小関越石点(測量標石) (滋賀県大津市)  
Kosekigoe Survey Мarker
小関越石点(測量標石)  小関越石点(測量標石)  
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

小関越石点、南西角


北側


東側


真上、下が北




小関越道標


【参照】小関越


【参照】逢坂山に向かう山道


【参照】高圧送電線鉄塔

【参照】鉄塔から北方向の景色


【参照】等正寺墓地名号碑


【参照】等正寺墓地名号碑


【参照】堀川第一橋、橋端石


【参照】堀川第一橋


【参照】伏見街道第二橋、橋端石


【参照】伏見街道第二橋


【参照】伏見街道第三橋


【参照】嶋田道生「通水路目論見実測図」(1883年)の一部、琵琶湖疏水記念館展示パネルより
 京都から大津に通じた小関越(こぜき-ごえ)から道を分かれ、逢坂山に向かう山道をやや登った山中に、「小関越石点(こぜきごえ-せきてん)」が残されている。
 石点の直下には、琵琶湖疏水第1トンネルがあり通水している。石点は、最も難工事だった第1トンネルの掘削のための測量に使われた。石点は、「測量標石」、「几号(きごう)高低標」、「几号水準点」などとも呼ばれた。
◆歴史年表 近代、1881年、4月、府知事・北垣国道は琵琶湖疏水の高低測量を命じた。8月、滋賀県三保ヶ崎に量水標が設置される。属・角田利永(税務課地理掛)らが疏水路線を三角法により量地測量する。10月、測量技師・嶋田道生により「疏水線路測量略図」が完成した。
 1882年、2月、建築業者・実業家・南一郎平が入洛し、実地調査する。3月、南は府知事に意見書、水利目論見票を提出した。4月、嶋田、渡辺樵華、織田信道、野村万喜らが疏水路線を三角測量する。
 1883年、2月、三角測量が終了した。実測全図も完成し、トンネル・運河の開削位置が決定する。8月、御用掛・田邊朔郎、嶋田、織田らが路線測量する。
 1885年、4月、第1トンネルの測量が始まる。琵琶湖岸から第1トンネル西口までの高低測量、測量基点(大津大門町)を設置する。5月、測量に伴い視界を遮る三井寺山(長等山)の樹木が伐採される。6月、トンネル東口・西口の測量点、三井寺山石点、小関越石点が設置された。測量は終了した。
 1889年、2月、第1トンネルは貫通する。
 現代、1988年、6月、京都市水道局職員により、三井寺山石点(測量標石)が発見された。
 2001年、2月、国土地理院技術者により、小関越石点が発見される。
◆嶋田道生 近代の測量技師・嶋田道生(しまだ-どうせい、1849-1925)。但馬国(兵庫県)生まれ。1871年、アメリカ合衆国人・クラークに語学、数学を学ぶ。1872年、東京・北海道開拓使仮学校第1期生として学ぶ。1873年、アメリカ合衆国人・ライマン技師から図式・測量術を学んだ。1874年、アメリカ合衆国人・デイとともに北海道全国基線測量を行う。1875年、大三角、角度調査のために諸山に出張した。1877年、高知県、1カ月後に熊本県に勤める。1880年頃、高知県に移る。1881年、琵琶湖湖面水位の増減を観測した。測量略図を完成させる。1882年、琵琶湖疏水の線路を測量した。京都府属を兼務する。1883年、測量技師として京都府5等属の専属になる。琵琶湖疏水近傍を測量した。実測図(1/2000)を完成させた。1884年、芦ノ湖疏水箱根トンネルを視察した。1885年、山口・鯖山トンネルを視察する。1886年、疏水事務所の測量部長に就く。1892年、北海道での鉄道敷設のために測量を行う。1898年、官職を辞した。1917年、東洋美術社名誉社長になる。76歳。
 琵琶湖に湖面水位観測のための量水標設置を提言し、琵琶湖疏水基本構想の際の測量図作成に当たる。嶋田の成案により農商務省の工事許可を得る。嶋田が主導した琵琶湖疏水工事のための測量は正確を極め、第1(長等山)トンネルの貫通時に高低差1.2mm、中心差7mmで結合した。
◆測量 琵琶湖疏水工事に伴い、トンネル、運河、舟溜、堤防、道路、インクライン、閘門など数多くの工事に際して測量が行われている。
 琵琶湖疏水第1トンネル開削工事では、三角法による測量が行われた。測量地点は10カ所あり、東から大津石点(測量標石)、第1トンネル東口、三井寺山(長等山)石点、小関越石点、第1竪坑、竪坑側仮点、第2竪坑、西口側仮点、第1トンネル西口、藤尾村石点があった。1881年8月に量地測量が行われている。この結果、大津-京都間距離11.7km、高低差40mであることが分かった。
 1885年4月-6月の測量では、第1トンネル中心線の実測が行われた。トンネルが長いため測量は困難を極めた。三角形の一辺になる基線は、相場山-猫山、猫山-丸山間の2線として三角を組む。トンネル洞口に三角点は置けないため、東口から350m地点に大津石点、西口から303m西に藤尾村(小関越)石点を置いた。この2石点を基とし中心線伸長に経緯儀の目鏡を据えた。3点を同一線に見えるようにして18m毎に杭を立てた。竪坑内にも針金の重りを垂らして測量している。トンネル掘削中には、毎日高低差を測定し、後に洞口からの距離を測定した。
 第1竪坑と西口間距離は733mあり、西口貫通の際の誤差はわずかに北へ1.4㎝、高低差は1.6㎝、坑内実測の長さは三角測量計算により36.4㎝に過ぎなかった。第1トンネル全線の延伸差113.1㎝長く、高低差1.2㎝、中心差は南に7.4㎝だった。なお、第2トンネル延伸差19㎝、第3-第6トンネルについては全て誤差は生じなかった。
◆水準測量・石点 近代、明治期(1868-1912)初期に、水準測量はイギリスから導入された。標高を示す水準点(ベンチマーク)は内務省により設置され「几号高低標」と呼ばれた。主に構築物の垂直面に「不」の字が刻された。全国に166カ所設置され、現存は150数カ所という。 
 水準点は、水路に沿い設置される。大阪湾の最低干満面(OP)を基準にした海抜を示し、四角い石に〇印が付けられていた。四宮村北東に第1号、川端夷川北入ルまで13カ所、分線は第4トンネル北口に第1号、二脇川東まで19カ所に置かれた。水準器(トランシット)はアメリカ合衆国製の「Yレベル」(18インチ型)だった。望遠鏡と目盛り盤を備えた精密な測角機器だった。
 琵琶湖疏水工事測量の水準点は、滋賀県に2カ所、京都市に3カ所あった。「小関峠東測点」(滋賀大津市藤尾奥町)、付刻対象は単独標石のほかに、「三井寺山(長等山)山頂東測点」(滋賀大津市園城寺町)の単独標石、 橋端石として京都市に「堀川第一橋親柱」(上京区堀川中立売)、「伏見街道第二橋親柱橋」(東山区東福寺陸橋下)、「伏見街道第三橋親柱」(東山区東福寺中門前、近傍から移設、近年大破)がある。
 小関越石点は、花崗岩の台座(61㎝角、地上高北側42㎝、南側29.5㎝)上に中心から北寄りに標石(24.5㎝角、高さ29.5㎝)が載る。標石は現在、北寄りにやや傾斜している。台座と標石はセメントで接着され、東面にのみ「不」(横9㎝、縦12㎝)が刻まれている。標石、上面に十字が切られ、方位上に置かれている。穴(直径3.5㎝、深さ10㎝)が空く。花崗岩製。
◆量水標 琵琶湖疏水の増減観測のために、1881年8月に、取水口の三保ヶ崎に「量水標」が設置された。4月には滋賀県南郷、大阪府三島に量水標が設置され、水位を観測している。
◆小関越 小関越(こぜき/こせき/おぜき-ごえ)は、大津市小関町から小関峠を越え、藤尾横木までの5kmほどの峠道をいう。大津市と京都市の県境にある逢坂山(標高325m)に連なりその北側に位置している。
 古代には北陸道(西近江路)と呼ばれた。平安時代には逢坂の関(大関)には東海道・東山道が通り、小関越は間道として小関と呼ばれた。小関越は、西国三十三所観音の第14番札所、三井寺から第15番札所・今熊野観音寺に至る巡礼道としても利用された。
 1989年に小関越は滋賀県の「湖国百選 街道編」の一つに指定されている。


*小関越の峠から南東の逢坂山に向かう急な山道をやや登り、送電線北東角の森中にあります。周囲に人家はありません。現在は一部崖崩れ薮もあり注意が必要です。
原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 『琵琶湖疏水の100年 叙述編』、『琵琶湖疏水の100年 資料編』、ウェブサイト「明治初期における几号高低標の設置経緯と残存状況」、『琵琶湖疏水の歴史散歩』、ウェブサイト「日本の測量史」、ウェブサイト「歴史事典-大津市歴史博物館」、大津市教育委員会の説明板、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area琵琶湖疏水・岡崎公園・鴨川運河  関連・周辺,relevance&surrounding area琵琶湖疏水 第1竪坑 関連・周辺,relevance&surrounding area琵琶湖疏水 第2竪坑  関連・周辺,relevance&surrounding area三井寺(園城寺)(大津市)  関連・周辺,relevance&surrounding area逢坂・逢坂山・逢坂関跡(大津市)  周辺,surrounding area喜一堂(峠の地蔵)   関連,relevance堀川第一橋(中立売橋)   関連,relevance今熊野観音寺(観音寺)    
 
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 小関越石点(測量標石) 〒520-0067 滋賀県大津市藤尾奥町
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光