法音院 〔泉涌寺〕 (京都市東山区) 
Hoon-in Temple
法音院 法音院  
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home











寿老人



御朱印



本堂



本堂内陣







庫裏
 法音院(ほうおんいん)は泉涌寺山内にある。
 泉涌寺の塔頭、真言宗泉涌寺派総本山、本堂の本尊は不空羂索観音。
 洛陽三十三観音巡礼第25番札所、泉山(せんざん)七福神、第7番、寿老人。
 病平癒、水難・火難厄除、財運祈願、長寿などの信仰がある。ふくろうのお守り、健康長寿の福亀守りが授与される。
◆歴史年表 鎌倉時代末、1326年/1326-1327年、無人如導(むにん-にょどう)宗師により創建されたという。
 室町時代、1470年、応仁・文明の乱(1467-1477)により焼失する。
 天正年間(1573-1592)、法音院分朱印地が記されている。
 江戸時代初期、1665年/1664年-1665年、本多正貫夫妻(夫人のみとも)の支援を得て再建された。また、幕府、正貫夫妻の支援により、覚雲西堂が現在地に再建したという。以後、駿州田中城(静岡県藤枝市)城主・本多家の京都の菩提寺になる。当主位牌は幕末まで安置されていた。
◆無人如導 鎌倉時代後期の僧・無人如導(むにん-にょどう、?-?)。詳細不明。1308年/1293年、一条安居院(上京区青木町)に移転させ悲田院を再興する。1311年、北野観音寺、1326年、法音院を創建する。9寺を建立した。1356年、第92代・見天皇皇女・進子内親王を落飾させる。
◆本多正貫 安土・桃山時代-江戸時代前期の大名・本多正貫(ほんだ-まさつら、1593-1672)。長坂重吉の長男。外祖父・本多正重の長男・正氏が秀次事件で自害、次男・正包も早世したため、正重の養子になる。1593年、下総相馬藩藩主本多家2代になった。1594年、正重没後、旗本に降格、廃藩になる。これらは正重遺言によるともいう。1634年、書院番頭、1642年、大番頭になった。1664年、隠居した。80歳。
 正室は本多政澄の娘、夫妻の墓所は法音院内にある。
◆本多正重 室町時代後期-江戸時代前期の武将・本多正重(ほんだ-まさしげ、1545-1617)。本多俊正4男。徳川家康家臣、1563年、三河一向一揆で家康に反し一揆方に付く。1564年、一揆鎮圧後、家康に帰参した。家康の下、歴戦を闘い、1575年、長篠の戦いで功を挙げた。その後、家康のもとを離れ浪人になり、滝川一益、前田利家の下を経て、1596年、再び徳川家に帰参した。1600年、関ヶ原の戦いに加わる。1614年、大坂の役で功を挙げ、1616年、下総国舟戸(相馬)に1万石を与えられ大名になる。信長は「海道一の勇士」と称した。73歳。
◆覚雲西堂 江戸時代前期の僧・覚雲西堂(?-? )。詳細不明。1665年/1664年-1665年、法音院を現在地に移して再建したという。
◆本尊 本堂安置の「不空羂索観音(ふくうけんさくかんのん/ふくうけんじゃくかんのん)」は、一面三眼八臂、あらゆる人々を救う羂索(投げ縄)を持つ。 
 病いなく、財宝を得、水難火難を除き、人々に尊敬され、慈悲の心で暮らし、苦しみなく亡くなり、浄土に導かれるという。
◆建築 「書院」は、伏見城の遺構という。
 江戸時代の第121代・孝明天皇の女御・英照皇太后御(えいしょうこうたいごう、1835-1897)の大葬(1897)での御須屋(おすや)を移築した。御陵や貴人の墓を造る際の工事の間覆いとして設けた仮小屋をいう。
◆七福神巡り 泉涌寺山内の「七福神めぐり」(成人の日)は、泉涌寺(泉山)七福神巡りとして塔頭9カ寺を巡る。1951年以来続けられている。これらを福笹を持ちお参りしていく。
 第1番は福禄寿・即成院、第2番は弁財天・戒光寺、番外の愛染明王・新善光寺、第3番は恵比寿神・今熊野観音寺、第4番は布袋尊・来迎院、第5番は大黒天・雲龍院、番外の楊貴妃観音・泉涌寺本坊、第6番は毘沙門天・悲田院、第7番は寿老人・法音院。
◆フクロウ 当院とフクロウには深い関わりがあり、フクロウのお守りも授与されている。
 泉山(せんざん)七福神の寿老人に因み、「福久老」とし幾久しい幸をもたらす。「不苦労」として苦労知らずの縁起ものとした。さらに、「福籠」は福籠る。「梟長寿」として不老長寿に掛けた。夫婦円満、首が一回転することから、周りをよく見渡せるとして交通安全守護、眼光鋭く、見極めが効くとして商売繁盛、知恵梟として学業成就祈願、招福の福梟などとされた。
◆墓 ◈本多正貫夫妻、家臣の墓が本山より移されている。 
 ◈正貫が建立した父・正重の石碑が立つ。
◆体験修行 写仏(観世音菩薩、大日如来、阿弥陀如来)が体験できる。本堂の内陣参拝、茶菓が頂ける。写仏会・本堂内陣の参拝(毎月18日)。
◆年間行事 泉山(せんざん)七福神巡り(1月成人の日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献・資料 『京都・山城寺院神社大事典』、『京都大事典』、『洛陽三十三所観音巡礼』、『京都御朱印を求めて歩く札所めぐりガイド』、『京都のご利益めぐり』、『京都のご利益手帖』、『こころ美しく京のお寺で修行体験』、『京の福神めぐり』、泉涌寺ウェブサイト、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺泉涌寺  関連・周辺即成院〔泉涌寺〕  関連・周辺戒光寺〔泉涌寺〕  関連・周辺今熊野観音寺〔泉涌寺〕   関連・周辺来迎院〔泉涌寺〕  関連・周辺雲龍院〔泉涌寺〕  関連・周辺悲田院〔泉涌寺〕  周辺  関連    
法音院 〒605-0977 京都市東山区泉涌寺山内町30  075-551-0961
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
    © 2006- Kyotofukoh,京都風光