同志社 クラーク記念館 (京都市上京区)  
Clarke Memorial Hall,Doshisha University
同志社 クラーク記念館 同志社 クラーク記念館
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

西側


西側、正面玄関


西側、正面玄関


西側、正面玄関


西側、正面玄関


南西角


南西角、礎石、「A.D.1892 明治二十五年」


南西角、八角形の塔


南西角、塔


南西角


南側、バルコニー


西側、屋根


西側、ドーマー(屋根窓)


西側、煙突


西側、煙突


西側

西側


西側


西側、ゲーブル(妻壁)


西側、


西側、


西側、


南東角


南側


南側、小塔


南側


南側


東側


東側
 同志社大学今出川キャンパス内に、クラーク記念館(くらーく-きねんかん) がある。尖塔が特徴的であり、当初は神学館として使われた。
 設計は近代のドイツ人建築家・リヒャルト・ゼールによる。
◆歴史年表 近代、1892年、11月、定礎がなされた。
 1894年、クラーク記念館が竣工した。当初は「クラーク神学館」と呼ばれる。1月30日に開館した。
 現代、1963年、新神学館が竣工する。旧神学館は、「クラーク記念館」と改名された。
 1979年、5月、クラーク記念館は、重要文化財に指定される。
 2003年-2007年、大規模修復工事が行われた。
ゼール 近代のドイツ人建築家・リヒャルト・ゼール(Richard Seel ,1854-1922)。ドイツのエルバーフェルト生まれ。建築を学び、1875年、ベルリンのエンデ・ベックマン事務所に入る。1888年、エンデ・ベックマン事務所は、明治政府による官庁集中計画を引き受け来日した。当初の計画にあった帝国議会議院、中央諸諸官庁建設は頓挫し、東京裁判所(最高裁判所)、司法省(法務省)庁舎のみが実現した。契約解除後も、ゼールは日本に留まり、1896年、横浜で建築設計事務所を開設した。以後、教会堂、ミッションスクールの工事を手がける。1903年、ドイツ人のゲオルグ・デ・ラランデに建築設計事務所を引き継ぎ帰国する。帰国後、劇場建築などを行う。弟子に建築家・矢部又吉(1888-1941)がいる。
 日本での主な作品は、函館市・旧ロシア領事館 (1908)、同志社大学クラーク記念館(1893)、千葉教会(1895)、東北学院大学東北学院神学部 (仙台神学校) (1891、消失) 、東京都・明治学院大学明治学院記念館 (旧神学部校舎)(1890) など。
クラーク家 クラーク記念館は、アメリカ合衆国のクラーク一家に関係がある。
 近代、1890年に同志社創設者の新島襄が亡くなり、その名を冠した神学館建設の募金活動が始まる。だが、資金は集まらず計画は頓挫しかけた。
 1891年に、ニューヨーク州ブルックリン市のB.W.クラーク夫妻から、アメリカン・ボード経由で同志社神学館建築費として1万ドルが寄せられた。夫妻の息子・バイロン・ストーン・クラーク(Byron Stone-Clarke)は、23歳で早逝している。両親は、息子を讃えるタブレットを建物に設置するという条件で、記念ホール建設資金を援助した。建築費は寄付額を超過したため、クラーク夫人はさらに1500ドルを寄せた。
 建物はByron-Stone Clarke Memorial Hallとも呼ばれた。建築の1階の右側の壁面には、バイロン・クラークを記念し、タブレットに“The study of the Word of God was dear to him(聖書を学ぶことは、彼が愛好してやまないものであった)”と刻まれている。
建築 クラーク記念館は近代、1892年11月に定礎がなされた。1894年に竣工する。当初は「クラーク神学館」と呼ばれる。以来、神学教育、研究に利用される。1963年に新神学館が竣工し、旧神学館は「クラーク記念館」に改名された。1979年5月に、設計図、仕様書も含めて重要文化財に指定される。2003年-2007年に老朽化のため大規模修復工事が行われている。
 西面する。外観は、ドイツ風のネオ・ゴシック様式を基調にした。来日前に手掛けた西プロイセン州議会議事堂(現・ポーランド・グダニスク市)を模している。同志社に建てられた歴史的建造物の中で、最も装飾密度が濃く完成度も高い。
 西側外観は左右対称であり、中央は寄棟造で左右両端に棟飾り、中央に煙突がある。東西の北寄りと南側にゲーブル(妻壁)が立ち上がる。北側は東西に棟を置く切妻、南側も切妻になっている。西南隅に平面八角形の塔(3階建)がある。東南隅には八角形の小塔が立つ。
 窓は半円形アーチになっており、花崗岩の意匠が施されている。北側2階中央に出窓がある。正面玄関、東側南寄りの山上部にバルコニーがある。屋根にドーマー(屋根窓)がある。イギリス積の煉瓦の壁体隅などに花崗岩を入れる。
 西側の正面入り口に、“Byron-Stone Clarke Memorial Hall”と刻まれている。1階の正面中央に広間・階段室、ほか5室がある。階段を上がると2階中央に階段ホール、小室3室がある。北側に最も広い部屋が設けられ、講堂兼礼拝堂として使用された。ボールド(かまぼこ型)天井になっている。その後、教室不足を補うために2つの部屋に仕切られていた。2003-2007年の大規模修復工事により、修理、復原、構造補強が行われ、仕切りは撤去され礼拝堂が復元された。
 施工は京都の大工・小島(嶋)佐兵衛、煉瓦造、2階建、桟瓦葺、西南隅に塔屋3階付、塔屋は銅板葺、建築面積389.4㎡/398.87㎡、延べ面積799.39㎡。
 キリスト教文化センターが入り、教室、クラーク・チャペルも備わっている。結婚式場としても利用されている。


原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献 ウェブサイト「同志社大学」、ウェブサイト「同志社大学神学部」、「説明板-同志社大学」、『京都の赤レンガ』、『京都の洋館』、『京都モダン建築の発見』、ウェブサイト「文化財データベース-文化庁」、ウェブサイト「社団法人日本建築材料協会」、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area同志社 礼拝堂   関連・周辺,relevance&surrounding area同志社 有終館    関連・周辺,relevance&surrounding area同志社 彰栄館   関連・周辺,relevance&surrounding area同志社 ハリス理化学館  関連・周辺,relevance&surrounding area同志社 アーモスト館  関連・周辺,relevance&surrounding area同志社 啓明館  関連・周辺,relevance&surrounding area同志社 新島遺品庫  関連・周辺,relevance&surrounding area南蛮寺の礎石(同志社大学今出川キャンパス)  関連・周辺,relevance&surrounding area尹東柱詩碑・鄭芝溶  関連・周辺,relevance&surrounding area新島襄旧邸  周辺,surrounding area相国寺   関連,relevance同志社墓地・若王子山   関連,relevance佐伯理一郎旧宅跡    
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 同志社クラーク記念館  〒602-0898 京都市上京区相国寺門前町
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光