賀茂大橋 (京都市上京区-左京区) 
Kamo-ohashi Bridge
賀茂大橋  賀茂大橋
 Home  Home



賀茂大橋からの北の眺望、左は賀茂川と出町橋、右は高野川と御蔭橋。出町橋は葵祭の祭列が渡って下鴨神社へ向かう橋。奥は北山、中央は葵公園・糺の森、この森の中に下鴨神社、河合神社などがある。この三角州地点で二川は合流し、「賀茂川」が「鴨川」になる。ただ、公的にはすべて「鴨川」で統一されている。



北東方向、鴨川高野川の先に見える山は比叡山






光虹


京都市登録史跡・大原口の道標、賀茂大橋の西、寺町今出川交差点北東、碑は1868年建立。ここ大原口が若狭街道の出入り口に当たっていた。


『京都の地名検証』より参照『京都
 今出川通に架かる賀茂大橋(かもおおはし)は、西からの鴨川と東からの高野川の合流点、三角州・糺の森のすぐ下流に位置している。橋の上からは、北には北山、西に比叡山、大文字山、東山の峰などを一望することができる。
 橋の東にある大文字山は、「山当て」といわれる景観手法が用いられている。これは視線の先に山がくるように、通りの方向を定めた古来からの都市計画の一つになる。
◆歴史年表 江戸時代、1654年、『新版平安城東西南北町井洛外之図』には、大原口(賀茂大橋)の記載がある。
 近代、木橋が架かり、「出町橋」、「今出川橋」とも呼ばれていたという。
 1933年、現在の橋が架けられる。
 現代、1981年より、夜間に欄干の14基の石灯籠(ナトリウム灯)に灯りが入る。  
◆賀茂大橋
 現在の賀茂大橋の架設年は1933年になる。橋種は8径間ゲルバー鋼プレートガーターであり、流水部の中央の4径間はゲルバー式鋼板桁、両端の2径間は、単純桁が組み合わされている。石灯篭の高欄などの一部は石造りになっている。石燈籠の欄干は全部で14基あり、1981年からナトリウム灯が点灯されている。
 橋長は鴨川に架かる橋の中で最長の141.4m。橋の幅は22mある。
◆大原口 大正期以前、河原町通が拡張工事されるまでは、寺町今出川の大原口付近のことを出町といった。また、今出川口、出町口とも呼ばれた。江戸時代、この旧出町の通りの東は行き止まりで、一度北へ上がり、さらに東へ入って鴨川に出ていた。現在の賀茂大橋の位置には橋は架けられておらず、架橋されたのは1931年になってからのことだった。
 旧出町(大原口)は、近江、若狭へ向かう「京の七口」の一つで、若狭小浜に至る若狭街道(大原道、大原朽木越、途中越、竜華越、魚街道、鯖街道)の起点になっていた。
◆市電 橋にはかつて、市電が通じていた。1912年、京都市電気軌道事務所は、市電の烏丸線、千本・大宮線、四条線、丸太町線を開業している。1931年、今出川線が延長され、河原町今出川、賀茂大橋、百万扁が結ばれた。だが、今出川線(銀閣寺道-北野白梅町)は、1976年に廃止された。
◆鴨川公園 周辺には、鴨川公園(葵公園)、下鴨神社・糺の森などの都市の中の豊かな自然がある。橋のすぐ上流には、「飛び石」が設けられている。これらの石は、鴨川の川底の安定のためのもので、護床工事に付随して設置された。
 一帯は比較的に景観が確保され、親水公園として、鴨川の象徴的な場所となっている。また、市民の様々な催しの広場としても機能している。
◆今出川 かつて、今出川(河)という小川が流れていた。このため、通り名も今出川通と称されるようになる。それ以前の通り名は、古くは北小路と呼ばれた。
 今出川とは、雲ヶ畑の中津川とつながり、「今出てきた川」といわれたことによるともいう。ただ、現実には中津川は鴨川に合流している。
 今出川は、鴨川から取水し、一条の北二町、堀川の東を北から流れ下り、京極通(寺町通)、六条付近(現在の五条橋付近)で鴨川に合流していた。途中、中河(中川)、京極川と名を変えた。(『山州名跡志』)
 京極川は、平安京の東端にあり、南北に流れ下っていた。川幅は4丈あり、堀川と同じだった。鎌倉時代、この京極川と上流部の東洞院川を結び今出川が生まれた。
 中河は平安時代以降に生まれている。東河(鴨川)と西河(桂川)の間にあることから中河とされた。近世には、松原橋の下で高瀬川に合流していた。また、藍染川に分流していた。
 中河沿い東、鴨川にまで及ぶ広大な法成寺、西には藤原定家、紫式部の曽祖父・藤原兼輔(堤中納言)の屋敷などが建ち並んでいた。ここで『源氏物語』も執筆されている。なお、兼輔が堤中納言といわれたのも、庭には川から水が引かれていたためという。
 この中河と鴨川の間、現在の御所の東付近に、『蜻蛉日記』の道綱母も住んだ。室町時代、足利義視の今出川第(今出川殿)があった。
 今出川は、市電の開通とともに暗渠化(1917)されている。
◆送り火 
五山の送り火(8月16日)の際には、「大」、「法」を橋上から見ることができる。以前は、「船形」も見えたという。
◆映画 
現代劇映画「男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋」(監督・山田洋次、第29作、1982年、松竹)では、三角州で寅(渥美清)が露天を開く場面がある。鴨川畔で陶芸家の老人(13世・片岡仁左衛門)に出会う。葵祭も紹介されている。
 鴨川合流点付近で、現代劇映画「お引越し」(監督・相米慎二、1993年、讀賣テレビ放送)が撮影された。

 

*参考文献 『京の鴨川と橋 その歴史と生活』『京の橋ものがたり』『京をわたる 橋がつなぐ人と暮らし』『京都水ものがたり 平安京一二〇〇年を歩く』『シネマの京都をたどる』『京都シネマップ 映画ロマン紀行』『京都の地名検証』


   出町橋     下鴨神社    鴨川公園(葵公園)     荒神橋    京都御苑・京都御所     中原中也の下宿        

石燈籠


千鳥形の飛び石



朝焼けの中の白い大文字

【参照】かつて市内を走っていた市電

より大きな地図で 鴨川の橋 を表示
 賀茂大橋 京都市左京区田中下柳町付近
 Home    Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光