大久保利通旧邸跡 (京都市上京区)  
The ruins of residence of Okubo, Toshimichi
大久保利通旧邸跡 大久保利通旧邸跡
50音索引,Japanese alphabetical order    ホーム,Home 50音索引,Japanese alphabetical order    Home

「大久保利通旧邸」の石標
 京都御所の東に「大久保利通旧邸」の石標が立てられている。
 江戸時代後期-近代の政治家・大久保利通(おおくぼ-としみち)は、一時、この地に暮らしている。
◆歴史年表 江戸時代、1862年正月、文久年間(1861-1863)とも、薩摩藩士・大久保利通は上洛した。1862年3月、島津久光に随行し上京する。以来、利通は鹿児島、京都間を往復した。
 江戸時代-近代、1866年正月-1871年6月、利通は薩摩藩邸より移りこの地に邸宅を構えた。岩倉具視らと討幕のための朝廷工作にあたる。
 近代、1927年、京都市教育会により現在の石標が立てられた。
 現代、2019年、邸は解体された。茶室「有待庵(ゆうたいあん)」は、保存・移転されることになった。
◆大久保利通  江戸時代後期-近代の政治家・大久保利通(おおくぼ-としみち、1830-1878)。薩摩藩士・大久保利世の長男、母は皆吉鳳徳の娘・福。薩摩鹿児島藩士。1849年、藩主の家督争いにより、父・利世が流罪になる。17歳で記録所書役助に任ぜられた。尊王攘夷を主導し、1859年、大老・井伊直弼襲撃計画は未遂に終わる。島津久光の側近として、1860年、勘定方小頭、御小納戸(おこなんど)頭取になり、公武合体に転向した。1862年、一橋慶喜を将軍後見職、松平慶永を政事総裁職に付ける。1866年、薩長同盟を締結し、武力討幕に転換した。1867年、兵を率いて上京する。1868年、王政復古の大号令発布を実現させた。1869年、参議、木戸孝允らと版籍奉還・廃藩置県を行う。1871年、大蔵卿になる。佐賀の乱を鎮圧し、台湾出兵を推進した。1873年、大蔵卿になり、岩倉具視に従い遣欧使節団副使に加わる。征韓問題で帰国し、参議になる。盟友・西郷隆盛の征韓論を退け内治優先を主張した。内務省を発足させ内務務卿を兼任、大久保の専制支配が始まる。地租改正を行う。1874年、全権弁理大臣として清国と交渉し、日清両国間互換条款に調印した。1876年、神風連の乱を鎮圧する。1877年、西南戦争で旧薩摩藩士族に擁立された隆盛の軍を平定した。近代化、欧化が反発を招き、1878年、東京紀尾井坂(きおい)で石川県士族・島田一郎らに暗殺された。49歳。
 絶対主義的天皇制、富国強兵、殖産興業などを勧め、他方、元老院、大審院、地方官会議設置など立憲制を築く。明治維新の三傑(ほかに西郷隆盛、木戸孝允)の一人に数えられた。
◆有待庵 邸内に茶室「有待庵(ゆうたいあん)」があった。3畳、平屋、アカマツの床柱が使われていた。
 かつて、御花畑の小松帯刀邸にあった。1866年に利通邸に移される。茶室内では政治的な密議が行われ、利通は岩倉具視とも会談したという。


*原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 ウェブサイト「京都市 京都のいしぶみデータベース、『龍馬&新選組 京都幕末案内 』 『京都大事典』、サイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area薩摩藩邸二本松屋敷跡   関連・周辺,relevance&surrounding area薩摩藩志士之墓     関連・周辺,relevance&surrounding area京都御所    周辺,surrounding area     関連,relevance薩摩藩京屋敷跡    関連,relevance小松帯刀 寓居跡  関連,relevance即宗院〔東福寺〕      
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 大久保利通旧邸跡 〒602-0848 京都市上京区扇町281,石薬師通寺町東入南側
50音索引,Japanese alphabetical order  ホーム,Home   top 50音索引,Japanese alphabetical order  ホーム,Home   top
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光