白河北殿跡・保元の乱跡 (京都市左京区)
The ruins of Shirakawakita-dono(Palace)
白河北殿跡・保元の乱跡 白河北殿跡・保元の乱跡 
  Home   Home

「此附近 白河北殿址」の石標



*番号は皇位継承の順番


保元の乱の対立関係  
天皇家 摂関家 平氏 源氏
後白河天皇
(弟)
藤原忠通
(兄)
平清盛
(甥)
源義朝
(兄)
崇徳天皇
(兄) 
藤原忠実
(父)
藤原頼長
(弟)
平忠正
(叔父)
源為義
(父)
源為朝
(弟)
*上下表が互いの関係であり、上下の表間は相互に対立関係にある。
 京都大学熊野寮敷地の北西角、楠の大木の根元に「此附近 白河北殿址」の石標が立つ。
 平安時代、この付近には崇徳上皇の宮殿・白河北殿があった。現在の熊野神社の西辺、丸太町通を挟んだ南北一帯になる。
 平安時代、皇位継承を巡る内乱だった保元の乱(ほげんのらん)の舞台になった。 
◆歴史年表 平安時代、1118年、白河法皇(第72代)は、院御所白河北殿を建立した。大炊御門末に南門が開いていた。7月、法皇は移る。
 1129年、拡張される。7月、法皇が亡くなる。
 1144年、5月、焼失している。10月、鳥羽法皇(第74代)が移る。
 上西門院(1126-1189)の御所となる。
 平清盛の父・忠盛(1096‐1153)が再興する。その功により、従四位に叙された。
 1156年、7月9日夜、崇徳上皇(第75代)は少数の側近とともに鳥羽田中殿を脱し、院御所・白河北殿に入る。
 7月10日、夜半、藤原頼長が宇治から白河北殿に入る。藤原教長、藤原盛憲と経憲の兄弟、武士・平家弘、源為国、源為義、平忠正、源頼憲などが北殿に集結する。崇徳方は1000騎になる。
 7月11日、夕刻、後白河方の平清盛、源義朝、源義康の600騎は、里内裏の高松殿、接収した隣接する東三条院より白河北殿を攻める。崇徳方との戦闘が始まる。後白河方の清盛軍は一時撤退する。軍勢を加え、北殿西隣にあった藤原家成邸に火を放つ。白河北殿に類焼し、崇徳方は総崩れになる。崇徳上皇は北殿を脱し敗北する。
 7月13日、逃げていた崇徳上皇は仁和寺に出頭した。同母弟・覚性法親王に取り成しを依頼する。覚性が断ったため、上皇は寛遍法務旧房に移り、源重成の監視下に置かれた。
 1164年以後、崇徳上皇没後、白河上皇は、白河北殿跡地のこの付近に、崇徳上皇の霊を鎮めるために粟田宮を建立したという。
◆白河天皇 平安時代の第72代・白河天皇(しらかわ てんのう、1053-1129)。第71代・後三条天皇の第1皇子、母は中納言・藤原公成の娘・茂子。1072年、20歳で即位した。1075年、法勝寺の創建に着手する。父の遺言に背き、1086年、8歳の子・善仁(たるひと)親王(第73代・堀河天皇)に譲位後、自らは白河院として院政を行った。1087年、別業の鳥羽殿(南殿)を建立する。1107年、5歳の孫・第74代・鳥羽天皇を即位させ、1123年、曾孫・第75代・崇徳天皇を即位させ、3代にわたり43年間の強権的な執政を行う。院領荘園の主であり、天皇家・院宮家の頂点にあり「治天の君(ちてんのきみ)」といわれた。院御所は主に六条院とした。200か所以上の倉を有し、1077年、六勝寺の初めである法勝寺、1095年頃、白河に白河殿を建立した。熊野参詣は9度行う。延暦寺衆徒の嗷訴(強訴)に苦慮し、源平の武士を登用しその台頭を促す。
 西三条殿内裏で亡くなる。衣笠山山麓で荼毘に付され、香隆寺に埋葬される。その後、1131年、成菩提院(成菩提院陵)に改葬された。
◆上西門院 平安時代の皇族・上西門院(じょうさい もんいん、1126-1189)。統子(むねこ)内親王。第74代・鳥羽天皇と待賢門院の5子。絶世の美女と謳われ歌壇を築いた。1127年、2歳で賀茂斎院に卜定される。だが、7歳で病により退下した。1158年、後白河天皇准母として皇后宮となる。母を偲び法金剛院に入寺する。1159年、女院(上西門院)となる。1160年、法金剛院で出家し、真如理と称した。東御堂(丈六阿弥陀堂)を建立、没後、その遺言により三昧堂下(現在の五位山中腹、花園西陵)に葬られた。
崇徳天皇 平安時代後期の第75代・崇徳天皇(すとく てんのう、1119-1164)。顕仁(あきひと)。第74代・鳥羽天皇の第1皇子に生まれた。母は藤原 璋子(ふじわら の しょうし/たまこ、待賢門院)。1123年、院政を敷いた曾祖父・第72代・白河法皇の意により、5歳で皇位を継承した。1129年、白河法皇没後、同じく院政を敷いた父・鳥羽上皇と対立した。1141年、異母弟・体仁(なりひと)親王(第76代・近衛天皇)が3歳で皇位継承する。1155年、近衛天皇が急逝後、崇徳上皇は子・重仁(しげひと)親王の即位を望む。だが、雅仁(まさひと)親王(第77代・後白河天皇)の即位となり、その子・守仁(もりひと)親王(第78代・二条天皇)が立太子となる。
 1156年、崇徳上皇は鳥羽法皇没後、左大臣・藤原頼長らと挙兵する。この保元の乱に敗れ、讃岐国に配流、その地で没した。死後、その怨霊が恐れられた。没後の1177年、崇徳院の諡号(しごう)を贈られている。保元の乱戦場跡には粟田宮が建立された。
◆後白河天皇  平安時代後期の第77代・後白河天皇(ごしらかわ てんのう、1127-1192)。第74代・鳥羽天皇の第4皇子。1155年、異母弟の第76代・近衛天皇の死により即位する。1156年、保元の乱、1159年、平治の乱後、源平対立の中で王力を維持した。1158年、第78代・二条天皇に譲位し、六条、高倉、安徳、後鳥羽天皇の5代の歴代天皇に対して30年に渡り院政を敷く。1169年、出家する。1170年、東大寺で改めて受戒した。1179年、平清盛の謀反により、院政を止め鳥羽殿に幽閉の身となる。1181年、高倉上皇没後、院政を再開する。1183年、法住寺合戦では、木曾義仲が法住寺殿を襲撃し、後白河法皇と後鳥羽天皇は幽閉されている。『梁塵秘抄口伝集』(1169)を撰した。没後、法住寺法華堂に葬られる。
◆藤原頼長 平安時代後期の公卿・藤原頼長(ふじわら の よりなが、1120-1156)。関白・藤原忠実と土佐守・藤原盛実の娘の子。兄忠通の養子。1136年、鳥羽院庁別当・内大臣、1149年、左大臣。養女多子(義兄藤原公能の娘)を近衛天皇に入内させた。1140年、氏長者、1151年、内覧と昇る。1155年、近衛天皇を呪咀死させたとして失脚、宇治に籠居した。1156年、源為義らと保元の乱で挙兵、負傷し奈良に逃れ没した。書籍収集し、朝儀典礼に長けた。日記『台記』を著す。1177年、その没後に太政大臣位を贈られる。宇治左大臣、悪左府と称せられた。
◆白河北殿 白河上皇(1053-1129)は、1095年頃、院御所の白河殿を建立した。南殿(泉殿、南本御所)と北殿(北新御所)があり、南殿は現在の岡崎公園一帯を占めていた。
 北殿は南殿の北にあり、現在の熊野神社付近(南は大炊御門<竹屋町通>末、北は春日小路<丸太町通>内)に位置していた。
◆保元の乱までの動き 保元の乱は、皇位継承争いに摂関家の内紛が絡んでいる。それぞれの父子、兄弟、親類間の複雑な愛憎が根底にある。
 第74代・鳥羽天皇の第1皇子である顕仁親王(崇徳天皇)は、実際には、鳥羽天皇の父・後白河法皇(第72代)と鳥羽天皇の皇后・藤原璋子(待賢門院)と間に生まれた。白河法皇は、璋子が鳥羽天皇と婚姻する前から寵愛した。鳥羽天皇は、顕仁親王を「叔父子」と呼び憎悪した。
 1123年、院政を敷いた曾祖父・白河法皇の意により、顕仁親王は5歳で皇位を継承し崇徳天皇となる。1129年、白河法皇の没後、鳥羽上皇と崇徳天皇は顕在化する。
 1141年、鳥羽上皇と寵愛した藤原得子(美福門院)との間に生まれた、崇徳天皇の異母弟になる体仁(なりひと)親王(第76代・近衛天皇)が3歳で皇位継承した。これにより、崇徳上皇の院政の道を閉ざされる。1155年、近衛天皇の急逝後、崇徳上皇はわが子・重仁(しげひと)親王の即位を望む。だが、鳥羽上皇と藤原璋子の間の子・雅仁(まさひと)親王(第77代・後白河天皇)が即位し、その子・守仁(もりひと)親王(第78代・二条天皇)が立太子となる。関白・藤原忠通は、父・忠実、弟・頼長と対立しており、美福門院に取り入り後白河天皇の擁立に動いた。
 1120年、関白・藤原忠実は娘・泰子を鳥羽上皇の后にすることを拒み、罷免される。子・忠通が代わりに関白に任じられる。忠実は、1150年、摂政・忠通より氏長者の地位を奪い、代わりに摂政に忠通の弟・頼長を据えた。以後、忠通と頼長の兄弟対立が激化する。近衛天皇入内では、頼長は妻の姪・養女の多子(たし)、忠通は美福門院と繋がり、養女・呈子(ていし)を押し上げ巻き返した。このため、多子は皇后に、呈子は中宮になり「一帝二后」と化した。藤原の氏長者・頼長の面目は潰れたため、父・忠実は怒り、子・忠通を義絶した。
◆保元の乱 1156年、7月2日、鳥羽上皇は安楽寿院御所で亡くなる。崇徳上皇は、見舞いをするが側近により面会を断たれた。後白河方は鳥羽殿に、美福門院、忠通、平盛兼らが集う。高松殿には源義朝らを集めた。7月9日、崇徳上皇は、少数の側近とともに鳥羽田中殿を脱し、院御所・白河北殿に入る。頼長、平忠正がこれに合流する。
 7月10日、夜半、崇徳方の藤原頼長が宇治から白河北殿に入る。藤原教長、藤原盛憲と経憲の兄弟、武士・平家弘、源為国、源為義、平忠正、源頼憲などが北殿に集結する。
 7月11日、後白河上皇は出撃の命を下す。夕刻、それまで卑劣とされた夜襲攻撃が始まる。後白河方の平清盛、源義朝、源義康の軍600騎は、高松殿より白河北殿を攻める。崇徳方との戦闘が開始する。崇徳方の為朝が奮戦し、後白河方の清盛軍は一時撤退するが、軍勢を加え、北殿西隣にあった藤原家成邸に火を放つ。火は白河北殿に類焼し、崇徳方は総崩れになる。崇徳上皇は北殿を脱し敗北する。南都興福寺の悪僧による崇徳方への支援は間に合わなかった。崇徳方の頼長は顎に矢を受けて負傷し、嵐山方面に逃れた。さらに、父・忠実を頼り大和へ向かうが断られる。その途中、7月14日に木津川で惨死した。
 7月13日、逃げていた崇徳上皇は仁和寺に出頭した。同母弟・覚性法親王に取り成しを依頼する。だが、覚性がこれを断り、崇徳上皇は寛遍法務旧房に移り、源重成の監視下に置かれた。7月23日、崇徳上皇は讃岐国への配流が命じられた。1164年、上皇はその地で没した。死後、その怨霊が恐れられたため、1177年、崇徳院の諡号(しごう)を贈られている。1164年以後、白河上皇は、白河北殿跡地のこの付近に、崇徳上皇の霊を鎮めるために粟田宮を建立したという。以後、武士が政界に台頭する契機になり、700年間も続く。
◆まつわる塚・地蔵 平安時代、1164年以後、崇徳上皇の没後、白河北殿の旧地に崇徳上皇の霊を祀る粟田宮が建立される。後に粟田宮は現在地の北東、左京区聖護院川原町(現在の京都大学付属病院付近)に移転したという。室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)により荒廃した。なお、かつて京大医学部構内に「崇徳塚」といわれる塚が存在していたという。
 現在、聖護院塔頭・積善院境内の西北に、崇徳院地蔵堂が祀られている。かつて、聖護院の森の西北(京都大学病院付近)にあった石像が境内に遷されたものという。別名を「人喰い地蔵」といい、崇徳院(すとくいん)が「ひとくい」と転訛し、「人食い地蔵」といわれるようになったともいう。崇徳院が非業の死を遂げた後、京都では天変地異の災厄が続き、崇徳上皇の怨霊による祟りと恐れられた。その霊を鎮めるために、庶民たちにより祀られたものという。
 白河北殿の東、現在の京都大学熊野寮の東南角には、「桜塚」と呼ばれる塚があったという。宇治悪左府頼長(藤原頼長)の社旧地といわれた。(『拾遺都名所図会』巻2)。かつては「左府(さふ)塚」と呼ばれた。左府とは左大臣の唐名であり、転訛し、「桜塚(さくらづか)」となったともいう。近代、1888年、この地に第一絹糸紡績会社が創設され、工場に塚が取り込まれた。1902年、合同し絹糸紡績会社となる。1911年、鐘淵紡績に合併される。1907年、工場増築により塚を発掘した際に、塚の下に石棺らしきものが発見されたという。五輪塔は相国寺墓地に遷され、脇に経緯を記した副碑を立てた。現在、相国寺総墓地内に、「頼長の墓(首塚)」という五輪塔、副碑が立っている。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『洛中洛外』『続・京都史跡事典』『京都大事典』『京都時代MAP 平安京編』



  関連・周辺積善院〔聖護院〕      周辺         関連高松神明神社・高松殿跡      関連東三条殿跡      関連崇徳天皇御廟       関連源為義の墓      関連相国寺        関連安楽寿院・鳥羽離宮跡      関連白峯神宮     
平安京オーバレイマップ
 白河北殿跡  京都市左京区丸太町通東大路西入南側、京都大学熊野寮敷地北西角 
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光