喜一堂(峠の地蔵) (滋賀県大津市)  
Kiichido-jizo
喜一堂(峠の地蔵) 喜一堂(峠の地蔵)
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home



地蔵尊





 小関越の峠付近に、喜一堂(きいち-どう)があり、地蔵尊が祀られている。峠の地蔵、小関地蔵とも呼ばれている。
 庶民の暮らし、交通安全の信仰がある。
◆歴史年表 詳細は不明。
 現代、1980年以前?、道路の拡張工事が行われ、地蔵尊が現在地に祀られたという。
 1989年、現在の御堂が建立され、地蔵尊が安置された。
◆喜一堂 道路の拡張工事が行われた際に、草叢に放置されていた地蔵尊が見つかり、現在地に祀られた。
 1989年に数千人の浄財により御堂が建立され、地蔵尊が安置された。人々の心が一つになり、建立された喜びを忘れないために、「喜一堂」と名付けられたという。
◆小関越 小関越(こぜき/こせき/おぜき-ごえ)は、大津市小関町から小関峠を越え、藤尾横木までの5kmほどの峠道をいう。大津市と京都市の県境にある逢坂山(標高325m)に連なりその北側に位置している。
 古代には北陸道(西近江路)と呼ばれた。平安時代には逢坂の関(大関)には東海道・東山道が通り、小関越は間道として小関と呼ばれた。小関越は、西国三十三所観音の第14番札所の三井寺から第15番札所・今熊野観音寺に至る巡礼道としても利用された。
 1989年に小関越は滋賀県の「湖国百選 街道編」の一つに指定されている。


原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 「峠の地蔵さん保存会」の説明板、『琵琶湖疏水の歴史散策』、ウェブサイト「歴史事典-大津市歴史博物館」


関連・周辺,relevance&surrounding area三井寺(園城寺)(大津市)  関連・周辺,relevance&surrounding area逢坂・逢坂山・逢坂関跡(大津市)  周辺,surrounding area小関越石点(測量標石)  周辺,surrounding area琵琶湖疏水 第1竪坑  関連,relevance     
 
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 喜一堂(峠の地蔵) 〒520-0061 滋賀県大津市神出開町
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光