佐伯理一郎旧宅跡 (京都市上京区)
Ruins of Saeki,Richiro Residence
佐伯理一郎旧宅跡  佐伯理一郎旧宅跡
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home




"It is more Blessed to Give than to Receive"


「受るよりも與ふるは福也(さいわいなり)」(使徒言行録、第20章35節)、「米寿記念 佐伯理一郎」と刻まれている。
 清和キリスト教会の北隣、細い小道の奥に、「受るよりも與ふるは福也(さいわいなり)」の石碑が立つ。 
 この地は、医師・佐伯理一郎旧宅跡(さえき-りいちろう-きゅうたく-あと)であり、碑に刻まれた一文は、佐伯が愛した使徒言行録、第20章35節よりの引用になる。また、一時期、この地には佐伯が開院した京都産院が置かれていた。
◆歴史年表
 近代、1886年、9月より、近代の宣教師・教育者・ディヴィス(Jerome Dean Davis、1838-1910)邸(KBS京都付近)の一部を仮校舎として、看護士・リチャーズにより仮授業の看護学が教えられていた。
 1886年、12月、同志社はデイヴィス邸に隣接する烏丸上長者町角(現在の京都ガーデンパレス北側)に、国内の寄付により2000坪弱の土地を購入した。
 1887年、11月、新島襄により京都御苑の西側(烏丸上長者町、現在のKBS京都付近)に「京都看病婦学校(実質的な校長・リチャーズ)」が開校する。付属病院の「同志社病院(院長・ベリー)」が開院した。学校の1期入学者は5人だった。建物は、アメリカン・ボード(アメリカ合衆国外国伝道委員会)など外国からの寄付により賄われた。
 1888年、京都看病婦学校の1期生4人が卒業する。
 1895年、10月、同志社(社長・小崎弘道)とアメリカン・ボードとの間で、宣教師館の管理、同志社のキリスト教理解、学校・病院の運営などをめぐり対立が生じる。
 1896年、3月、同志社は京都看病婦学校、同志社病院を廃止する方針を決定した。
 1897年、5月、佐伯は、同志社病院、京都看病婦学校の管理を一任され、それぞれ院長、校長に就任した。9月、佐伯は同志社より、宣教師、家族用の病室として使用していた建物を買い取り、「京都産院」を開院した。
 1898年、8月、佐伯は、「佐伯病院」(下京区柳馬場通綾小路下ル永原町)を開院した。
 1906年、4月、京都看病婦学校は佐伯病院に移転になる。新たに、実習病院である「京都産院」(上京区室町通中長者町)が開かれた。同志社病院は閉鎖される。同志社と学校、病院の関係はなくなる。
 1910年、京都産院は上京区清和院町に移転した。
 1924年、佐伯所有の空地に、現在の清和キリスト教会が建てられた。
 現代、1951年/1953年/1954年、京都看護婦学校が廃校になる。
 1953年、佐伯が亡くなる。
◆佐伯理一郎 江戸時代後期-近現代の産婦人科医師・佐伯理一郎(さえき-りいちろう、1862-1953)。肥後国(熊本県)生まれ。薩摩藩阿蘇神社付宮司・佐伯清次郎の長男、母・志津。1878年、県立熊本医学校に入学した。1882年、熊本医学校を卒業した。東京大学で外科、内科、眼科の指導を受けた。1884年、海軍軍医補(横須賀海軍病院)になる。各派連合祈祷会に参加し、新島襄を知る。第一基督教会で小崎弘道より洗礼を受けた。アメリカン・ボード(アメリカ合衆国外国伝道委員会)の派遣宣教医・セオダー.ギューリックらと教会の設立に関わる。1886年、井深梶之助、和田秀豊らにより横須賀日本基督一致教会(日本キリスト教会横須賀教会)が設立された。25歳の時、初の海軍省留学生として欧米に留学する。1887年、ペンシルベニア大学でウィリアム.オスラー(William Osler、1849-1919)より臨床医学を学ぶ。1888年、渡欧し、ミュンヘン大学、ライプチッヒ、ベルリン、エジンバラを歴訪し、産婦人科学などを研修した。1891年、帰国し、京都同志社病院に勤務し、京都看病婦学校で産科を講義した。1891-1926年、同志社女学校で衛生・看護法を教えた。1893年、林業家・土倉庄三郎の四女・小糸と結婚する。1894年、日清戦争に従軍し、佐世保海軍病院に勤務する。1895年、復職し、「京都産科婦人科病院」を設立し、産婆講習所を付設する。1896年、医師・ベリーの帰国後、同志社幹部と対立する。1897年、同志社より同志社病院、京都看病婦学校を一任され、院長、校長に就任した。アメリカン・ボードの補助を失い経営に苦しむ。「京都産院」を開設する。1898年、キリスト教の精神に基づく「佐伯病院」、「佐伯産婦人科病院」を柳馬場に設立する。1899年、「京都産婦人科会」を設立した。1900年、第2回関西産科婦人科学会を主宰として開催した。1905年、同志社病院は閉鎖になる。佐伯病院が新築になる。1906年、京都看病学校は一時、佐伯病院に移る。京都産院は室町上長者町下ル東側に拡張移転する。1910年、京都産院は室町上長者町下ル西側に移る。1938年、第36回日本産婦人科学会会長に就任した。1951年、京都府看病婦学校が休校した。91歳。
 看護婦、助産婦3000人を養成した。ナイチンゲールに面会したという。キリスト教指導者・内村鑑三(1861-1930)、教育者・新渡戸稲造(1862-1933)、土木工学者・広井勇(1862-1928)らと親交した。医学史に造詣深く、蔵書は「杏雨書屋(きょうう-しょおく、大阪市)」に移された。墓は大徳寺・高桐院(北区)にある。佐伯医院・佐伯ウィメンズクリニック(下京区柳馬場通綾小路下ル永原町)は存続している。
◆John Cutting Berry 近代の宣教師・眼科医・John Cutting Berry(ジョン.カッティング.ベリー、1847-1936)。アメリカ合衆国メイン州に生まれる。17歳で受洗した。ボドウィン大学を卒業した。1871年、フィラデルフィアのジェファーソン医科大学を卒業し、アメリカン・ボード(アメリカ合衆国外国伝道委員会)の宣教師になる。1872年、兵庫国際病院(神戸万国病院、神戸海星病院)の医事監督に就任した。貧民のための施療所「恵済院」を設け、日本初の慈善病院、「医師有志独立病院」(三田市)を設立した。兵庫県病院(神戸病院、神戸大学医学部附属病院)の支配頭に就任した。1873年、兵庫県病院で県初の人体解剖を行う。1877年、神戸の監獄でコレラが大流行し、監獄改良を進言しその端緒になった。1878年、岡山へ移る。1879年、岡山病院顧問、医療学校で教えた。1882年、新島襄が岡山を訪ね、医学校設立の相談をした。1883年、京都へ移り寺町の宣教師館(旧同志社ハワイ寮)に住む。1887年、同志社病院院長に就任し、付属看病婦学校の設立に参与した。1893年、日本を去り、マサチューセッツ州ウースターで開業医になる。89歳。
◆Linda Richards 近代の看護士・Linda Richards(リンダ.リチャールズ、1841-1930)。アメリカ合衆国ニューヨーク州アントワープ生まれ。1873年、米国初のボストン、ニューイングランド女性小児病院看護学校のただ一人の第1期卒で、米国最初の看護婦になる。ベルビュー病院の夜間看護監督、1年後ボストン看護学校に移る。1877年、英国のナイチンゲールに会い、その援助のもと、ロンドンの聖トマス病院などで看護教育、管理研修を積む。帰国後、「ボストン市立病院看護学校」を創設し、看護学校長・病院看護監督者になる。1886年、医療宣教師・ベリーの要請により、アメリカン・ボードの看護宣教師として来日した。デイヴィス邸で看護学を教えた。1887年、京都看病学学校の実質的な校長になる。1890年、体調不良などにより帰国する。1911年、引退した。90歳。
 生涯に13の看護学校を創立に関わる。「日米看護婦の母」と称された。
 墓はボストン近郊フォレストヒルにある。
◆同志社病院 新島襄は医学校の設立を当初より構想していた。1882年の「同志社大学設立之趣意之骨案」には「宗教並哲学」、「法学」と並び、仁術である「医学」の設置を明記している。キリスト教によるアメリカ合衆国近代医学に基づく医学教育を意図した。だが、計画は頓挫する。ベリーの助言により、医学校(予定校名・「京都民立医学校」)の設立は断念し、看病婦学校、病院の設立が決まる。資金は寄付金に頼った。当初の学校名は、「同志社看病婦学校」の予定だった。寄付金の関係により「京都看病婦学校」に変更される。1887年に開校、開院する。
 学校は正規なものとしては日本で2番目の設立になる。看病婦学校の目的は病人の苦痛を救うこと、熟練した看病人を養成すること、病人の心を慰めることなどを掲げた。建物は木造2階建だった。
 学校の授業はリチャーズ、ベリー、バックレーらが担当した。第1期入学者は5人あり、1年後に4人が卒業している。2期生に北里(不破)ユウがおり、北里は新島襄の大磯での療養に際して看病に当る。1889年-1893年、学校が最も充実していた。
 病院に、アメリカン・ボードは、女医・バックレー(S.C.Buckley)、ホルブック(M.A.Holbrooks)らを派遣した。開業より5年間で、入院患者1000人、外来患者2万人を数え、高い評判を呼ぶ。日本人医者には、大久保真次郎(1856-1914)、浜田玄達(1855-1915) 白藤(児玉)信嘉、川勝原三、堀俊造、山崎直記、近藤恒有、竹内雄四郎、川本恂蔵、そして佐伯理一郎らの名がある。
 1893年、ベリーの帰国とともに、アメリカン・ボードと同志社の間に方針の対立が生じる。アメリカン・ボード側は、病院よりの撤退を決めた。病院、学校は資金難に陥り、1897年、同志社は佐伯に病院、学校の貸与、管理を任せた。1905年、同志社は学校、病院の全面閉鎖を決議する。1906年、京都看病婦学校は「佐伯病院」(下京区柳馬場通綾小路下ル永原町)に移転になる形で存続した。新たに、実習病院の「京都産院」(上京区室町通中長者町)が開かれた。同志社病院は閉鎖される。1910年、京都産院は上京区清和院町に移転した。 1951年、京都看護婦学校はGHQ(連合軍総司令部)の看護教育改革に対応しきれずに廃校になる。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献・資料 『同志社山脈』、『京都大事典』、『京都の医学史』、『京の医学跡探訪』、『京の医学』、ウェブサイト「京都府立医科大学の看護教育開始から120年を経て~そのはじまりをみつめる~同志社病院・京都看病婦学校ではじめられた看護教育~リンダ・リチャーズの日本での活動から~」、ウェブサイト「京都看病婦学校同志社病院設立と廃止の事情」、ウェブサイト「同志社医学教育の歩み 同志社病院と京都看病婦学校」ウェブサイト「同志社大学キリスト教文化センター  新島襄の志を受け継ぐために」、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺  周辺土御門内裏跡   関連同志社墓地・若王子山      
map 佐伯理一郎旧宅跡 〒602-8003 京都市上京区清和院町,室町通上長者町下ル 清和キリスト教会の北隣
50音索引,Japanese alphabetical order  Home  top 50音索引,Japanese alphabetical order  Home  top
  ©2006- Kyotofukoh,京都風光