旧毎日新聞ビル (1928ビル) (京都市中京区)  
the former Kyoto branch office of The Mainichi Newspaper
旧毎日新聞ビル (1928ビル)  旧毎日新聞ビル (1928ビル) 
50音索引,Japanese alphabetical order  Home 50音索引,Japanese alphabetical order  Home

北西角、旧毎日新聞ビル


北側


北側

北側正面入口

北側


北側、ランプカバー

北側

北側

北側、星形の窓


北側、窓


北側、バルコニー

北側、最上階

北側、最上階


西側


西側


西側
 三条通御幸町東入ルに、旧毎日新聞ビル(きゅう-まいにちしんぶん-びる)がある。建築家・武田五一の設計であり、その代表作の一つとされている。
 現在は、1928ビル(いちきゅうにーはち-びる)という複合施設として修復され再利用されている。
◆歴史年表 近代、1928年、大阪毎日新聞社京都支局ビルの「京都大毎会館」として建築された。
 現代、1983年、6月、京都市登録有形文化財第2号に登録されている。
 1998年まで、毎日新聞社の京都支局として使われた。同年、支局(上京区河原町通丸太町上る)は移転している。
 1999年、複合施設「アートコンプレックス1928」として修復され利用される。
◆武田五一 近代の建築家・建築学者・武田五一(たけだ-ごいち、1872-1938)。備後(広島県)福山の生まれ。父・備後福山藩士・司法官・平之助(直行)、母・八重の第5子。父の赴任に従い、神戸、姫路、岐阜、高知に住む。1888年、京都第三高等中学校補充科に入学した。1894年、京都第三高等中学校本科を卒業し、京都帝国大学工科大学造家学科に入学する。1897年、帝国大学(東京帝国大学)造家学科(建築学科)を首席卒業し、同大学院に進学した。1899年、大学院中退後、東京帝大助教授に任じられる。東京高等師範学校講師嘱託、東京美術学校教官になった。1901年-1903年、文部省より命ぜられ欧州留学する。ロンドン・カムデン美術学校で学び、各地を巡る。アール・ヌーボー、セセッションなどを体験する。1903年、帰国後、京都高等工芸学校(現・京都工芸繊維大学)図案科教授になる。1904年、京都府技師を兼任し、平等院鳳凰堂・鹿苑寺金閣の保存に関わる。1907年、東京・福島行信邸で、日本初のウィーン・セセッションの様式を試みた。アール・ヌーボーの造形を紹介する。1908年、大蔵省臨時建築部技師を兼任し、国会議事堂建築のために欧米視察した。1912年、パナマ太平洋万国博覧会事務取扱嘱託になる。1915年、工学博士学位を取得する。勲四等瑞宝章を受賞した。1916年、法隆寺壁画保存会委員になる。1917年、片岡安らと「関西建築協会」を設立する。1918年、名古屋高等工業学校(現・名古屋工業大学)校長に転任した。1920年-1932年、京都帝国大学建築学科創立に伴い教授になる。1925年、大蔵省営繕管財局技師を兼任した。1929年-1931年、京都帝国大学営繕課長事務取扱として学内建築物の造営に関わる。1931年、欧米出張し、19カ国を訪れた。1934年以来、法隆寺大修理工事事務所長を務める。65歳。
 「関西建築界の父」といわれた。奈良・京都の古社寺保存修復、橋梁、博覧会場、公園、記念碑、都市計画、街路施設、家具意匠、染色なども手掛けた。主な作品として、旧日本勧業銀行本店(1899) 、日本初のセセッション建築とされる東京・福島邸(1907)、京都府立図書館(1909)、京都・円山公園(1912)、京都・同志社女子大学ジェームス館 (1913) 、京都・旧松風嘉定邸 (現・五龍閣、1914)、山口県庁舎・県会議事堂(1916) 、大阪・瀧安寺鳳凰閣(1917) 、兵庫・清水寺根本中堂・大講堂・本坊・客殿(1917) 、東京・旧村井吉兵衛邸(現・延暦寺大書院、1919) 、 兵庫・清水寺鐘楼 (1919)、兵庫・光明寺根本本堂(1925) 、 和歌山・高野山大学図書館 (1928)、代表作の東方文化学院京都研究所(1930)、京都・同志社女子大学栄光館(1932) 、鳥取・三朝大橋(1934年) など多数。葵橋、賀茂大橋なども設計した。
◆若林広幸 現代のプロダクトデザイナー・建築家・若林広幸(わかばやし-ひろゆき、1949-)。京都市生まれ。1967年、インハウスデザイナーとして「たち吉」に入社した。1972年、独立し、インテリアの設計事務所を自営した。その間に、一級建築士を修得する。1982年 、「若林広幸建築研究所」を設立した。
 主な受賞・作品は、SDレビュー入選(1984)、 商環境デザイン大賞(1988)、 第9回京都府文化奨励賞(1991)、南海電気鉄道50000系電車(ラピート)(1994)・ブルーリボン賞受賞(1995)。京阪宇治駅でグッドデザイン賞受賞・近畿の駅百選選出(1996)、 PIER 624で大阪市ハウジングデザイン賞(2002)・グッドデザイン賞(2005)、総合福祉施設エーガイヤちくさで若林広幸建築研究所が第13回甍賞金賞(経済産業大臣賞)受賞(2005)。その他、の作品として、ライフ・イン京都、京つけもの西利本社ビル、ヒューマックス・パビリオン・渋谷、旧毎日新聞ビルなどがある。
◆建築 京都大毎会館は、近代、1928年に8月に建てられた。設計は武田五一による。1983年に京都市登録有形文化財に登録されている。1998年に、毎日新聞社京都支局の移転後は、一時、老朽化による建物の解体案も出た。その後、建築家・若林広幸が建物を買取り、耐震壁の補強などして建物は保存された。
 1999年以降は、複合施設「アートコンプレックス1928ビル」として再生される。ギャラリー・レストラン・フリースペースなどとして利用されている。
 外観は単純・直線的なアール・デコ様式でまとめられている。窓に水平ルーバー(羽板を横に組んで取り付けた)を多用し、水平方向の印象を強調している。これは、アメリカ合衆国の建築家・フランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wright,1867-1959)の影響による。北側のファサード(建物正面)に、アール・デコ様式(1910年代-1930年代のフランス、ヨーロッパ、米国で広まった装飾様式)として、最上階の3階北側に社章の星型をモチーフにしたバルコニーの形状、正面上部の同様の星形の窓が見られる。玄関左右の照明のランプカバーの意匠にも見られる。頂部軒廻りにロンバルディア帯(外壁の小アーチで連結した装飾帯)も見られ、ロマネスク様式(10世紀末-12世紀の西欧に広まったキリスト教美術様式)になる。外壁の色は、現在は淡いピンク色、窓枠は深緑色で統一されている。最上階には緑色の屋根が載り、北側は陸屋根になっている。屋上に掲揚台があり、天気予報を旗により知らせていた。
 内部には、地階に食堂、理髪店、1階に販売執務室、2階に編集室、3階に梁によるアーチ型天井を持つホールがあった。これは、1919年の市街地建築物法施行に伴い、斜線制限回避のために、西側面3階部分をセットバック(後退)させたことに起因している。
 施工は大林組、鉄筋コンクリート造3階建地下1階。


原則として年号は西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
参考文献・資料 『京都のモダニズム建築』、『京都の洋館』、『武田五一の建築標本』、『もうひとつの京都-モダニズム建築から見えてくるもの』、ウェブサイト「1928ビル」、ウェブサイト「ARC STYLE」、ウェブサイト「コトバンク」


関連・周辺,relevance&surrounding area  周辺,surrounding area旧第一勧業銀行京都支店(みずほ銀行京都中央支店)・三条南殿跡  周辺,surrounding area中京郵便局   周辺,surrounding area京都文化博物館別館(旧日本銀行京都支店)  周辺,surrounding area旧日本生命京都支店(日本生命京都三条ビル旧棟)  周辺,surrounding area旧不動貯金銀行京都支店(SACRAビル)  周辺,surrounding area家邉徳時計店・住宅   周辺,surrounding area旧京都中央電話局(新風館)    関連,relevance     
京都市内史跡地図 平安京オーバレイマップ・碑・発掘調
map 旧毎日新聞ビル(1928ビル) 〒604-8082 京都市中京区弁慶石町56 ,三条通御幸町東南角 1928ビル phone 075-254-652  
50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop 50音索引,Japanese alphabetical order  Hometop
logo,kyotofukoh © 2006- Kyotofukoh,京都風光