同志社 啓明館 (京都市上京区)  
Keimeikan,Doshisha University
同志社 啓明館 同志社 啓明館
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

南側、本館正面


南側、本館正面


南側、本館正面


南側、本館正面


南側、本館正面、登録有形文化財の銘鈑


南側、新書庫(東館)


南側、新書庫(東館)


南西角、本館


西側


西側、本館


西側、本館


西側、本館
 同志社大学今出川キャンパス東端に、同志社啓明館(けいめいかん)はある。
 かつて、同志社大学図書館だった。設計はW.M.ヴォーリズによる。
◆歴史年表 近代、1915年、9月、卒業生などの寄付により図書館書庫(西館)が竣工した。
 1920年、3月、山本唯三郎の寄付により図書館本館が竣工した。
 現代、1957年、東側に新書庫(東館)が建てられる。
 1972年まで、図書館として使われた。
 2007年、7月、登録有形文化財に指定された。
ヴォーリズ 近現代のキリスト教伝道者・社会事業家・建築家 ・ヴォーリズ・ウィリアム・メレル(Vories William Merrell,1880-1964)。本名は一柳米来留(ひとやなぎ-めれる)。アメリカ合衆国カンザス州生まれ。父はジョン・ヴォーリズ、母はジュリア・ヴォーリズの長男。 1888年、8歳で転地療養のために、アリゾナ州フラグスタッフへ移る。絵画と音楽とに親しむ。1896年、コロラド州デンバーに転居した。1900年、イースト・デンバー高校卒業、コロラド大学入学した。YMCA活動を始める。1902年 、カナダ・トロントの「海外伝道学生奉仕団(SVM)」第4回世界大会にコロラド大学代表として出席し、ハワード・テイラー女史の講演に感銘を受けた。建築家の夢をあきらめ外国伝道を決意する。1904年、コロラド大学哲学科を卒業し、コロラドスプリングスYMCAの主事補になる。1905年、来日し、滋賀県県立商業学校(現・滋賀県立八幡商業高校)英語教師として着任した。日本初の中等学校YMCAを創立する。1907年、最初の設計になった八幡キリスト教青年会館(八幡YMCA)が落成する。キリスト教伝道の理由で教師解職になる。The Omi Mustard Seedを創刊した。 1908年 、 京都三条YMCAの一室に、建築設計監督事務所(現在の一粒社ヴォーリズ建築事務所)を開業する。1910年、建築家・レスター・チェービン、吉田悦蔵と「ヴォーリズ合名会社」を設立した。1911年 、 近江ミッションを結成した。本格的な伝道活動を開始する。1912年、『湖畔の声』を創刊した。1914年、メンソレータム社の創業者 A.A.ハイドの支援で、琵琶湖の伝導船「ガリラヤ丸」が進水し、各地に教会を設立する。1918年、 「近江基督教慈善教化財団(現在の公益財団法人近江兄弟社)」を設立し、理事長に就任した。日本初の結核療養所「近江療養院(近江サナトリアム、現在のヴォーリズ記念病院)」を開院する。1919年 、子爵・旧小野播主・一柳末徳(ひとつやなぎ-すえのり)の3女・満喜子と結婚した。1920年、ヴォーリズ合名会社を解散し、「近江セールズ株式会社(現在の株式会社近江兄弟社)」を設立する。メンソレータム(現在の近江兄弟社メンターム)を販売開始した。1922年、私立清友園幼稚園(現在の学校法人ヴォーリズ学園)を設立する。1930年、母校コロラド大学よりLLD(名誉法学博士号)を受ける。同志社大学社友に推薦された。1931年、外皮用薬八幡工場(現在の近江兄弟社工場)が完成する。1933年、近江勤労女学校を設立した。1934年、 近江ミッションを近江兄弟社と改称した。1941年 、日本国籍を取得し、一柳米来留と改名する。京都帝国大学、同志社大学などで教え、1942年、東京帝国大学講師を勤める。戦時中は軽井沢で過ごした。1945年 、マッカーサー元帥と近衛文麿元首相との会談実現のために尽力する。1947年、 近江兄弟社小学校、中学校、1948年、高等学校を開設した。1951年、社会公共事業に対する功績により藍綬褒章を受ける。1957年 、軽井沢で倒れ、近江八幡の自宅に帰り、療養生活に入る。 1958年、近江八幡市名誉市民第1号に推される。1960年 、日米修好通商百周年に功労者として顕彰を受ける。1961年 、建築部門は独立し、「一粒社ヴォーリズ建築事務所」が設立される。黄綬褒章を受けた。1964年、亡くなる。正五位勲三等瑞宝章を受ける。著『吾家の設計』『失敗者の自叙伝』など。83歳 。遺骨は近江兄弟社霊園恒春園(近江八幡市)に眠る。
 伝道の一環として多岐にわたる活動を行う。建材・オルガン輸入、保育施設、幼稚園から高等学校の教育活動、図書館運営、出版、建築(住宅、学校、教会、デパート、ホテルなど)は幅広く手がけた。主な設計作品に、第1作の近江八幡YMCA会館(1906)、大丸心斎橋店本館(1922)、駒井家住宅(1927)、関西学院大学の建物群(1929)、神戸女学院の建物群(1933) (重文)、豊郷小学校(1937)など数多い。
山本唯三郎
 近代の実業家・山本唯三郎(やまもと-たださぶろう、1873-1927)。岡山県生まれ。鶴田藩士・坂斉正雪の次男。幼児に養子に出され、豆腐屋の小僧として働く。10歳の頃、大阪に出て新聞社の活字拾いをし、夜学の英語学校に通う。16歳の時、帰郷し兄の援助で閑谷学校、その後は同志社に学ぶ。学費が滞り中退し、札幌農学校で学び、新渡戸稲造などの指導を受けた。札幌農学校を卒業後、新渡戸の後援で石狩平野で開拓事業を手がけ大地主になる。約10年後、中国・天津で石炭販売業、貿易商社「松昌洋行」を設立し、石炭・材木貿易に従事した。1914年、第一次世界大戦の開戦により、船舶輸送業により蓄財した。1916年、岡山県で衆議院補欠選挙がで行われ出馬し落選した。1917年、朝鮮半島で大規模な虎狩りを行い、以後、「虎大尽」と呼ばれる。1920年、再び衆議院選挙に出馬落選する。大戦終了後の不況により財産を失う。54歳。
 同志社図書館(現・啓明館本館)に8万円、岡山市立図書館の工費などに1万8000円、郷里の山本実業学校設立に20万円を寄付している。
◆建築 近代、1915年に4階建ての図書館書庫(西館)が竣工した。卒業生・学生などの寄付による。1920年に5階建の図書館本館が竣工した。実業家・山本唯三郎からの寄付による。建設資金は9万円だったという。設計はW.M.ヴォーリズ・合名会社になる。
 第二次大戦(1939-1945)中に、アメリカ合衆国の美術史家のラングドン・ウォーナー(Langdon Warner,1881-1955)は米陸軍当局に提出したリストに図書館建物を入れた。占領地域での文化財保護、その後の文化財返還・弁償のための措置だった。
 1957年に本館東側に新書庫(東館)が建てられている。2007年7月に登録有形文化財に指定された。
 書庫(西館)、本館の両棟を併せて啓明館と呼んでいる。いずれも平面は東西に長い矩形で、南北に並行して建つ。書庫はやや短い。両棟は西側で渡り廊下により繋がる。当初の平面は「コ」の字型だった。新書庫(東館)が建てられ、現在は「ロ」の字型になった。
 書庫棟は、将来的には書庫として利用されることが予定されていた。南側の本館が建設されるまでは、臨時図書館として機能するように施設準備されていた。書庫棟の東西妻面には、2階以上を一連に扱うアーチ形窓がある。
 本館は当初の設計では、南東に隣接する新島遺品庫との間の南の前面広場に、池泉を造る予定だったという。このため、玄関の意匠も互いに関係付けられていた。本館にはパットレス(控え壁)があり、壁面は垂直方向に分割されている。東側正面にやや突出部分がある。東西面にアーチ形窓があり、枠はタイルで縁取られている。西南隅の正面玄関には塔部分があり、最上層に3連アーチ、その周囲に花崗岩の帯状装飾が見られる。その下層に縦長窓もある。正面玄関の入口上部に大アーチ形の庇が付き、コリント様式(前5世紀の古代ギリシア美術の装飾様式)の円柱が立つ。かつて、2階にあった大閲覧室は後に改造されている。2層吹抜の高窓からは採光していた。
 図書館書庫(西館)は4階建、図書館本館は5階建、いずれも煉瓦造・鉄筋コンクリート(RC)造の混構造、切妻造、屋根はスレート葺。建築面積153㎡、渡廊下は煉瓦造2階建。
 現在、建物は、人文科学研究所、同志社社史資料センター、施設部により利用している。
◆図書館 近代、1876年に、同志社が創立され、相国寺門前旧薩摩屋敷跡(現 ・クラーク記念館周辺)に、新校舎が建てられ移転になる。西側の校舎(第2寮舎)の1階に、「書籍縦覧室」が設けられた。
 1887年11月に、「書籍館(しょじゃくかん、後の図書館、現・有終館)」が開館された。書籍館は同志社の初代図書館になる。
 1915年10月に、新図書館(現 ・啓明館の北側)が開館した。1920年5月に、2代目の大学図書館本館(現・ 啓明館南側)が竣工した。1921年2月に、旧図書館は「有終館」と改称されている。
 1973年12月に、3代目になる現在の「今出川校地図書館」が竣工した。1986年には、田辺(現・ 京田辺)キャンパスに、「ラーネッド記念図書館」が開館されている。


原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 『京都の赤レンガ』、『京都市の近代化遺産』、ウェブサイト「同志社大学」、ウェブサイト「同志社大学図書館」、ウェブサイト「文化財データベース-文化庁」、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area同志社 礼拝堂   関連・周辺,relevance&surrounding area同志社 有終館    関連・周辺,relevance&surrounding area同志社 彰栄館   関連・周辺,relevance&surrounding area同志社 ハリス理化学館  関連・周辺,relevance&surrounding area同志社クラーク記念館  関連・周辺,relevance&surrounding area同志社 アーモスト館  関連・周辺,relevance&surrounding area同志社 新島遺品庫  関連・周辺,relevance&surrounding area南蛮寺の礎石(同志社大学今出川キャンパス)  関連・周辺,relevance&surrounding area尹東柱詩碑・鄭芝溶  関連・周辺,relevance&surrounding area新島襄旧邸  周辺,surrounding area相国寺   関連,relevance同志社墓地・若王子山   関連,relevance佐伯理一郎旧宅跡    
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 同志社 啓明館 〒602-0893 京都市上京区玄武町602-1,今出川通烏丸東入ル 
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光