興臨院 〔大徳寺〕 (京都市北区) 
Kourin-in Temple
興臨院 興臨院 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home


表門

表門














唐門

唐門

唐門、波形の連子窓


庫裏



本堂(方丈)禅宗の方丈(本堂)間取  
衣鉢の間 眠蔵 書院の間
仏間
檀那の間(西の間)
室中
礼の間(東の間)


本堂(方丈)の扁額


中央扉の唐草模様の彫刻




茶室「涵虚亭(かんきょてい)」





庭園、方丈前庭



方丈北の庭
 大徳寺境内南東に、塔頭の興臨院(こうりんいん)はある。 
 臨済宗大徳寺派大本山、龍源門下、本派南派に属する。本尊は、釈迦如来。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 室町時代、大永年間(1521-1528)、天文年間(1521-1533)、1533年、1520年とも、能登の守護・畠山左衛門佐義総(畠山義総)が、自らの法名「興臨院殿伝翁徳胤大居士」を寺号として建立した。開祖は、大徳寺86世・小渓紹怤(しょうけい-じょうふ、仏智大通禅師)による。(『龍宝摘撮』)。以後、畠山家の菩提寺になる。
 創建直後、本堂は焼失している。(『龍宝摘撮』)
 1532年、再建された。
 天文年間(1532-1555)、畠山義綱が建立したともいう。(『龍宝摘撮』)。1544年に没した畠山義綱が法名「興臨院殿伝翁徳胤」により塔頭名にしたともいう。(『龍宝山大徳寺誌』)
 1533年、興臨院納所の天啓宗歅(てんけい-そういん)が大徳寺常住より境内地(東西六丈五尺、南北四丈)を得る。
 安土・桃山時代、天正年間(1573-1593)、1581年とも、加賀の前田利春、前田利家により屋根が修復された。以後、前田家の菩提寺になる。
 現代、1978年、本堂の解体修理が行われた。庭園が作庭される。
◆畠山義総 室町時代の武将・畠山義総(はたけやま-よしふさ、1491-1545)。清和源氏の一家系、能登畠山氏、第5代当主・畠山慶致の子として生まれた。1515年、7代当主になり、父と共同統治を行なう。一向一揆の鎮圧、商人や手工業者、文化人への保護政策により、七尾城下町は栄え、名君と呼ばれた。
 義総没後、畠山氏は急速に衰退、1577年、上杉謙信により畠山氏は没落した。その後、江戸幕府高家になり、後に畠山家を復興した。
◆小渓紹怤 室町時代の臨済宗の僧・小渓紹怤(しょうけい-じょうふ、1474-1536)。仏智大通禅師。美濃、菅氏の出身。東溪宗牧(とうけい-そうぼく)に参じた。1520年、悦溪宗忢(えっけい-そうご)により「小溪」の号を与えられ、法嗣になる。1525年、大徳寺に入寺、86世。1528年、龍源院に住した。1532年、第105代・後奈良院により仏智大通禅師の号を贈られた。興臨院が塔所になる。
◆畠山義綱 室町時代-安土・桃山時代の戦国大名・畠山義綱(はたけやま-よしつな、?-1594)。第8代当主・畠山義続の子。能登畠山氏の第9代当主。1551年、父・義続が前年の能登天文の内乱の責により隠居し、家督を継ぐ。1555年-1560年、弘治の内乱で、義綱軍は温井・三宅連合軍を鎮圧し、大名専制支配を確立した。1566年、長続連、遊佐続光、八代俊盛などの重臣による永禄九年の政変で、義続・義綱父子らは追放され、縁戚の六角氏領地、近江坂本に逃れた。1568年、義綱らは、六角氏、上杉謙信、神保長職らにより能登に反攻したが敗退した。近江伊香郡余吾浦で死去した。
◆中根金作 近現代の作庭家・中根金作(なかね-きんさく、1917-1995)。静岡県生まれ。静岡県立浜松工業学校、一時は企業に就職した。東京高等造園学校(現、東京農業大学造園科学科)卒業後、1943年、京都府園芸技師に任用された。文化財保護課課長補佐などを歴任した。後、裏千家学園茶道専門学校講師などを務める。1966年、中根庭園研究所設立した。大阪芸術大学学長、浪速短期大学学長などを歴任した。
 足立美術館庭園、大仙公園日本庭園、城南宮楽水苑、退蔵院余香苑、ボストン美術館天心園など、国内外300近い庭園を作庭した。1982年、第7回日本公園緑地協会北村賞など受賞多数。「昭和の小堀遠州」といわれた。
仏像・木像 本堂仏間に、開山の「小渓紹怤(仏智大通禅師)木像」を祀る。
 その脇に、本尊の「釈迦如来」、歴代住職、畠山家、前田利家など前田家の位牌を安置する。
建築 近年、1975年より3年にわたり、本堂、唐門、表門などの解体修理が行われた。創建当時の姿に復元された。この際に、庫裏も新築されている。
 ◈「表門」(重文)は、室町時代の創建当時(大永年間、1521-1528)/1520年/1533年頃、唯一の遺構になる。大徳寺山内でも有数の古い門という。2本の門柱の頭が高く出ており、蟇股(かえるまた、二つの横架材の間にあり、上方の材を支える部材)を左右から挟む。縣魚(あがたうお、棟木の端を隠し風化から守る部材)の唐草模様の中が透し彫りになっている。
 平唐門、一間一戸、檜皮葺。
 ◈「本堂(方丈)」(重文)は、室町時代、1533年頃に再建された。安土・桃山時代、天正年間(1573-1593)/1581年/1532年-1569年とも、前田利家により屋根が修復されている。
 6室あり、南面中央に「室中」、その奥に「仏間」、さらに奥(北面)に「眠蔵(めんぞう)」、南東に「礼の間(西の間)」、その奥(北面)に「書院の間」、南面西に「檀那の間(東の間)」、その奥(北面)に「衣鉢の間」がある。「仏間」とその裏の「眠蔵(めんぞう)」は、室町時代の建築様式の特色を残している。
 屋根は、近代の建物より低く造られている。内部も簡素で、民家住宅への過渡期の特徴がみられるという。書院の間には、日本最初という一間の床の間が見られる。これは、畳の床の間になっており、上下2本の框(かまち、床の間などの端に渡す化粧横木)が設けられ、下は少し奥まった「蹴り込み框」になっている。室中の上部は、「響き天井」になっており、下で手を叩くと音が反響する。中央扉の唐草模様の彫刻は、室町時代典型の左右対称式から移行しつつあり、乱れが見られるという。
 桁行14.8m、梁間12.1m、方丈形式、一重、入母屋造、檜皮葺。
 ◈「唐門」(重文)は室町時代の禅宗様式を表す。波形の連子窓、客待の花頭窓などの特徴がある。
 唐破風、檜皮葺。
◆庭園 方丈南の前庭(方丈庭園)は、現代、1978年に中根金作(1917-1995)により復元された。『築山庭作伝』中、畠山氏の「越前大守書院庭園図」を参考にしている。
 蓬莱山形式の禅院式枯山水であり、地割は東西に細長い。白砂、築山、安土・桃山時代の豪放な石組、石橋、松などが配されている。白砂敷に奥に2つの低い苔の築山がある。山の間に谷があり、石橋が架かる。橋の手前の白砂に2石が立てられ、そのさらに前右に波分石、左に水分石があり、2立石とともに相似する形で置かれている。
 中国、唐代、浙江省天台山の国清寺には、伝説的な僧・寒山と捨得が暮らしていた。彼らの生活していた蓬莱世界を表しているという。
◆茶室 茶席「涵虚亭(かんきょてい)」は、中国北宋代の政治家、詩人の蘇東坡(蘇軾、1036-1101)の詩から名付けられた。茶人・古田織部(1544-1615)好みの四帖台目になっており、「隅板」(格子組を補強するために四隅に付ける三角形の力板)を加えた。1928年に山口玄洞の建立による。
 「貴人口」のほか、「給仕口」(給仕人の出入り口)を入ったところが板敷きになっている。さらに、給仕口のすぐ右が床の間になる。「洞床」(ほらどこ、床の間内部の隅柱や天井を塗り壁で隠し、塗り回しに仕上げた、床の間から袖壁が出て、中が空洞のように見える)になる。
 三つの様式の天井、平天井、掛込天井、落天井が見られる。
◆文化財 「椿尾長鳥模様堆朱(ついしゅ)盆」(重文)は中国元時代の長成作、刻名「張成造」がある。
 「後奈良院女房奉書」(重文)など。
 本堂室中にかつて、狩野元信の「墨画山水」、東間に元信の「彩色花鳥香猫」、西間に土佐光信の「彩色旦人の風俗画」などがあったという。幕末-近代にかけた混乱により失われた。
◆寮舎 ◈「玉雲軒」は、室町時代、天文年間(1532-1555)に、大徳寺101世・雲叔宗慶(うんしゅく-そうきょう)が、師・天啓宗歅(てんけい-そういん)を開祖として創建した。南派輪住の寮舎になる。
 ◈「真常軒」は、室町時代、永禄年間(1558-1570)、また文禄年間(1592-1596)に、大徳寺121世・明叔宗哲(みょうしゅく-そうてつ) が玉雲軒の北に創建したという。江戸時代、文化年間(1804-1818)に廃された。
 ◈「臨流軒」は、安土・桃山時代-江戸時代、慶長年間(1596-1615)初めに、大徳寺136世・心溪宗安(しんけい-そうあん)により創建された。南派兼帯で護持される。江戸時代、文政・天保年間(1818-1844)に廃された。
 ◈「威徳院」は、安土・桃山時代-江戸時代、慶長年間(1596-1615)に俊叟座元を開祖として創建された。天瑞寺の北の寮舎・甘棠院(かんどういん)を改めたものという。号は秀吉幼子・甘棠院殿(織田信雄の娘で豊臣秀吉の養女)に因るという。威徳は、檀越・宗対馬守義智の室の法号に因る。江戸時代、文化年間(1804-1817)欠住、黄梅院が代行し、1854年に廃された。同年に廃された月心院は、威徳院住持の寝室であり、開基は不詳。
貝多羅樹 境内には、貝多羅葉(ばいたらよう、貝多羅樹)が植えられている。ヤシ科のオウギヤシ(ウチワヤシ)で、葉の裏に竹筆や鉄筆などで文字を書くと、跡が黒く残る。このため、古代インドでは写経の際に紙の代用にした。貝多羅は梵語(サンスクリット語)で、「葉」を意味している。
 なお、同じような用途の樹に、モチノキ科の常緑樹、多羅葉(たらよう)がある。「葉書」の語源になった。
◆墓 畠山家歴代、浅野幸長夫人(池田恒興の娘)、久我大納言夫妻(?)の墓などがある。
◆年間行事 秋に特別公開される。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『別冊愛蔵版 淡交 大徳寺と茶道 その歴史と大徳寺僧の書』『紫野大徳寺の歴史と文化』『京都・紫野大徳寺僧の略歴』『昭和京都名所図会 5 洛中』『京都の寺社505を歩く 下』『京都秘蔵の庭』、ウェブサイト「文化庁 文化財データベース」、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺大徳寺  関連・周辺龍源院〔大徳寺〕  関連・周辺瑞峯院〔大徳寺〕  関連・周辺高桐院〔大徳寺〕  関連・周辺大仙院〔大徳寺〕  関連・周辺真珠庵〔大徳寺〕  関連・周辺黄梅院〔大徳寺〕  関連・周辺芳春院〔大徳寺〕  関連・周辺総見院〔大徳寺〕  関連・周辺孤篷庵〔大徳寺〕  関連・周辺竜光院(龍光院)〔大徳寺〕  関連  周辺    

琴心塔


貝多羅葉

門前の石畳参道
興臨院 〒603-8231 京都市北区紫野大徳寺町80  075-491-7636  10:00-16:00
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home 
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光