河合神社 (京都市左京区) 
Kawai-jinja Shrine
河合神社  河合神社
  Home   Home
























 下鴨神社、糺の森の南西に、下鴨神社第一摂社・河合神社(かわい じんじゃ)がある。正式には「小社宅(おこそべ)神社」、「鴨川合坐小社宅神社(かものかわあいにますおこそやけ/かものただすにいますおこそべ)」ともいう。かつては「川合社(河合社、ただすのやしろ)」、「只洲(ただす)社」、「糺の宮」とも呼ばれた。
 『方丈記』を著した鴨長明ゆかりの社としても知られ、境内には方丈が再現され、史資料も展示されている。
 祭神は、玉依姫命(たまよりひめのみこと、多多須玉依姫命、玉衣日姫命、玉依日売命)を祀る。賀茂別雷神(かもわけいかずちのみこと)の母であり、鴨一族の祖先を祀る社になる。
 式内社。平安時代、『延喜式神名式(延喜式神名帳)』(927)中「愛宕郡 二十一座 大八座 小十三座」の「鴨川合坐小社宅神社」に比定されている。 
 女性守護神、日本第一美麗神として崇敬篤い。御朱印が授けられる。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代、792年、『延喜式』に「鴨川合(かものかはあひに)坐小社宅神社」とある。
 858年、「鴨川合神」は従五位下を授けられた。(『文徳実録』同年の条)。文献初例になる。
 859年、従五位上を授けられた。(『三代実録』同年の条)
 1017年、正ニ位を授けられた。(『小右記』)
 1112年、川合社の廻廊などを焼失した。(『中右記』同年条)
 中世(鎌倉時代-室町時代)、鴨川と高野川の合流点にあることから、男女の仲を守る神としての霊験があるとされた。
 南北朝時代、1396年、神殿、鳥居が焼失する。(『荒暦』)
 江戸時代、1631年、式年遷宮が行われる。
 1679年、式年遷宮により造営され現在の社殿となる。(『下上賀茂正遷宮私記』)
 1711年、式年遷宮が行われる。(『山城寺社方間数御修復所之事』)
 1741年、式年遷宮が行われた。
 近代、1887年、賀茂御祖神社(下鴨神社)の第一摂社となる。
◆鴨長明 平安時代後期-鎌倉初期の歌人・随筆家・鴨長明(かも の ちょうめい/ながあきら、1155-1216)。父・賀茂御祖神社(下鴨神社)の神職・長継(ながつぐ)の次男。7歳で従五位下に叙される。琵琶は楽所預(がくしょのあずかり)・中原有安(筑州)に学び、桂流を修めた。和歌は勝命、後に六条源家の俊恵に師事した。第78代・二条天皇中宮・高松女院の北面の武士となる。祖父・季継の妻の家を継ぎ、菊太夫と称した。1173年、18歳-19歳頃、河合社の正禰宜惣官の父を亡くし、後鳥羽上皇(第82代)の推薦を得ていたにもかかわらず、一族の実力者・鴨祐兼の反対により禰宜職に就けなかった。妻子と別れる。以後、芸道に精進した。1181年頃、『鴨長明集』を編む。1185年頃、30歳頃に家を出て庵を結ぶ。1186年-1187年、紀行『伊勢記』を著す。1200年、後鳥羽院第二度百首の歌人に選ばれた。1201年、『新古今集』編纂のための和歌所寄人(地下)となる。1204年、50歳で出家し、当初は洛北大原(大原山)に隠棲し蓮胤(れんいん)と号した。1211年、洛南日野外山の地に移り草庵を結んだ。飛鳥井雅経の推挙により鎌倉に下向、将軍・源実朝に面会する。和歌師範は実現しなかった。日野に戻り、1212年、『方丈記』を著す。仏教説話集『発心(ほっしん)集』、歌論書『無名抄』、「千載集」「新古今集」に入集。方丈の庵で亡くなったという。
◆河合神社創建伝承 かつては、秦氏の祀る神だったともいう。鴨氏の進出により、鴨氏は秦氏の婿となる。祭りを譲られ禰宜(ねぎ)として代々祭礼を司り、同氏の奉祭になったともいう。(「年中行事秘抄」)
 正式名の小社宅(おこそべ)神社とは、社戸(こそべ)の意味であり、社家屋敷神を表した。鴨県主(かものあがたぬし)の宗家・泉亭氏の邸宅内に祀られたのを始まりとするともいう。
◆賀茂伝説 玉依姫命は、鴨氏の祖神・賀茂別雷神(かもわけいかずちのみこと)の母になる。
 賀茂伝説では、貴布祢神の本殿から流れ出る貴布祢川を水源とした、瀬見の小川(石川の清川、鴨川)で、丹塗(にぬり)の矢が流れ着いたのを見つける。床の傍らに差しておくと身籠り、男児・賀茂別雷神を産む。成人を祝う神集いの際に、祖父・賀茂建角身命が「汝の父と思う人にこの酒を飲ませよ」と言うと、賀茂別雷神は、甍(いらか)を破り昇天した。丹塗りの矢は、乙訓の火雷命(ほのいかずちのみこと)だった。父が天上の雷神であることわかり、賀茂別雷神と名づけられた。
◆ただす この地は、糺森(ただすのもり)と呼ばれている。語源は「只洲(ただす)」という。「直澄(ただす)」とも記された。賀茂川と高野川が合流する三角州であり、「河合(かあい)森」とも呼ばれた。また、神が顕(たつ、ただす)地、偽りを糺(ただす)神の御座する森、植物の蓼(たで)巣の群生地との説もある。
 社の北には、鎌倉時代、第88代・嵯峨天皇の勅願寺として建立された鴨社の神宮寺跡、新糺池の跡がある。一帯は景勝地として知られており、「鴨の七瀬」として、鴨川、宮川(楢の川)、羽川(高野川)、瀬見の川、月輪川、御手洗川、泉河の名が挙げられる。(「烏邑縣纂書」)
◆建築 境内の南に、東西二つに鳥居が建てられている。
 四脚門をくぐると、拝殿、弊殿とそれを囲む玉垣があり、西端に御料屋(ごりょうや)が繋がる。弊殿の北に繋がる祝詞屋(にのっとや)、その奥(北)に本殿が続いている。
 本殿は、江戸時代、1679年の式年遷宮の際に建て替えられた。三間社流造。切妻造の正面軒が長い流造。高床式造、亀腹基壇の上に井桁を組む。廊下の橋掛りをつける。下鴨神社本宮とほぼ同じ形式、規模を持つ。
 玉垣内の西に貴布祢社(きふねしゃ)、その西に任部社(とべしゃ)が建つ。
 門の南に、三井社が祀られている。
◆方丈記・方丈の庵 当社には、神社と関わり深かった鴨長明が、『方丈記』を執筆した「栖」(すみか)が再現されている。広さは一丈(約3m)四方あり「方丈」の名がある。ただ、長明が「方丈」に住したのはこの地ではなく、大原野、日野だった。『方丈記』の冒頭には、「行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。世の中にある人とすみかと、またかくの如し。‥」とある。川は、鴨川を表わしている。
 長明は、1173年18歳-19歳頃、それまで後ろ盾になっていた河合社の正禰宜惣官の父を失う。後鳥羽院は当初、河合社禰宜に長明を推した。また、別の社を官社に昇格させ禰宜職に就けようとした。だが、同族の惣官・祐乗は後鳥羽院に奏し、河合社禰宜職を自らの子・祐頼とした。また、長明は琵琶の秘曲とされていた「啄木」を師の伝授以前に弾いたとして、楽所預・藤原孝道が後鳥羽院に奏した。長明はその責を取るということも重なる。1204年、50歳で出家し、洛北大原を経て、1211年、日野に草庵を結んだ。
 『方丈記』は、中世の隠遁者文学の祖とされている。長明は、都で相次いだ災禍、1177年の安元の大火、1180年の治承の辻風と福原遷都の失政、1181年の養和の飢饉、1185年の元暦の大地震など天災、人災について漢字交じり片仮名文により記述した。見聞、体験、実感を交え、視覚的な描写がなされている。無常観が底流にあり、後半では自身の日常について語る。これらが、住居という視点を介して述べられ、世を否定するとともに、仏教もまた否定した。
 庵は、山の中腹に建てられた。谷には木が茂り、西方は見晴らしがきいた。庵は一丈(3m)四方、高さは七尺(2m)もなく、四畳半一間ほどの広さしかなかった。土台に、簡単な屋根が葺かれ、東に3尺(90cm)の庇があり、南に竹の縁側が付けられていた。材の継ぎ目には掛け金を使い、容易に解体、移動できるようになっていた。
 庵の東にある庇の下では炊事をした。薪は周囲の山で調達した。南に懸樋があり、水を溜めたという。東の端に、蕨(わらび)の穂(ほどろ)を敷いて寝床にした。南側に竹の簀の子を敷き、西に閼伽棚(あかだな)があった。阿弥陀、普賢菩薩の絵像が掛けられ、法華経が置かれていた。南西には竹のつり棚、皮製の葛籠(つづら)には『往生要集』、和歌の書なども入れられていた。傍に折琴、継琵琶が立てかけられていた。
◆任部社 玉垣内の任部社(とうべのやしろ)は、八咫烏命(やたからすのみこと)を祀る。賀茂建角身命の化身。食物を司る神になる。
 小鳥社(こがらすしゃ)が合祀されている。サッカー必勝祈願の社であり、1931年に日本サッカー協会が八咫烏命をシンボルとしたことによる。祭日は11月15日。 
◆樹木 境内にイチョウの大木、オガタマノキ、カリンがある。「かりん美人水」が売られている。


*年間行事・は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都市の地名』『京都大事典』『洛東探訪』『京の思想家散歩』『京都 神社と寺院の森』『京都の隠れた御朱印ブック』

   
  下鴨神社       三井社      鴨川公園       上賀茂神社      方丈石(鴨長明)         

【参照】フタバアオイの花、葉

拝殿

拝所

本殿、祭神は多多須玉依姫命

本殿


本殿


摂社・貴布禰(きふね)神社、祭神は高おか神(たかおかみのかみ)、水の神、平安時代、1161年にすでに記されている。

末社・任部社(とうべのやしろ)、祭神は八咫烏命(やたがらすのみこと)

六社(むつのやしろ/ろくしゃ)、 鎌倉時代の「鴨社古圖」(1201)には、御垣内にそれぞれ祀られていた。江戸時代の式年遷宮以来、一棟となった。衣食住の守護神。
 右から諏訪(すは/すわ)社・祭神は建御方神(たけみなかたのかみ)。

 衢(みち/ちまた)社・祭神は八衢毘古神(やちまたひこのかみ)、八衢毘賣神(やちまたひめのかみ)。
 稲荷社・祭神は宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)。
 竈神社(竈神)・祭神は奥津日子神(おくつひこのかみ)、奥津比賣神(おくつひめのかみ)。
 印社・祭神は霊璽(れいじ)。
 由木社・祭神は少彦名神(すくなひこなのかみ)。薬の神。


鏡絵馬、化粧した手鏡形の絵馬、絵馬の顔に化粧を施し裏に願いごとを書く。祭神の玉依姫命(たまよりひめ)に因み美人祈願の功徳があるという。自分の化粧品で絵馬にメイクし、祭壇前にある鏡に自らの姿を写し、祈願する。

イチョウの大木


鴨長明木像

「方丈記」大福光寺本

再現された「方丈の庵」

「方丈の庵」

方丈内部

方丈内部

「方丈の庵の復元模型、京都アスニー

「方丈の庵」の移動用荷車の復元模型、京都アスニー

【参照】鴨長明、「鴨長明入道蓮胤日野山居之図」

糺の森

糺の森
 河合神社 〒606-0807 京都市左京区下鴨泉川町  075-781-0010  6:30-17:00
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光