悲田院 〔泉涌寺〕 (京都市東山区) 
Hiden-in Temple
悲田院 悲田院
 Home  Home

















南無大師遍照金剛(空海)


境内からの北方向の眺望
 泉涌寺の塔頭のひとつ悲田院(ひでんいん)は、月輪山支峰の悲田院山にある。平安時代の福祉施設、悲田院の後身といわれている。 
 真言宗泉涌寺派、本尊は阿弥陀如来。
 泉山(せんざん)七福神、6番、毘沙門天、除災招福の信仰がある。
歴史年表 飛鳥時代、厩戸王(うまやどのおう、聖徳太子、574-622)が身寄りのない老人、孤児の救済のための施設として開かれたという。(寺伝)
 平安時代、794年以降、医療施設・施薬院(やくいん)の管轄下に、当時の福祉施設、悲田院が置かれた。左京には東悲田院、右京には西悲田院の東西二院があり、病人や孤児を収容した。
 11世紀(1001-1100)、西悲田院は廃絶した。
 鎌倉時代、1273年、西悲田院系譜の安居院悲田院の名が記されている。(田総文書「備後国長和荘領家地頭所務和与状」)
 鎌倉時代前期、14世紀(1301-1400)、現在の上京区扇町に悲田院が再建されたという。これは、西悲田院の系譜、上悲田院(安居院悲田院)という。
 1308年、1293年とも、上悲田院(安居院悲田院)は、無人如導(むにん にょどう)により再建されたともいう。(『坊目誌』「京都府寺院明細帳」)。無人如導は、一条安居院(上京区青木町)に移転させ再興し、天台、真言、禅、浄土の四宗兼学の寺とした。
 1317年、伏見上皇(第92代)の五七日仏事で、上悲田院(安居院悲田院)など5か所で温室の施行(施湯、湯施行)が行われた。(群書類従『伏見上皇中陰記』)
 南北朝時代、1354年頃、泉涌寺末寺になったとみられる。(「大般若波羅蜜多経」奥書)
 1381年、牛増は、悲田院(上悲田院、安居院悲田院)を後の扇町の地に再建したともいう。(『空華日用工夫略集』)
 室町時代、第102代・後花園天皇(1419-1470)は勅願寺とする。以後、住持は天皇の綸旨(りんじ、蔵人が天皇の意を受けて発給する文書)を贈られ、紫衣参内が許された。天皇の葬儀や荼毘が行われたという。
 1471年、後花園天皇の葬礼が行われる。(『親長卿記』『宗賢卿記』『武家年代記』)
 1473年、細川勝元の葬礼が執り行われた。
 1573年、織田信長の上京焼討ちで焼失したともいう。元亀期(1570-1573)、天正期(1573-1593)の兵乱により衰退したともいう。
 江戸時代、1645年、1646年、正保年間(1645-1648)、寛永年間(1624-1644)とも、泉涌寺80世・如周恵公(にょしゅう けいこう)の時、高槻城主・永井直清が帰依し、上京区扇町より現在地(東山区)に移され、泉涌寺の塔頭になる。
 近代以前、境内は方三町、御朱印32石、別朱印9石余、高槻藩より年200石の玄米、80石の布施米が寄せられていた。堂舎営繕も藩により行われていた。
 近代、1885年、塔頭・寿命院と合併になり再興された。
◆無人如導 
鎌倉時代後期の僧・無人如導(むにん にょどう、生没年不詳)。詳細不明。1308年(1293年とも)、一条安居院(上京区青木町)に移転させ悲田院を再興する。1311年、北野観音寺、1326年、法音院を創建する。9寺を建立した。1356年、後見天皇皇女・進子内親王を落飾させる。
◆永井直清 江戸時代前期の大名・永井直清(ながい なおきよ、1591‐1671)。2代将軍・徳川秀忠(ひでただ)に仕え、小姓、書院番頭となる。山城・長岡藩主、1649年、摂津・高槻藩藩主、京都所司代代理、大坂城代代理を歴任した。永井家初代。泉涌寺80世・如周恵公に帰依し、悲田院に歴代墓がある。
◆土佐光起 江戸時代初期の画家・土佐光起(とさ みつおき、1617-1691)。堺生まれ。土佐光則の子。土佐派中興の祖。1634年、父に従い京都に移る。1654年、宮廷の絵所預として土佐家再興を果たし、剃髪して常昭と号した。1681年、法橋、 1685年、法眼となる。精緻な「鶉図」を得意とした。「北野天神縁起絵巻」(京都・北野天満宮蔵)などの作品が残る。
◆土佐光成 江戸時代初期-中期の絵師・土佐光成(とさ みつなり、1647-1710)。土佐光起の長男、京都に生まれる。1681年、父を継ぎ絵所預となり、正六位下、左近将監に任ぜられる。内裏、仙洞御所の絵事御用を務めた。1696年、従五位下、形部権大輔に叙せられた。同年、息子・土佐光祐(光高)に絵所預を譲り、出家し常山と号したという。名手と称せられた。
◆悲田院 悲田院は、仏教の慈悲の思想に基づいている。
 悲田院(悲田所)は、飛鳥時代の皇族で政治家・厩戸王(聖徳太子、574-622)が、身寄りのない老人や孤児、貧窮者、病者などを収容する施設として建てたのが始まりといわれる。
 奈良時代、723年、奈良・興福寺に、施薬院(せやくいん)とともに置かれた。730年、第45代・聖武天皇の光明皇后が平城京に設置した。その後、諸国の寺院などにも設けられた。
 平安京の悲田院も、病人、捨て子、孤児、貧窮者、身寄りのない老人を収用する福祉施設だった。左京の東悲田院は左京南辺端、鴨川河原近く(東京極大路の東、北は三条坊門末路、南は姉末路、現在の本能寺付近)にあったとみられている。右京は、西悲田院(九条大路の南、現在の南区吉祥院三ノ宮町付近)に送られた。
 これらの業務には、条(一条~九条)に置かれた条令(じょうれい)、令(条長、うながし)という役人が担った。病人一人ひとりに、預(あずかり)、雑使が付けられた。孤児には、預、雑使、乳母、養母が付けられた。財政は、国家と、藤原氏などの有力貴族、僧侶による寄付などで運営されていたとみられている。施しは庶民以上の待遇であり、米、塩などを配給していた。
◆仏像・木像 「宝冠阿弥陀如来坐禅像」は、鎌倉時代、快慶作と伝えられる客仏になる。頭部に冠座があり、上品上生印を結ぶ。宋様式の影響があるという。
 鎌倉時代の「阿弥陀如来立像」は、本来は左手の与願印を右手で結ぶことから「逆手の阿弥陀如来立像」とも呼ばれている。南宋風であり独特の着衣法をしている。木造、寄木造、漆箔、
 「毘沙門天」は、除災招福の仏として信仰されている。
 「無人如導和尚像」は、江戸時代作。
 「高槻藩主永井直清像」は、江戸時代作。
◆建築 現在の本堂は、正保年間(1645-1648)の建立による。
 庫裏、客殿、玄関、披月庵がある。
◆文化財 本堂に江戸時代、土佐光起(1617-1691)筆の漢画34面がある。東の間「唐人物画(陶淵明愛菊図)」、西の間「松に群猿図」「走獣画」になる。
 子・光成(1646-1710)との共同による中の間「紅葉に芦雁図」、橋本関雪(1883-1945)筆の襖絵がある。
煎茶 当院は煎茶道「東仙流(とうせんりゅう)」の総司所になる。泉涌寺長老を家元としている。
◆墓 境内には、永井家累代の墓がある。
◆七福神巡り 泉涌寺山内の七福神めぐり(成人の日)は、泉涌寺(泉山)七福神巡りとして塔頭9か寺を巡る。1951年以来続けられている。これらを福笹を持ちお参りしていく。
 1番は福禄寿・即成院、2番は弁財天・戒光寺、番外の愛染明王・新善光寺、3番は恵比寿神・今熊野観音寺、4番は布袋尊・来迎院、5番は大黒天・雲龍院、番外の楊貴妃観音・泉涌寺本坊、6番は毘沙門天・悲田院、7番は寿老人・法音院。
◆年間行事 泉涌寺山内の七福神めぐり(甘茶接待)(1月成人の日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都府の歴史散歩 中』『平安京散策』『第45回記念京都非公開文化財特別公開 拝観の手引』『京の福神めぐり』



  関連・周辺泉涌寺      関連・周辺即成院〔泉涌寺〕     関連・周辺戒光寺〔泉涌寺〕      関連・周辺今熊野観音寺〔泉涌寺〕      関連・周辺来迎院〔泉涌寺〕     関連・周辺雲龍院〔泉涌寺〕      関連・周辺法音院〔泉涌寺〕       関連悲田院遺址       関連大応寺       関連城興寺・薬院社    周辺        
 悲田院 〒605-0977 京都市東山区泉涌寺山内町35-1  075-561-8781
 Home    Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光