城興寺・薬師社 (京都市南区)
Joko-ji Temple,Yakushi-sha Shrine
城興寺・薬師社  城興寺・薬師社
  Home   Home





観音堂、右より弘法大師、不動明王、薬師如来、大日如来を安置する。


観音堂


「成興寺」とある香炉台


賓頭盧尊者


宝篋印塔


宝篋印塔、梵字



薬院社


薬院社



薬院社
 九条烏丸交差点北西に城興寺(じょうこうじ)はある。かつてこの付近は、平安京の南端にあたる九条大路に面していた。
 成興寺ともいう。山号は瑞寶山(ずいほうざん)。
 宗派は真言宗泉涌寺派、本尊は千手観音を安置する。
 洛陽三十三所観音巡礼第22番札所。
◆歴史年表 平安時代後期、1085年、この地には藤原氏の邸宅の一つ九条邸があった。(『拾芥抄』)。関白・藤原忠実が伝領し、九条堂(九条院)を営む。堂内に丈六仏を安置し、城興院と名づけた。
 1113年、3代後の忠実の開基により創建された。当初は広大な寺域を誇っていた。
 1123年、白河法皇(第72代)の院宣により盛大な伽藍供養が行われる。鎮護国家の道場になる。
 49世天台座主・最雲親王法親王(1156-1158)が寺領を得た。
 1162年、法親王没後、以仁王が寺領を引き継ぐ。(『山槐記』)
 1179年、寺領は平氏政権により知行権没収となり、以仁王の乱の遠因のひとつとされる。
 1185年、平家滅亡後、寺は以仁王の子・真性に受け継がれた。
 中世(鎌倉時代-室町時代)、周辺は京外となり、城興寺も次第に衰退した。
 室町時代、1399年、室町幕府3代将軍・足利義満は、東は東の洞院大路、西は室町小路、南は九条大路、北は信濃小路に囲まれた土地を僧・良誉に安堵した。(『華頂要略』)
 室町時代、16世紀(中世末とも)、寺領は比叡山延暦寺不動院の管理下にあり、四宗(顕・密・禅・律)兼学の道場となる。
 応仁・文明の乱(1467-1477)により焼失する。
 永正年間(1504-1520)、土豪・石井氏、坊城俊名などにより寺領が度々侵される「違乱」があり、幕府はその停止を命じる。不動院に知行が安堵された。
 江戸時代、洛陽三十三所観音霊場めぐりが盛んになり、札所として賑わう。「成興寺」の名が記されている。(『都名所図会』)
 1877年、施薬院稲荷は陀枳尼天堂に合祀された。
 現代、1983年、1984年、発掘調査により、室町時代後期の城興寺城の掘跡が発見される。
◆最雲法親王 平安時代後期の皇族、僧・最雲法親王(さいうん ほっしんのう、1104-1162)。第73代・堀河天皇皇子。比叡山に上り、天台座主仁豪に師事し出家・受戒、仁実僧正から顕教・密教を学んだ。1156年、天台寺座主、1158年僧正、親王宣下を受け法親王となる。同年座主を辞し山房に閑居した。
以仁王 平安時代後期の皇族・以仁王(もちひとおう、1151-1180)。第77代・後白河天皇の第3(第2とも)皇子。母は藤原成子。高倉宮、三条宮とも呼ばれた。天台座主・最雲法親王弟子となるが、1162年、師没後還俗する。1165年、八条院暲子内親王の猶子となる。皇位継承争いで、異母弟憲仁親王(第80代・高倉天皇)生母・平滋子により阻まれた。父と確執もあり親王になれなかった。1179年、平氏の後白河法皇幽閉に伴い、王の寺領は没収された。1180年、源頼政の勧めにより平清盛・平家追討の令旨(りょうじ)を発した。だが、最勝親王と称した挙兵計画が漏れ、皇族籍剥奪、土佐配流と決まる。検非違使の王の館襲撃から脱し、園城寺から興福寺を頼り奈良へ向かう。途中、綺田付近で追手の藤原景高・藤原忠綱らにより討たれたという。
◆真性 平安時代後期から鎌倉時代前期の僧・真性(しんしょう、1167-1230)。第77代・後白河天皇の皇子。1183年、出家、比叡山慈円僧正につく。後鳥羽、土御門天皇、順徳天皇3代の護持僧となる。1203年、67世・天台座主、1204年、大僧正。四天王寺別当。
◆藤原忠実 平安時代後期の公卿・藤原忠実(ふじわら の ただざね、1078-1162)。関白藤原師通の子、摂関家長子。祖父・藤原師実の養子。1092年、権中納言、1097年、権大納言。1099年、父を継ぎ内覧・藤原氏長者となる。1100年、右大臣、1105年、堀河天皇の関白に就く。1107年、鳥羽天皇の即位により摂政、1112年、太政大臣に任じられる。翌年辞し鳥羽天皇元服により関白となる。娘の泰子(高陽院)の鳥羽天皇入内問題で白河法皇と確執があり、1120年、内覧を停められ、翌年宇治に隠遁した。1129年、鳥羽院政開始により復した。その後、次子頼長を内覧・氏長者とし関白・長子忠通と対立した。1140年、出家、1156年、保元の乱で頼長敗死後、知足院に籠居した。
◆藤原冬嗣 平安時代初期の公卿・藤原冬嗣(ふじわら の ふゆつぐ、775-826)。内麻呂の子。嵯峨天皇の信任厚く、810年、平城太上天皇の変(薬子の変)に際して設けられた初代蔵人頭に就く。中納言、大納言、右大臣、825年、左大臣となる。娘順子と仁明天皇、次男良房と嵯峨皇女潔姫の結婚により皇室との関係を深め、藤原北家隆盛を固めた。氏寺の奈良・興福寺に南円堂を建立、平安京に勧学院を設けた。『弘仁格』などの選集に携わり、詩は『凌雲集』などに収められた。
◆仏像 本尊の秘仏「千手観世音菩薩」は平安時代の円仁(794-864)作という。838年、円仁が遣唐使の一員として入唐した際に、無事の帰朝を念じ、船中で造作した観音ともいう。
 「薬師如来」は、弘法大師空海(774-835)作という。829年、全国に大疫病流行した。淳和天皇が祈祷を命じ、大師勅を受け尊像を刻んだ。祈祷し疫病が止んだことに因むともいう。
 ほかに、平安時代末期の「不動明王」、「大日如来」がある。
建築 本堂の観音堂と庫裏、寺内社として薬院社がある。江戸時代から観音霊場として有名で、『都名所図会』(1780)には「成興寺は九条烏丸にあり、本尊観音は慈光大師の作なり」と記載されている。
◆薬院社 境内に祀られている薬院社は、祭神に茶吉尼天を祀る。かつて施薬院稲荷と呼ばれた。町内鎮守、元寺鎮守、祟り示現稲荷であり、蛇伝承も残る。家内安全、病気平癒の信仰がある。 
 平安時代、境内北西200m(東久九条中殿田町)に施薬院があり、北100m(上殿田町)に施薬院御倉(みくら)が置かれていた。
 施薬院(せやくいん/やくいん)は、奈良時代、730年、光明皇后の発願により、悲田院とともに当初は大和に創設された。病人、孤児の保護・治療・施薬を行ったという。平安京遷都後、平安時代初期に、左大臣・藤原冬嗣が私財を投じ、自らの土地に施薬院を開設した。以後、摂関家藤原氏が維持管理を行う。
 鎌倉時代初期、施薬院は他所へ移転し、御倉跡の薬院の森には、施薬院稲荷の祠のみが残ったという。以後、周辺の東九条の鎮守社となる。
 また、薬院社は、江戸時代、文久年間(1861-1864)、この地に移転してきたという。かつては薬師院の鎮守社だったという。
 近代、1868年の神仏分離令後の廃仏毀釈、また、1872年の辻堂廃止令により、1877年に稲荷が廃絶になる。地域の農民により、城興寺陀枳尼天堂に合祀された。夫婦円満の信仰がある。
◆城興寺城遺跡 かつての境内は、東は烏丸通東、西は室町小路の東、北は信濃小路南、南は九条大路北で囲まれた方形だった。
 1983年、1984年、旧地境内の発掘調査により、室町時代後期の城興寺城の掘跡が発見される。堀は、現在の境内の東、烏丸通に南北に確認されている。堀の幅は5.8mから7m以上、二段掘りで深さは1.5mあった。堀跡からは漆器、椀、土器、下駄などの生活用品も見つかっている。
◆おみくじ 人生や恋愛についての「小指みくじ」がある。
◆修行体験 写仏会(予約により毎日9:00-16:30・19:30-21:00)、写経会(毎月第2日曜日、10:00-12:00、本堂)。
◆年間行事 修正会 (1月1日-3日)、どんと祭(1月15日) 、彼岸会(3月21日) 、施餓鬼法要(8月17日) 、彼岸会(9月25日) 、お火焚祭(11月3日)。
 写仏(毎日9:30-16:30)。


*年間行事は中止、日時変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都を歩こう 洛陽三十三所観音巡礼』『京都・山城寺院神社大事典』『増補版 京都の医史跡探訪』『秘密の京都』『京都御朱印を求めて歩く札所めぐりガイド』『こころ美しく京のお寺で修行体験』


  関連・周辺      周辺      関連悲田院〔泉涌寺〕      関連悲田院遺址       


摂社、次郎吉稲荷、唯一の願を叶えるという

イチョウの大木
平安京オーバレイマップ
 城興寺 〒601-8016 京都市南区東九条烏丸町7-1   075-691-3614
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光