最勝院・高徳庵 ・駒ヶ滝〔南禅寺〕 (京都市左京区) 
Saisho-in Temple
最勝院・高徳庵 最勝院・高徳庵 
 Home  Home



参道
















 南禅寺の東に、南禅寺塔頭の駒ヶ瀧最勝院(こまがたき さいしょういん)はある。境内背後の東山山峡(独秀峰、南禅寺山)は、鎌倉時代より「神仙佳境」と呼ばれ、霊地として知られていたという。 
 臨済宗南禅寺派。
 古くより勝運の神として知られた。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 鎌倉時代、天台密教の駒道智大僧正が、この地に隠棲したことに始まるという。
 鎌倉時代末期、文永年間(1264-1275)、第90代・亀山天皇は、この地に離宮を営んだ。その際に、僧正を土地の鎮守として祀ったという。さらに、離宮を禅寺に改め、南禅寺の基を開いた際に、僧正を護法神として祀ったという。
 近代、1912年頃まで、境内は現在の南禅寺寺務所の地にあり、最勝院般若殿と呼ばれていたという。
 1915年、現在地に移り、庫裏を新築した際に、高徳庵(綾部市上林)を廃して寺名を移し塔頭とした。
 1917年、駒道智大僧正の故地である現在地に移転したという。境内は、臨済宗の禅僧・夢窓国師(夢窓疎石、1275-1351)の塔所上にあったという。
◆駒道智大僧正 鎌倉時代の僧・駒道智大僧正(?-?)。狛(こまの)僧正。公卿、摂政関白・九条道家(1193-1252)の子。幼なくして比叡山で仏道修行に入り、天台密教の深奥を極めた。その後、三井寺(園城寺)の長更(管長)、かつて天台宗だった禅林寺(永観堂)の住持を務めたという。晩年、駒ヶ滝最勝院の地に移り住んだという。
◆死霊 伝承がある。駒道智は、鎌倉時代、1266年3月3日、法力により白馬にまたがり、生身を天空に隠したという。以来、僧正は駒大僧正と呼ばれ、奥の滝は駒ヶ滝と呼ばれるようになる。また、駒道智を祀る寺として、その院号により、最勝院と呼ばれたという。
 鎌倉時代の亀山上皇(第90代)がこの地に離宮「禅林寺殿」を営んだ際に、夜に死霊が現れたという。かつてこの地に建っていた駒ヶ滝最勝院に住んだ駒道智が、死後も執着したことによる。南都北嶺の阿闍梨、巫祝の呪術によっても霊を退散させることはできなかった。
 東福寺の普門が呼ばれる。普門は、9旬(90日)にわたり20人の禅侶とともに離宮に宿し、普通に行を続けた。やがて、徳の前に効験が顕れ怨霊は消えたという。普門は、禅林禅寺(後の南禅寺)開山に任じられ、亀山上皇自身も仁和寺の了遍により入飾した。普門が病床に伏した時、亀山法皇は東福寺の龍吟庵に移った普門を密かに訪れ、手づから薬をすすめたという。翌日、普門は81歳で亡くなる。 
◆縁結びの松 本堂脇に、「縁結びの松」がある。
 樹齢300年という百日紅の木に、樹齢100年という松が生えている。
◆能面 住職が彫った能面の寺としても知られる。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『古寺巡礼京都 12 南禅寺』 『昭和京都名所図会 2 洛東 下』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺南禅寺     関連・周辺南禅院〔南禅寺〕     関連・周辺金地院〔南禅寺〕     関連・周辺天授庵〔南禅寺〕     関連・周辺最勝院〔南禅寺〕       関連・周辺光雲寺〔南禅寺〕     関連・周辺大寧軒〔南禅寺〕     関連龍吟庵〔東福寺〕      関連琵琶湖分線     関連琵琶湖疏水    関連哲学の道    周辺         


本堂、福徳円満 大黒天と、払災殖福不動尊が祀られている

本堂の「駒大僧正」の扁額

能面

縁結びの松
   
奥の院・駒ヶ滝

大杉大神、豊丸大神、豊作大神




駒大僧正(左)、駒道智大和尚(右)
 

駒ヶ滝地蔵大菩薩

駒ヶ滝地蔵大菩薩

観世音菩薩

八釼大明神、飛車大明神、八ッ崎大明神

力彦大明神
 

駒ヶ滝

駒ヶ滝

秋葉一尺坊
 

将軍地蔵菩薩

厳島弁財天

瓜形観世音菩薩
 

【参照】境内参道脇に南禅寺からの流れてきた琵琶湖疎水が導かれている。
 
最勝院・高徳庵 〒606-8435 京都市左京区南禅寺福地町86-2  075-771-1891
 Home    Home  
  ©2006- Kyotofukoh,京都風光