常照皇寺 (京都市右京区) 
Jyoshoko-ji Temple
常照皇寺 常照皇寺 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

山門




勅額門




勅額複製「仰之弥高」、開山光厳上皇筆という。


勅使門




書院



十六八重の菊花紋章のある瓦


庫裏







方丈



方丈


方丈


開山堂、怡雲(いうん)庵と、「左近の桜」


開山堂(怡雲庵)に安置されている開山、光厳上皇像


舎利殿


鐘楼


小塔




2代目の九重桜



左に、左近の桜。中央、右手に2本の3代目の日本の九重桜、その間に2代目の九重桜がある。



「御車返し(みくるまがえし)の桜」


一重と八重が一枝に咲く「御車返しの桜」


方丈北の庭園



碧瓢池
 常照皇寺(じょうしょうこうじ)の坂道の参道と、長い石段が続いている。古くより寺は、歴代天皇の帰依を得て皇室とゆかりが深かった。 
 寺名は、正式には大雄名山万寿(たいおうめいざんまんじゅ)常照皇寺という。かつては常照寺と呼ばれた。
 臨済宗京都嵯峨・天龍寺派。
◆歴史年表 南北朝時代、1362年、北朝初代・光厳(こうごん)上皇により創建された。廃寺になった天台梶井門跡系の成就寺(じょうじゅじ)を修理し、改めたともいう。
 室町時代、第102代・後花園天皇(在位1428-1464)が、境内裏山万寿林、小塩田260万石などを光厳天皇の香華(菩提)料として献納したという。
 安土・桃山時代、1579年、織田信長の命を受けた丹波守・明智光秀は、二度の丹波国・赤井氏の黒井城攻略を行った。この際に寺は焼失している。
 江戸時代、2代将軍・徳川秀忠(在位:1605-1623)により寺領の寄進が行われる。第108代・後水尾天皇(在位:1611-1629)の志納「ひねりごうし」などにより次第に再興された。
 1781年、開山堂が建てられた。
 江戸時代末期、19世・魯山は、第121代・孝明天皇により紫衣を贈られる。方丈、庫裏が整備された。
 近代、1868年、神仏分離令後の廃仏毀釈後、第122代・明治天皇など、皇室による寺への下賜金は繰り返されたという。
 1869年、北野天満宮の後門に祀られていた舎利塔、舎利が移されている。
 現代、1945年、第二次世界大戦後、寺領の寺田、資産は喪失する。その後、再興された。
 1994年、周辺、境内が「常照皇寺京都府歴史的自然環境保全地域」に指定された。
◆光厳天皇 鎌倉時代後期-南北朝時代の北朝初代・光厳天皇(こうごん-てんのう、1313-1364)。名は量仁(かずひと/ときひと)、法名は勝光智(しょうこうち)、無範。第93代・後伏見天皇の第1皇子。母は広義門院・藤原寧子。1326年、第96代・後醍醐天皇皇太子・邦良親王の没後、両統迭立案により祖父・伏見上皇の意向で持明院統の正嫡として、鎌倉幕府の支持により皇太子になる。1331年、後醍醐天皇が鎌倉幕府討伐を企てた元弘の変の失敗後、後醍醐天皇は笠置に遷幸した。量仁親王は、北条高時に擁立されてが践祚、即位した。持明院統の天皇になる。父・後伏見天皇が院政を行う。1332年、後醍醐天皇の隠岐島配流、1333年、鎌倉幕府の滅亡後、後醍醐天皇は吉野に移り南北朝に分裂した。光厳天皇は廃され太上(だいじょう)天皇(上皇)になる。建武新政後、1335年、足利尊氏は挙兵し、1336年、足利尊氏は後醍醐天皇に離反したものの、光厳上皇の院宣により朝敵を免れた。尊氏の政権掌握により尊氏の要請で光厳上皇は、弟の北朝第2代・光明天皇(豊仁親王)を即位させ院政に当たる。後醍醐天皇は神器を携え吉野に逃れ、持明院統(北朝)と大覚寺統(南朝)の対立は深まる。1348年、光厳上皇は、北朝第3代・崇光天皇にも院政を執る。1351年、第97代天皇・南朝第2代・後村上上皇は崇光天皇を廃した。南朝が優勢になり、北朝が廃せられた。(正平[しょうへい]一統)。1352年、光厳上皇、光明上皇、崇光上皇ら北朝3代上皇は、南朝軍に拉致され河内、大和賀名生(あのう)などに移され幽閉された。光厳上皇は、夢窓疎石に帰依し村上天皇の行宮に移り、剃髪し勝光智(しょうこうち)と称した。河内の金剛寺に移り、孤峰覚明に帰依し光智に改めた。1357年、帰京し、伏見深草・光厳院入る。1362年、巡礼に出た。最晩年、京北の常照皇寺で禅僧として余生を送る。無範和尚と号した。
 和漢儒仏の学に通じた。中厳円月(ちゅうがん-えんげつ)、春屋妙葩(しゅんおく-みょうは)、清渓通徹(せいけい-つうてつ)などに師事、帰依した。『風雅和歌集』に着手、笙、伏見院流の書に秀でた。日記『光厳院宸記』がある。
 常照皇寺(右京区京北)で亡くなり山国陵(右京区京北)に葬られた。52歳。塚には松柏のみを植えることを許した。天龍寺・金剛院(右京区)に遺髪塔がある。分骨所は金剛寺(大阪府河内長野市)にある。近代以降、歴代の天皇から除かれる。
後花園天皇 室町時代前期-後期の第102代・後花園天皇(ごはなぞの-てんのう、1419-1471)。名は彦仁、法名は円満智、諡は初め後文徳院、後に後花園院。北朝の崇光天皇の曾孫。父は伏見宮3代貞成親王の第1皇子、母は庭田経有の女・敷政門院(ふせいもんいん)幸子。兄に一休宗純。1428年、第101代・称光天皇は病死し、天皇に嗣子なかったため、後小松上皇(第100代)の猶子として、将軍・足利義教により嗣立された。上皇の院政による後見を受けた。1433年、上皇没後、親政を開始、1438年、永享の乱で治罰綸旨の発し朝敵制度が復活、以後、天皇の政治的権威は上昇する。1441年、嘉吉の変で赤松満祐討伐に治罰綸旨が出される。1464年、第103代・後土御門天皇に譲位、院政を敷いた。1461年、大飢饉の中で山荘造営した将軍・足利義政に漢詩を贈り戒めた。1467年、応仁・文明の乱(1467-1477)で、畠山政長への治罰綸旨が乱の発端になり、恥じて密かに出家した。学問を好んだ。仮御所の室町第で亡くなる。52歳。
 陵所は後山国陵(右京区)になる。
◆南北朝時代 後醍醐天皇は、楠木正成、新田義貞、足利高氏らとともに鎌倉幕府倒幕に立ち、建武の新政(1333-1336)になる。だが、1336年、後醍醐天皇は足利尊氏に京都を追われ、吉野に南朝を開く。足利尊氏はこれに対抗し、北朝に光厳天皇を立てた。1339年、後醍醐天皇没後、南朝は3人(後村上、長慶、後亀山)、北朝は5人(光明、崇光、後光厳、後円融、後小松)の天皇が続いた。
 観応期 (1350-1352) 、尊氏は弟・直義と対立する。尊氏は、京都不在中に逆賊になることを恐れて北朝を廃し、三種の神器も返還した。1352年、尊氏の留守に南朝は京都を攻め戻る。北朝の3上皇(光厳、光明、崇光)、直仁親王は幽閉の身になる。
 1352年、鎌倉幕府は三種の神器なく光源天皇皇子・後光厳天皇に立てた。政争に翻弄され続けた光厳法皇は出家し、1362年、山国の地に辿り着く。その2年後に亡くなる。
◆仏像・木像 ◈開山堂に平安時代の「阿弥陀如来」、「脇侍観音像・勢至像坐像」(重文)を安置している。寺の創建は、かつての天台梶井門跡系の成就寺(じょうじゅじ)という廃寺を修理し、改めたともいう。そのため、仏堂には、大原三千院の三尊仏に似た、大和座り、跪座(きざ、正坐に近い坐り方で足のつま先を立て、膝頭とつま先で床に付く状態)をとる。「勢至像」(43.9㎝)は、合掌し跪座をし左膝を浮かせる。
 ◈開山堂に光厳法皇像、羅漢像を安置する。
◆建築 山門、勅額門、勅使門、開山堂(怡雲庵、いうんあん)、書院、方丈、舎利殿、鐘楼などが建つ。
 
◈「小塔」が建つ。開山の光厳上皇が南北朝時代、その犠牲者の慰霊のために建立したという。1994年、第二次世界大戦の犠牲者の慰霊のために再建されたという。
◆文化財 「光厳天皇宸翰法華経要文和歌懐紙」(府有形)。
◆舎利塔 少なくとも南北朝以来、北野天満宮本殿の背後に舎利門があり、舎利塔が置かれていた。
 近代、1868年の神仏分離令後の廃仏毀釈により、当寺に移されている。
◆庭園 方丈北に庭園がある。築山に躑躅などの植栽がある。
 池泉式庭園には、碧瓢池がある。
◆陵墓 光厳天皇の陵墓は、境内西に隣接する山国陵(やまくにのみささぎ)に葬られている。
 後花園天皇も、同所の後山国陵(のちのやまくにのみささぎ)に葬られている。
 室町時代(戦国時代)の第103代・後土御門天皇分骨所がある。
◆桜 ◈境内には、国の天然記念物、枝垂桜の「九重(ここのえ)桜」がある。九重桜は、八重桜の意味ではなく、かつて中国で王城の門を幾重にも造ったことから、皇居・宮中を意味し、宮中ゆかりの桜の意で名づけられた。
 桜は、光厳上皇のお手植えといわれ、樹齢650年ともいう。ただ、現在の樹は2代目であり、樹齢300-400年と見られている。近年樹勢が急速に衰え、2008年に太い幹が落ちたという。いまは枝一本のみに花が付く。
 なお、その後継樹、3代目の2本も境内に植えられている。
 ◈御所から株分けされたという山桜の「左近の桜」がある。
 ◈一重と八重が一枝に咲く「御車返し(みくるまがえし)の桜」など桜の名木が複数ある。「御車返し」とは、後水尾天皇が桜の美しさのあまり、御所車を戻して見たことによるという。
 開花の順番は、九重桜、左近の桜、最後に御車返しの桜になる。
◆自然 境内、周辺地域は、1994年に「常照皇寺京都府歴史的自然環境地域」(29.37ha)に指定されている。1997年の京都府の「京都の自然200選 歴史的自然環境部門」に「常照皇寺」として選定された。山には、ゴヨウマツ、アカマツ、ツガ、モミ、スギの植林などの植生が見られる。
 寺門前には大堰川(桂川)が流れている。川に架けられた山陵橋がある。794年、平安遷都にあたり、山国郷は御杣御料地と定められた。大内裏造営のための木材として、杉、桧、松などが山から伐り出された。筏流しにより大量の材が大堰川(上桂川)を使い都に送られていた。
 禅定池には、モリアオガエルが産卵する。

93 後伏見天皇(在位:1298-1301)(持明院統)→94
後二条天皇(在位:1301-1308)(大覚寺統)→95 花園天皇 (在位:1308-1318)(持明院統)→96 後醍醐天皇(在位:1318-1339)(南朝、大覚寺統)→97
後村上天皇 (在位:1339-1368)(南朝、大覚寺統)→98 長慶天皇(在位:1368-1383)(南朝、大覚寺統)→99 後亀山天皇(在位:1383-1392)(南朝、大覚寺統)→100
後小松天皇(在位:1382-1412) 北6 (持明院統)→101 称光天皇(在位:1412-1428)(持明院統)



*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献・資料 『京都・山城寺院神社大事典』、『京都府の歴史散歩 上』、『京都歩きの愉しみ』、『古都歩きの愉しみ』、『京都歴史案内』、『京都の地名検証 3』、『京都の寺社505を歩く 下』、『京都 神社と寺院の森』、『週刊 日本の仏像 第14号 三千院 国宝阿弥陀三尊と大原』、サイト「コトバンク」


関連・周辺光厳天皇 山国陵   関連・周辺後花園天皇 後山国陵・後土御門天皇分骨所  関連・周辺山国神社   関連・周辺山国護国神社  関連・周辺福徳寺  周辺春日神社(京北宮町)  関連天龍寺  関連北野天満宮  関連大応(應)寺  関連・周辺光厳天皇 遺髪塔  関連歴代天皇データ    

【参照】境内に隣接する山国陵、後山国陵、後土御門天皇分骨所

【参照】参道途中にある枝垂桜

【参照】寺近くを流れる桂川と川に架かる山陵橋  
常照皇寺 〒601-0313 京都市右京区京北井戸町14-6  0771-53-0003  9:00-16:30
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
© 2006- Kyotofukoh,京都風光