高野新笠陵(大枝陵、桓武天皇御母御陵) (京都市西京区)
TAKANO no Nigasa Oe-ryo (Mausoleum)
高野新笠陵 高野新笠陵
50音索引  Home 50音索引  Home



「贈太皇太后 高野新笠大枝陵」の石標


「桓武天皇御母御陵参道」の碑、旧山陰街道沿い、御陵入り口に立つ石碑


竹林の参道
 洛西の御陵大枝(おおえ)山麓に、旧山陰道に面して、第50代・桓武天皇の生母・高野新笠(たかの の にいがさ)が葬られた高野新笠大枝陵(たかの の にいがさ おおえりょう/おおえのみささぎ)の円墳がある。
 この地は、乙訓郡大江(おおえ)郷にあたる。(『倭名類聚抄』)
◆歴史年表 平安時代、789年、12月28日、高野新笠は亡くなる。
 790年、1月15日、沓掛の大枝山陵(おおえのみささぎ)に葬られ、光仁天皇皇后陵と呼ばれた。(『続日本紀』)。皇太后を追贈され、天高知日之子姫尊(あまたかしらすひのひめのみこと)と諡された。大枝陵(西京区大枝沓掛町字伊勢講山という)に葬られたともいう。桓武天皇は、新笠の母である土師真妹・その一族に「大枝」の姓を贈る。
 967年、守戸五烟(しゅこごえん)があてられたと記されている。(『延喜式』)
 中世(鎌倉時代-室町時代)、荒廃した。
 江戸時代、酒呑童子首塚(西京区)が新笠陵とされていた。その後、現在地が治定される。
 近代、1880年、宮内省は現在地に大枝陵を最終比定する。
◆高野新笠 奈良時代の女性・高野新笠 (たかの の にいがさ、?-790)。父は和乙継(やまと の おとつぐ)、母は土師真妹(はじ の まいも)。父方は百済よりの渡来系氏族で第25代王・武寧王(ぶねいおう、462-523)の子孫。大和に住んだとみられる。当初は和新笠(やまと の にいがさ)と称した。729年頃、光仁天皇の妃となる。733年、能登女王、737年、山部王(桓武天皇)、750年、早良王を産む。770年、第49代・光仁天皇が即位すると、没した第48代・称徳天皇(高野天皇)に因み、姓を高野朝臣に改められる。778年、従三位。781年、第50代・桓武天皇即位により皇太夫人、正三位となる。
 没後、791年、皇太后を追贈され天高知日之子姫尊(あまたかしらすひのひめのみこと、河伯の娘が日精に感じ生まれた王の子孫)と諡され、大枝陵に葬られた。806年、孫の第51代・平城天皇即位により太皇太后となる。
 高野新笠は、皇后になることはなく、桓武天皇生母として、皇太夫人と称された。
◆百済氏族 桓武天皇と渡来系氏族・百済氏の関わりは深かった。韓国・武寧王(ぶねいおう)の子孫である和氏(やまとし)の系統、和乙継(やまと の おとつぐ、生没年不詳)の娘が高野新笠(桓武天皇の母)になる。
 さらに、661年、百済滅亡後、百済の兄弟王子・余豊璋(よ ほうしょう、生没年不詳)、百済王善光(くだら の こにきし ぜんこう、?-693)が人質として渡来した。弟・善光の系統に百済王敬福(きょうふく、697-766)、その孫娘に百済王明信(みょうしん、?-815)があった。明信の夫で交野の藤原継縄(ふじわら の つぐただ、727-796)と桓武天皇は関わり、交野で天神を祀る行事を行う。明信は天皇の後宮に入った百済王出身の9人の女性の一人であり、継縄は後に後宮長官に就く。
 皇位継承に関わる「三種の神器(鏡、剣、のちに玉)」とともに、第四の神器とされた「大刀契(だいとけい/たいとけい)」は、百済伝来とされる。太刀と符契により、即位の儀式で用いられていた。南北朝時代に失われる。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『洛西歴史探訪』『平安の都』『おんなの史跡を歩く』『京都府の歴史散歩 上』『桓武天皇と平安京』

 
  関連・周辺        周辺       関連桓武天皇陵(柏原陵)       関連仲野親王陵       関連老坂峠、首塚大明神       関連平安神宮      関連崇道神社     関連平野神社           
 大枝陵 〒610-1106 京都市西京区大枝沓掛町伊勢調山7-57
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光