慈受院 (薄雲御所) (京都市上京区)
Jiju-in Temple
慈受院 (薄雲御所) 慈受院 (薄雲御所) 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

















秋明菊


庭園


大楠


蹲踞、庭園



北庭



庭園



毘沙門堂の西の庭園、近年作



百々町と刻まれている。



毘沙門堂


毘沙門堂


毘沙門堂、扁額


毘沙門堂


稲荷大明神


稲荷大明神


地蔵尊、大日如来


福一大明神、吉丸大明神 



白蓮弁財天
 堀川通に面する慈受院(じじゅいん)は、慈受院門跡といわれる。皇室、将軍家、摂関家より住持が入山する尼門跡寺院、比丘尼御所であり、薄雲御所(うすぐもごしょ)、竹之御所、烏丸御所とも呼ばれた。山号は広徳山という。 
 臨済系通玄派の単立寺院。本尊は釈迦如来。
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 室町時代、1428年/1427年、慈受院は、日野栄子(慈受院浄賢竹庭)が、亡き夫・室町幕府4代将軍・足利義持と子の菩提(天皇家の菩提とも)のために創建したという。(『山城名勝志』)。寺名は、栄子の法号「慈受院浄賢竹庭尼大禅師」に因む。かつて高倉中御門北(現在の京都御苑内宗像神社付近)にあったという。竹之御所とも呼ばれた。(『通玄寺志』)
 1431年、日野栄子が亡くなり、2世は義持の娘・桂芳宗繁に継がれる。総持院と兼帯された。
 1466年、修理が行われる。(『斎藤親基日記』)
 室町時代初期、京都「尼五山」(景愛寺、通玄寺、檀林寺、護念寺、恵林寺)の第2位である通玄寺の3子院(ほかに総持院、曇華院)のひとつになった。
 応仁・文明の乱(1467-1477)で焼失した。(『応仁記』)、その後、頂妙寺町(京都御苑内白雲神社南西)に移転する。(『坊目誌』)
 安土・桃山時代、1583年、伏見宮息女が入寺している。
 江戸時代、1637年以前、公家町の二階町(現在の京都御苑)に移る。(『寛永十四年洛中絵図』)
 1701年以前、総持院東隣(上京区百々町)に移る。(『元禄十四年実測大絵図』)
 第111代・後西天皇皇女の7世・明山瑞光(1674-1706)の頃、尼門跡になり栄えた。
 1706年、瑞光没後、その姉・曇華院宮大成聖安が引継ぎ、以後、幕末まで曇華院の兼帯になった。
 1708年、宝永の大火で類焼する。その後、烏丸寺ノ内、寺町荒神口町下ルに移転した。(「京都御役所向大概覚書」)
 1764年、第117代・後桜町天皇より薄雲御所の号を贈られる。(『坊目誌』)
 近代、1873年、総持院が曇華院に兼管されていた慈受院を併合し、慈受院は廃寺になる。
 1919年、寺格と開祖の法号により、西にあった門跡尼院の総持院(薄雲御所)を併合し、現在地に慈受院が再興された。
 現代、2012年、梶妙壽門跡は、華道の新流派「草花・薄雲御所流」を設立した。
◆日野栄子 南北朝時代-室町時代中期の女性・日野栄子(ひの-えいし、1390-1431)。日野重光の妹。4代将軍・足利義持の妻。5代将軍足利義量(よしかず)の母。子の義量を19歳で、夫・義持も相次いで喪う。1428年、相国寺・佛慧正續国師により落飾、法名を浄賢竹庭と称した。法号は「慈受院浄賢竹庭尼大禅師」。42歳。
◆足利義持 南北朝時代-室町時代後期室町幕府第4代将軍・足利義持(あしかが-よしもち、1386-1428)。3代将軍・義満の嫡子。1394年9歳で将軍になり、1406年、権大納言兼右大将に上るが、父・義満の傀儡であり、その後、反目する。1408年、父の死により親政を始めた。1412年、北朝の称光天皇を擁立する。1423年、将軍職を嫡子義量に譲り、実権は握り続け「室町殿」と称された。嫡子がなく、前代未聞のくじ(神判)による跡目決定になり、6代には同母弟の義教が選ばれた。43歳。
◆桂芳宗繁 室町時代の尼僧・桂芳宗繁(?-? )。詳細不明。室町幕府4代将軍・足利義持の娘、日野栄子の実娘ともいう。慈受院2世になった。
◆明山瑞光 江戸時代前期-中期の尼僧・明山瑞光(1674-1706)。瑞光女王(ずいこう-じょおう)、幼称は多嘉宮。第111代・後西天皇の第13皇女。1683年、慈受院に入り得度、明山瑞光と称した。1703年、大和・円照寺住持を兼務、大円宗悟と称した。33歳。
◆大成聖安 江戸時代前期-中期の尼僧・大成聖安(1668-1712)。聖安女王(しょうあん-にょおう)、館宮(たちのみや)と称した。第111代・後西天皇の第9皇女、母は梅小路定子。明山瑞光の姉。1671年、曇華院に入寺する。1674年、喝食、1679年、得度、1707年、通玄寺住職、紫衣を許される。曇華院門跡になり大規模な修復を行い、後に中興の祖といわれた。45歳。
 墓は大徳寺・養徳院内曇華院宮墓地にある。
◆総持院 室町時代、1427年、総持院は、慈受院浄賢竹庭(日野栄子)を開基とし創建された。以来、足利家、姻族近衛家の息女らが入寺した。
 2世は娘・桂芳宗繁により、慈受院と兼帯(兼任)された。
 室町時代初期、京都「尼五山」(景愛寺、通玄寺、檀林寺、護念寺、恵林寺)の第二位である通玄寺の3子院(ほかに慈受院、曇華院)の一つになる。
 応仁・文明の乱(1467-1477)により焼失した。
 安土・桃山時代、1583年、5世となる伏見宮貞敦親王が入寺した。
 江戸時代、近衛家、花山家より交互に入寺した。
 宝暦年間(1751-1764)、比丘尼御所(びくにごしょ、皇女・王女、公卿の娘などの出家者が住持となる尼寺、尼御所)に列した。
 1764年、第117代・後桜町天皇により薄雲御所の号を贈られた。
 1788年、天明の大火により焼失する。
 1813年以降、無住になった。
 近代、1873年、曇華院(どんけいん)に兼管されていた慈受院を併合し、慈受院は廃寺になる。
 1919年、総持院16世・石川恒道尼の時、総持院は慈受院に併合され廃寺になった。総持院旧地に総持院の山号「広徳山」を引き継ぎ慈受院とされた。
◆仏像 本堂に第108代・後水尾天皇念持仏の「阿弥陀如来像」、第111代・後西天皇より贈られた「阿弥陀如来像」、「三尊仏」を安置する。
◆文化財 室町時代の「竹庭浄賢尼像」「竹庭浄賢尼所用七条袈裟」、竹庭浄賢所用「数珠」、「髪織光明真言」。
 室町時代、北朝第6代、歴代第100代・後小松天皇作の和歌懐紙など。
 飛鳥時代の藤原鎌足(614-669)の一代記「大織冠絵巻」上下二軸がある。ただ、絵巻は江戸時代作で、現存するものでは最も古い。現存絵巻・奈良絵本のなかでは最も多い、上下巻あわせて40図からなる。海女の珠取り伝説を描く。
 江戸時代の「蔦唐草杜若菱紋蒔絵膳椀具」。
◆大織冠伝説 大織冠(だいしょくかん/だいしきかん)の伝説は、幸若舞、能、浄瑠璃、歌舞伎にも採られている。大織冠とは、飛鳥時代、647年-685年に用いられた冠位、また標章の冠をいう。669年に藤原鎌足だけが贈られ、後に鎌足は「大織冠」と尊称された。
 鎌足の娘「こうはく女」は、絶世の美女だったため、唐の皇帝から求婚される。娘は海を渡り嫁ぐ。娘は、父・鎌足の興福寺建立計画を知り、皇帝が秘蔵していた無価宝珠を譲り受け、日本へ持ち帰ろうとする。万戸将軍に護られ、宝珠を載せた舟は日本へ向かう。だが、竜王の率いる阿修羅の軍は、宝珠を奪い還そうとして舟を襲う。両軍の間で激しい合戦になり、竜王の軍は敗れる。竜王は、龍女を使い、万戸将軍を誘惑して宝珠を奪う。
 鎌足は、宝珠の再奪還のために、志度の浦の海女と契りを結ぶ。授かった男児・房前を藤原家の後継とすることと引き換えに、海女に竜宮にある宝珠を奪い取るように持ちかける。竜宮の警護は厳しいため、鎌足は海上に舞台を設け、歌舞管楽で竜王を誘い出す。間隙をついて海女は宝珠を奪うことに成功するが、海女は竜王に殺されてしまう。鎌足は、海女の乳房に隠されていた宝珠を取り戻し、興福寺本尊の眉間に彫り込めたという。
◆源氏物語 慈受院に併合された総持院(薄雲御所)は、藤原道長の法成寺の跡地(上京区寺町通荒神口下、現在の鴨沂高校付近)にあったことから、『源氏物語』ゆかりの寺といわれている。
 『源氏物語』第19帖「薄雲」巻は、光源氏が亡くなった藤壷中宮への哀悼として「入日さす 峰にたなびく 薄雲は もの思ふ袖に 色やまがへる」と詠んだ。
◆庭園 本堂南の枯山水式庭園は、苔地に浅い枯池があり、切石の橋が架かる。築山に景石が配されている。クスノキの老大木、マツ、そのほかの低木、刈込などがある。
 裏庭には、ツバキ、シュウメイギク(キブネギク)、ホトトギス、ツワブキ、シュウカイドウ、ミズヒキソウなどの草花が植えられている。
 
毘沙門堂の西に近年作の枯山水式庭園の前庭がある。慈受院浄賢竹庭(日野栄子)の名に因み「竹」を主題としている。作庭は吉田充による。杉苔に仏教伝来の祖地・明日香各地の遺石を配した。蹲踞は1300年前の山田寺伽藍、井筒は岡寺の伽藍に使われていたあすか石を使っている。伊勢ゴロダ石などを敷く。植栽は、竹、楓による。
◆毘沙門堂 
毘沙門堂は、日本三体随一といわれる毘沙門天像が祀られている。室町時代、北朝最後の第6代・歴代第100代・後小松天皇(1377-1433)の念持仏であり、足利氏に贈られたという。近代まで非公開とされていた。
◆石造物 「十三重塔」は、南北朝時代の作になる。塔身に四天王彫刻が施されている。奈良石。
◆樹木 樹齢1000年という大楠がある。ご神木になる。


慈受院の経緯
慈受院→通玄寺(後の曇華院)の子院→曇華院に兼管→総持院に併合→慈受院の再建


*普段は非公開
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献・資料 『尼門跡寺院の世界』、『京都・山城寺院神社大事典』、『名庭 5 京都尼寺の庭』、『京都大事典』 、ウェブサイト「コトバンク」


紫式部墓所  引接寺  小川通  廬山寺     関連宝鏡寺  関連大聖寺  関連光照院  関連三時知恩寺  関連宝慈院  関連西方尼寺・本光院門跡  関連大歓喜寺  関連林丘寺  関連霊鑑寺  関連曇華院    

前庭

十三重塔
慈受院 〒602-0072 京都市上京区百々町504,寺ノ内通堀河東入ル   075-431-0618
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光