中京郵便局 (京都市中京区)  
Nakagyo Post Office
中京郵便局 中京郵便局
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

南側

南側


南西角


南側正面






南側正面


南側


南側正面、扉


南側正面、扉


南側、ドーマー窓


南側、ドーマー窓


南側


南東角

「公共建築百選」のプレート、中京郵便局の説明板より


【参照】旧本館(三条通側)、中京郵便局の説明板より


【参照】旧別館(東洞院側)、中京郵便局の説明板より


【参照】改築前のお客様ルーム内部、中京郵便局の説明板より


【参照】改築前のお客様ルーム内部、中京郵便局の説明板より
 三条通東洞院東入ル北側に、中京郵便局(なかぎょう-ゆうびんきょく)はある。近代での三条通は、東京と直結する経済の中心地だった。周辺は景観重要建築物に指定もされている。
 赤煉瓦造の建物で、日本で最も歴史のある郵便局の一つになる。近代の建築家・吉井茂則、三橋四郎が設計した。
◆歴史年表 近代、1871年、4月、日本の近代郵便制度の創設とともに、当初は西京郵便所として開設された。
 1874年、現在地(三条通東洞院菱屋町)に移る。
 1875年、1月、「京都郵便局(一等)」と改称した
 1879年、新局舎が建設され、洋風木造2階建になる
 1887年、4月、京都郵便局と京都電信極が合併により、「京都郵便電信局」になる。
 1899年、2月、失火、全焼した。高倉通姉小路角に移転する。
 1900年、現在地に現在の赤煉瓦造2階建の新局舎が着工した。
 1902年、8月、竣工する。
 1903年、4月、京都電話交換局と合併し、「京都郵便局」と改称した。
 1949年、2月、「中央郵便局」と改称した。
 現代、1973年、改築計画が発表される。
 1974年、一時は局舎の取壊しが決定する。その後、保存の気運が起こり、新局舎は移転(中京区西ノ京星池町)した。
 1976年、煉瓦造の外壁を現状保存し、新築工事に着手する。
 1978年、3月、竣工した。
 1986年、6月、京都市登録有形文化財に指定された。
 1998年、旧・建設省の設立50周年を記念した「公共建築百選」の一つに選定される。
◆吉井茂則 江戸時代後期-近代の建築家・官僚・吉井茂則(よしい-しげのり、1857-1930)。高知県生まれ。士族・吉井茂基の2男、大阪府権大参事・吉井正澄の養子。1883年、工部大学校造家学科(現在の東京大学工学部建築学科)を卒業後、鉄道省、逓信省営繕課技師・鉄道技師などを歴任した。1887年、逓信省に入省する。1890年、帝国仮議事堂をドイツ人建築家・アドルフ・ステヒミューラーと共同設計し竣工した。1897年、従五位を叙される。1902年、三橋四郎と共同設計し、中京郵便局旧京都郵便電信局を竣工した。1909年、 従四位に叙された。工学博士。正四位勲三等に叙される。
 作品として、大阪駅2代目駅舎(1900年)、中京郵便局(1902年)、 逓信省仮庁舎、本庁舎(共同設計・内田四郎、1909年)、嵯峨嵐山駅舎(旧)嵯峨駅舎)などがある。
◆三橋四郎 江戸時代後期-近代の建築家・官僚・三橋四郎(みつはし-しろう、1867-1915)。江戸に生まれる。幕臣・ 鈴木庸正の4男。1893年、帝国大学工科大学造家学科(後の建築学科)を卒業し、陸軍省に入る。1898年、逓信省技師になり、郵便局舎の建築に関わる。1906年、東京市技師になり、営繕課長になる。1908年、東京市を退職し、三橋建築事務所を東京に開設する。1915年、ウラジオストックで亡くなる。著『和洋改良大建築学』、48歳。
 外務省の嘱託として多くの領事館を手掛けた。鉄網コンクリート工法を考案した。主な現存作品は、旧赤間関郵便電信局(下関南部町郵便局、1900年)、旧京都郵便電信局(中京郵便局、1902年)、東京商船大学天体観測所(1903年)、吉林領事館(1909年)、牛荘領事館(1912年)、奉天総領事館(1912年)など。
建築 近代、1902年に中京郵便局は建築された。外観はネオルネサンス・リバイバル様式であり、煉瓦造2階建、屋根は天然スレート葺、上部を銅板葺きのマンサード屋根(外側4面寄棟2段勾配屋根)にしていた。屋根には、ドーマー窓(明り採り、外気導入)が設けられている。石積基壇、角部、窓周りには交互に形状の異なる白い御影石を貼り、赤煉瓦と2色で対比している。平面は「ロ」の字型であり、中庭が設けられていた。南側中央に2本の柱を持つ小さな屋根付の入口があり、ファサード(建物正面)の対称性を強調している。窓上の子庇も石製による。アーチ、三角の破風を用いている。屋根の端部には、銅製の装飾が取り付けられている。
 当初は全面建替、保存の論争があった。1976-1978年の保存工事では、煉瓦造の外壁を残し、内部のみを新築するファサード保存(建築物の正面部分だけを保存する)により改築された。このため、外壁を鉄骨支柱で支え、構造体は鉄筋コンクリート造に建て替えた。日本初の画期的な実施例になった。
 設計は逓信省(共同設計・吉井茂則・三橋四郎)、施工は安藤組による。鉄筋コンクリート造(一部鉄筋鉄骨コンクリート造)、地下1階内部は地上3階建(外観は2階建)、延べ床面積9700㎡。
 保存外壁は南側(三条通側)の煉瓦壁は全面、西側(東洞院側)の煉瓦壁は3分の2、東側の煉瓦壁は3分の1、屋根周りは復元再生された。なお、入口の床面は当初に比べ低くなっている。
 1986年に京都市登録有形文化財、周辺は景観重要建築物にも指定もされている。


原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 中京郵便局の説明板、京都市の案内板、『京都大事典』、『京都の洋館』、『京都のモダニズム建築』、ウェブサイト「コトバンク」   


関連・周辺,relevance&surrounding area  周辺,surrounding area旧第一勧業銀行京都支店(みずほ銀行京都中央支店)・三条南殿跡  周辺,surrounding area京都文化博物館別館(旧日本銀行京都支店)  周辺,surrounding area旧日本生命京都支店(日本生命京都三条ビル旧棟)  周辺,surrounding area旧不動貯金銀行京都支店(SACRAビル)  周辺,surrounding area家邉徳時計店・住宅   周辺,surrounding area旧毎日新聞ビル(1928ビル)  周辺,surrounding area旧京都中央電話局(新風館)   関連,relevance京都府立図書館      
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 中京郵便局 〒604-8799 京都市中京区菱屋町30,三条通東洞院東入ル北側 phone 
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光