隣華院 〔妙心寺〕 (京都市右京区) 
Rinka-in Temple
隣華院 隣華院
  Home   Home

薬医門




脇坂家の家紋「輪違」


玄関


庫裏




大玄関


大玄関






庭園






 妙心寺塔頭の隣華院(りんかいん)は、境内北西、北門からわずかに南へ下ったところにある。「人形供養寺」とも呼ばれている。
 臨済宗妙心寺派。 
◆歴史年表 安土・桃山時代、1599年、妙心寺58世・南化玄興(なんか げんこう)の開山、脇坂安治の開基による。安治は亡き父・安明の33回忌法要を営み、その法名「隣華院殿陽春聯芳大禅定門」に因み「隣華院」とした。また、寺地が北門外にあったため、華園(妙心寺)に隣接するとして称されたともいう。玄興の退隠所になる。長谷川等伯は障壁画を描く。
 安治の三男・定水玄済が住持を継ぐ。以来、脇坂家縁者が住持になり、香華所(菩提所)になった。
 また、江戸時代、文化・文政年間(1804-1830)、脇坂安菫、安宅(やすおり)父子が再建する。脇坂家の菩提所になったともいう。
 1820年-1832年、9世・江山祖成の大願を引き継いだ、10世・南海玄等によリ大改修が進められた。
 1824年、現在の客殿(方丈)が建てられたとみられている。この頃、表門の重修、大玄関の再造などが行われている。
◆南化玄興 安土・桃山時代-江戸時代初期の臨済宗の僧・南化玄興(なんか げんこう、1538-1604)。定慧円明国師。美濃の生まれ。邦叔宗禎、快川紹喜に師事する。1570年、33歳で妙心寺58世になる。その後、4度住持を務めた。美濃・瑞竜寺、尾張・妙興寺を復興する。1591年、豊臣秀吉は、3歳で死去した愛児・鶴松(棄丸)の菩提のために、南化を開山に招いて祥雲寺を建立している。
 第107代・後陽成天皇、武将・大名で、豊臣政権の五大老の一人・上杉景勝(1556-1623)、上杉謙信、豊臣秀吉に仕えた武将・大名の直江兼続(1560-1619)らが帰依した。武将・一柳直末は、南化を開山とし、妙心寺内に大通院を創建している。
◆脇坂安治 安土・桃山時代-江戸時代前期の武将・脇坂安治(わきさか やすはる、1554-1626)。近江国の生まれ。脇坂安明の嗣子になる。1569年、丹波国・黒井城攻めにより、羽柴秀吉に謁見し食禄を与えられる。朝鮮を攻めた文禄・慶長の役(1592-1598)、播磨国・三木城の戦(1578-1580)にも加わる。その際に、1578年、立てこもった別所長治を攻めた。安治はその功により、秀吉から輪違を描いた赤幌(母衣)を与えられ、家紋「輪違」の由来になった。1583年、賤ヶ岳の戦いでは、「七本槍(ほかに福島正則、加藤清正、加藤嘉明、平野長泰、糟屋武則、片桐且元)」の一人として戦功をあげた。摂津国能勢郡、大和国高取城、淡路国洲本城に転じた。1600年、関ヶ原の戦では、西軍から東軍に寝返る。1609年、伊予国大洲城主になる。和漢に通じ、和歌を嗜んだ。
◆定水玄済 安土・桃山時代の臨済宗の僧・定水玄済(生没年不詳)。詳細不明。脇坂安治の三男。南化玄興の法嗣。隣華院2世になる。
◆長谷川等伯
 安土・桃山時代-江戸時代の画家・長谷川等伯(はせがわ とうはく、1539-1610)。長谷川派の祖。能登畠山家家臣・奥村家に生まれた。染め物屋を営む長谷川宗清の養子になる。義父から絵を教わる。雪舟門弟・等春の弟子・宗清に学び、1564年、信春(しんしゅん)と称し、熱心な法華信徒として仏画「十二天像」を描く。1571年、本法寺を頼り妻・妙浄、子・久蔵と共に上洛、狩野永徳に入門するが 後に出る。千利休、本法寺10世・日通、大徳寺・春屋宗園らと親交を結ぶ。1589年、大徳寺三門障壁画、塔頭・三玄院障壁画を制作する。この三玄院事件により世に認められ、長谷川派は狩野派に拮抗した。1590年、京都所司代・前田玄以は、仙洞御所対屋障壁画を等伯に描かせようとする。だが、永徳は勧修寺晴豊によりこれを覆した。1590年、その永徳は急逝する。1591年、等伯は秀吉が愛息を弔うために建てた祥雲寺障壁画を手掛け、派を確立した。1599年、亡き子・久蔵菩提のために「仏涅槃図」を完成させる。「自雪舟五代」と署し、雪舟画系であるとした。1604年、法眼に就く。1610年、家康に招かれ江戸に着き亡くなる。
◆狩野永岳 江戸時代後期の画家・狩野永岳(かのう えいがく、1790-1867)。京都生まれ。狩野永俊の養子になり、京狩野家9代を継ぐ。御所の御用になり、1823年、九条家の家臣になる。後に四条派の筆到を取り入れた。作品は、妙心寺・隣華院、春光院にある。
◆脇坂安宅 江戸時代後期の大名・脇坂安宅(わきざか やすおり、1809-1874)。脇坂安董(やすただ)の次男。1841年、播磨竜野藩主・脇坂家9代になる。1845年、寺社奉行、1851年-1857年、京都所司代になる。1853年、ペリー来航では、日米和親条約調印の事情を奏聞した。1854年、内裏炎上の処理に当たる。1857年、老中、外国事務を担当し、開市開港延期を提議した。1860年、辞任し、1862年、家督を安斐に譲る。同年、老中に再任された。
◆木像 「快川紹喜禅師像」がある。南化玄興の手による礼拝像になる。
◆建築 ◈「大玄関」は江戸時代に建立された。
 ◈「客殿(方丈)」は、江戸時代、化政年間(1804-1830)に脇坂安董、安宅父子により改築された。1824年ともいう。安宅は、京都所司代役宅として使った。桁行22.4m、梁行19.3m、一重、入母屋造、桟瓦葺。
◆庭園 客殿(方丈)南の庭「凡梵庭(ぼんぼんてい)」がある。ありのままの「平凡」と生命の根源の「梵」を意味するという。
 白砂と苔地、わずかな石と植栽により、砂紋に二つの苔による島が大胆に配されている。
◆障壁画 客殿の室中に、安土・桃山時代、1599年の創建時に描かれた長谷川等伯(1539-1610)筆の障壁画、紙本墨画「山水図」20面(重文)がある。無款だが、晩年の作とみられている。旧方丈の障壁画だったという。右回りに四方四季の時間経過を、楷体で樹木、岩、人物を金(光)と墨で描いた。余情を生かす心象風景であり、等伯の水墨山水画の極みといわれている。
 客殿上間一の間に、江戸時代、1825年作の狩野永岳筆「四季花鳥図」25面、二の間に「松図(松山水図)」18面、下間一の間に「紅葉図」15面、二の間に「西園雅集図」、「竹虎図」、「龍図(波に龍図)」4面などがある。
 長谷川派の屏風「菊花流水図」、長谷川主殿筆「架鷹図」がある。
◆文化財
 ◈安土・桃山時代、16世紀の木造漆箔彩色「豊臣棄丸坐像・玩具船」(44.4㎝)(重文)がある。秀吉の世子で3歳で夭逝した棄丸(鶴松)(1589-1591)の木像になる。幼児の肖像彫刻の例は極めて珍しいという。かつて、菩提寺だった祥雲寺に安置されていた。家康が根来寺(智積院)に与えた際に、南化玄興ゆかりの当院に移された。寄木内刳、玉眼彩色。
 船は殿中を曳き遊んだといわれ、敷板に車輪が付いている。船の首尾に屋形があり、船の周りに勾欄が付く。総長2m、幅67.7㎝。京都国立博物館寄託。
 ◈安土・桃山時代、1596年の絹本着色「南化玄興像」(130.9×55.7㎝)。
 ◈南化玄興は、豊臣秀吉の帰依を受け、大坂城で「虎堂録」を講じた。その写しがあり、書き込みが残されている。
 ◈曾我直庵筆「双鶏養雛図」には、南化玄興の賛がある。
 ◈南化玄興筆「蘆山観瀑図」。
◆墓 脇坂安治、その一族の墓がある。


*普段は非公開、建物の大部分、室内は撮影禁止。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『妙心寺』『京都・山城寺院神社大事典』『妙心寺 六百五十年の歩み』『昭和京都名所図会 4 洛西』『京都大事典』『週刊 日本の美をめぐる 金と墨の 長谷川等伯』『別冊太陽 長谷川等伯』


  関連・周辺妙心寺      関連・周辺玉鳳院〔妙心寺〕      関連・周辺龍安寺〔妙心寺〕       関連・周辺桂春院〔妙心寺〕      関連・周辺退蔵院〔妙心寺〕     関連・周辺衡梅院〔妙心寺〕      関連・周辺大心院〔妙心寺〕      関連・周辺大法院〔妙心寺〕     関連・周辺東海庵〔妙心寺〕      関連・周辺海福院〔妙心寺〕     関連智積院     関連勝龍寺城     周辺         
 隣華院 〒616-8035 京都市右京区花園妙心寺町47   075-462-9042
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光