麟祥院 〔妙心寺〕 (京都市右京区)
Rinsho-in Temple
麟祥院 麟祥院
  Home   Home





山門、軒丸瓦の折敷三文字、寺紋、稲葉家家紋。




「春日局菩提寺」の石標


庫裏




玄関




玄関


方丈(本堂)


方丈前庭


石切りの舟石


蹲踞


鎮守社


御霊屋へ向かう回廊


御霊屋、格天井、正面には小堀遠州作という春日局坐像」が安置。



稲葉家の墓石7基



春日稲荷



春日稲荷
 妙心寺塔頭の一つ麟祥院(りんしょういん)は、3代将軍・徳川家光の乳母・春日局の菩提所になっている。
 臨済宗妙心寺派大本山。 
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 江戸時代、1630年、1634年、1624年とも、3代将軍・徳川家光により家光の乳母・春日局は、江戸本郷湯島の地を贈られた。春日局は、臨済宗妙心寺派の報恩山天沢寺を建立した。開山は渭川周瀏(いせん しゅうりゅう)による。以後、春日局一族の菩提寺になる。
 年代不詳、春日局が碧翁愚完(へきおう ぐかん)を開祖として建立したともいう。
 1633年、徳川家光は、木辻菖蒲小路(現在地の南東、現在の花園高校付近)に天神社を鎮守社として春日局のために創建したともいう。当社は平安時代、正暦年間(990-994)に源頼信により創建されたものという。(寺伝、「麟祥院由緒書」)
 1634年、春日局が、子・稲葉正勝の死を悼んで建立したともいう。同年、院領朱印200石が下付される。以後、近代にいたるまで稲葉家、堀田家が護寺する。住持は紫衣の高僧に限られた。
 1635年、寮舎養老軒が建立された。江外兎は塔頭・法照院(前の常春院)を建立し、興宗派の本拠になる。
 1643年、春日局が没し、家光は春日局の追悼のために、京都にも碧翁愚完を開山とし香華所(こうげしよ、菩提所)を建立した。春日局の法号「麟祥院殿仁淵了義尼大姉」に因み、寺号を「天沢山麟祥院」に改めた。また、幕府による朝廷監視の目的もあったともいう。
 1644年、説元座元は陽春院(後の法乗院)を創建する。
 近代、1868年、神仏分離令後の廃仏毀釈により、8600坪(28430㎡)の寺域は1500坪(4959㎡)にまで狭まり、所蔵品なども散逸したという。
 1897年、妙心寺南門東(花園学園付近)より現在地に移転している。
◆渭川周瀏 安土・桃山時代-江戸時代の臨済宗の僧・渭川周瀏(いせん しゅうりゅう、?-1642)。物外招播の弟子。勅諡は本寂定光禅師。1615年、春日の局の帰依を受けた。湯島麟祥院で亡くなる。1624年、湯島麟祥院の開山になる。
◆碧翁愚完 安土・桃山時代-江戸時代の臨済宗の僧・碧翁愚完(へきおう ぐかん、生没年不詳)。詳細は不明。肥前佐賀藩の初代藩主・鍋島勝茂(1580-1657)の子という。智勝院開祖・単伝士印(たんでん しいん)の法孫になる。1634年、麟祥院を開山した。
◆春日局 安土・桃山時代-江戸時代の3代将軍・徳川家光の乳母・春日局(かすが の つぼね、1579-1643)。お福。明智光秀家老・斎藤利三と稲葉通明・娘の子。1582年、父・光秀が本能寺変後、粟田口で処刑された。3歳で母方の稲葉重通の養女になる。1595年、重通の養子で小早川秀秋に仕えた稲葉正成の後妻になる。夫が浪人になる。1604年、京都所司代・板倉勝重により徳川家康の嫡孫・竹千代(後の徳川家光)の乳母になった。夫とは離縁した。乳母として江戸城・大奥入りし、生母のように振舞う。家康・正妻のお江と対立し、家光の将軍世嗣のために、家康に直訴し実現させた。1629年、紫衣事件では、朝廷との調整のために、中宮和子(東福門院)に伺候、三条西実条の妹として天皇に拝謁した。この時、春日の局号を贈られる。だが、公家の反発により、第108代・後水尾天皇は女帝で第109代・明正天皇に譲位し、幕府に打撃を与えた。その原因は、天皇の腫物灸治、朝廷への武家介入・紫衣事件への不満、春日局参内に対する反発もあったともいう。
 局は、大奥の制度を整え、政治にも影響力を持った。屋敷を賜り、3000石を領した。没後、自らが建立した江戸湯島の天沢寺(麟祥院)に葬られた。
◆徳川家光 江戸幕府第3代将軍・徳川家光(とくがわ  いえみつ、1604-1651)。2代将軍・秀忠の次男に生まれる。弟・忠長との世継ぎを巡り、乳母・春日局の働きにより確定した。1623年、将軍宣下を受ける。大御所秀忠の実権の下、年寄筆頭らの合議により政務が執られた。1633年、諸国巡見使の派遣、1634年、上洛、朱印改め、1635年、武家諸法度の改訂などが行われた。貿易体制を整備するとともに、1638年、天草・島原キリシタン一揆を鎮圧した。その後も、ポルトガル人追放、オランダ人を長崎出島に移すなど施行した。
◆斎藤利三 室町時代の武将・斎藤利三(さいとう としみつ、1534-1582)。父・斎藤利賢の次男、母・蜷川親順女。土岐氏、斎藤道三より斎藤氏3代、織田信長、豊臣秀吉に仕える。美濃国曽根城主で、安藤守就、氏家直元と併せて西美濃三人衆と併称される。三人衆の一人稲葉一鉄が織田氏へ寝返りその家臣になり、美濃曽根城主になる。後、稲葉一鉄と別れ、明智光秀に仕え、筆頭家老として丹波黒井城主になる。1582年、光秀の織田信長に対する謀反の本能寺では、光秀を諌死(かんし、死んで諫める)して容れられなかった。変後、羽柴秀吉との山崎の戦いで敗走した。秀吉方の捜索により近江堅田で捕縛され、六条河原で斬首された。首、胴は光秀とともに本能寺に晒されたともいう。首級は親交の深かった絵師・海北友松により、真正極楽寺へ葬られた。妙心寺・智勝院にも墓がある。
◆稲葉正成 室町時代-江戸時代の武将、大名・稲葉正成(いなば まさなり、1571-1628)。林政秀の次男。美濃・稲葉重通の婿になるが妻没後、福(後の春日局)を妻とする。義父、豊臣秀吉に仕え、秀吉の命により小早川秀秋の家臣になる。四国・小笠原征伐、慶長の役に加わり、1600年、関ヶ原では徳川家康と内通し、秀秋を東軍に寝返らせた。その後、秀秋と対立し美濃に蟄居の身になる。1602年、秀秋没後、浪人になる。1604年、妻が徳川家光の乳母採用になり離縁した。徳川氏の家臣に仕える。1607年、美濃国十七条藩主、松平忠昌の家老、附家老になるが、1624年、忠昌の移動に従わず、蟄居を命ぜられる。1627年、下野真岡藩藩主になる。
 稲葉家は福の子・正勝が継ぎ、子孫は、山城淀藩主として近代まで続いた。
◆海北友松 安土・桃山時代-江戸時代の画家・海北友松(かいほう ゆうしょう、1533-1615)。浅井氏の重臣・海北善右衛門尉綱親の子として近江国に生まれる。幼くして東福寺に入り、絵を狩野元信に学ぶ。中国・宋の画家・梁楷に倣う。還俗し、武士になるが、画家として豊臣秀吉、後陽成天皇らの用命も受けた。建仁寺の水墨障壁画、「浜松図屏風」(宮内庁蔵)、「花卉図屏風」(妙心寺蔵)などの作品がある。
 1582年、本能寺の変後の山崎の戦の後、処刑された友・斎藤利三の遺族を世話し、遺児が春日局になった
◆海北友雪 安土・桃山時代-江戸時代初期の画家・ 海北友雪(かいほう ゆうせつ、1598-1677)。海北友松 の子とも養子ともいう。当初は絵屋・小谷忠左衛門として、後に春日局の推挙により、徳川家光から江戸屋敷を拝領、用命を受けた。内裏、後水尾上皇などの障壁画も手掛け、法橋に叙せられた。
◆柳生利厳  江戸時代前期の剣術家・柳生利厳(やぎゅう としとし/としよし、1579-1650)。奈良に生まれた。祖父・柳生宗厳(むねよし)より新陰流の兵法を継ぐ。1615年、尾張名古屋藩の初代藩主・徳川義直に仕え兵法師範になる。尾張柳生家の祖。妙心寺で出家し如雲斎と号した。
◆狩野貞信 江戸時代後期の画家・狩野貞信(かのう さだのぶ、1597-1623)。京都生まれ。号は梅春。狩野梅栄の子。2代将軍・徳川秀忠に仕えた。1614年、名古屋城本丸御殿、1619年、内裏女御御所対面所の障壁画制作に狩野家総領として参加した。法眼に叙せられた。27歳。
◆天沢山麟祥院 江戸に臨済宗妙心寺派の天沢山麟祥院(文京区湯島4-1-8)がある。枳殻寺ともいわれる。
 開基は春日局で、京都の麟祥院に先立ち建立された。1630年(1624年とも)、家光に贈られた本郷湯島の地に、春日局は自ら命名し、報恩山天沢寺を建立した。開山は渭川周瀏による。1634年、家光は、春日局の法号に因み天沢山麟祥院に改めた。春日局の墓がある。
◆建築 ◈「御霊屋(おたまや、霊屋)」は、現在は瓦葺になっている。かつては木賊(とくさ)造に銅板葺だった。第108代・後水尾天皇が春日局に下賜した仙洞御所の釣殿(女御御所東面泉水中御亭)として使われていた。江戸時代、1619年、1620年頃に建立されたとみられている。春日局の頃には、能舞台として使われた。また、春日局没前には、二条城で能舞台として使われていたともいう。没後、祠堂になる。1633年に当院に移築される。小堀遠州の作事によるともいう。内陣に安置されている春日局木像は、小堀遠州作ともいう。室内貼付絵は狩野貞信による。 
 ◈寮舎としては養老軒、霊峰による玄照軒、江外禹による塔頭・法照院(前の常春院)、説元座元による陽春院(後の法乗院)などがあった。
◆庭 かつて、現在地の東にあり、その後に移され縮小された。作庭は近代、1910年という。当初の枯山水式庭園も、現在は苔庭(書院式枯山水式)に変わっている。
 南に緩やかな築山があり、釈迦三尊石、切石の舟石が配され、淀城から移されたという「月に叢雲」の蹲踞、鯱鉾などが据えられている。枯滝組、石橋が配され植栽は楓による。
◆木像 御霊屋(おたまや)に江戸時代前期の大名・小堀遠州(1579-1647)作の「春日局坐像」が安置されている。
 「碧翁愚完像」がある。
◆障壁画 ◈方丈の室中に海北友雪筆の水墨襖絵「雲龍図」、上間に「瀟湘八景図」「山水図」、下間に「西湖図」などがある。 
 ◈春日局は、安土・桃山時代、1582年の本能寺の変後、海北友松に庇護された。春日局はその恩を忘れず、友松の未亡人とその子・友雪を厚遇した。友松亡き後、友雪は絵屋に身を置いた。春日局は友雪を3代将軍・徳川家光に引き合わせ、友雪は世に出ることになる。その後、友雪は春日局ゆかりの当院に、障壁画を描くことになった。
 方丈室中に海北友雪筆の水墨襖絵「雲龍図」がある。対の雌雄の龍が描かれている。西の雄は上に立つ角に鱗が尖り、東の雌は下がった角に鱗は丸く、また表情に豪快さと優しさを描き分けている。
 その大きさを表現するために、あえて全身を描くのではなく、画面から大部分の胴体を大胆に省略することで表した。ただ、本来は数10面あったという。江戸時代初期の傑作といわれている。
◆文化財 上間の狩野元珍(春湖、?-1726)筆「百椿屏風図」六双二曲は、安土・桃山時代-江戸時代、慶長年間(1601-1614)以降の作になる。枝葉が描かれ、二種以上の椿も描かれる特徴がある。屏風の縁に春日局の内掛といわれる古代裂が用いられている。屏風は春日局が家光より贈られた。また、碧翁愚完が贈られたともいう。
 御霊屋の貼付板に、狩野貞信(1597-1623)筆の「山水人物図」絵がある。晩年の作という。
 狩野探幽(1602-1674)筆の「春日局の画」、狩野山雪(1590-1651)筆「雲中寿老・雪中竹鳩・梅山鵲図」、森祖仙(1747- 1821)筆「福寿草に双鶏図」「源平合戦図屏風」。
 「稲葉政勝初陣の甲冑」、春日局の「戒剣」(三振)、「長刀」(一振)。
 春日局の書状、朱印状などがある。
 「混一歴代国都彌理地図」(176×176㎝)は、徳川家光により寄進された。かつて地図の衝立であり、近代、1887年に軸表装された。
 「迦葉尊者木像」。
◆墓 稲葉正倚(1647-1714)碑、淀藩主稲葉家4代・正親(1692-1734)、5代・正益(1718-1771)、6代・正弘(1747-1773)、7代・正諶(1749-1806)、柳生利厳(1579-1650)、河合源蔵(1650-1719)の墓もある。


*普段は非公開、内部の写真撮影禁止
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『妙心寺』『妙心寺 六百五十年の歩み』『昭和京都名所図会 4 洛西』『おんなの史跡を歩く』『京都大事典』



  関連・周辺妙心寺      関連・周辺玉鳳院〔妙心寺〕      関連・周辺龍安寺〔妙心寺〕       関連・周辺桂春院〔妙心寺〕      関連・周辺隣華院〔妙心寺〕       関連・周辺退蔵院〔妙心寺〕       関連・周辺衡梅院〔妙心寺〕       関連・周辺大心院〔妙心寺〕       関連・周辺大法院〔妙心寺〕       関連・周辺東海庵〔妙心寺〕       関連・周辺海福院〔妙心寺〕       周辺     関連真如堂(真正極楽寺)       関連建仁寺         
 麟祥院 〒616-8035  京都市右京区花園妙心寺町49   075-463-6563
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光