武信稲荷神社 (京都市中京区)
Takenobu-inari-jinja Shrine
武信稲荷神社  武信稲荷神社
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home









 

拝殿





本殿







本殿



本殿



エノキ




龍馬とおりょうの絵馬


起上大明神



起上大明神



起上大明神



起上大明神


 武信稲荷神社(たけのぶ-いなり-じんじゃ)は、三条通に近いことから「三条稲荷」とも呼ばれた。産土神として崇敬されてきた。
 人名稲荷になる。 
 祭神は、宇迦之御魂大神(うがのみたまのおおかみ)、佐田彦大神(さだひこのおおかみ)、大宮能売大神(おおみやのめのおおおかみ)の三神。旧村社。
 家内安全、商売繁盛、所願成就、病気平癒などの信仰を集める。勝駒の守護札授与があり、スポーツ、選挙関係者、受験の参拝も多い。藤原良相(よしすけ)が、一族の名付けをしたことから名付け命名ゆかりの社としても知られている。坂本龍馬とおりょうに因み縁結びの信仰も篤い。
 授与品は必勝海運勝守、龍馬おりょう縁結び守、御朱印が授けられる。
◆歴史年表 平安時代初期、859年、2月、西三条大臣といわれた右京大臣・左近大将・藤原良相により、藤原氏の学問所・勧学院(千本三条東、西ノ京観学院町、境内北側一帯)、一族の療養医療施設・延命院(境内の西側一帯)の守護社として創建されたという。(『三代実録』)
 939年、雨乞祈祷が行われた。
 延命院の廃絶後、当社のみが残る。
 後(年代不明)、藤原武信(詳細不明)が篤く信仰し、旧地に近い現在地に社殿整備を行う。以後、「武信稲荷」と称されたという。
 江戸時代、一時、青山播磨守の京都邸内に遷されたという。当社が邸内になったともいう。
 元禄年間(1688-1704)、現在地に遷される。
 近代、1871年、廃藩置県後に神社だけが残る。
◆藤原良相 平安時代前期の公卿・官人・藤原良相(ふじわら-の-よしみ、813-867)。西三条大臣。父は左大臣・藤原冬嗣の5男、母は藤原真作の娘・尚侍・美都子。良房の弟。834年、蔵人になる。842年、承和の変を経て参議、851年、従三位権中納言になった。857年、右大臣。866年、応天門の変では、伴善男とともに左大臣・源信を陥れようとしたという。邸内に崇親院を建て、藤原氏の困窮子女を収容した。延命院で病人を救護した。仏教に帰依した。『貞観格式』『続日本後紀』の編修に関わる。55/51歳。
 贈正一位。娘の多可幾子、多美子はそれぞれ第55代・文徳天皇、第56代・清和天皇の女御になった。
◆坂本龍馬 江戸時代後期の尊攘派志士・坂本龍馬(さかもと-りょうま、1835-1867)。本名は直柔(なおなり)、別名は才谷(さいだに)梅太郎、通称は龍馬。土佐(高知県)の生まれ。土佐藩郷士・坂本長兵衛の次男。城下の日根野弁治道場で剣術修行した。1853年、江戸・北辰一刀流千葉定吉道場に剣術修行に出る。1854年、土佐で画家・河田小龍から西洋事情を学ぶ。1856年、再び千葉道場に遊学し、免許を得た。1858年、帰国した。1861年、「土佐勤王党」に加盟し、出国する。1862年、長州萩の久坂玄瑞を訪ね、その後に脱藩した。大坂、京都を経て江戸へ出る。軍艦奉行・勝海舟の弟子になり、航海術などを学ぶ。1864年、再脱藩し、勝の主唱した「神戸海軍操練所」設立に尽力し、塾頭になった。勝の失脚後、操練所は解散された。薩摩藩の保護を受ける。1865年、薩摩藩の援助の下で、長崎で株式会社の先駆、政治結社でもある「亀山社中」を設立した。洋式銃砲の取り引きを行なう。1866年、1月、中岡慎太郎と協力し、対立していた長州藩と薩摩藩との間の「薩長同盟」に尽力し、倒幕への布石になる。寺田屋で襲われる。1867年、1月、土佐藩の長崎「土佐商会」に出張してきた藩参政・後藤象二郎と会談した。龍馬は、脱藩の罪を許され土佐藩に戻る。亀山社中を「海援隊」に改め、海援隊長になる。6月、長崎からの藩船中で、後藤と大政奉還を原案にする「船中八策」を策定した。10月、土佐藩はこの案を元に将軍・徳川慶喜に大政奉還を建白し、実現した。11月、京都・近江屋で中岡慎太郎とともに暗殺される。32歳。
 贈正四位。松平春嶽、横井小楠、三岡八郎(由利公正)、大久保一翁(忠寛)、西郷隆盛と親交した。
◆楢崎龍 江戸時代後期-近代の女性・楢崎龍(ならさき-りょう、1841-1906)。お龍(おりょう)。京都の生まれ。父は青蓮院宮の侍医・楢崎将作の長女、母は貞(夏)。1862年、勤王家の父が安政の大獄で捕らえられ、赦免後病死し、家族は離散する。お龍は七条新地の旅館「扇岩」で働く。1864年頃、龍馬と出会い、親戚筋の知足院の仲介により金蔵寺で内祝言を挙げた。伏見・寺田屋のお登勢に預けられ、「お春」と名乗る。1866年、龍馬は寺田屋に投宿し、お龍の機転により伏見奉行配下の捕吏より脱出した。(寺田屋事件)。龍馬の刀傷治療のためにともに薩摩へ下る。お龍は途中の長崎で下船し、小曾根英四郎家に預けられた。1867年、下関の伊藤助太夫家に妹・起美と過ごす。龍馬暗殺(近江屋事件)後、1868年、土佐高知・坂本家に移り、妹・起美の嫁ぎ先の安芸郡・千屋家(菅野覚兵衛の実家)へ移る。1869年、寺田屋のお登勢を頼る。1875年、東京の呉服商人・西村松兵衛と再婚し、「ツル」に改名して横須賀に暮らした。妹・光枝がお龍を頼る。松兵衛と光枝が内縁関係になりお龍は別居した。晩年は退役軍人・工藤外太郎に保護された。月琴を奏でた。 64歳。
 墓は横須賀の信楽寺にあり、京都霊山護国神社(東山区)に分骨された。
◆龍馬・おりょう 幕末の頃、境内南に六角獄舎(三条新地牢屋敷)があった。江戸時代末、安政の大獄(1858-1859)以後は、多くの政治犯、勤皇の志士が収容され、獄舎は「会所」といわれるほどだった。
 1864年の禁門の変(蛤御門の変)の際に、獄舎に火の手が迫る混乱に乗じ、脱獄を恐れた幕吏は志士全員を斬首している。
 坂本龍馬(1836-1867)が懇意にしていたおりょう(楢崎龍、お龍、1841-1906)の父で、医者・楢崎将作も投獄されていた。勤皇の志士を支援し、安政の大獄で捕らえられていた。父を案じた2人は、境内を何度も訪れ、エノキに登りその安否を窺っていたという。
 龍馬も追われる身であり、身を隠した。おりょうは、木に「龍」と刻まれた字を見て、龍馬がまだ生きており、境内を訪れたことを知る。2人の共通の知人を訪ねて、再開を果たすことができたという。
 なお、将作は獄死している。1866年の寺田屋事件で、おりょうの機転により龍馬は命拾いした。その後、2人は結婚している。
 この伝承により、エノキは縁の木とされ、縁結びのご利益があるとされている。  
◆釘抜き大明神 「釘抜き地蔵(釘抜きさん)」が祀られている。ご神体は、鉄製の釘抜き(1m)になる。
 かつて、神社近くに住んだ鍛冶屋の主人が、病いになり災難にも苦しんだ。当社稲荷に祈り、鉄を打ったところ自然に釘の形になったため祀ったという。以後、一家は幸運に恵まれたという。
 体の病苦あるところをさすり、地蔵をなでると「病苦を抜く」として病いも治るという。
◆末社 末社・宮姫社(弁財天)は縁結び、恋愛の神としても知られている。
 ほかに、末社として白蛇弁財天、白清大明神、七石大明神、太郎松大明神、常吉大明神、金毘羅社、天満宮、法華経御塚、起上大明神など数多く祀られている。
◆エノキ 境内には、水の神、弁財天が宿るというエノキの大木が数本ある。
 本殿の南、ご神木の大エノキ(京都市指定天然記念物、1985)は、樹齢850年という。「宮媛(姫)さん」と呼ばれている。平安時代末、平清盛嫡男・平重盛(1138-1179)が、安芸宮島の厳島神社より苗木を移植した、種を蒔いたともいう。樹高22.5m、胸高幹周3.54m。
◆年間行事 初詣(先着で振舞酒、おでんの接待)(1月1日-3日)、節分会(2月3日)、初午(2月6日)、御例祭(さつき祭り)(5月8日、催行は第2日曜日)、御火焚祭(11月8日、催行は第2日曜日)。


*年間行事(拝観)などは、中止・日時・内容変更の場合があります。
*原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献・資料 『京都大事典』、『京都府の歴史散歩 上』、『京都 歴史案内』、『昭和京都名所図会 5 洛中』、『京都幕末維新かくれ史跡を歩く』、『京都のご利益手帖』、『女たちの京都』、『京に燃えた女』、『お稲荷さんの起源と信仰のすべて 稲荷大神』、『稲荷信仰と宗教民俗』、『京都 神社と寺院の森』、『京都の隠れた御朱印ブック』 、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺六角獄舎跡
  周辺三条台若中会所  関連近江屋跡・近江屋事件跡  関連酢屋・近江屋事件  関連楢崎家跡(お龍実家)    

白蛇大弁財天

白蛇大弁財天

白蛇大弁財天

右より天満宮、金毘羅宮

天満宮

金毘羅宮

能勢妙見山常吉大明神 

釘抜き地蔵、釘抜きさん

右より、太郎松大明神、七石大明神、白清大明神 

太郎松大明神

七石大明神 

白清大明神 

伏見遥拝所

宮姫社 
武信稲荷神社 〒604-8801 京都市中京区今新在家西町38,六角通神泉苑西入ル一筋目上ル西側  075-841-3023   9: 00-17:00
50音索引,Japanese alphabetical order  Home   50音索引,Japanese alphabetical order  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光