藤原旅子 宇波多陵 (淳和天皇御母贈皇太后旅子 宇波多陵) (京都市西京区)  
Imperial mausoleum of Empress Dowager Fujiwara no, Tabiko
藤原旅子 宇波多陵 藤原旅子 宇波多陵
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

「宇波多陵道敷地」の石標












「淳和天皇御母贈皇太后旅子 宇波多陵」の石標
  大枝の三ノ宮神社の参道脇より逸れて参拝道を登ると、丘陵地に宇波多陵(うはた-の-みささぎ)がある。「宇波多山陵」「淳和天皇御母贈皇太后旅子 宇波多陵」とも呼ばれている。
 第50代・桓武天皇の夫人・藤原旅子(ふじわらの-たびこ)を葬る。
◆歴史年表 奈良時代、788年、5月4日(新暦6月12日)、藤原旅子が亡くなる。その後、現在地に葬られた。
 平安時代、857年まで、初穂を供える荷前奉幣が行われている。
◆藤原旅子 奈良時代の第50代・桓武天皇の夫人・藤原旅子(ふじわら-の-たびこ、759-788)。式家・藤原百川(ももかわ)の長女。母は藤原良継の娘・諸姉(もろあね)。両親方はともに桓武天皇擁立の功労者だった。桓武皇后・藤原乙牟漏は母方の叔母、父方の従妹になる。782年頃、結婚した。785年、桓武天皇の後宮に入ったともいう。従三位。786年、夫人(ぶにん)になり、大伴親王(第53代・淳和天皇)を産む。788年、亡くなり、妃の号と正一位を追贈された。30歳。
 823年、大伴親王が淳和天皇として即位し、皇太后を追贈された。
 墓は宇波多山陵になる。
◆陵墓 詳細は不明。石畳の参拝道を登った丘陵地にあり南面している。拝所も設けられている。


50 桓武天皇(在位:781-806)→51 平城天皇 (在位:806-809)→ 52 嵯峨天皇(在位:809-823)→53 淳和天皇(在位:823-833)


*原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献・資料 『歴代天皇・皇后総覧』、『歴代皇后125代総覧』、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺高野新笠陵(大枝陵)  周辺  関連藤原乙牟漏 高畠陵(桓武天皇皇后 高畠陵)  関連桓武天皇 柏原陵  関連淳和天皇 大原野西嶺上陵  関連歴代天皇データ     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 藤原旅子 宇波多陵 〒610-1104 京都市西京区中山町大枝大字乳母堂
50音索引,Japanese alphabetical order Home  top 50音索引,Japanese alphabetical order Home  top
© 2006- Kyotofukoh,京都風光