日向大神宮・大日山 (京都市山科区)
Himukai-daijingu Shrine
日向大神宮 日向大神宮 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

一の鳥居














紅葉、サクラ





ツバキ



拝殿



外宮



外宮



外宮



外宮、千木は、外削ぎ、堅魚木は7つ。



外宮の御門の屋根、千木は外削ぎ、堅魚木は5つ。



両脇に立つ棟持柱(むなもちばしら)





内宮



内宮



内宮、四脚門の御門、板垣



内宮本殿、千木は内削ぎ



内宮本殿、千木は、内削ぎ、堅魚木は8つ。



内宮
 日向山の西麓、東にある神明山(しんめいさん、日ノ山、日御山、140m)中腹に、日向大神宮(ひむかい だいじんぐう)はある。京都で古い社の一つとされている。一帯は、「京都市文化財環境保全地区」になる。 
 一の鳥居は、三条通に面している。この地は、粟田口と呼ばれ、交通の要衝地として、平安時代以降、東海道、大津、伊勢方面の出入り口になっていた。伊勢神宮とゆかり深く、近代以前は「京の伊勢」として伊勢への代参、東海道の旅人の安全祈願も行われていた。
 「朝日宮」、「日岡神明宮」、「京のお伊勢さん」、近世以降は、「粟田口神明社(粟田口神明宮)」、「恵比須谷明神」などとも呼ばれた。
 祭神は、内宮(ないく、上ノ本宮)に、天照大御神(あまてらすおおみかみ)、邇邇芸命(ににぎのみこと)、宗像三女神、多紀理毘賣命(たきりびめのみこと)、市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)、多岐都比賣命(たぎつひめのみこと)。外宮(げく、下ノ本宮)に、天津彦火瓊々杵尊(あまつひこほににぎのみこと)、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)を祀る。
 道中安全、開運厄除け、厄除、縁結びなどの信仰がある。戸隠神社は穢れを清め、招福、福土神社は縁結びの信仰がある。御朱印が授けられる。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 古墳時代、487年頃、第23代・顕宗(けんぞう)天皇(在位:485-487)の時、勅願により日向(ひむか)の高千穂の峰から、天照大神の神蹟を勧請したことに始まるという。
 飛鳥時代、第38代・天智天皇(在位:661-672)が神田を寄進し、神域の山を日ノ御山(ひのみやま、日御山)と名付けたともいう。
 平安時代前期の第56代・清和天皇(在位:858-876)の勅願「日向宮」を贈られ、天照大神を粟田山に勧請したことに始まるともいう。
 貞観年間(859-877)、伝承として菅原船津という人物により、社殿が修復されたという。
 元慶年間(887-885)、清泉「朝日の水」が湧いたという。
 第60代・醍醐天皇(在位:897-930)の時、官幣社に列した。
 中世(鎌倉時代-室町時代)、衰微する。
 南北朝時代、南北朝の争乱(1336-1392)で衰微する。
 室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)で焼失した。
 第105代・後奈良天皇(在位:1526-1557)、107代・後陽成天皇(在位:1586-1611)により勅額が贈られた。神宝、幣物などもしばしば奉納される。
 江戸時代、1614年、近隣の農民・松井藤左衛門により再興され、仮宮を造営した。徳川家康の寄進により失った社領も戻された。
 寛永年間(1624-1644)、伊勢の野呂左衛門尉源宗光により再興されたという。徳川氏に請い、社殿を再建し、子孫が奉仕したという。
 1787年、境内の様子が記されている。(『拾遺都名所図会』)
 1864年、「日山神明宮」と記されている。(『再撰花洛名勝図会』)
 近代、1915年、内宮が再建された。
 1921年、外宮が再建される。
◆境内社 多賀、春日、天満宮、稲荷、厳島、戸隠神社などがある。
◆建築  ◈ 「本殿」の造営年代は不明。江戸時代の『拾遺都名所図会』(1788)の記載から、少なくとも18世紀(1701-1800)末にはすでに建てられていたとみられている。京都市内では数少ない神明(しんめい)造本殿の例になる。大棟に並行する面、平から出入りする「平入り」の神明造になる。伊勢神宮に代表され、もっとも古い神社建築様式とされている。
 内宮、外宮を構える。「内宮本殿」(京都市登録有形文化財)は、両脇に棟持柱(むなもちばしら、側面中央の柱で、壁面より外側に飛び出し、棟へ達する柱)を建て、屋根の棟には内削ぎの千木(ちぎ、先端を地面に対して水平に削る)と堅魚木(かつおぎ、屋根の上で棟に直角になるように並べられた木)を8本を載せる。平面は棟通で奥に内陣、正面寄りが外陣になっている。桁行正面1間、背面2間、梁行2間、茅葺、神明造。
  ◈ 「内宮四脚門」の御門の屋根にも、内削ぎの千木と堅魚木6本が載り、両脇に板垣があり、本殿を囲ってある。この御門と板垣で敷地を区画する様式は、古式にのっとる。切妻造、茅葺。
  ◈ 「外宮本殿」(京都市登録有形文化財)も内宮とほぼ同じ規模・形式を有している。ただ、屋根の千木が外削ぎ(先端を地面に対して垂直に削る)で、棟の上に載る丸太状の堅魚木は本殿7本と御門の屋根は5本になっている。桁行正面1間、背面2間、梁行2間、茅葺、神明造。
  ◈ 「外宮御門」は、屋根の千木が外削ぎで、堅魚木は5本になる。 両脇に立つ棟持柱(むなもちばしら)は、側面中央の柱で、壁面より外側に飛び出し、上の棟まで達する。周囲に板垣がある。
◆鳥居 鳥居は伊勢鳥居で、丸柱に五角形の笠木、貫に楔を打つ。小石根巻が付く。
◆文化財 平安時代前期の第56代・清和天皇、室町時代の第105代・後奈良天皇、安土・桃山時代-江戸時代の107代・後陽成天皇の勅額がある。
 神馬舎の神馬(しんめ)は徳川家寄進という。
◆伊勢大神宮遥拝所 境内の南東の峠にある伊勢大神宮遥拝所は、現在、樹木のため見晴らしは効かない。以前は伊勢神宮が見えたという。
 なお、この直線上に天智天皇陵、当宮、平安神宮、御所清和門などが並んでいる。
◆朝日泉 境内の「朝日泉」は、平安時代、貞観年間(859-877)、都で疫病が流行した際に、「この宮地に湧きいづる清水の水をくんで万民に与えよ」との神告があったという。
 第56代・清和天皇(在位:858-876)の勅願により、菅原船津が水を振る舞うと疫病が治まった。以後、泉は「朝日泉」と名付けられ、京名泉の一つに数えられた。
◆大日山・東岩倉寺・観勝寺 境内の北に大日山(東岩倉山、288m)がある。粟田山の支峰であり、山頂近くには、いまも安井門跡性演僧正など50基ほどの墓が残されている。
 飛鳥時代、行基(668-749)は、この山中に東岩倉寺を開いたとの伝承がある。
 平安時代、794年、平安京遷都に際して、王城鎮護のために、京都の四方の山に経塚が造られ、大乗経を納めた。東岩倉山は、その「東の岩倉」の地ともいう。
 中世(鎌倉時代-室町時代)、三井寺の行円が観勝寺を建立し、東岩倉寺の寺号を継いだ。その後、衰微する。鎌倉時代、1268年、三井寺の大円上人は、観勝寺を再興し、本尊・阿弥陀三村を安置した。傍らに真性院を再興し、本尊・聖観音像を安置したという。亀山上皇は、禅林寺殿(南禅寺)より観勝寺に度々参詣し、後に勅願寺にした。1281年、蒙古来襲の時、院宣により戦勝祈願させた。室町時代、1467年、赤松の軍勢が東岩倉山山中に布陣、山名・大内の軍勢と戦う。この戦乱により観勝寺は焼失した。
 江戸時代には、大日堂に石造大日如来が安置され、大日山の山名の由来になる。元禄年間(1688-1704)、観勝寺、真性寺は、東山・安井の蓮華光院に移された。旧地は歴代の墓地になり、1873年に京都市共同墓地になる。
◆菅公胞衣所 菅公胞衣所と伝えられる塚がある。胞衣(えな)とは胎盤をいう。平安時代の学者、漢詩人、政治家の菅原道真(845-903)は、左遷先の太宰府で亡くなった。
◆御神木 平安時代の第56代・清和天皇(850- 881)の手植だったという桧の切株断面がある。かつて、地上3mのところで7股に分れていたという。
 1934年の室戸台風で痛み、翌年に枯死した。周辺にも樹齢200年の桧が数10本もあったという。これらも、台風により倒壊した。
◆花暦・樹木 紅葉が知られている。サカキの大木がある。
◆年間行事 若水祭(朝日泉の若水を汲み、神饌献供、三が日に参詣者に若水授与される。)(1月1日)、節分祭(一年の厄払いのために、天の岩戸をくぐる「ぬけ参り」が知られている。16時より祈祷献火神事・古札焼納)(2月3日)、例大祭・外宮例祭・内宮例祭・神嘗祭(御神楽、人長の舞奉納。)(10月16日-17日)。


*年間行事(拝観)などは、中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献・資料 『京都・山城寺院神社大事典』、『昭和京都名所図会 2 洛東 下』、『京都市の指定文化財 第5集』、『山科の歴史を歩く』 、『京都の寺社505を歩く 下』、『鳥居』、『京都 神社と寺院の森』、『京都のご利益徹底ガイド』、『京都のご利益手帖』、『京都の隠れた御朱印ブック』


琵琶湖疏水・岡崎公園・鴨川運河  第2期蹴上発電所・蹴上発電所  夷川発電所  九条山浄水場ポンプ室  蹴上インクライン  蹴上  粟田口    安井神社(安井金比羅宮)・蓮華光院    

社務所


神馬舎、神馬(しんめ)


神田稲荷神社・宇迦御魂命(うがたまのみこと)、保食神(うけもちのかみ)

厳嶋神社、福徳延寿

花祭神社・木花之佐久夜比売、猿多彦神社・猿田比古命

恵美須神社・事代主神(ことしろぬしのかみ)、天鈿女(あめのうずめ)神社・天宇受売神(あめのうずめのかみ)、八百万神、左は朝日泉・御井(みい)神社・水波能売神(みずはのめのかみ)

福土神社・大国主神、縁結びの神

多賀神社・伊邪那岐命、伊邪那美命、春日神社・天児屋命、五行神社・木火土金水の神

戸隠神社、開運、厄除けのぬけ参りがある。

洞窟内にある戸隠神社・天手力男神(あめのたじからおのかみ)、開運・厄除け

朝日天満宮・菅原道真

弁財天

菅公胞衣所と伝えられる塚

菅公胞衣所

神田大神

神田大神近くの狐

天龍龍神、地龍

神光大神
光高大明神

光吉大神

影向岩(ようごういわ)

御神木、桧の切株断面

伊勢神宮と銘のある石灯篭

境内の南東の峠にある伊勢大神宮遥拝所

近くの谷は「傘谷」と呼ばれる。


峠の伊勢大神宮遥拝所へ向う参道
日向大神宮 〒607-8491 京都市山科区日ノ岡一切経谷町29   075-761-6639  9:00-17:00

50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
  ©2006- Kyotofukoh,京都風光