海福院 〔妙心寺〕 (京都市右京区) 
Kaifuku-in Temple
海福院  海福院
  Home   Home











庫裏、切妻造、かつてはこけら葺、現在は本瓦葺き。虹梁大瓶束に湾曲した海老虹梁が見られる。


方丈(本堂)







庭、半月の手水鉢、円山応挙の作という。




 
福島政則の墓、五輪塔
 妙心寺境内、本坊の東北にある海福院(かいふくいん)は、妙心寺塔頭の一つ。
 臨済宗妙心寺派。東海派。本尊は釈迦如来坐像を安置する。
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 
江戸時代、1616年、武将・福島正則が、夬室智丈(かいしつ ちもん)を開祖として建立した。院名は法華経普門品「福寿海無量」の一説に因むともいう。また、正則法号「海福院殿月翁正印大居士」によるともいう。
 夬室と正則の子・福島忠勝は、豊臣秀吉に仕えていた父・正則が、関ヶ原の戦いで徳川方に属したことを家康に示すために、また、正則が秀頼とも親交あり、大坂夏の陣後の家康の報復を恐れ、その改心を示すために建立したともいう。以後、福島家の菩提寺になる。
 年代不詳、2世・斯経慧梁(しぎょう えりょう)により町尻家が帰依し、以後、香火(こうか)寺になる。
 1811年、本堂が等持院に移されている。
◆夬室智文 江戸時代の臨済宗の僧・夬室智文(かいし つちもん、?-1787)。詳細は不明。妙心寺79世・一宙東黙(いっちゅう とうもく)下八哲の一人という。
◆斯経慧梁 江戸時代の臨済宗の僧・斯経慧梁(しぎょう えりょう、1722-1787)。詳細は不明。姫路に生まれた。寒巌壊灰の弟子、白隠慧鶴の法嗣。当院6代住持になる。町尻家の帰依を受けた。
 遠羅天(おらて)流茶道の始祖。『答客難』を撰した。
◆福島正則 安土桃山時代-江戸時代前期の武将・福島正則(1561-1624)。尾張の福島市兵衛正信の長男、母は豊臣秀吉の伯母木下氏。1578年、豊臣秀吉に仕える。1583年、秀吉と柴田勝家が戦った賤ヶ岳の戦では、「賤ヶ岳の七本槍」筆頭になる。1585年、伊予今治に移り、島津征伐、小田原の役、朝鮮出兵にも従う。1595年、尾張清洲城に移る。1600年、会津征討で徳川家康下、豊臣武将とともに従軍したが、石田三成挙兵後は家康の味方となる。関ヶ原の戦で先鋒第一番手の戦功をあげる。広島城に移る。大坂の陣の際には、家康に江戸屋敷に留めおかれた。1619年、広島城の無断修築により幕府に咎められ、出家する。その後、信州川中島に移され、病没した。茶人としても知られた。墓は当院にある。
◆福島忠勝 江戸時代前期の大名・福島忠勝(1599-1620)。尾張に生まれた。父は福島正則、母は照雲院(津田長義の娘)の次男。従兄弟の義兄・正之の没後、嫡男になる。1614年、大坂冬の陣で出陣した。1615年、夏の陣では道や堤の修復を行う。1619年、父が改易され、将軍秀忠の上洛に随行、その後、父と共に信濃高井野に移り家督を譲られた。墓所は大乗寺(須坂市)、海福院にもある。
◆狩野探幽 江戸時代前期の画家・狩野探幽(1602-1674)。狩野孝信の長男として山城国に生まれる。4歳で筆をとる。1617年、幕府御用絵師となる。1623年、弟・安信に宗家を譲る。1626年、二条城、1627年、大坂城の障壁画、1632年、徳川秀忠霊廟、1636年、名古屋城本丸障壁画などを手掛ける。1639年、法眼に叙される。1641年、大徳寺本坊方丈、1647年、江戸城障壁画を制作。1650年、加賀支藩大聖寺藩主前田利治の江戸屋敷に俵屋宗雪と共に「金碧草花図」を描く。1662年、法印に叙される。1666年、後水尾法皇(第108代)寿像を描き「筆峯大居士」の印を贈られる。江戸で没した。江戸狩野派様式を創始した。
◆白隠慧鶴 江戸時代中期の臨済宗の僧・白隠慧鶴(はくいん えかく、1685-1768)。臨済宗十四派の中興の祖。諡は神機独妙禅師、正宗国師。駿河国の生まれ。幼い頃より、地獄、極楽の説法に魅せられたという。1700年、15歳で駿河・松蔭寺の単嶺祖伝のもとで出家、慧鶴と名付けられた。沼津・大聖寺息道に師事した。1703年清水・禅叢寺で修行する。雲棲しゅ宏の『禅関策進』により開眼、諸国を巡り美濃・瑞雲寺の馬翁、松山・正宗寺の逸伝、1708年、越後高田・英巌寺の性徹などに参じ、信州飯山の道鏡慧端(正受老人)の法嗣。1710年、京都の白幽子に内観法を学ぶ。ただ、白幽子と会ったことについては創作説もある。1716年(1717年とも)、松蔭寺に還る。1718年、妙心寺第一座となり白隠と号した。この時、法兄・透鱗の法嗣とした。1763年(1758年とも)、三島・龍澤寺を中興開山、1768年、松蔭寺に戻り当寺で亡くなる。墓も松蔭寺にある。
 弟子に東嶺円慈など多い。漢詩文、法話、俚謡など多く著し、書画も遺す。
◆秋里籬島 江戸時代の読本作者・秋里籬島(?-1830頃)。京都に生まれた。1780年、『都名所図会』を出版する。以後、『大和名所図会』『東海道名所図会』などを出し、挿絵のある旅案内の先駆となる。『源平盛衰記図会』(1800)、俳書、辞書、作庭の書なども出版した。
◆曾我蕭白 江戸時代の絵師・曾我蕭白(そが しょうはく、1730-1781)。京都に生まれる。詳細不明。家は紺屋「丹波屋」ともいう。高田敬輔、望月玉蟾に師事したともいう。雲谷派を学ぶ。室町時代の画家・曾我蛇足、江戸時代中期の白隠の影響を受けているともいう。伊勢・久居の米屋で奉公していたという。播磨、1772年頃から京都に戻る。池大雅と親しくした。
 蕭白作品は、細密な描写、構図、鮮やかな彩色など、「異端」の画家と位置付けられていた。『國華』4号(1890)での無記名評以来否定的な見方、また 評価に振幅が見られた。その後、辻惟雄「曾我蕭白の墓と興聖寺の蕭白一族の墓および過去帳の記載について」(『國華』905号、1967)により再評価され、現代の作家にも影響を与えている。興聖寺に、代表作「寒山拾得図」が残る。墓は興聖寺にある。
◆町尻家 公家の町尻家は藤原北家水無瀬流、羽林家(うりんけ、摂家、清華家、大臣家につぐ家格)。江戸時代初期、権中納言・水無瀬兼俊の次男・町尻具英(1623-1671)を始祖として創立された。3代・町尻兼重の娘・町尻量子は中御門天皇女御の母、豊岡家から養子に入った9代目当主・町尻量衡(1828-1907)は、後に子爵になった。
◆本尊 本尊の観世音は、建仁寺末・永源寺より遷したものという。
◆建築 かつてあった本堂は、江戸時代、1811年、等持院に移築されている。桂春院の西向かいにあった1598年創建の塔頭・韶陽院の庫裏を現在地に移築し、増改築している。
 方丈、書院として使われた。1間の広縁があり、近世前期の禅宗寺院の庫裏の特徴という。4部屋ある。8畳間の室中の奥に6畳の仏間がある。室中西の6畳間は「蘆雁の間」と呼ばれている。障壁画に描かれた蘆と雁に由来する。かつては、茶堂だったとみられる。
◆茶室 室中西の6畳間「蘆雁の間」の西の襖には岸岱(がんたい、1782-1865)の絵(1852)が描かれる。襖の奥には「押入仕込茶室」が隠される。押し入れ内に点茶、水屋など一切が仕込まれている。これは、妙心寺では茶の湯を公けに嗜むことは慎まれたためという。
 仕込み茶室の中心に面皮柱(めんかわばしら、柱の四隅に皮を削り残す)が立ち、南寄り(庭側)に間口1間の空間が作られている。左手手前にさらに面皮柱1本が建つ。格子窓が開き、障子が掛けられる。上方に上下二重の袋棚、その下に釣竹の一重の棚がしつらえてある。下の板敷に丸炉(36㎝)を切り、茶釜を据える。
 北寄りには袋棚と、その下に板戸の引き戸があり、背面からの出し入れできる配膳棚になっている。
 北の壁に掛けられた軸は、臨済宗中興の祖・白隠慧鶴(1686-1768)愛用の茶釜・遠羅天釜(おらてがま)を描く。その前に、裏千家8代・一燈宗室(又玄斎、1719-1771)の位牌が祀られる。
 「押入仕込茶室」は、草庵が作られる以前の点茶の形を残しているという。
◆庭園 庭園は、江戸時代後期、秋里籬島(?- 1830頃)の作庭といわれる。苔地に中木の植栽と石組、飛石、延段などがある。
 本堂の前に据えられた半月の手水鉢は、江戸時代の絵師・円山応挙(1733-1795)の作という。
◆文化財 賤ヶ岳の戦いで一番槍として戦功をあげた福島正則の長槍(3m)は本堂長押に掛けられている。
 曾我蕭白が描いたという江戸時代作、衣冠姿の紙本墨画「福島正則像」は、斯経慧梁の賛があり、正則家臣・上月卜庵が描かせた嶺南崇六賛の画を受けたものという。また、嶺南崇六の賛を斯経慧梁が清書したともいう。
 「夬室禅師像」「斯経禅師像」。
 血痕が残る陣中杯は貝殻の杯で、戦に倒れた者の血を注ぎ供養のために飲んだという。正則の書状などのゆかりの遺品がある。
 狩野探幽(1602-1674)筆「猿回し図」、円山応挙(1733-1795)筆「斯経慧梁肖像画」
◆障壁画 曾我蕭白筆の襖絵、探幽の養子・狩野益信(1625-1694)筆「山水図」。
 岸派の岸岱(1782-1865)筆襖絵など。
◆猿回し図 妙心寺法堂の「雲龍図」製作のために、狩野探幽は海福院に滞在していた。酒に酔い、方丈の新調されたばかりの金箔唐紙の襖に、猿回しの絵「猿曳」を悪戯に描いたという。その時の絵とされるものがいまも残されている。(「都林泉名勝図会」)。
 絵は、江戸時代、1616年の桐紋唐紙に描かれている。この桐紋の配置、図柄は桂離宮・古書院で使われている唐紙桐紋と同じものであるとされ、古書院の建立年代が裏付けされた。
◆墓 福島正則の墓という五輪塔と、次男・福島忠勝の五輪塔が並んで立つ。忠勝孫・福島正勝(1664-1696)、福島家家臣などの墓石もある。
 福島家姻戚の公卿・町尻説久(霊知院殿、1715-1783)、説望(鏡海院殿、1738-1789)、量原(玉淵院殿、1741-1799)など町尻家の墓もある。 


*普段は非公開大部分の建物、室内は撮影禁止。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『妙心寺』『妙心寺 六百五十年の歩み』『京都・山城寺院神社大事典』『事典 日本の名僧』


 関連・周辺妙心寺       関連・周辺玉鳳院〔妙心寺〕      関連・周辺龍安寺〔妙心寺〕      関連・周辺桂春院〔妙心寺〕      関連・周辺隣華院〔妙心寺〕      関連・周辺麟祥院〔妙心寺〕      関連・周辺退蔵院〔妙心寺〕         関連・周辺衡梅院〔妙心寺〕       関連・周辺大心院〔妙心寺〕      関連・周辺大法院〔妙心寺〕      関連・周辺東海庵〔妙心寺〕      周辺      関連桂離宮            
 海福院  〒616-8035 京都市右京区花園妙心寺町54    075-461-6794
50音索引  Home   50音索引  Home  
      © 2006- Kyotofukoh,京都風光