四之保社跡・威徳水 (京都市中京区)
The ruins of Yonnoho-yashiro Shrine
四之保社跡・威徳水  四之保社跡・威徳水
50音索引 Home 50音索引 Home

「北野天満宮七保ノ内 新長谷寺古跡」の碑


「愛宕山」の石標


 西ノ京中保(なかほ)町に、「北野天満宮七保ノ内 新長谷寺古跡」の碑が立つ。一段下がった所に井戸跡が残る。
 この地は、四之保社跡・威徳水(よんのほ やしろあと いとくすい)と呼ばれている。四之保社とは北野天満宮七保社のうち、4番目の保(神人居住地域)であったことから呼ばれた。地名の「中保町」も、七保社のうち真中の保を意味した。
◆歴史年表 平安時代、903年、菅原道真が大宰府で亡くなる。その後、随徒した人々は帰京し、右京の地に七保社を建てたという。七所の御供所が置かれ、そのうち四番目の「保」として、この地は「四之保社」と呼ばれた。当初は、神宮寺・新長谷寺が管掌し、藤原道長自作という観音像を安置した。多くの帰依者を集めた。 
 江戸時代、1740年、廃社する。新長谷寺はこの地に残された。
 近代、1873年、御供所が廃止される。
 1868年、神仏分離令後は新長谷寺が残る。その後、寺は真如堂(左京区浄土寺真如町)内に移された。
◆西京神人・保 少なくとも鎌倉時代-室町時代、西京は北野天満宮に関係し、奉仕した西京神人(北野神人)の居住区になっていた。(「勘仲記」)。右京一条-二条間に7所の御供所が設けられ、七保と呼ばれていた。(「北野誌」)
 「保」の本来の意味は、律令京師制下の行政単位だった。神社の神人(じにん/じんにん)の居住域も意味した。この地には西京神人が居住し、商業などを生業とし、神供調進も担った。西京神人は、麹造りに関わる。歴史は、少なくとも、南北朝時代、1379年まで遡る。(「北野社麹座文書」)。北野天満宮を本所として麹座を結成、課税免除、麹製造、販売独占の特権も有していた。
◆威徳水 かつて、名水とされ「威徳水」があった。井水には、椿の大木があり「椿の水」とも呼ばれた。病気平癒のご利益があり、人々の信仰を集める。近年まで湧水があったという。
 井戸跡の傍らに地蔵尊が祀られている。付近より出土したものという。
 付近は西に張り出した「御土居の袖」内に含まれている。このため「洛中」になる。一説に、良質な威徳水があったため、土塁内に取り込まれたともいわれている。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 説明板、『京都大事典』『京都まちかど遺産めぐり』『京都市の地名』


  関連・周辺北野天満宮       関連・周辺一ノ保社(旧安楽寺天満宮)       関連・周辺御土居の袖       周辺      関連真如堂(真正極楽寺)     

地蔵尊

威徳水跡
平安京オーバレイマップ
北野天満宮七保ノ内 新長谷寺古跡 〒604-8461 京都市中京区西ノ京中保町 妙心寺道
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光