聖アグネス教会聖堂 (京都上京区)  
St. Agnes Cathedral temple of Confucius
聖アグネス教会聖堂 聖アグネス教会聖堂
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

東側



東側


北東角


東側


東側




東側


北東角、パットレス(控壁)


東側


東側


東側


東側


北側


北側


北側


北側


北側


北側


北側


北側


北側、井戸




北東角
 烏丸通下立売角に、赤煉瓦造の日本聖公会聖アグネス教会聖堂(にほんせいこうかい-せいあぐねすきょうかい-せいどう)が建つ。京都初の聖堂建築になる。
 近代の宣教師・建築家・ガーディナー が設計した。
◆歴史年表 近代、1895年、大阪市川口居留地にあった照暗女学校(St. Agnes' School)が京都に移り、平安女学院(St. Agnes' School)に改称された。
 1898年、5月、ガーディナーの設計により、現在の建物が完成する。日本聖公会の京都地方部(京都教区)の大聖堂を兼ねた。10月、ジョン・マキム主教により献堂式が行われ、以後は「聖三一(せいさんいつ)大聖堂」と呼ばれた。
 1923年、10月、アグネス教会が組織され、「聖アグネス教会聖堂」に改称とれる。平安女学院の生徒・教職員による教会として認可された。
 1930年、聖三一教会が聚楽廻中町へ移り、聖堂を受け継ぐ。
 1931年、聖堂の東側、内陣の大規模な改修が行われた。塔屋上の装飾、説教壇などが撤去される。
 第二次大戦(1939-1945)中、聖堂は軍需資材置場に充てられた。
 現代、1945年、戦後は占領軍将兵の礼拝に用いられる。
 1981年、パイプオルガンが設置された。
 1985年、6月、京都市指定有形文化財に登録される。
◆ガーディナー 近代の宣教師・建築家・教育家・ガーディナー ・ジェームズ・マクドナルド(Gardiner James McDonald、 1857-1925)。アメリカ合衆国ミズーリ州生まれ。1875年、ハーバード大学建築学科に入学した。1877年、ハーバード大学を中退し、ニューヨークで実務に携わる。1880年、米国聖公会伝道局より派遣され来日した。東京・立教学校(現・立教大学)のウイリアム主教に招かれ英文学を講じる。1882年、同校の新校舎設計を完成させた。1892年、神学校などを完成させる。1893年まで、同校校長になる。1894年、ハーバード大学学部学位を取得し、立教大学校教授になる。1904年、伝道局を退く。建築事務所を開設する。
 京都では聖アグネス教会聖堂(聖三一大聖堂、1898)、京都聖ヨハネ教会堂(1907、明治村に移築)、長楽館(1909)、そのほか宗教建築、外国大使館などを残した。栃木県日光に日本最初のホテルの一つ金谷ホテル(1893)を設立させた。自身が設計した日光真光教会(1916)に埋葬された。68歳。
◆建築 聖アグネス教会聖堂は、近代、1898年に礼拝堂として建てられた。ガーディナーの設計による。
 建物は、日本聖公会京都地区の大聖堂としても役割を果たし、「聖三一大聖堂」とも呼ばれた。現在は、京都教区主教座聖堂(カテドラル)、地域の聖アグネス教会(パリッシュ・チャーチ)、平安女学院の礼拝堂(チャペル)という3教会堂の役割を担う。
 聖アグネス教会聖堂の外観は、赤煉瓦の壁体を顕している。内部はゴシック様式の三廊下式バシリカ型(バシリカ式聖堂)になる。4世紀末にこのキリスト教聖堂の定形が確立した。聖アグネス教会聖堂は、中央の身廊、左右側廊下3列になっている。ゴシック様式として、尖頭アーチ、薔薇(ばら)窓、壁体のパットレス(控壁)がある。設計に際して、耐震性が考慮されという。
 南西隅に八角平面で迫り出した洗礼室(バプティストリー)、袖廊の小さい左右非対称の礼拝堂がある。北東隅に烏丸通に面して3層の鐘塔が建ち、最下層に縦長窓、中層に薔薇窓、最上層にトレサリー(幾何学模様装飾)の窓を配する。
 内部の柱、小屋組のハンマービーム(片持梁、壁の頂部から室内に突出して作らた短い梁で、その先端に立てた束上に小屋梁を載せる)になっている。部材の梁を剥き出しにし、細く簡素な造りになる。北西隅に玄関、中央に会衆室、東側に内陣・祭壇、南東隅に祭礼準備室(ベストリー)、司祭室がある。北東隅に執務室などがある。煉瓦造の教会堂としては古く、ガーディナー設計の初期の教会堂作品として貴重という。西薔薇窓のほか、30点以上のステンドグラス窓が開けられ、大部分は竣工当時のものになる。意匠は、ガーディナー、製作は日本人による。
 煉瓦造、平屋建。
 なお、1931年の聖堂東側、内陣の改修工事により、塔屋上の装飾(縁の凹凸部)、烏丸通に面していた説教壇が撤去された。祭壇中央のステンドグラスは南側へ移されている。1985年に京都市指定有形文化財に指定された。
◆聖公会 英国教会は1000年にわたりローマ・カトリック教会に属した。16世紀の改革運動によりプロテスタント諸教会が生まれる。英国でも独自の宗教改革により、ローマ教皇の支配から独立し、英国国教会(聖公会)が生まれた。聖公会とは、ローマ・カトリックとプロテスタントの中道を歩み、両教会の再一致を目指している。
 日本聖公会は英国国教会の流れを汲む。日本では1859年に、米国聖公会のC・M・ウィリアムズ、リギンズが長崎で宣教を始めている。後に、米国、英国、カナダの伝道団体が宣教を進め、1887年に「日本聖公会」が成立する。
 教育機関としては東京・立教大学、大阪・桃山学院大学、京都・平安女学院などがある。幼稚園、ハンセン病患者の救済、病院、知的障害児施設、児童養護施設、保育所なども有している。
 京都では1889年以降に、米国聖公会の宣教師・チングにより伝道が行われている。
◆聖アグネス 聖アグネスとは、ローマ皇帝ディオクレティアヌス(244-311)の禁教時代に、13歳で殉教した少女の名になる。
 ローマ執政官の息子の求婚を拒み、裸身で市中引き回しになった。だが、頭髪が伸びてその身体を覆い隠したという。
 平安女学院(St. Agnes' School)の守護聖人として讃えられている。


*内部は通常非公開
原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 京都市の案内板、 パンフレット「聖アグネス教会」、ウェブサイト「聖アグネス教会」、『京都の洋館』、『京都大事典』、『京都の赤レンガ』、ウェブサイト「京都市指定・登録文化財-建造物」、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area平安女学院昭和館   関連・周辺,relevance&surrounding area二条御所(旧二条城・古二条城)  周辺,surrounding area京都御所・京都御苑1  周辺,surrounding area京都御所・京都御苑2  周辺,surrounding area大丸ヴィラ(旧下村正太郎邸)  周辺,surrounding area京都府庁旧館・京都守護職上屋敷  関連,relevance京都聖三一教会   関連,relevance長楽館  関連,relevance京都御幸町教会会堂    
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 聖アグネス教会聖堂 〒602-8021京都市上京区堀松町,烏丸通下立売角 phone075-432-3015 
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光