薩摩藩志士之墓 (京都市上京区)
Tomb of Satsuma clan patriot
薩摩藩志士之墓 薩摩藩志士之墓 
50音索引  Home 50音索引  Home

薩摩藩志士之墓


 同志社大学今出川校舎西門北側にある「薩摩藩邸跡」の石標
 薩摩藩志士之墓は相国寺のすぐ東にある。幕末の蛤御門の変、鳥羽・伏見の戦いの犠牲となった薩摩藩士72人の慰霊碑と戦死者の墓がある。 
 幕末、薩摩藩は公武合体運動、尊皇攘夷を主張し、薩長同盟(1866)後は武力討幕に転じ、幕末、明治維新を通して中心的な政治勢力になった。
◆歴史年表 江戸時代、1862年、相国寺南、現在の同志社大学敷地には、薩摩藩邸の二本松邸が置かれていた。京都の薩摩藩邸は中京区錦東洞院を経てここに移転した。ほかにも藩邸は北区の等持院にも置かれた。
 1864年、蛤御門の変(禁門の変、元治の変、元治甲子の変)では、京都御所の蛤御門で、幕府(薩摩藩、会津藩、桑名藩)と長州藩が衝突した。長州藩が敗北し、御所以南が「どんどん焼け」と呼ばれる大火により焼失している。以後、朝敵となった長州に対して二次の長州征伐(1864、1866)が行われた。
 近代、1868年、鳥羽・伏見の戦いは、上鳥羽、下鳥羽、竹田、伏見で戦われた。王政復古の大号令後、大坂から京都へ入る前将軍・徳川慶喜の旧幕府軍(会津藩、桑名藩、新選組)と新政府軍(薩摩藩、長州藩、土佐藩、広島藩)が対峙した。
 街道封鎖していた薩摩藩と旧幕府軍は、鴨川に架かる小枝橋で衝突し、戦いの火蓋が切られた。各所の戦闘でも旧幕軍が敗走し、戦乱は戊辰戦争(1868-1869)へと拡大する。
 鳥羽・伏見の戦いでは、薩摩藩士にも多くの戦傷者があった。相国寺の塔頭・養源院は薩摩病院(野戦病院)として負傷者を収容している。塔頭・林光院の境外墓地が当墓地になり、薩摩藩士の犠牲者が眠る。


*参考文献 説明板

 
  関連・周辺相国寺       関連・周辺養源院〔相国寺〕       関連・周辺林光院〔相国寺〕      御所       小枝橋         

より大きな地図で 京都幕末史跡 を表示
 薩摩藩志士之墓  京都市上京区 相国寺門前町 

より大きな地図で 薩摩藩志士之墓 を表示
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光