ねじりまんぽ (煉瓦造斜アーチ橋) (京都市東山区)  
Skew arch bridge
ねじりまんぽ (煉瓦造斜アーチ橋) ねじりまんぽ (煉瓦造斜アーチ橋)
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

ねじりまんぽ、南西口


南西口


南西口


南西口、陶額「雄観奇想」


【参照】陶額「雄観奇想」、琵琶湖疏水記念館 展示品より


南西口


南西口


南西口


南西口、外壁


南西口、外壁


南西口、橋台角部分


内壁、北東から


内壁


内壁、側面周辺

内壁、天井周辺


内壁、アーチ末端、迫受石、最下部のアーチ


内壁、アーチ末端、迫受石、最下部のアーチ


内壁


内壁


北東口


北東口、陶額「陽気発処」



北東口


北東口、煉瓦


北東口、煉瓦「疏14」の刻印


北東口、煉瓦「+」の刻印


蹴上インクライン
 蹴上(けあげ)の三条通から南禅寺に向かう道筋に、煉瓦造の小さな人道トンネルがある。通称は「ねじりまんぽ」と呼ばれている。
 ねじりまんぽとは斜アーチ橋であり、上の蹴上インクライン軌道と斜交している。
◆歴史年表 近代、1887年、9月、ねじりまんぽが着工される。
 1888年、6月、竣工した。
◆ランキン 近代のイギリスの工学者・物理学者・ランキン(William John Macquorn Rankine,1820-1872)。イギリスのエジンバラ生まれ。父はカレドニア鉄道の技術者だった。1836年、エジンバラ大学に入学する。卒業後、技術者・J.マクニールの下で働き、測量、鉄道工事に従事した。1838年から、アイルランドで土木工事に従事する。1842年、独立した。1840年代、熱力学の基礎を打ち立てる。1840年代後半から、数理物理学についても研究した。1851年、ランキン・サイクル(蒸気原動所の最も基本的な蒸気サイクル)を考案した。1853年、ロイヤル・ソサエティ会員になる。1855年、グラスゴー大学で土木工学を講じた。「エネルギー」概念を一般的に把握する見方を提唱した。エネルギー保存の法則の発見などに貢献した。著『応用力学便覧務』『土木工学便覧」など。52歳。
 材料力学、弾性学、波動理論、推進器、船の輪郭、流線なども研究した。工学の教科書を著した。1886年に『蘭均(ランキン)氏汽機学』は邦訳され、工部大学校で使用された。弟子・ヘンリー・ダイアー(Henry Dyer,1848-1918)は日本の近代的工学教育の導入に尽力している。
◆北垣国道 近代の官僚・北垣国道(きたがき-くにみち、1836-1916)。号は静屋。鳥取藩郷士・北垣三郎左衛門の子。1847年、碩学家・池田草庵の「青渓書院」で漢学を学ぶ。1863年、攘夷派の平野国臣らによる生野の変に加わり失敗する。1864年、長州藩士として功を遂げた。1866年、長州藩「明倫館」で兵学を学ぶ。戊辰戦争(1868-1869)に参軍し、会津討伐で戦功をあげた。久美浜代官支配地で執政を行う。維新後、1869年、弾正少巡察、大巡察を歴任した。1870年、函館に出張し、樺太を巡回した。1871年、北海道開拓使7等に出仕する。1874年、鳥取県の少参事、1877年、熊本県大書記官、1879年-1881年、第4代・高知県令、1879-1880年、第7代・第8代・徳島県令を兼任した。1881年-1892年、11年にわたり第3代・京都府知事を務めた。京都商工会議所設立を認可し、琵琶湖疏水事業を勧めた。内務次官になる。1890年、琵琶湖疏水工事が完成する。1892年、第4代・北海道庁長官になる。1896年、退任し、拓殖務次官になる。男爵に叙せられた。1899年、貴族院議員、1912年、枢密顧問官を務めた。京都市の自邸で亡くなる。81歳。
 
墓は金戒光明寺(左京区)にある。
◆帯山与兵衛 近代の陶工・9代・帯山与兵衛(たいざん-よへえ、1856-1922)。旧姓は清水竜三郎。3代・清水九兵衛の次男。京都の生まれ。1878年、帯山家の養子になり9代を継ぐ。錦光山(きんこうざん)家、安田家とともに陶器の海外輸出を進めた。1894年、粟田口窯を廃し、八幡に南山焼を興したという。 67歳。
 粟田口焼を代表する窯屋として、装飾性の豊かな色絵陶器を製作し、京薩摩と呼ばれた。各国の万国博覧会で受賞した。
◆ねじりまんぽ 蹴上インクライン軌道の中間付近下に、煉瓦造斜アーチ橋(ねじりまんぽ)がある。南西から北東方向に掘られている。トンネルではなく、実際には、インクラインが上を通っているため橋梁の一種になる。三条通から南禅寺に向かう道路の造成に伴い、近代、1887年9月26日に着工し、1888年6月に竣工した。日本において、鉄道事業者以外が建設した斜アーチ橋の唯一例になる。
 橋は、「ねじりまんぽ」と呼ばれている。鉄道敷設下のトンネル状の構造物を意味した。語源については分かっていない。「ねじり」は「捻じり」、「まんぽ」とはトンネルを意味する古い言葉という。
 旧国鉄では小規模橋梁(径間1m未満)として、下が道路として使われたものを「架道橋」、「架道拱渠(きょうきょ)」とも呼んだ。拱渠とは、構造力学的にはアーチ(拱)の構造物になる。このため、「斜拱渠」、「斜アーチ斜拱渠」、「煉瓦斜架拱」などとも呼ばれた。
 工法は、線路とトンネルが直交ではなく、斜交して掘られている場合に限られている。橋が、上部に敷設された軌道の荷重に耐え、煉瓦の剥離回避のために、内壁煉瓦は斜め(螺旋状)に巻かれた。ただ、実際の煉瓦は、長手積の煉瓦を角度を付けて斜め方向に積んでおり、捻じった煉瓦などは使用していない。斜めに積まれた起拱角は一定であり、線路とトンネルの交差角(斜架角、斜交角)が急なほど、煉瓦も急角度を付けて積まれた。
 斜アーチ橋では、内部に発生した軸力(接線方向応力)は、すべて両側の橋台(側壁)部分に伝達されることで強度を確保している。もしも、通常の水平の積み方である粗積造(そせきぞう)にすると、アーチ両端部の坑口付近で軸力が片側にしか伝達されない。このため、強度上の脆弱性が生じてしまう。
 内壁のアーチ末端の煉瓦と南北両下部の迫受石は面一(ツライチ、二面が同一平面)に仕上げている。この部分は、小規模の煉瓦造アーチがやや迫り出し、連続して組まれている。捻じりはなく、通常の水平方向の粗積造アーチになっており、イギリス積(煉瓦を長手だけの段、小口だけの段と一段おきに積む)になっている。外壁はイギリス積、長手だけの長手積などに組まれている。
 基礎は石造、ほかは煉瓦巻。高さ3.03m、幅2.58m、長さ18m、最下部の起拱角15°、長手煉瓦の大きさ縦5.5㎝、横22㎝。
◆工法の歴史 煉瓦造斜アーチ橋(ねじりまんぽ)は、イギリスに多く、フランスなどにも存在する。工法は、運河技術者によって発明されたとも、ルネサンス時代のイタリアで発明されたともいう。鉄道用最古の斜アーチ橋としては、近代、1829年にイギリスのマンチェスター西にあるレインヒル駅構内に石造積の橋が完成している。
 なお、同年に蒸気機関車競走が催され、スティーブンソン父子が製作した「ロケット号」が優勝している。翌1930年には、世界最初の蒸気動力のみによる公共鉄道、マンチェスター・リバプール鉄道が開通している。
 斜アーチ橋の工法は、日本にも鉄道技術とともに導入された。施工例は全国に見られ特に関西に多い。日本の最古の例は、1874年開業の大阪-神戸間の路線であり、イギリス人技師がもたらし指導した。関西で多く見られるのは、近代以降に関西で、鉄道用煉瓦製造が盛んに行われていた。水田を横切る線路敷設に伴い、多くの用水路と交差する斜アーチ橋が必要とされた点にある。
 イギリス人の工学者・物理学者・ランキンが叙述したものの翻訳書、『蘭均(ランキン)氏土木学』(訳・水野行敏、1880年)にも斜アーチ橋が記載されている。「斜歪弯曲窿(しゃわんきょくきょくりゅう)」として記され、工部大学校の教科書として使用された。琵琶湖疏水を設計・工事した田邊朔郎(1861-1944)もこの本で学んだという。
 工部大学校とは、近代、1877年に工部省工学寮を改称して設立された。1885年に工部省廃止とともに文部省へ移管され、1886年、帝国大学設置に際し、東京大学工芸学部と合併し、帝国大学工科大学(現・東京大学工学部)になった。
 田邊は、工法を蹴上で実地に試したと見られている。なお、設計法としては、螺旋法、対数法、牛角法の3種があり、螺旋法が一般的だったという。
 その後、斜アーチ橋は、コンクリート造に取って代わられる。老朽化、廃線により多くが撤去されたものの、まだ全国に複数の斜アーチ橋が残されている。
語源 ◈「ねじりまんぽ」は、鉄道敷設下のトンネル状の構造物を意味する。一部に農業用水路の地下水路(カナート,qanat)の呼称としても使用されていた。
 語源については分かっていない。諸説あり、外来語に由来するというもの、鉱山坑道の古語「まぶ」、英語の「マンホール(Мanhole)」に由来するともいう。
 ◈近現代の小説家・谷崎潤一郎(1886-1965)は、『細雪』(1943-1948)中で、女中・お春に「ねじりまんぽ」を「マンボウ」と語らせた。関西の古言として、トンネルの短いもの、ガードを意味したと解説している。小説中の「マンボウ」は、東海道本線の西宮-夙川間の平松暗渠を指しているという。
 谷崎は「マンボウ」の語源をオランダ語の「マンプウ(Мanpoo)」にあるとした。ただ、確認されていない。日本では「まんぷー」、「まんぶー」、「まんぼー」、「まんぷ」などに転訛したともしている。
 ◈「ねじりまんぽ」は関西、中部地方の方言に多い。「まんぽ」(京都府・三重県・福井県・石川県)、「まんぷ」(京都府・福井県)、「まんぼう」(滋賀県・奈良県・長野県・静岡県)、「まんぼり」(奈良県)、ほかにも「まんぷう」、「まんぽう」などの例がある。
◆扁額 ◈ねじりまんぽの南西口に、石額(扁額)「雄観奇想(ゆうかんきそう)」が掲げられている。出典は不明。
 「見事な眺めと優れた考え」を意味している。北垣国道筆による。粟田焼陶工・9代・帯山与兵衛(1856-1922)作の陶額になる。
 ◈ねじりまんぽの北東口には、「陽気発処(ようきはっするところ)」がある。南宋の朱熹(しゅき、1130-1200)の『朱子語類』による。
 「陽気発するところ金石もまた透ける/前向きの原動力は輝きを得て必ず成し遂げられる」の意味になる。同じく北垣国道筆、帯山与兵衛作の陶額になる。


原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 京都市の駒札、『琵琶湖疏水の100年 叙述編』、『琵琶湖疏水の歴史散歩』、『関西鉄道遺産』、『鉄道と煉瓦 その歴史とデザイン』、『鉄道構造物探検』、『琵琶湖疏水記念館 常設展示図録』、琵琶湖疏水記念館、ウェブサイト「コトバンク」


琵琶湖疏水・岡崎公園・鴨川運河
  田邊朔郎立像・紀功碑  第2期蹴上発電所・蹴上発電所   九条山浄水場ポンプ室  蹴上インクライン  蹴上浄水場   琵琶湖疏水分線  南禅寺   水路閣   蹴上  日向(ひむかい)大神宮・大日山(東岩倉山)  琵琶湖疏水煉瓦工場跡  岸和田煉瓦(高松橋ひろば)・鴨川運河    

     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
 
map ねじりまんぽ(煉瓦造斜アーチ橋) 〒605-0044 京都市東山区東小物座町
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光