鴨長明の方丈の庵跡(方丈石) (京都市伏見区)
The ruins of the hermitage of Kamo no, Chomei (Hojoseki)
鴨長明の方丈の庵跡(方丈石)  鴨長明の方丈の庵跡(方丈石)
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

石碑が立てられている。
 「岩間を伝ひ、草を分けて上る事三町ばかり」の地にあったという。



手前は土台となったとされる大岩。ただ、実際の庵は、これらの岩盤上ではなく、土の上に置かれた木組みの土居上に上屋が建てられたとみられている。
 「今さびしき住まひ、一間の庵、みづからこれを愛す」


大岩の下の部分


岩の傍に流れる谷川


峠に至る山道


山の中腹からの西の視界、いまは山科の市街地が樹の間にかすかに見える。京都市内は奥の山に遮られここからは望むことはできない。


【参照】鴨長明、「鴨長明入道蓮胤日野山居之図」より



【参照】河合神社(左京区)にある復元された方丈庵。広さは方丈、高さは7尺、敷地を定めず、土居(木組みの枠の土台)に屋根を葺いた。


【参照】囲炉裏と机の上の法華経、河合神社


【参照】河合神社


【参照】閼伽棚、河合神社


【参照】方丈庵復元模型(京都市平安京創生館、展示模型より)


【参照】方丈庵の移動用の荷車復元模型(京都市平安京創生館、展示模型より)
 日野より南東に供水峠(こうすいとうげ)を越え、上炭山へ抜ける急な山道が続く。森の中、谷川の傍らに「長明方丈石(かもの-ちょうめい-ほうじょうせき)」といわれる岩盤が露呈している。
 平安時代後期-鎌倉初期の歌人・随筆家の鴨長明は、この地に方一丈(3m四方)の庵を結び、随筆『方丈記』(1212年)を書いたとされる。日野山の奥にあったという庵は、江戸時代の好事家により現在地に比定された。今は、庵の土台だったという方丈石と碑のみが立てられている。
 庵跡については異説もあり、日野後方の雑木林南端、平尾山との間の谷川に沿った付近とする説もある。
◆歴史年表 鎌倉時代、1211年、鴨長明は、洛南日野の現在地に草庵を結び隠遁したという。
 1212年、長明は『方丈記』を著す。
 室町時代、1526年、連歌師・宗長は、法界寺(日野七仏薬師)、鴨長明閑居旧跡、重衡の墓などを訪ねている。(『宗長日記』)
 江戸時代、1771年、「長明方丈石」が立てられる。
◆鴨長明 平安時代後期-鎌倉時代前期の歌人・随筆家・鴨長明(かもの-ちょうめい/ながあきら、1155-1216)。通称は菊大夫(きくだいぶ)、南大夫、法名は蓮胤(れんいん)。父・賀茂御祖神社(下鴨神社)の神職・長継(ながつぐ)の次男。7歳で従五位下に叙される。琵琶は楽所預(がくしょのあずかり)・中原有安(筑州)に学び、桂流を修めた。和歌は勝命、後に六条源家の俊恵に師事し、結社「歌林苑」に加わる。第78代・二条天皇中宮・高松女院の北面の武士になる。祖父・季継の妻の家を継ぎ、菊太夫と称した。1173年、18歳-19歳頃、河合社の正禰宜惣官の父を亡くし、後鳥羽上皇(第82代)の推薦を得ていたにもかかわらず、一族の実力者・鴨祐兼(すけかね) の反対により禰宜職に就けなかった。妻子と別れる。以後、芸道に精進した。1181年頃、『鴨長明集』を編む。1185年頃、30歳頃に家を出て庵を結ぶ。1186年-1187年、紀行『伊勢記』を著す。1200年、後鳥羽院第二度百首の歌人に選ばれた。1201年、『新古今集』編纂のための和歌所寄人(地下)になる。藤原定家、藤原家隆とも交じる。1204年、50歳で出家し、当初は洛北大原(大原山)に隠棲し、蓮胤(れんいん)と号した。1211年、洛南日野外山の地に移り草庵を結んだ。飛鳥井雅経の推挙により鎌倉に下向し、将軍・源実朝に面会する。和歌師範は実現しなかった。日野に戻り、1212年、『方丈記』を著す。仏教説話集『発心(ほっしん)集』、歌論書『無名抄』、『千載集』『新古今集』に入集。方丈の庵で亡くなったという。62歳。
◆方丈記 長明は、平安時代後期、1173年、18歳-19歳頃、それまで後ろ盾になっていた河合社の正禰宜惣官の父を失う。後鳥羽院は当初、河合社禰宜に長明を推した。また、別の社を官社に昇格させ禰宜職に就けようとした。だが、同族の惣官・祐乗(すけかね)は後鳥羽院に奏し、河合社禰宜職を自らの子・祐頼(すけより)とした。また、長明は琵琶の秘曲とされていた「啄木」を師の伝授以前に弾いたとして、楽所預・藤原孝道は後鳥羽院に奏した。長明はその責を取るということも重なる。長明は、一族と後鳥羽院に対する不信を鬱積させた。1204年、50歳で出家し、洛北大原を経て、1211年、日野に草庵を結んだ。
 『方丈記』は、中世の隠遁者文学の祖とされている。長明は、都で相次いだ災禍、1177年の安元の大火、1180年の治承の辻風と福原遷都の失政、1181年頃の2年にわたる養和の飢饉、1185年の元暦の大地震など天災、人災について漢字交じり片仮名文により記述した。見聞、体験、実感を交え視覚的な描写がなされている。無常観が底流にあり、後半では自身の日常について語る。これらが、住居という視点を介して述べられ、世を否定するとともに、仏教もまた否定した。ただ、最後には自らを法名「桑門の蓮胤(れんいん)、外山の庵にしてこれをしるす」と記している。
 庵は、山の中腹に建てられた。谷には木が茂り、西方は見晴らしがきいた。庵は一丈(3m)四方、高さは七尺(2m)もなく、四畳半一間ほどの広さしかなかった。敷地は定めず、土居(つちい、木枠の土台)を組み、簡単な屋根が葺かれ、東に3尺(90cm)の庇があり、南に竹の縁側が付けられていた。材の継ぎ目には掛金(かけがね)を使い、容易に解体、移動できるようになっていた。
 庵の東にある庇の下では炊事をした。薪は周囲の山で調達した。南に懸樋(かけひ)があり、岩を立て水を溜めたという。東の端に、蕨(わらび)の穂(ほどろ)を敷いて寝床にした。南側に竹の簀の子を敷き、西に閼伽棚(あかだな)があった。阿弥陀、普賢菩薩の絵像が掛けられ、法華経が置かれていた。南西には竹のつり棚、皮製の葛籠(つづら)には『往生要集』、和歌の書なども入れられていた。傍に折琴、継琵琶が立てかけられていた。
 庵の周囲は自然に恵まれていた。長明は月を愛で、春の藤の花、夏のほととぎす、秋のひぐらし、冬の雪を愛でた。念仏に気が進まなければ休んだという。時に里の童と遊び、岩間寺、石山寺まで遠出して参詣した。蝉丸、猿丸太夫の墓も詣でた。桜、紅葉を楽しみ、山菜を摘み、5年ほど暮らしたという。 
◆伝承 法界寺を菩提寺にした日野家は、鴨長明)が方丈庵に移ってからも親交があったという。行き来があったともいう。
 

*現地には石碑、岩盤のみがあります。日野の里から道標がいくつかあり、京都市日野野外活動施設へ向かう道をさらに登った、人家のない森の中にあります。
*復元された実物大の方丈は河合神社境内に、復元模型は京都市平安京創生館にあります。

*参考文献・資料 『洛東探訪』、『京都の歴史を足元からさぐる 洛北・上京・山科の巻』、『京の古寺歴史探訪』、『京の思想家散歩』、『京都大事典』、『京都歩きの愉しみ』、京都市平安京創生館、「朝日新聞 2020年12月18日付」、ウェブサイト「コトバンク」


  法界寺  平重衡の墓  河合神社    
鴨長明の方丈の庵跡 〒601-1403 京都市伏見区日野船尾16
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光