃止になる。私営(荘園制度)の機織が各地で隆盛になった。織職人による生産が始まり、職工は大舎人(おおとねり)町(現在の猪熊通下長者町付近)に移り住んだ。ここでは、宋の綾織技法を模した唐綾を貴族の装飾用に生産した。大舎人(おおとねり)座を組織し、大舎人綾手師と呼ばれたという。当初は宮廷などの高級品を織り、その後、次第に富裕町人層にも普及する。
 室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)の頃には、堀川東の東陣では練貫方(ねりぬきがた)という座が白絹の生産を始める。羽二重(平織りと呼ばれる経[たて]糸と緯[よこ]糸を交互に交差させた織り方)や練貫(生糸を経、練糸を緯として織った絹布)を織った。堀川西(「五辻道大宮東」、堀川以西・一条以北)の西陣では、大舎人方(おおとねりかた)という座が綾を生産した。
 戦の間、職工は堺などに一時疎開する。当時の堺は、幕府遣明船の初着の港であり、海外貿易により栄えた。戦乱後、堺から帰京した織職工たちは東軍本陣跡の白雲村(現在の新町通今出川上る付近)で練貫を織る練貫座を組織した。西軍本陣跡(大宮付近)には大舎人座が組織され、明の新しい綾法を都に伝え、西陣織の起こりになる。
 その後、1513年に両座の間で綾織の権利を巡る争いがあり、1514年に東陣で織ることが禁じられる。以後、西陣大舎人方の31家が独占して生産することになり、東陣は衰退した。
 安土・桃山時代、天文年間(1532-1554)、1548年とも、九舎人座中の31人が足利家の保護を受けて組織された。1571年、そのうちの井関家ら6人が内蔵寮織物司の補になり、御寮綾物司(おんりょうおりものつかさ)と呼ばれた。ここでは、宮廷装束を製作したという。この6人が西陣の機業を発展させた。
 天正年間(1573-1593)、豊臣秀吉は、白雲村の水質が不良になったとして、新在家に移させたという。この頃、インド、中国より高機(たかはた)が取り入れられ、紋織(もんおり)が可能になる。西洋の織物も伝えられた。野本氏は金襴、俵屋が唐織を織った。西陣の機業は隆盛を迎える。
 江戸時代、西陣の範囲は、東は現在の堀川通、西は七本松通、北は今宮神社御旅所、南は一条通か中立売通で囲まれた一帯とされた。幕府の保護下、糸割符により中国よりの輸入糸の割当てを得た。ただ、18世紀(1701-1800)初頭以来、安価な桐生織物、丹後織物に押される。1730年の西陣焼け、1788年の天明の大火により西陣は打撃を受けた。天保の大飢饉(1833-1839/1836)、その後の改革の影響もあった。1841年、絹織物禁止令により衰微する。
 近代以降、東京遷都に伴い西陣はさらに衰微する。このため、1869年に京都府は西陣物産会社を創立する。1873年、フランス・リヨンへの研修生3人の派遣、ヨーロッパからのジャガードなどの機械導入により再生を図った。第二次世界大戦後は、化繊織物、機械化も進んだ。1990年以降は次第に出荷額が減少傾向にある。

応仁・文明の乱(1467-1477)
東軍 × 西軍
足利将軍家 足利義視 足利義政
× 
日野富子
・足利義尚
(義煕)
幕府 細川勝元 × 山名持豊
(宗全)
管領畠山家 畠山政長 × 畠山義就
管領斯波家 斯波義敏 × 斯波義廉

応仁・文明の乱の初戦略年表

1467年正月、畠山政長が館に城郭を構える。
1月18日、上御霊神社で闘いが始まる。
5月26日、一条大宮で戦闘がある。行願寺、知恩寺、民家などが焼ける。
6月7日、祇園会が中止になる。
6月11日、合戦があり、上京の多くが焼けたという。
6月22日、金閣寺に西軍が陣をしく。
8月22日、山名方は下京に火を放つ。
8月22日、大内政弘の軍が東寺に陣をしく。
9月1日、三宝院(内裏東方)で合戦があり、院は焼失する。
9月18日、東山、東岩倉で合戦がある。南禅寺、青蓮院が焼失する。
10月2-4日、相国寺の東軍を西軍が攻める。寺内部で放火があり、伽藍塔頭などが焼失する。
12月19日、建仁寺塔頭、祇園社の多宝塔、大門が放火により焼ける。
1468年3月18日、東軍・骨皮道賢の徒党が七条の町に火を放つ。
3月21日、西軍は稲荷山を攻め、骨皮を殺し、稲荷山を焼く。
7月4日、西軍は吉田社、浄蓮華院、吉田村などに火を放つ。
8月4日、西軍は青蓮院、民家を焼く。
8月5日、西軍は聖護院、法勝寺を焼く。
8月7日、西軍は清閑寺を破壊する。
8月13日、光明峯寺が焼失する。
8月24日、西軍は上御霊社を焼く。
8月26日、東軍は泉涌寺、妙法院を焼く。
9月4日、東軍は仁和寺を焼く。
9月7日、西軍は嵯峨の寺、民家を焼く。天龍寺、臨川寺、宝幢寺を焼く。
1469年、4月22日、西軍は松尾の谷の城を落とす。西芳寺、峰ヶ堂、民家を焼く。
7月10日、東軍は清水寺、珍皇寺、建仁寺を焼く。
1470年、6月14日、西軍は下鴨神社を焼く。東軍は祇園社を焼く。
7月19日、西軍は勧修寺を焼く。
7月20日、西軍は醍醐寺、民家を焼く。



*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献・資料 『京の歴史と文化 3 乱 伸びゆく町衆』、『京都の地名検証 2』、『洛中洛外』、『意外と知らない京都』、『あなたの知らない京都府の歴史』、『京都府の歴史散歩 上』、『京都大事典』、『古社名刹巡拝の旅 42 御所界隈 京都』、『古社名刹巡拝の旅 26 吉田山と白川』 、ウェブサイト「コトバンク」



京都市考古資料館(旧西陣織物館)  大聖寺(御寺御所・花の御所)  千両ヶ辻  小川通    宝鏡寺    相国寺   千本釈迦堂    御霊神社(上御霊神社)   銀閣寺  華開院  木島(このしま)神社(蚕ノ社)     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調査
「西陣碑」(京都市考古資料館) 京都市上京区今出川通大宮東入ル北側 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
    © 2006- Kyotofukoh,京都風光